CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«不登校、ひきこもりについて考える | Main | おしゃべり会のお知らせ»
『思春期の子どもに寄り添う』講座実施しました [2014年08月23日(Sat)]
8月21日に
男女共同参画推進センター講座
思春期の子どもに寄り添う
〜不登校、ひきこもりについて考える
を実施しました。
JCV上越ケーブルヴィジョンさんが
取材に来てくださり、8/25月曜
夕方6時半から放送されるそうです。

この企画は、CAP・じょうえつが担当し
不登校やひきこもりの当事者や親の
支援をしている
山岸宏さん(スクールカウンセラー)と
チャーリーさん(国際フリースクールICAN)を
お招きしました。

それぞれの相談の中で元気になった
子どもや保護者をたくさん知っているので
今、悩んでいる人に伝えたいと考えました。

おふたりのトークとQ&Aという形で進めました。
それぞれタイプはちがいますが、共通する
あたたかさや受容的な関わり方など感じて
いただけたのではないでしょうか。

参加者も多く、話したりない,聴き足り
なかった人もいたと思いますが、
ひとりで抱え込まなくてもいいんだよと
いうメッセージとともに一つのきっかけとして
つながっていけるといいと思います。

この講座の実施にあたっては、不登校経験者も
手伝ってくれました。
保育ルームも設定しましたので、子どもを
預けてご参加くださった人もいます。
皆さまありがとうございました。
Posted by CAP・じょうえつ at 09:49 | ワークショップ | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント