• もっと見る

«正規職員募集 | Main | 桜»
手指の発達 〜スプーンとお箸はいつから?〜 [2024年04月06日(Sat)]


これまで紹介してきた「保育者のための心理学」ですが急遽リニューアルしました。
全国の園のHPから子どもの画像や動画が違法にコピーされ、
外国の児童ポルノサイトで閲覧できるという例があるため、
動画を描画調(カラースケッチ風?)に編集しました。
今週から一週間ごとに順にアップしていく予定です。
今回は12月に一度アップした【スプーンとお箸はいつから?】です。

保育者にとって給食の時にスプーンやお箸をいつから使ってもらうか悩ましいところです。
自然に使えるようになる子どももいますが、上手に使えない子どももいますね。

無理に使わせると上手に食べられず給食の時間が苦痛になる子ども
家で何度も直させてカンシャクをおこしてしまう子ども
このような子どもの様子からタイミングが間違えていることを知って、
先生みんなで手指の発達について共通理解をもつことが大切です。

また、保護者にも現在の子どもの手指の発達段階がどのあたりなのかを伝え、
あまり無理強いしないように伝えることも保育者の役割です。

子どもの成長を見ながらどのようなタイミングで使ってもらうかについて解説しています。
ぜひこの動画を活用して、明日からの保育に役立ててください。





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました