CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
おもちゃドクターの診療状況をPDFで保管、公開。
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
赤バイク Newリード50 (展示品として再生) [2020年03月20日(Fri)]
2020「まちや病院・春で入院した赤バイクは、35年物

赤バイク Newリード50 ギヤが効かない


三世代にわたり「お下がり」で、本当に愛用されてきたことが分かります
現役退任後は、一家の「お宝」として、楽しく 語り継いで欲しいものです

長年の使用で各部が損耗し、往年の名車も形無し
方向指示器は、ランプ球も カバーも 紛失してます
2020春_010.jpg


運転席に、前進・中立空転・バックのクラッチ付き
2020春_011.jpg

動力源は、単1電池×8本=12V。充電式ではありません
2020春_012.jpg

35年前のギヤは(ギヤBOXも)ガッチリした金属製
後輪右のプラスチックタイヤヒビ割れが見えます
2020春_013.jpg

モーターは回りましたが途中のギヤが摩耗し動力が伝わりません
金属ギヤがココまでスリ減ってはプラギヤ等での復元は無理です
2020春_014.jpg

後輪の右側タイヤのヒビ割れを接着剤で仮補修
2020春_015.jpg

ハンドル部には単1電池×2本が入ります
当時のブザーウィンカー点滅回路は健在
2020春_016.jpg

豆電球の口金はE10サイズ、今はLEDで安価に入手可能
ウィンカーランプの左右点滅が、再び復活しました
2020春_017.jpg


0.5mm厚 PET樹脂板で、ランプカバーも復元します
PET板を2枚重ねにして適当な折り目を付けて細工
往年の雄姿と、懐かしい思い出もよみがえって来ます
2020春_018.jpg


今後は屋内での「お宝」として 展示用に活用ください!

R0010176.jpg
(参考) サンデーPET PG1 - アクリルサンデー(株)より

使ったPET樹脂板は、加工性に優れています。
環境にも優しい無公害プラスチックです。
ちょうど先日、やまのい病院マグネット連結おもちゃ を治療した Dr.Toy-zawa さんから情報を得て、私も入手したばかり。
0.5mmPET板ハサミで切ったりペンチで折り曲げても割れることなく、大変使いやすい素材ですね。

Posted by ToyDr.わたなべ at 00:00
この記事のURL
https://blog.canpan.info/charts/archive/277
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
2020「まちや病院・春」では、16件の入院をドクター2名で治療したのですが、残念ながら治療不能となったり今も治療中があったりと、貧弱な診療体制が表れています。
この赤バイクも、ご自宅までお届けしたのは「春分の日」でした。
完全には治らなかった(治せなかった)のですが、使わなかった電池とカラー印刷した診療記録をお客さまにお渡しして、詳しい治療内容を報告しました。
大変に感激され、昔の思い出話を沢山聞かせてくださり、おもちゃドクターも嬉しくなりました。
Posted by:ToyDr.わたなべ  at 2020年03月20日(Fri) 00:00