• もっと見る
おもちゃドクターWの診療状況をPDFで保管、公開。

« NEW いっしょにステージミュージックショー 鳴ったり、鳴らなかったり? | Main | 「アンパンマン キーボードだいすき」 »

<< 2023年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
診療記録の検索
検索語句
種類別アーカイブ
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
ミニゴジラのカウントダウンタイマー 「ガオーン」音が鳴らない[2012年07月22日(Sun)]
2012年7月22日、上越おもちゃ病院
d10 120722.jpg
ミニゴジラが入院してきました。「時計セットで出るゴジラの音が出ない」とのこと。カウントダウンタイマーがゼロになると、『ガオー』とゴジラの声が出るらしい。

分解方法が分かりません。またもや全国のドクターに「お知恵拝借」です。


※2016年8月22日の追記:横浜港北おもちゃ病院の活動記録にも、
隠しネジに大苦戦(電子ピアノ)の報告があります。

それでも、おもちゃドクター達は最善の治療を尽くそうと、頑張っています。

ゴジラのカウントダウンタイマー スピーカ破損電池チェックはOK!次は分解してスピーカのチェックをしましょう。ところが、裏蓋には頭部にネジが1個だけ。上半身はスキ間が空くものの、下半身がビクともしません。またもや日本おもちゃ病院協会の先輩ドクターにお知恵を拝借しました。
下半身の磁石2個(ゴム系ボンドで接着してある)を取り外すと、その下に隠しネジを発見しました。先輩ドクターからの技術指導に感謝です。

スピーカの端子基板が端子ごとスピーカから外れています。音が出ないのは、スピーカ回路の断線が原因と判明しました。手持ちの(景品のおもちゃから取っておいた)スピーカに置き換える交換修理の手術を実施します。
代替スピーカを接着剤で取り付けたら、配線をし直してハンダ付け。カウントダウンでゼロになると、「ガオーン!!!」と叫ぶことを確認しました。

Posted by ToyDr.わたなべ at 23:00 | D ロボット、動物、怪獣、合体ロボ | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/charts/archive/12

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
ケースがあけられれば、しめたもの。
故障したスピーカを代替品に交換して、完治しました。

それにしても、全国のおもちゃドクターのネットワークには、驚きとともに感服しました。
大変、お世話になりました。

今にして初心者の頃を振り返ってみると、無理して、本体ケースを壊さずに済んで、
本当に良かったなと思い返します。

Posted by:おもちゃDr.わたなべ  at 2016年08月22日(Mon) 23:00