CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
糸魚川に春よ来い! 2018年「消防車、出動しまーす」プロジェクト [2018年07月26日(Thu)]
追記:2018/07/26 「火の用心」広報隊 5台が勢ぞろい。

おもちゃクリニック ゆりかご 上越おもちゃ病院と協力して消防車レプリカを制作し、本日、糸魚川市消防本部に5台を寄贈しました。未来の消防団員への広報の一助になれば幸いです。
広報隊出動.JPG



経過:2018/06/10 糸魚川に春よ来い! として、今年も準備中。
180614_消防車レプリカ製作


180610_消防博物館100円のプルバック式消防車レプリカを改造して、糸魚川市消防本部に寄贈する予定です。(7月26日、寄贈済)

ToyDr.わたなべ は 6月10日に東京の四ツ谷で開催される 日本おもちゃ病院協会 総会に参加する前に、消防博物館に立ち寄って、原型モデルを探してみました。

この2台の展示品が原型なのではないかと推測します。いかがでしょう?

1998モリタMSR−1

1993ニッキBD-1型


おもちゃクリニック ゆりかご では、昨年も100円の消防車レプリカにオルゴールを組み込み、糸魚川市消防本部に5台を寄贈して、大変喜ばれました。


その際、当クリニックのDr2名のほか上越おもちゃ病院のDrからも協力を得て制作したのですが、ユニバーサル基板の上に部品を組み付けるのに、大分苦労していました。
今年度も両方のおもちゃDrが連携して、複数台を一斉に作り上げたいと考えておりますが、そんな訳で、できるだけ部品点数を減らして設計します。

つつじが丘おもちゃ病院PIC電子オルゴールから最適なプロジェクトを探します。「おもちゃ制御+オルゴール+音声再生」ができる、魅力的なプロジェクトの まさに「宝石箱」で、全国にファンが多数います。
今回は、これを流用して改変します。アーロと少年の修理(マイコン換装)


試作:2018/03/25 オルゴール演奏には、糸魚川ゆかりの「春よ来い(相馬御風)」を入れることを前提に、音声再生は「僕、アンパンマン!」に置き換えてみました。

次の試作で困ったのは、「shobosha」「hinoyojin」の音声が、上手く実装できないことです。この16F18326なら、メモリー容量も不足ないと思うのですが、エラー続き。
そして、(昨年よりスイッチ数は少ないが)さらに部品点数を減らすために、スイッチ入力を正論理から負論理としたいが、この時点では残念ながら(私の知識不足で!)実現できません。


試作:2018/04/01 これにて、準備完了!

一足お先に、試作品での操作・演奏をお聞きください。

yurikagoVOICE_PIC18326_回路図.png


ゆりかご消防局「火の用心!」広報隊、制作準備完了!

この場を借りて、
両先輩Drに感謝申し上げます。

ToyDr.MS工房さんから、ご指導いただき、音声データ「JAKA」音源「8bit」wavで一連の作業を完了し、ファイルサイズを小さく抑えて実装できました!

おもちゃ病院 新津(新潟)院長のMS工房さんのブログは、コチラです。
→ テレビ東京の 世界! 職人ワゴン のロケで ルーマニアへ・・・


Dr大泉院長から、2つのスイッチを負論理入力に変更していただきました!

つつじが丘おもちゃ病院のブログは、コチラです。
→ 「故障したICやマイコンの代替品をお作りするサービス」 を提供しています。


試作品プロジェクトの開発資材は、コチラから ダウンロードできます。


開始:2018/06/14 消防車レプリカの製作開始

名付けて「 糸魚川に春よ来い! 」プロジェクト。

本年度は、新バージョンの消防車レプリカ(5台)を糸魚川市消防本部に寄贈したいと考えており、その製作を糸魚川と上越のおもちゃDrが連携して進めます。

6月14日、上越おもちゃ病院の月例研修会にお伺いし、製作材料 3セットと製作手順写真、完成済みと半完成品を見本として、お渡しいたします。(糸魚川のDr.Toyzawaさんには別途手渡し。)

FIREDEPT_LF18326回路図

低電圧稼働のデバイス(PIC16LF18326)が入手できたので、試作品では単3電池×3本でしたが、依頼品では単4電池×2本の仕様とします。
(デバイスに合せてプロジェクトも修正、ソースコードは複写)


製作期間は約1か月を見て、7月22日(日)までを製作期限とします。(慣れれば1日ですが)

FIREDEPT基板

今回は部品点数が少なく、1台当たりの部品コストは、480円(電池別)に抑えました。
目標のワンコイン(500円)以内をかろうじてクリアしました。

部品コスト表.JPG

各部品の入手先や規格品質など、詳しい情報は → 上の 部品コスト表 から参照できます。



完成:2018/07/03 2018年版の消防車レプリカの完成。

今年は、効果音・オルゴール演奏は5曲を実装できました。特に5曲目には、糸魚川ゆかりの 童謡「春よ来い」(作詞:相馬御風)を持ってきたところが、当クリニックこだわり(自慢)です。

<追伸>寄贈品とは別に、当クリニック用には、外部タクトスイッチと並列に振動(傾斜)スイッチを内蔵して、”遊び心”をくすぐっています。

”遊び心”プロジェクトの完成動画は、コチラ をご覧ください。


※御礼: 「つつじが丘おもちゃ病院 PIC電子オルゴール」は、機能改良されるたびに公開されていて、なおかつ、こうして 直接サポートして貰える こと自体が素晴らしいと思います。大変、ありがとうございました。今後とも宜しくお願い申し上げます。

PIC電子オルゴール最新バージョンは、→ コチラ をご参照願います。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/charts/archive/153
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
» 2018年 「糸魚川に春よ来い!」プロジェクト from  おもちゃクリニック ゆりかご 日記
追記:2018/07/26 「火の用心」広報隊 5台が勢ぞろい。 おもちゃクリニック ゆりかご は上越おもちゃ病院と協力して消防車レプリカを制作し、本日、糸魚川市消防本部に5台を寄贈しました。未来の消防団員への広報の一助になれば幸いです。 寄付は2団体の連名、→ 寄… [Read More]
Tracked on 2018年12月13日(Thu) 21:48

コメントする
コメント