CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«人々の生業:Ashadeep Colonyその2 | Main | 人の心から壁をなくす:Santivinova Colonyその2»
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
インド滞在記
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
匿名
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 (02/12) awa→ちびすけさん
1年目の振り返り。 (12/23) ちびすけ
1年目の振り返り。 (12/15) awa→KUROさん
1年目の振り返り。 (12/15) KURO
1年目の振り返り。 (12/15) awa
1年目の振り返り。 (11/30) Hena
1年目の振り返り。 (11/28) もりりん
1年目の振り返り。 (11/27) awa→きょこさん
モチベーション (10/27) きょこ
モチベーション (10/27)
月別アーカイブ
三頭身のガンディー像とSelf Help Group:Santvinava Bhave Colony [2011年09月19日(Mon)]

Sativinava Bhave Colony
サンティナヴァ・ベーヴ・コロニー



ライプール地区、ラジムにあるコロニー。
3つの川が交差する、宗教的に有名な町。
鉄道駅の近くに位置する。

30世帯が生活する小規模なコロニー。

コロニーリーダーの名前はシャンカー氏。



1970年に設立。
始めは17、8人だけだったが、現在は45人が暮らす。
住人のうち、ハンセン病回復者は11人。あとはその家族の人たち。

祭壇の周りにわらわらと集まって、ミーティング開始。
女性が最初から輪の中心に入ってくるのは、珍しい。



The Leprosy Missionの支援で、2つの自助グループが立ち上がっている。
少額ずつ出資してグループを立ち上げた時の帳簿を見せてくれた。





ところで、ここのガンジー像は、三頭身。
…なんだか微笑ましい。




(訪問日:2011年1月21日)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント