CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

mihoさんの画像
<< 2014年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
miho
パートナー様からのご入金 と QQ (07/22) 酒饱
パートナー様からのご入金 と QQ (07/21) miho
可愛い手紙が到着! (04/17) なおえ
可愛い手紙が到着! (03/28) miho
お花が中国から届きました (03/11) miho
日本を楽しむ男性 (09/29) miho
今回の暴動 私の疑問・私の見方 (09/29) miho
日本を楽しむ男性 (09/25) 代表
久々です。 (11/20) 久保 由仁
久々です。 (11/20)
三江県へのアクセス [2013年05月15日(Wed)]
この5月からFacebookにしっかり確認&コメントするようにしています。
すると・・・様々な角度からの中国情報がたくさん見えてくるようになりました。
「それぞれのサイトをのぞきに行かなくても、
 自分のページに情報が集まってくる!
 すごいぞ Facebook!」 と思いながらのぞいています。


で、ある日本人写真家の方がアップした
三江県の写真に
「ここです、ここ! 当会の支援場所です!」と私がコメントしたところ
あるパートナー様からこんなコメントをいただきました。


以下、私とパートナー様とのコメントのやり取りをどうぞ。



S様: 「行ってみたいです。12月に上海に仕事で行きますが、
    飛行機を使って何時間くらいで行けますか?」

私:「S様 いつも応援ありがとうございます。
   三江県への行き方は。日々進化しておりますので、
   CCEAS柳州の担当者に電話で確認してみますので、
   少しお時間をくださいませ!」

私:「S様 昨晩、柳州に電話してみました。
   12月喜んで通訳(必要ならば)、宿、車、サポーター、各チケット、
   アテンドしますよ!との回答でした。
   飛行機は上海−桂林が2時間半。
   桂林−三江県は車で行くか、高速鉄道が開通しているのか
   現在確認してもらっていますので、
   もう少しお待ちくださいませ!」

S様:「桂林までは自分の少ない能力で行けると思いますが、
    それ以降は多分身動きすら出来ないかと思っています。
    桂林から通訳の方がついてくれると安心です。」

私:「通訳のアテンド問題なし!です。(少し、お値段がかかるかもしれませんが)

  S様が当会に身を任せ、うちのスタッフにゆだねていただけるのでしたら、
  当会スタッフがガッチリ対応いたします。(だと、通訳費用はかかりません)

  また、S様が英語の通訳でいいと思われるのでしたら
  英語の通訳を安く探す事も可能です。

  三江県に近い柳州市は工業地方都市なのですが、
  優秀な日本語人材が少ないため、力を借りるとなると高額になりますが、
  英語だと人材確保が容易なので日本語に比べると割安です。・・・
  
  空港からのアクセスですが、
  上海ー柳州の飛行機もあります。これだと、2時間35分。
  柳州空港ー柳州列車駅 大体 車で40分
  柳州駅ー三江県駅 快速列車 3時間21分 (列車は柳州が始発の列車)
  柳州ー三江県 車で行く場合は 202キロ 3時間〜3時間半


  桂林ですと、上海ー桂林 飛行機 2時間半
  桂林空港ー柳州駅 車で3時間程度 ですので、
  柳州に飛んでいただくのが時間的にはベストですが、
  上海ー桂林は一日に何本も飛行機が飛んでいますが、
  上海ー柳州は本数が少ないとのデメリットがあります。
  桂林ー三江県 車で行く場合は 167キロ 2時間半〜3時間です。
  

  まず、三江県を見て、それから、桂林観光もして
  桂林から上海に戻りたい!のご希望でも、OKですのでお気軽にどうぞ。

  三江県は自然が豊かで、少数民族文化が豊かな土地。
  棚田の景色が見事な場所ですので。12月でも気候は温暖ですよ。」

DSC02218.JPG

Posted by miho at 13:00
吉林 15 [2012年08月18日(Sat)]
大型スーパーを見学
CIMG3658.JPG
店内には回転寿司店も

最終MT後、昼食。
CIMG3659.JPG
朝鮮式レストランにて ここにも珍しい小麦粉料理が

そして、空港まで高速鉄道で移動することに

吉林駅
CIMG3662.JPG

駅前広場
CIMG3661.JPG

駅ロビー
CIMG3663.JPG

CIMG3664.JPG
吉林と長春の間に位置する空港まで 40分ほど、28元でした。



空港で上海行きの飛行機を待っている間に
足裏マッサージを体験。
30分で88元(1,100円)
60分だと148元だったのですが、
なんと、マッサージをしてくれた本人が手にできるお金は
30分で13元、60分で37元だけ!だそうです。
(なんとシビアな・・・)

高速鉄道に乗っている時から大雨となったため
上海行きの飛行機は結局2時間の遅れ。
夜11:30頃上海空港着となり、空港近くの安ホテルに宿泊。

翌朝、6時過ぎにホテルを出て、日本へと戻りました。
(私の車・・・エンジンはかかったものの、やはり、スピードが出ない。
 何度も何度も止まりかけ、そのまま修理工場行き → 新車購入
 となりました)


お疲れ様でした・・・



Posted by miho at 16:52
吉林 14 (中国披露宴 会場) [2012年08月17日(Fri)]
披露宴会場をのぞいてみると
受付はあるものの、日本のように一人ひとり厳格ではないので
入っていかれます。
(開いた席に座って、祝宴にも参加できそうな雰囲気)

CIMG3648.JPG

ちょっと高級? スタート前の別会場
CIMG3649.JPG


など、人の波にまかせ、写真を撮りまくっていた私でした。


まったくの余談なのですが
吉林女性の気になった点を・・・

CIMG3653.JPG

キラキラ好き! この女性は50代? ホテルの清掃担当者なのですが
首から上は超ド派手。 眉とアイラインに刺青メークばっちりで
アクセサリーもジャラジャラ! 「仕事の時もおしゃれするわよ!」のパワー全開でした。

男性はというと・・・

CIMG3656.JPG

ほとんどの吉林男性がこのTシャツ+短パン+サンダルスタイル。
手には携帯。
「10代、20代だけでなく、
 中国人男性、ラフになったな〜」が感想でした。

Posted by miho at 16:21
吉林 13 (中国の披露宴 求愛) [2012年08月17日(Fri)]
部屋に戻ろうと、エレベーターホールに行くと
吹き抜けの1階ホールから4階?の新婦の部屋に向かって
新郎がブーケ片手に求愛中。
新郎の周りには友人や親戚が取り囲み
「もっと、甘い言葉で結婚の許しをもらわないと!」
「もっと愛してると言え!」などとやんややんや言われながら
ホールの真ん中で愛を叫んでいました。
(中国男性って本当に大変・・・)

で、新婦?新婦の友達?から「OK」がもらえると
部屋の前へGO!

新郎と一緒に友人、親戚もエレベーターに乗り込んで4階へ。
そのエレベーターに一緒に乗り込んだ私が見たもの・・・
それは、肉の塊。

(求愛に忙しい皆さんに突っ込む私も私・・・
 透明ビニールを握りしめる親戚と思われるおばちゃんに質問)
「それ、何?」
「肉よ!」
「結婚に必要な品なの?」
「ぜったいにいるのよ!」と、怪訝な顔をされてしまいました。
中国では求婚する時、米、穀物、酒、肉などの品が必要なのだとか。
(日本の結納に近い?)

新婦の部屋の前では、
「花嫁に会わせろ!」「結婚させろ!」の儀式 が行われていました。
CIMG3623.JPG


10時のチェックアウトに合わせ、再びロビーに行くと
本日2回目の披露宴前セレモニーが・・・
CIMG3639.JPG

この筒からも紙ふぶきや紙テープが
CIMG3637.JPG

カラースモークもにぎやかに
CIMG3652.JPG

CIMG3641.JPG
Posted by miho at 12:53
吉林 12 (中国の披露宴 2) [2012年08月16日(Thu)]
もちろん、人が朝早くからどんどんつめかけて来ています。
ホテル内は大混雑!

ホテルの中に戻り、朝食を食べていると
またまた大きな花火(爆竹)の音が!
時計を見ると、8時15分でした。

「私たちの披露宴はこちら!」
のウェルカムボード
CIMG3647.JPG

東北らしく、朝鮮族の結婚式も。
花嫁さんは普通の白いウエディングドレスでしたが
親族の皆さんは民族衣装で
CIMG3628.JPG

男性は帽子がかっこいい
CIMG3631.JPG

新婚の二人は最高のポイントでラブラブ撮影
CIMG3645.JPG

ブライドメイドはこのドレススタイルが流行中?
CIMG3646.JPG

Posted by miho at 15:40
吉林 11 (中国の披露宴 1) [2012年08月16日(Thu)]
訪問 3日目

朝、6時?花火の音で起床。
うとうとしていると、6時半にも。7時にも? 
続けてあがる花火に
「もしかして、披露宴に関係あり?」
と思いつつ、朝食を食べに1階に降りてみると
宿泊していたホテルで何組もの披露宴が準備してありました。

ホテル入り口前に登場した披露宴入場アーチ
CIMG3634.JPG

バルーンもあがる!あがる!
CIMG3643.JPG

花火発射準備
CIMG3644.JPG

新郎新婦の車到着に合わせ まずは爆竹が盛大に・・・
そして、その爆竹の残骸
CIMG3635.JPG

車にはハートのバラ飾り
CIMG3640.JPG
Posted by miho at 14:16
吉林 10 (ホテル) [2012年08月15日(Wed)]
今回宿泊したホテル
CIMG3612.JPG

広い吹き抜け、ホテル内に大きな庭園があって
とってもアジアチックなホテル
CIMG3608.JPG


私が泊まった16階から撮影すると・・・
CIMG3609.JPG

CIMG3624.JPG

そして、今回の旅で一番びっくりした事をこのホテルで経験。

それは、吉林市では“朝に結婚披露宴が行われる”そうなのです!
2日目の夜、関係者と食事をしていると、結婚披露宴が話題に。

「吉林は土日の朝に披露宴を行う。
 朝の8時15分と10時58分と時間が決まっていて
 明日、8時15分から私の弟の結婚式があるけど来る?」
 と誘っていただいたのが発端。

「えー 朝から〜〜〜」と耳を疑った私。
「そう、8時15分からだから、起きて何も食べずに行って
 結婚式で朝食を食べるの!」
「なぜ、8時15分と10時58分?」
「8は中国では縁起のいい数字だし、5は“私(自分)にいい事がある”
 の意味がある数字。なので、8と5!」と、教えられたのです。
「朝、早く起きるのは・・・ ちょっと・・・」と、
と丁重に披露宴参加はお断りしたのですが、
翌朝、朝早くから中国披露宴を感じることができたのでした。
Posted by miho at 18:20
吉林 9 (郊外料理 と 幼稚園) [2012年08月15日(Wed)]
お昼は、湖の近くに作られた 郊外型バーベキュー施設にて
地元料理をいただきました。

CIMG3597.JPG

現在の中国では、こういった郊外、外で(BBQスタイルで)
地元の新鮮野菜や肉、魚を味わうスタイルが流行りつつあるそうです。
市内に大型バスを出し、団体客を受け入れて営業する店(バーベキュー施設)
に人気があるとか。

地元の新鮮野菜を味わう
CIMG3599.JPG

そして、「中国東北、小麦粉を食べる地域だな〜」と感じられた
小麦粉料理が、奥の皿に乗った クレープ のような一品。
これに、野菜や肉など、塩気の強い料理を巻いて食べます。
中国東北は小麦粉を使った料理のバリエーションが豊富。

干した大根・ジャガイモ・きゅうりなどを使った料理
CIMG3600.JPG

歯ごたえがあって美味しい。


午後はSさんも一緒に吉林市内の幼稚園を見学
(Sさんは、専門学校で幼稚園教諭の資格取得の勉強中)
CIMG3607.JPG

CIMG3604.JPG

CIMG3605.JPG
Posted by miho at 18:04
吉林 8 (暖房事情) [2012年08月14日(Tue)]
畑の横に積み上げられている薪
CIMG3595.JPG

食事を作るのも、冬の暖をとるのもこの薪を使用。
薪集め、薪作りも大きな労力を要する。

薪使用なら、燃料費を払う必要がないのだが
現在の中国では森林の伐採はご法度。
警察に見つかれば逮捕されてしまう。
ある意味、危険な綱渡り状態。


Sさんの実家 壁のひび割れがひどく、屋根の痛みもひどかった。
しかし、「雨漏り? あっちこっちからさ!」と、きっぷのいいお母さん。
実際は、夏快適でも、冬は隙間風が入ってとても寒い家だろう。



Sさん実家の裏側
CIMG3593.JPG

すぐ隣の家 (この村の家はだいたいこの作り)
CIMG3592.JPG


この近所の家は、実家に比べて少し豊かだとか。
この家の右手にあったのが“シャワー室”
CIMG3596.JPG


Posted by miho at 17:43
吉林 7 (Sさん宅 水事情) [2012年08月14日(Tue)]
水はこのバケツと天秤棒を使って運んでいる
CIMG3588.JPG

家の横の畑、野菜の他にも数種の家畜も飼っている
(主にお母さんが管理)
CIMG3591.JPG

CIMG3594.JPG

ガチョウなども飼育
(卵が貴重な現金収入元。自給自足、現金収入がほとんどない農家にとって
 卵を売って得ることのできる現金は大きな助けとなる)
CIMG3574.JPG

畑の奥に、とうもろこし畑も所有
このとうもろこしが家畜の餌となる
CIMG3577.JPG

これだけの植物・動物に日々水を与えるとなると
お母さんは日に何度水を運んでいるのだろうか。
家に井戸を引く費用は1,000元ほどだそうだが、その1,000元が捻出できないとか。
「家に井戸を引くより、MLの学費が先!」とのお母さんの言葉が印象的でした。
Posted by miho at 17:28
| 次へ