CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
ローヤル まわして遊ぶ知育おもちゃ 電池押さえフタ紛失 [2020年09月19日(Sat)]
200912_ひがし_002.jpg
2020年9月12日、糸魚川東保育園を初めて訪問
どれもみな、とても大切に使い込まれている様子で、
誠心誠意の対応をお約束し、全員入院


電池押さえフタを手作り

赤い知育玩具は、トイローヤルのまわして遊ぶおもちゃ

同じものが2台、症状も全く同じで、音が出ない
電池押さえフタが紛失、電池がセットできない
200912_ひがし_100.jpg

電池押さえには、こんな電極があったはず
プラ板でフタを手作りして、代用とする
200912_ひがし_102.jpg

糸のこで、プラ板を元々のフタの形状に切り出し、
そこに、エポキシ系接着剤で、電極板を接着固定
200912_ひがし_103.jpg

今回治療の担当は、新人Dr.石崎さん
診療材料や工具は、自前で用意する
200912_ひがし_101.jpg

本来のフタは箱状だが、そこまで忠実な復元は困難
フラットなプラ板で、多少曲げても強引にネジ止め
200912_ひがし_104.jpg

フタ押さえの M3×8mm 小ネジには、抜け止めを付ける
(参考)3mmLED薄型ブラケットリングは、ココ


電池を入れてネジ止め後、音が出ることを確認済み
次回の電池交換は、当クリニックにご連絡ください。
200912_ひがし_105.jpg


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
手作りの電池押さえフタを止めるネジは、M3×8mmの極低頭ビス。もしフタを開けた時にネジが外れると、幼児が誤飲する恐れがあるため、取扱注意する必要があります。
今回、3mmLED薄型ブラケットリングを、ネジの抜け止めに流用しました。
次回の電池交換は、ぜひ当クリニックにご用命ください。(コツが必要)
さらに、おもちゃの各所清掃とアルコール消毒して、さあ、晴れて退院です。
Posted by:ToyDr.わたなべ  at 2020年09月24日(Thu) 00:00