CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 151273 ピンクのコンパクト 造形補修で再生 | Main | 160114 定例会で、ラジコン電波検知器を実証実験 »
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
151272 ちびっこワンちゃんシリーズ 骨折治療[2016年01月11日(Mon)]
●2015年12月27日(日)、午後1時〜3時
●上越市市民プラザ 1階ホールにて定例病院


犬のぬいぐるみ 骨折治療
イワヤ ちびっこワンちゃんシリーズ
ちびっこワンちゃん(クリックで拡大)
女の子、コンパクトと一緒に、犬のぬいぐるみを大事に抱えて来ました。
かなり愛着がある様子で、入院決定を伝えると、心配そうな顔をしています。

おもちゃドクターが精一杯がんばるから大丈夫! 少しの間、待っててくださいね。



治療のため外被覆を脱がしてみると、背中に穴が空いていて、そこからリード配線が顔を出していました。どこにも接続されていません。これは一体・・・?
背中に穴が・・・(クリックで拡大)
お客様にお聞きしても、一度も分解したことはなく、足が折れてからそのままになっているとのこと。タッチセンサーの部品が見当たらないため、マイクロスイッチで代用することの了解を得ました。
大腿骨接合(クリックで拡大)

背中にマイクロスイッチ(クリックで拡大)まずは大腿骨接合手術。
瞬間接着剤で仮止め後、0.3mm径のステンレス線で2か所を結わえて強度を確保し、エポキシ系接着剤で補強しました。

続いて、背中の穴に合わせて丸く切ったプラ板にマイクロスイッチを取り付け、タッチセンサーの代用としました。


元どおり縫いぐるみを着せて首ベルトで正装して、さあ退院。
女の子の喜ぶ顔が目に浮かびます。
お客様には、ワンちゃんと一緒に、遊び方を説明した「処方せん」をお渡しします。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/charts/archive/102
コメントする
コメント