CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
カラオケマイク 雑音が多い [2020年10月12日(Mon)]
アンパンマンカラオケ治療報告(のう病院 Dr.Toy-zawa)

雑音(ガサガサ音)が大きくて音楽もカラオケも
聞こえない という子どもたちからの訴えあり
201013_Karaoke_00.jpg

基板の電解コンデンサ付近の汚れから、
コンデンサの 容量抜け を疑ってみた
201013_Karaoke_01.jpg

手持ちコンデンサ(若干サイズ大きい)に交換
耐電圧が高いからだが、後で困ったことになる
201013_Karaoke_02.jpg

コンデンサ交換後もガサガサ音が止まらない
わたなべ Dr からの情報で マイク配線 を疑う
201013_Karaoke_04.jpg

手持ちマイクに取替え。元の抵抗値は 1kΩだがこれは 2kΩ
シールド線も全部取替え、これでノイズがピッタリ止まった
201013_Karaoke_03.jpg

コンデンサが大きくなったら、基板が筐体に収まらず、
スイッチやボタンもおかしい。配線やり直し で苦労した
201013_Karaoke_08.jpg

治療のため交換した部品をチェック
電解コンデンサの容量抜けは本当?
201013_Karaoke_07.jpg

測定してみると 100μF のコンデンサは
テスター値で 107μF と全く抜けてない。
201013_Karaoke_05.jpg

33μF のコンデンサは 36μF、その他も
誤差はあるが、ほぼ定格通りの数値
201013_Karaoke_06.jpg


今回の故障の原因は、マイクとその配線が原因のようでした!

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント