CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 181031 ドレミメイト 全く動かず音が出ない | Main | USB給電によりPIC電子オルゴールの組込み成功 »
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
181031 音が鳴るしかけ絵本「たのしいクリスマス」 手のひらの中に音源を[2018年11月14日(Wed)]
181031_クリスマス絵本00.jpg たのしいクリスマス、大手術

初診では 修理不能 が、改造大手術生まれ変わりました!

音が鳴るしかけ絵本は、タブを引っ張ったりページ内を押すと音が鳴りますが、この絵本は最終ページの音符マークを押しても音が出なくなってしまいました。

KIMG0813.JPG
お客様の了解を得たうえで、傷んでいた背表紙から裏表紙を分解します。

KIMG0815.JPG
故障中(一番上)のスイッチを分解点検、接点清掃。特に異常なし。

KIMG0817.JPG
スイッチ5個音源ユニットは、フレキシブルシートで接続。

KIMG0824.JPG
COB基板の端子に直接タッチし、正常動作することを確認。

KIMG0818.JPG
故障中のスイッチ配線のうち、マイナス側で折損による断線を発見!

KIMG0820.JPG
導電性のあるボールペン「サーキットスクライブ」でも、症状は改善せず。
(失敗の原因は、薄緑色の絶縁被膜だけを除去することが困難のため。)


この絵本の症状では、絵本をすべてバラバラに分解しないと、根本治療が不可能。
残念ながら、当クリニックの技術では 修理不能 と判断せざるを得ません。

でも、(いつものとおり)ToyDr.わたなべ は、最後まで諦めません!
技術不足を反省しつつ、おもちゃを清浄綿シートで消毒清掃しながら、代替え案を検討。



そして 対症療法 として、少しでも遊べるように元の音源を生かしながら、
清涼菓子(フリスク)空ケースに入れて、絵本から分離する大手術を決断。

KIMG0826.JPG

改造手術は成功! 手のひらにピッタリと収まる大きさです。


絵本を読み聞かせながら、好きなタイミングで音を鳴らしてください。
子どもたちの方が、喜んで鳴らしたがる?

この記事のURL
https://blog.canpan.info/charts/archive/169
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
» 181031 「やまのい病院」訪問診療で2件入院、退院も2件。 from  おもちゃクリニック ゆりかご 日記
「やまのい病院」訪問診療、めだか園 で入院 2件あり。 (追記:2件とも治療完了しました。) 先々週、入院した電子レンジの治療が手間取っている間に、今度は 発達支援センターめだか園のご利用者さんから訪問診療の予約申込がありました。 待っていた患者さまは、2… [Read More]
Tracked on 2018年12月13日(Thu) 22:23

コメントする
コメント