CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ゴンザ
ファシリテーション講座 (08/18) terakoyaman
ファシリテーション講座IN四日市 (08/04) 後藤
CBCラジオまつり2日目/高橋 (07/26) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (07/18) 後藤@どまんNakaグリーンマップ
スポット情報 in 津島 (07/13) 高橋
遅れましたが、はじめまして! (07/08) 高橋
インターン活動 (07/08) きょん
街の中の田んぼのその後 (07/02) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (06/30) 高橋
DYEA記録/高橋 (06/29)
プロフィール

特定非営利活動法人 地域の未来・志援センターさんの画像

https://blog.canpan.info/c-mirai2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/c-mirai2/index2_0.xml
渥美半島環境活動協議会 講演会 [2020年05月26日(Tue)]

『渥美半島の豊かな自然を未来に引き継ぐための講演会』
    〜参加費無料 どなたでも参加OK!〜

【演題】専門家が解き明かす! 伊勢湾・三河湾のアサリが何故採れなくなったのか
【講師】名城大学特任教授 鈴木 輝明 氏
【日時】令和2年6月14日(日) 午後2時45分〜 (午後2時30分 受付開始)
【場所】田原市中部市民館 多目的ホール

〇ワークショップ テーマ「魚介類から渥美半島を考える」

【問い合わせ先】渥美半島環境活動協議会 090-9123-7983 (鈴木)


渥美チラシ修正版_0614講演会_伊勢三河湾アサリ.pdf
Posted by tsunagaru at 20:48 | お知らせ | この記事のURL
NPO法人泉京・垂井【オンライン講座】「世界の今を知るために」<講座その壱・南北問題> [2020年05月26日(Tue)]

「世界の今を知るために」が始まります。
第一弾は<講座その壱>「南北問題ことはじめ」。
泉京・垂井とNGO福岡ネットワーク(FUNN)との協働企画です!

<講座その壱>「南北問題ことはじめ」

@南北問題の起源      6月13日(土)15:30-17:00
A植民地支配の展開と私たち 6月20日(土)15:30-17:00
B南北問題という言葉の誕生 6月27日(土)15:30-17:00

オンラインミーティングツール「Zoom」を使用します。
下記専用フォーム(Peatix)で申し込みを受け付けております。

====================
https://sento-funn-online1.peatix.com/
====================

物理的な距離が制約にならないオンライン講座でどこまでできるのか、
泉京・垂井の新たな挑戦です。
FUNNや有志の方々と一緒に蓄積と振り返りを繰り返しながら
手間暇かけて育ていくつもりです。
みなさまの参加をお待ちしております。
Posted by tsunagaru at 20:44 | お知らせ | この記事のURL
渥美半島環境活動協議会のご紹介 [2020年05月12日(Tue)]

2016年2月、当団体が呼びかけで渥美半島の環境活動に携わる人々が大集合、交流会を開催しました。その会をつくり上げる過程で親交が深まり、同年6月、渥美半島環境活動協議会が発足しました。以来、当団体は持続可能な地域づくりの仲間として、協議会の皆さんメンバーと共に歩んでいます。

97014541_2874613182658585_8880059010074542080_n.jpg
2016年2月、渥美半島の先端・伊良湖にて『情報交流会〜豊かな自然を活かすネットワーク〜』を開催

渥美半島環境活動協議会紹介2.jpg

〇糸島こよみ舎の講演チラシはこちらから

〇後藤尚弘さんの講演チラシはこちらから

〇渡辺綱男さんの講演チラシはこちらから


Posted by tsunagaru at 20:44 | お知らせ | この記事のURL
海と日本プロジェクト「海ごみゼロアワード2020」のご案内 [2020年04月28日(Tue)]

海と日本プロジェクト「海ごみゼロアワード2020」のご案内

▼公式サイト
https://uminohi.jp/umigomizero_award2020/

<応募締め切り>
5月13日(水)17:00まで

<応募に関して>
●募集部門
・アクション部門:
海洋ごみ問題に対して、効果的な活動を継続的・発展的に展開し、
かつその功績が顕著であると認められる実践的活動や普及啓発等の取り組み

・イノベーション部門:
海洋ごみの円滑な処理及び発生抑制において、
革新的かつその功績が顕著であると認められる
技術や製品開発等を中心とした取り組み

●活動奨励金
〇 最優秀賞       金額100万円
〇 環境大臣賞 各部門  金額50万円
〇 日本財団賞 各部門  金額50万円
〇 審査員特別賞     金額20万円

▼応募方法や応募条件などの詳細は、下記の公式サイトをご覧ください。
https://uminohi.jp/umigomizero_award2020/awardDetail.html

▼昨年度受賞一覧
https://uminohi.jp/umigomizero_award2020/announcement.html
Posted by tsunagaru at 15:12 | お知らせ | この記事のURL
渥美半島環境活動協議会メンバーよりお知らせ [2020年04月28日(Tue)]

たはら女子・presents 『癒し体験in渥美半島』

今はコロナの影響で難しいですが、
田原は草原と海が広がる景色や自然が素晴らしい場所です。
この国難を乗り越えた暁には思いっきり渥美半島(田原)の空気を吸いに行きましょう!

※パンフレット(PDF)をご希望の方は下記のリンクよりダウンロードをお願いいたします。

たはら女子_癒し体験パンフ.pdf
Posted by tsunagaru at 14:24 | お知らせ | この記事のURL
緊急経済支援策等のNPO法人等への支援措置に関する要望書 [2020年04月24日(Fri)]

 当団体が幹事団体を務める東海市民社会ネットワークでは、今般の緊急事態宣言に対して出されている緊急経済支援策に対し、NPO法人等の要望書を提出しました(提出先:愛知県、岐阜県、三重県、名古屋市)
※要望5は、愛知県・名古屋市への提出書のみ記載


愛知県知事 大村 秀章 様  名古屋市長 河村たかし 様


東海市民社会ネットワーク代表
中島 隆宏(NPO 法人名古屋 NGO センター 代表理事)
野村 典博(NPO 法人ぎふ NPO センター 理事長)
松井真理子(NPO 法人みえNPO ネットワークセンター代表理事)


新型コロナウィルス緊急事態宣言に伴う東海地域の緊急経済支援策等におけるNPO 等多様な市民活動への支援措置に関する要望書


 平素よりNPO法人など市民活動に対して格別のご支援・ご理解をいただき厚く感謝申し上げます。東海市民社会ネットワークは、2016 年 5 月の「市民の伊勢志摩サミット」を契機に発足した SDGs が 謳う「誰一人取り残さない」社会の実現を目指して活動する東海 3 県の NPO 等のネットワーク組織です。現在、新型コロナウィルス感染拡大防止のための自粛・休業要請に伴い、東海地域の多様な住民ニーズに対応し、福祉、教育、文化、環境、多文化共生、国際協力、まちづくり等で活動してきた NPO 等(NPO法人、一般社団法人、任意団体など法人格の有無にかかわらず多様な分野で活動する諸団体を含む)が、事業停止や大幅な減収見込み等により極めて厳しい経営難を迎えています。
 今回の政府の緊急事態宣言拡大を受けて、東海地域の各自治体が策定される独自の緊急経済支援策等において、NPO 等をその対象に含めるとともに、NPO 等の実態に即した支援方法を実施していただきたく、下記の通り要望いたします。ぜひとも、早急な対応をお願い申し上げます。



1. 各自治体独自の緊急経済支援策等の対象に、中小企業や小規模事業者に加えて NPO 等(NPO 法人、一般社団法人、任意団体等法人格の有無にかかわらず前述分野で活動する諸団体を含む)も対象とすることを明記してください(国の持続化給付金でもNPO 法人は対象とすることが明記されています)。

2. 上記支援対象の条件として、減収の証明などが必要となる場合、売り上げ(対価収入)とは異なる区分の収入(応援制の会費・寄付等)は、入金の時期が年度始めに制定されることが多く、また減収まで時間差があるため、収入の計算式から除外してください。

3. 各自治体より委託・指定管理、補助金等を受けて行う事業については、新型コロナウィルス拡大防止の観点から、オンライン開催を検討し、その上で閉所や開催中止となった場合でも、企画や検討にかかった人件費等の費用分は、減額せずに支払ってください。

4. 認定 NPO、特例認定 NPO、もしくはそれに向けて準備をしている団体の本年事業年度の実績判定において、事業費の扱いに配慮してください。

5. SDGsの観点から、緊急事態宣言をはじめ新型コロナウイルスに関する各種情報について、視覚・聴覚に障害を持つ人や外国人等が迅速かつ正確に理解できるよう、手話や外国語翻訳等のユニバーサル・コミュニ ケーションに努めてください。

共同提出団体
NPO 法人名古屋 NGO センター、NPO 法人地域の未来・志援センター、不戦へのネットワーク、 公益財団法人アジア保健研修所(AHI)、中部 ESD 拠点、NPO 法人多文化共生リソースセンター東海、こどもフォーラム、認定 NPO 法人中部リサイクル運動市民の会、一般社団法人SDGs コミュニティ、NPO 法人ぎふ NPO センター、NPO 法人泉京・垂井、NPO 法人みえ NPO ネットワークセンター、チベット友の会、NPO 法人市民社会研究所
連絡先:名古屋市東区代官町 39-18 日本陶磁器センタービル 5 階 地域の未来・志援センター内(office@c-mirai.org)


岐阜・三重版の要望書PDFは こちら

Posted by tsunagaru at 11:48 | お知らせ | この記事のURL
「トヨタ環境活動助成プログラム」2020年度の募集を開始 [2020年04月16日(Thu)]

2020年4月24 日_トヨタ環境活動助成プログラム募集期間延期_ページ_1.jpg

2020年4月24 日_トヨタ環境活動助成プログラム募集期間延期_ページ_2.jpg

2020年4月24 日_トヨタ環境活動助成プログラム募集期間延期_ページ_3.jpg

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、「持続可能な発展」のための環境改善や保全に向けた活動を助成する「トヨタ環境活動助成プログラム」の2020年度助成対象の募集を開始します。

https://global.toyota/jp/sustainability/esg/challenge2050/challenge6/ecogrant/
Posted by tsunagaru at 14:37 | お知らせ | この記事のURL
●いび地域環境塾 [2020年04月16日(Thu)]

2020いび地域環境塾チラシ0330-2.png

対象:保育園児から小学校6年生までの児童とその親
定員:1回あたり30人
受講料:無料(材料代が必要な講座もあります。)

FAXか郵送、メールでお申し込みください。
申込書受付後、詳細案内をメールでお知らせしますので、必ずメールアドレスをご記入ください。


・さつまいもの苗植え
  里山会 大野町・里山会畑
  材料代:500円 2020年5月10日(日) 10:00〜12:00

・河川ごみ拾い・水質検査・鮎の放流
  いびがわミズみずエコステーション 揖斐川町岡島・クリーンセンター付近
          2020年5月30日(土) 8:00〜10:00

・化石レプリカ&星見盤作り
  しつもん力普及協会スマイル 池田町・中央公民館
  材料代:400円 2020年5月31日(日) 10:00〜12:00

・川底探検隊
  いびがわミズみずエコステーション 揖斐川町上南方・桂川
  材料代:400円 2020年6月6日(土) 10:00〜12:00

・さつまいもの観察会
  里山会 大野町・里山会畑
          2020年6月 7日(日) 10:00〜12:00
Posted by tsunagaru at 13:44 | お知らせ | この記事のURL
●揖斐川流域クリーン大作戦 [2020年04月16日(Thu)]

揖斐川流域クリーン大作戦チラシ2020_ページ_1.png

揖斐川流域クリーン大作戦チラシ2020_ページ_2.png

5月30日(土) 8:30〜9:30 
★揖斐川流域16か所で開催!
問合せ:TEL 090-8950-2493
NPO法人いびがわミズみずエコステーション(事務局長 岩間誠)
Posted by tsunagaru at 12:04 | お知らせ | この記事のURL
●渥美半島・西の浜クリーンアップ活動 [2020年04月16日(Thu)]

5月17日(日)  10:00〜11:00
問合せmail yoshiharu@kamenoko.org
環境ボランティアサークル亀の子隊URLhttp://www.kamenoko.org
Posted by tsunagaru at 12:01 | お知らせ | この記事のURL
〔5月のゴミゼロ活動「きれいな水を次の世代へ」クリーン大作戦 実施予定です!〕 [2020年04月15日(Wed)]

●渥美半島・西の浜クリーンアップ活動  5月17日(日)  10:00〜11:00
問合せmail yoshiharu@kamenoko.org
環境ボランティアサークル亀の子隊URLhttp://www.kamenoko.org

●揖斐川流域クリーン大作戦 5月30日(土) 8:30〜9:30 
★揖斐川流域16か所で開催!
問合せ:TEL 090-8950-2493
NPO法人いびがわミズみずエコステーション(事務局長 岩間誠)
Posted by tsunagaru at 20:42 | お知らせ | この記事のURL
〔中止/延期のお知らせ〕 [2020年04月15日(Wed)]

●環境ボランティアサークル亀の子隊
中止:4月19日(日) 「(渥美半島)西の浜クリーンアップ活動」
延期:5月5日(火) 「(渥美半島)海の環境を学ぶ会〜磯の観察会」
中止:5月24日(日) 「(渥美半島)なごや環境大学教育講座〜磯の観察会」

●フェアトレード垂井実行委員会
中止:4月26日(日) 「第10回フェアトレードデイ垂井」
https://peraichi.com/landing_pages/view/ftdtarui
Posted by tsunagaru at 20:41 | お知らせ | この記事のURL
『2020年度 CSOラーニング制度』 [2020年03月21日(Sat)]

===================================

<参加者募集!!>

大学生・大学院生の環境NPO・NGO長期有給インターンシップ

『2020年度 CSOラーニング制度』



SOMPO環境財団(旧損保ジャパン日本興亜環境財団)では、大学生・大学院生の方が、

環境問題に取り組むCSO(NPO・NGO)で8ヶ月間の長期有給インターンシップを行う、

『CSOラーニング制度』を運営しています。



2000年にスタートしたCSOラーニング制度は今年で21年目を迎え、毎年約60名が参加し、

すでに1100名を超えるOB・OGが様々な方面で活躍しています。

このたび、新年度の募集を開始いたしましたので、ご興味のある方は

是非下記HPをご覧いただき、奮ってご応募ください!



 https://www.sompo-ef.org/cso/overview.html



【応募資格】大学生および大学院生(修士課程まで)

【募集人員】4地区で65名程度(関東30名、関西15名、愛知10名、宮城10名)

【活動期間】2020年6月〜2021年1月までのインターン期間および3月までのまとめの期間

      活動スケジュールは各CSOと調整したうえで決定しますので学業への支障はなく、

       また、アルバイトをしながらでもインターン活動ができます。

【奨学金 】活動1時間あたり800円及び通勤のための交通費を支給。

【応募方法】募集HPの専用申込フォームから直接お申し込みください。

      (応募締切:4月29日(水))

        https://www.sompo-ef.org/cso/overview.html



★今年度は、新型コロナウィルス感染防止の観点から、例年実施している募集制度説明会は開催致しません。

★ご応募いただいた方には財団からご連絡します。希望のCSOとの面接を行い採否を決定いたします。



【問合せ先】公益財団法人SOMPO環境財団 office@sompo-ef.org / 03-3349-4614

=============================================

(※お願い)

お知り合いの学生または関係者に制度のご紹介を頂くにあたり、

採用を確約するような説明はしないようお願い致します。

CSOの皆様には、第一希望として申し込み頂いた学生全員と面接を頂きます。

その際、全学生を公平に判断し採否を決定して頂く必要がありますので、

何卒ご注意くださいますようお願いいたします。
Posted by tsunagaru at 17:02 | お知らせ | この記事のURL
第10回フェアトレードデイ垂井  [2020年03月21日(Sat)]

【日時】2020年4月26日(日)

    10:00−16:00

【会場】相川児童公園と相川河川敷

    (岐阜県不破郡垂井町字町裏1111番地12)



              *JR垂井駅から徒歩5分

              *少雨決行・荒天中止

今回のテーマは

「みんなまるっとフェアトレード − わたしからはじめる。みんなの未来。−」

フェアトレードデイ垂井は、フェアトレードや地産地消を大切にした出店者さんにより支えられています。フェアトレードや地産地消の素晴らしさを知っていただきたいと、40以上の素敵なお店が出展します!

詳しくは下記サイトへ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/ftdtarui







2)ESD活動支援センターからのお知らせ

@ESD推進ネットワーク2019のセッション2:(パネルディスカッション)とセッション5(総括セッション)の動画をアップしました。みなさまの活動にご活用ください。



https://esdcenter.jp/2020/03/esdcenter-forum2019news-6/



A環境省から、本日(3月13日(金))、地球温暖化に関する中高生向けの映像教材をライブ配信等のお知らせがありました。



休校中の子供たちに

ぜひ見て欲しい

科学技術の

面白デジタルコンテンツ



全国の臨時休校に対応する特別企画 by  科学技術広報研究会(JACST:Japan Association of Communication for Science and Technology )



JACSTは、研究機関や大学などの広報担当者が、所属する組織の枠をこえて、広報活動における課題を共有し、それらを通してお互いに助け合い、共に成長していくことを目指したネットワークです。約80機関から約140名の広報担当者が参加しています。(2020年3月2日現在)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



●第1回の配信 (本日です! )



日時:2020年3月13日(金)15時〜15時40分くらいまで

テーマ:【ともだちに話したくなる!地球温暖化のリアル】第1回 地球温暖化のウソ?ホント?



こちらからご覧ください https://www.youtube.com/user/nieschannel



●過去の映像をアップしているページです。☟

https://sites.google.com/view/jacst-for-kids/
Posted by tsunagaru at 15:38 | お知らせ | この記事のURL
SDGsコミュニティづくりフォーラム2020  あと10年、市民社会がすべきこと 〜平和で、民主的な、だれ一人とりのこさない世界をつくるために〜【2020/2/28】 [2020年03月19日(Thu)]

SDGsコミュニティづくりフォーラム2020 案内チラシ_page-0001.jpg

だれ一人り とりのこさない 世界をつくる…。
なんて素敵なメッセージなのでしょう。でも、本当にできるのか。とても難しい…。
2030年までのこの世界の約束を、今日本に暮らす私たちはどうやって果たすのか。

○政府は昨年SDGs達成の状況を示しました。
これまでの5年間の取組が、国内及び海外のどのような影響を及ぼしたのかを共有します。

○政府は今後の指針となる「SDGs実施指針改定版」を策定しました。
2030年までの10年間、市民社会が、「だれ一人とり残さない世界をつくるために」、
どのようなシナリオをつくり、歩むのか、語りあいます。

日時 2020年2月28日(金)13:30〜16:45(受付13:15)
場所 ウィンクあいち1102(名古屋市中村区名駅4丁目4−38)
資料代 500円
主催 一般社団法人SDGsコミュニティ
共催 東海市民社会ネットワーク
後援 一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク

【プログラム】
◆セッション1「世界の動き、日本の動き〜SDGs実施指針改定版からひもとく」
ゲスト:星野 智子さん
(SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事/(一社)環境パートナーシップ会議副代表理事)
大学卒業後、環境団体に就職し、環境情報やイベント、市民活動サポートや青年の環境活動
に関わり、安全な食の普及、全国ネットワークやボランティア活動のノウハウを構築。デンマークで福祉や環境のまちづくり、民主的な合意形成、国際協力、サステナビリティについて学ぶ。02年のヨハネスブルグ・サミット、「国連持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」推進運動、2010年の生物多様性COP10の市民ネットワーク、リオ+20地球サミットNGO連絡会の立
ち上げ・運営に参加。03年より地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)の運営に関わる。
現在(一社)環境パートナーシップ会議副代表理事。NPO法人日本NPOセンター、(一社)海
外環境協力センター理事、環境省SDGsステークホルダーズミーティング構成委員。

◆セッション2 あと10年、市民社会はどのように歩むのか〜だれ一人とりのこさない世界をつくるために
<出演者>
星野 智子さん  一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事
浦上 奈々さん  国際連合地域開発センター 研究員(経済・社会開発) 
青木 信彦さん  独立行政法人国際協力機構(JICA) 中部センター 連携推進課 課長補佐
河合 良太さん  特定非営利活動法人地域の未来・志援センター/東海市民社会ネットワーク
神田 浩史さん  特定非営利活動法人泉京・垂井 副代表理事/東海市民社会ネットワーク
曽我 幸代さん  名古屋市立大学人文社会学部准教授
武長 脩行さん  特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ理事長
長谷川明子さん ビオトープ・ネットワーク中部会長
林 かぐみさん   公益財団法人アジア保健研究所 事務局長
松井真理子さん 特定非営利活動法人市民社会研究所代表理事/
           特定非営利活動法人みえNPOネットワークセンター代表理事/東海市民社会ネットワーク代表理事
松浦 史典さん  認定特定活動法人名古屋NGOセンター理事/
           特定非営利活動法人ホープ・インターナショナル開発機構 開発オフィサー
大鹿 聖公  愛知教育大学理科教育講座教授/一般社団法人SDGsコミュニティ理事 
○モデレーター  新海洋子(一社)SDGsコミュニティ代表理事 
           清水君代(一社)SDGsコミュニティ理事 

◆セッション3 まとめの時間(16:20〜16:40)

☆終了後、懇親会を行います(参加費実費)

<申込先> 
申込は、下記を記入し、Email(office@sdgscom.com) にて送付ください。
・お名前:
・住所:
・電話/Email:
・年代:□20代以下 □30代  □40代  □50代 □60代 □70代以上
・SDGsに関する活動について 
□活動している  □活動する予定  □関心をもちはじめた □他(               )
・参加動機や期待することなどご自由にお書きください。
(                                                         )
・懇親会 □参加  □欠席
*この個人情報は当団体主催事業以外では使用いたしません。

<お問合せ先>
一般社団法人SDGsコミュニティ 〒461-0005 名古屋市東区東桜2‐18‐3 702
Mobile 090-7024-5090
Email office@sdgscom.com  
http://sdgscom.com  

SDGsコミュニティづくりフォーラム2020 案内チラシ_page-0002.jpg 
Posted by tsunagaru at 17:21 | お知らせ | この記事のURL
SDGsコミュニティづくりフォーラム2020  あと10年、市民社会がすべきこと 〜平和で、民主的な、だれ一人とりのこさない世界をつくるために〜【2020/2/28】 [2020年02月19日(Wed)]

SDGsコミュニティづくりフォーラム2020 案内チラシ_page-0001.jpg
だれ一人り とりのこさない 世界をつくる…。
なんて素敵なメッセージなのでしょう。でも、本当にできるのか。とても難しい…。
2030年までのこの世界の約束を、今日本に暮らす私たちはどうやって果たすのか。

○政府は昨年SDGs達成の状況を示しました。
これまでの5年間の取組が、国内及び海外のどのような影響を及ぼしたのかを共有します。

○政府は今後の指針となる「SDGs実施指針改定版」を策定しました。
2030年までの10年間、市民社会が、「だれ一人とり残さない世界をつくるために」、
どのようなシナリオをつくり、歩むのか、語りあいます。

日時 2020年2月28日(金)13:30〜16:45(受付13:15)
場所 ウィンクあいち1102(名古屋市中村区名駅4丁目4−38)
資料代 500円
主催 一般社団法人SDGsコミュニティ
共催 東海市民社会ネットワーク
後援 一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク

【プログラム】
◆セッション1「世界の動き、日本の動き〜SDGs実施指針改定版からひもとく」
ゲスト:星野 智子さん
(SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事/(一社)環境パートナーシップ会議副代表理事)
大学卒業後、環境団体に就職し、環境情報やイベント、市民活動サポートや青年の環境活動
に関わり、安全な食の普及、全国ネットワークやボランティア活動のノウハウを構築。デンマークで福祉や環境のまちづくり、民主的な合意形成、国際協力、サステナビリティについて学ぶ。02年のヨハネスブルグ・サミット、「国連持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」推進運動、2010年の生物多様性COP10の市民ネットワーク、リオ+20地球サミットNGO連絡会の立
ち上げ・運営に参加。03年より地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)の運営に関わる。
現在(一社)環境パートナーシップ会議副代表理事。NPO法人日本NPOセンター、(一社)海
外環境協力センター理事、環境省SDGsステークホルダーズミーティング構成委員。

◆セッション2 あと10年、市民社会はどのように歩むのか〜だれ一人とりのこさない世界をつくるために
<出演者>
星野 智子さん  一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事
浦上 奈々さん  国際連合地域開発センター 研究員(経済・社会開発) 
青木 信彦さん  独立行政法人国際協力機構(JICA) 中部センター 連携推進課 課長補佐
河合 良太さん  特定非営利活動法人地域の未来・志援センター/東海市民社会ネットワーク
神田 浩史さん  特定非営利活動法人泉京・垂井 副代表理事/東海市民社会ネットワーク
曽我 幸代さん  名古屋市立大学人文社会学部准教授
武長 脩行さん  特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ理事長
長谷川明子さん ビオトープ・ネットワーク中部会長
林 かぐみさん   公益財団法人アジア保健研究所 事務局長
松井真理子さん 特定非営利活動法人市民社会研究所代表理事/
           特定非営利活動法人みえNPOネットワークセンター代表理事/東海市民社会ネットワーク代表理事
松浦 史典さん  認定特定活動法人名古屋NGOセンター理事/
           特定非営利活動法人ホープ・インターナショナル開発機構 開発オフィサー
大鹿 聖公  愛知教育大学理科教育講座教授/一般社団法人SDGsコミュニティ理事 
○モデレーター  新海洋子(一社)SDGsコミュニティ代表理事 
           清水君代(一社)SDGsコミュニティ理事 

◆セッション3 まとめの時間(16:20〜16:40)

☆終了後、懇親会を行います(参加費実費)

<申込先> 
申込は、下記を記入し、Email(office@sdgscom.com) にて送付ください。
・お名前:
・住所:
・電話/Email:
・年代:□20代以下 □30代  □40代  □50代 □60代 □70代以上
・SDGsに関する活動について 
□活動している  □活動する予定  □関心をもちはじめた □他(               )
・参加動機や期待することなどご自由にお書きください。
(                                                         )
・懇親会 □参加  □欠席
*この個人情報は当団体主催事業以外では使用いたしません。

<お問合せ先>
一般社団法人SDGsコミュニティ 〒461-0005 名古屋市東区東桜2‐18‐3 702
Mobile 090-7024-5090
Email office@sdgscom.com  
http://sdgscom.com  

SDGsコミュニティづくりフォーラム2020 案内チラシ_page-0002.jpg 
Posted by tsunagaru at 17:16 | お知らせ | この記事のURL
中部ESD拠点2020 SDGsフォーラム【2020/2/22】 [2020年02月19日(Wed)]

SDGsフォーラム2020_page-0001.jpg

共同開催:「中部サステナ政策塾2019年度(第4期)成果発表・交流会」
及び「中部SDGsデザイン会議設立準備会(10)」

日 時:2020 年 2 月 22 日(土) 13:30〜18:00
    (終了後:情報交流会)※13:00 開場
会 場:中部大学名古屋キャンパス 6 階大ホール
    (愛知県名古屋市中区千代田 5-14-22)
主 催:中部 ESD 拠点協議会
共 催:中部大学 国際 ESD・SDGs センター
後 援:国連大学サステナビリティ高等研究所(UNU-IAS)

開催目的:国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の17ゴール達成に向けて、東海・中部地域(伊勢・三河湾流域圏)でSDGsに取り組むためのネットワークづくりをテーマに、多様なステークホルダーの参加によるSDGsフォーラムを開催します。SDGsで解決をめざす地域課題を持ち寄って共有し、解決策を考えます。今後、立ち上げを予定している「中部SDGsデザイン会議」の準備会および、「中部サステナ政策塾」の学びの成果発表会としても開催します。東海・中部地域のSDGsネットワークづくりについて皆さんと共に考えましょう。

詳細については以下のURLをご参照ください
http://chubu-esd.net/event/#post1400

参加お申し込み
参加希望の方は、下記からお申し込み下さい。
フォーラム参加申し込み

お問合せ先:中部 ESD 拠点協議会 事務局
〒487-8501 愛知県春日井市松本町 1200
中部大学 リサーチセンター中部大学国際 ESD センター内
E-mail: office@chubu-esd.net
FAX: 0568-51-4736 TEL: 0568-51-4485
Posted by tsunagaru at 16:51 | お知らせ | この記事のURL
ソーシャルビジネスセミナーinぎふ〜「ソーシャルビジネス」のお悩みを解決〜【2020/2/28】 [2020年01月31日(Fri)]

sosyaru_1.JPG

《対象》・ソーシャルビジネスでの起業予定、もしくは既に事業を営む方
    ・NPO法人などの社会的企業や地域貢献につながる事業を営む方
    ・地域貢献につながる事業をステップアップさせたい方
《会場》 ハートフルスクエア‐G 中研修室(岐阜市橋本町1-10-23)
《定員》 20名
《参加費》無料

