CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
CEセンター日記
発達障害がある子供達や家族、学校の支援をしているCEセンター☆
このブログはCEセンターで働いている人達の何気ない日常を綴っています。
大規模災害時はこのブログで避難状況、避難場所等をお知らせします。

・ビジョントレーニングのお知らせ(当ブログ内)
https://blog.canpan.info/cecenter/archive/411
・レディネスのお知らせ(当ブログ内)
https://blog.canpan.info/cecenter/archive/410
« 〜Green〜 | Main | ピックアップブログ☆ »
最新記事
カテゴリアーカイブ
弥次郎兵衛〜巡回・訪問の現場からB〜[2007年07月02日(Mon)]


〜巡回訪問の現場からB〜

学校今年度から特別支援教室という名称になりましたが、ある中学校の心障学級にうかがったとき、子どもたちと先生との関係に不自然さを感じたことがありました。
何かよそよそしい様な子どもが先生に対して妙な緊張感があったわけです。
後で知ったことですが、この学級では授業のほとんどを講師か介助員がおこなっていて、担任である教員は教室にはめったに来ないとのこと。
授業観察ということで担任があわてて授業をしたことを聞き、まだこのようなところがあるのかと虚しくなったことを覚えています。

一方で、行動観察や発達検査の結果などを通じて専門的な見地から子どもの特性の把握に努め、担任を中心にチームを組んで授業をしっかりおこなっている小学校もあります。
この小学校は、発達障害をもった子どもたちの学力もきちんと保障していて、同じ学校の通常級の子どもたちと遜色ない学力をつけています。
読み・書き・計算は、障害をもった子どもたちにとっても必要なことで、将来の自立を考えて義務教育期間に確実に身につけるべきだという意見も最近よく聞くようになりました。
しかし教育現場をみていると、通常級にいるLD、ADHDなどの子どもたちを含めて、学力の保障の問題はまだ先のような気がします。
こうした子どもたちが教育の機会を得ることなく過ごしてしまうとどうなるのでしょうか。
ユニバーサルデザインの仕事で、ある授産施設にうかがったときのこと、比較的軽度の知的障害の方たちの中にコピー機の操作パネルに表示されている文字や数字が読めない方がいました。障害の程度や個々の特性を考えると文字や数字が読めないはずはないのですが、本来もっている能力に見合った学力がついていないようでした。
少なくても療育手帳(東京都では愛の手帳)の4度であれば、その特性にもよりますが基本的な文字の読み書きの習得が難しいということはありません。ところが、これまで専門家と言われている人の中にも、読み書きを含めた学力をつけることに懐疑的なところがありました。
結果的に彼らの教育の機会を奪ってしまったことは残念でありません。

ところで、昨年12月に厚生労働省は障害者の最新の雇用率を発表しました。民間企業では1.52%(法定雇用率は1.8%)で国と地方公共団体は2.14%(法定雇用率は2.1%)でした。達成率の話は別の機会に譲るとして、その中身をみてみると90%以上が身体障害者です。このことから、知的障害者は読み・書き等を含めた能力に問題があるということで、仕事ができないものと敬遠されていることがわかります。
多くの発達障害をかかえる子どもたちは、適切な教育を受けることで就職し自立した生活をすることができます。文字や数字だけでなく文章理解が拙いのは、障害が原因ではありません。
教育の機会や自尊感情を育む機会があたえられないという環境因からきています。
非常に残念なことは、発達障害をかかえる子どもたちを支えるべき教育委員会の雇用率が民間の1.52%よりもさらに低い1.22%(法定雇用率は2.0%)であることです。
発達障害者が自立して生活できるということは、言ってみれば税金を納めてくれる国民を増やすことにつながります。財政難を理由に公教育の充実が難しいと嘆いている教育委員会こそが、教育と就労の機会をつくり税金を納めてくれる国民を増やす努力を形にしなければならないのではないでしょうか。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/cecenter/archive/155
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
大規模災害は現在ありません。 緊急時はこちらが更新されます。
プロフィール

特定非営利活動法人 CEセンターさんの画像
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク