CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«三頭身のガンディー像とSelf Help Group:Santvinava Bhave Colony | Main | 出張と赴任の違い»
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
インド滞在記
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
匿名
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 (02/12) awa→ちびすけさん
1年目の振り返り。 (12/23) ちびすけ
1年目の振り返り。 (12/15) awa→KUROさん
1年目の振り返り。 (12/15) KURO
1年目の振り返り。 (12/15) awa
1年目の振り返り。 (11/30) Hena
1年目の振り返り。 (11/28) もりりん
1年目の振り返り。 (11/27) awa→きょこさん
モチベーション (10/27) きょこ
モチベーション (10/27)
月別アーカイブ
人の心から壁をなくす:Santivinova Colonyその2 [2011年09月19日(Mon)]



重度の障害のある高齢者の姿が目立つ。

貧困線以下の家庭には、政府から米の支給があるが、質が悪く、質の改善を申し立てているところだそう。




1軒105,000ルピー(約21万円)で建てられるという低価格住居。
でも屋根瓦はところどころ崩れ落ちそう。


家の中を見せていただいた。
こちらが台所。



寝室もお邪魔します。




他のところからこのコロニーに嫁いできたという女性。
まだ12年生、将来は学校の先生になりたいという。



ハンセン病コロニーに住むことに抵抗はなかった? と尋ねるスタッフに、
「ハンセン病コロニーも他のコミュニティと同じで、何も怖がることはない」と笑顔で話す。

同級生という友だちも一緒に遊びに来た。

こういう人との直接的な交流が、差別をなくすための第一歩。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント