CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
170715 昔懐かしい UFOキャッチャー [2017年07月15日(Sat)]
(追記:音楽付きスライドショー)
2017年6月24日、いくみ病院にて 入院決定。

昔懐かしい UFOキャッチャー、全く動かない。

170715_UFO(クリックで拡大) 診察申込書に基づき、電話で問診。

「10年物で、1年位前からキャッチ部分が動かない。コインを入れると音だけは鳴るが、レバー操作が全く出来ない。」

とのこと。


※ここで、お客様に一般的な「注意」です。
特にモーターを使ったおもちゃは、要注意! 


電池が弱ってくると、まずモーターが動かなくなり、次第にが暗くなり、そしてメロディ音が音痴になってきて、最後には音も止まります。
電池交換の際は、すべて同時に同じ種類のものに取り換えてください。


170715_UFO(クリックで拡大)
過大電流で、リード配線の被覆が焼き付き、中の芯線切断寸前。


170715_UFO(クリックで拡大) バケットを上下させるチェーンの動きを決める平ギアが、軸ボス部で2か所のヒビ割れ。

外径5.1mmの軸ボスに、内径5.0mmの穴を開けたプラ円板を強くハメ込み、タガ締め接着。

モーターのピニオンギア割れ、新品に交換。


ギアBOXの2段目は、キャッチャーを前後に動かすラックギア割れ、2個とも新品に交換。

170715_UFO(クリックで拡大)
固着したモーターは分解点検後、ピニオンギアを新品に交換。
ブラシ整流子を研磨清掃し、グリスアップしてピッカピカに!


170715_UFO(クリックで拡大)
大手術の後半は、動作を確認しながら、慎重に組み立てるのですが、リード配線が細いうえに老朽化で切れ易く、数回、やり直しました。
切断寸前の配線は半田付け後、熱縮チューブでカバー。これにて無事、手術完了しました。



UFO修理QR

※スマホのバーコードリーダー等で、このページにリンク。
→スマホで、UFOキャッチャー修理の電子カルテが閲覧できます。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
» 170624 いくみ病院、久しぶりの訪問診療 from  おもちゃクリニック ゆりかご 日記
2017年6月24日(土)、訪問診療の報告 【糸魚川】 おもちゃクリニック ゆりかご 第4土曜日の定期巡回は、午前中「いくみ保育園」、午後から「能生児童館」を巡回。 このところ「不用おもちゃ」の回収は、ほとんどありません。 皆さん、おもちゃを大切にお使いいただい… [Read More]
Tracked on 2018年12月09日(Sun) 08:02
コメント