CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«高校生のための化学講座 〜化学と電気の意外な関係〜【2019/12/15】 | Main | ウェルカメよっかいち 早朝清掃2020【毎月第1日曜日】»
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ゴンザ
ファシリテーション講座 (08/18) terakoyaman
ファシリテーション講座IN四日市 (08/04) 後藤
CBCラジオまつり2日目/高橋 (07/26) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (07/18) 後藤@どまんNakaグリーンマップ
スポット情報 in 津島 (07/13) 高橋
遅れましたが、はじめまして! (07/08) 高橋
インターン活動 (07/08) きょん
街の中の田んぼのその後 (07/02) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (06/30) 高橋
DYEA記録/高橋 (06/29)
プロフィール

特定非営利活動法人 地域の未来・志援センターさんの画像

https://blog.canpan.info/c-mirai2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/c-mirai2/index2_0.xml
環境ボランティアサークル亀の子隊in渥美半島 西の浜クリーンアップ活動!【2019/12/15ほか】 [2019年12月09日(Mon)]

kamenokotai_12tuki.JPG

亀の子隊をご理解・ご支援いただいているみなさんへ

西の浜クリーンアップ活動への参加者ももう少しで1,000人となります。
浜は、10月の台風で打ち上げられたゴミや流木でいっぱいです。
これからの季節は、海がゴミを吐き出し、きれいになる季節です。
そんな西の浜を見に来ませんか?

【2019年11月の活動】
2019年11月の活動でした。
クリーンアップ活動の日は気温14度、風もあり、体感はもっと寒い感じで
した。これからも寒くなりますが、ゴミも増える季節です。夏から秋にかけて
豪雨や台風で海に出たゴミは、これから北西から吹く季節風〜伊吹おろしで海
が荒れ、風と波に乗って西の浜に流れ着きます。海がきれいになる季節です。
どんどんごみを吐き出してくれればいいと思います。
 しばらく前に、中日新聞に、四日市大学の先生が答志島でマイクロプラスチックの調査をしたという記事が載っていました。
西の浜クリーンアップ活動では、そういう調査をする余裕はありません。
しかし、ゴミを拾いながら浜やアシやヨシの下を見ると小さなプラスチック
ゴミがあることに気づきます。
できるだけ小さなゴミも拾ってください、と呼びかけますが小さすぎるものは
どうしても置いて行かれます。砂と一緒に好き上げ、目の細かいフルイか何か
で分ければある程度は分別できると思いますが、砂粒ほどになったものはさら
に浮かせる工夫が必要です。
 しかし、世界中で話題になっているこの時、一度「調査」してもいいかなぁ、と思います。大勢の人の手と道具など準備が必要ですが。
 
11月24日には「渥美を学び、渥美を食べよう」ということで名古屋から
のエコツアーを実施しました。伊勢湾上流域の人たちに伊勢湾の最下流域に
位置する渥美半島西の浜の現状を知ってもらうことが目的です。
加えて、渥美の海のよさを知ってもらうために体験活動を行います。
 参加者の中に、答志島で活動する22世紀奈佐の浜プロジェクトの学生委員
会のメンバーだという大学生がいました。西の浜の現状を見て、話を聞いても
らい、何とかつながれるといいねという話になりました。
参加費などの課題をクリアしなければなりませんが。
  来年は、何か動きがあるかもしれません。

kamenokotai_12tuki_2.JPG

【今後の予定】
 12月15日(日) 西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
         活動場所 西山町から風車の方に800mほど行った辺りの海
 1月11日(土)〜12日(日) 生物多様性の10年キックオフイベント
             名古屋国際会議場
  1月19日(日) 西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
  2月 8日(土) 東三河ボランティア集会   9:00〜15:00
         去年は田原文化会館で行われ、活動発表をしました。
         今年は、新城市文化会館で行われます。
         一昨年の蒲郡、去年の田原ともに、子どもたちの発表が
         素晴らしかった、感動したという感想をもらっています。
         亀の子隊の活動を知ってもらい、きれいな海を守りたいと
         いう心を広げるよい機会です。
         今年も活動発表をしたいと思います。募集中です。
         大勢で発表すると、より強く思いを伝えられます。

 以上です。よろしくお願いします。
◆お問い合わせ
環境ボランティアサークル 亀の子隊  鈴木 吉春
〒441-3502
  愛知県田原市赤羽根町赤土1 赤羽根市民センター3階
FAX 0531-23-0581
携 帯 090-9123-7983
mail  yoshiharu@kamenoko.org
亀の子隊URL http://www.kamenoko.org
Posted by tsunagaru at 11:58 | お知らせ | この記事のURL