CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
おもちゃドクターWの診療状況をPDFで保管、公開。

« 消防車に音と光をプレゼント、「火の用心!」カスタマイズ | Main | タンクローリーのミニカー タイヤが取れた »

<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
RC建設車 スーパーショベル 連結板が折損[2020年07月24日(Fri)]

ラジコンのパワーショベル治療の報告
 (Dr.Toy-zawa)

'20/7/19 「のう病院」=能生児童館に持ち込まれ、預り入院
R0014547.jpg

主症状は、「アームが上下に動かない」というもの
前後・左右の動きはOKだが、アームの動きがおかしい
R0014540.jpg

分解したところ中から部品が出てきた。割れた跡がある
困ったのは、その部品が付くところが分からないこと
R0014546.jpg

おもちゃの商品情報や、全国の診療記録を検索して情報収集
7月23日の夕方(児童館の子ども達が帰った後)、臨床研修会
R0014553.jpg
奈良 健やか交流塾 おもちゃ病院ホームページの最下段リンクを参照
「メカの修理のヒント」63.R/Cショベルカーの症例がドンピシャ


割れた部品はブーム連結板で、元の位置はココだと特定
(手で動かして)無理な力が加わり、折れたものと推測
R0014555.jpg

裏側に適当な当て木を添え、0.3mmステンレス線で固定する
小径ドリルやステンレス線は、ぬいぐるみ骨折治療でも必須
R0014556.jpg
刃先がブレずに正確な、プロクソンの小径ドリル
太軸なので通常のドリルチャックでも使えて秀逸


結合部分をエポキシ系接着剤でカバーして固める
超速硬化タイプを使ったので、1分間で硬化開始
R0014558.jpg

正常動作しないので治療続行、分解には苦労したが
バケットを動かすアーム部の連結板も割れていた
R0014564.jpg

この連結板は約60度の角度があり、当て木はできない
連結板(裏側)の長尺方向に強度を支える骨が見える
R0014567.jpg

連結板の骨に穴を開け、ステンレス線でしっかりと締め付け
この結合部分もエポキシ系接着剤でカバーして固めた
R0014570.jpg

キャタピラー駆動部と回転台の接合が割れて外れ易いが
はめ込むと正常動作。今回は早期退院を優先し治療完了
R0014545.jpg

途中でシール下の隠しネジを外すためカッターで切目を入れた
治療終了後、なるべく目立たないように修復し、清掃消毒済。
R0014572.jpg


Posted by ToyDr.わたなべ at 00:00 | B 自動車、ミニカー、建設機械 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/charts/archive/288

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
7月23日、午後5時10分から「臨床研修会」が始まり、あっという間に2時間半以上、文字通りの集中治療でしたね。主治医Dr.Toy-zawaさん、大変お疲れさまでした!
詳しい治療報告をすぐに送っていただき、その手際の良さに脱帽です。当方「電子カルテ」投稿も素早く対応していきたいと存じますので、今後とも症例報告の素材を情報提供願います。

Posted by:ToyDr.わたなべ  at 2020年07月26日(Sun) 12:51