◆第1部
○基調講演「SDGs時代におけるソーシャルビジネスの新しい可能性」
       〜ソーシャルビジネスでSDGsを活用する方法〜
   「SDGs(持続可能な開発目標)」が誕生して4年が経ちました。
   世界の様々なセクターが、これほどまでに一つの目標に対して活動
   したことはあったでしょうか。セミナーでは、ビジネス、ソーシャル、
   自治体など地域の全てが繋がる「SDGs」について、すぐに使える
   具体的なヒント/方法を分かりやすくお伝えします。
   また、自身の創業、事業承継の経験から、どのように周囲を巻き込み、
   事業を立ち上げ、承継していくかについてもお話しします。

■講師:中島康滋 氏(イノベーションファクトリー椛纒\取締役)
愛知県名古屋市生まれ。ベンチャーやNPOなどおよそ20社の創業、
30社の経営を経験。「感性でイノベーションを共創する」をテーマに、
幅広い分野・産業で多数のマーケット創出を行う事業開発の専門家。
イノベーションファクトリー株式会社代表取締役、NPO法人コモンビ
ート創業者、株式会社HASUNA取締役、一般社団法人SCIフォーラ
ム発起人/理事、東海若手起業塾シニアコーディネーターほか、スター
トアップ/NPOのボードメンバー、企業のイノベーション創出や人材育
成、自治体のイノベーション推進アドバイザー、起業家育成などに携わる。                               
◆第2部
○施策紹介  主催期間より取組や支援内容をご紹介します。

《お申込方法》
 @お名前(フリガナ)➁法人名(フリガナ)Bお電話 C業種
 Dメールアドレス Eご住所 F参加動機
 上記を参加申込書に明記の上、FAX(058−263−6531)にて
 お申し込みください。

《お問い合わせ先》
 日本政策金融公庫 岐阜支店 国民生活事業(担当:野口、上杉)
 TEL:058−263−2137

sosyaru_2.JPG
Posted by tsunagaru at 12:40 | お知らせ | この記事のURL
プレハブから“木の家”に!38年続く学童を、温もりのある場所へ。【2020/3/31まで】 [2020年01月31日(Fri)]

〜冬は暖かく、夏も快適な場所で、安全に放課後を過ごしほしい〜

はじめまして。愛知県名古屋市にある学童保育所「あおぞら学童保育クラブ」
支援員の小嶋哲志と申します。
あおぞら学童保育クラブは「今を生き、次代を拓く力をつくる」ことを運営
理念に、1982年に保護者が創立・運営を行い、今年で38年目となりまし
た。3つの小学校区から特別支援級も含め1年生から6年生までの子ども達
が通い、現在61名が放課後を過ごしています。

この度、あおぞら学童保育クラブが、38年間過ごした土地からの引越しを
機に放課後の子ども達が過ごす環境を整えるべく名古屋市から無償でリース
が受けられる「プレハブ保育所」をやめ、「木造の保育所」を建てるために
クラウドファンディングを行います。
 是非、添付のURLからプロジェクト概要をお読みいただき、
ご賛同いただけた際には、ご支援、ご協力をお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/aozoragakudo-kinoie

【期間】
1月20日(月)18時〜3月31日(火)まで

【目標達成金額】
500万円
(※支援額が500万円に達しなかった場合は、全額返金となります)

【目標金額達成の場合の資金使用用途】
木造2階建の学童保育所の建設費の一部に使用させて頂きます。

【私たちの想いとして】
授業時数や塾、習い事時間の増加にともない
多忙な毎日を過ごす子どもたちにとって、学童保育所が
のびのびと遊べ、ゆっくりと休息のとれる、心地よい居場所となれるよう
「木の家」の学童保育所の実現にご協力の程、よろしくお願い致します。

また、このプロジェクトを機に、あおぞら学童保育クラブを
「木の家学童保育所」のモデル学童として活用していくことで
名古屋市中のプレハブ学童保育所を
「木の家の保育所」に変えていくための、お手伝いができるよう
研究、運動、仕組みづくりに取り組んでいく所存でございます。

そして、このプロジェクトが注目されることで
全国の「放課後の子どもたちの居場所」に目が向けられるよう、
取り組んできたいと思います!!
是非、ご支援、ご協力の程、よろしくお願い致します!!

https://readyfor.jp/projects/aozoragakudo-kinoie

この「木の家」を学童保育所に広めていくことで、子どもも、街も、
山も元気になれると信じ、活動していきたいと思っています。
Posted by tsunagaru at 11:22 | お知らせ | この記事のURL
<第48回東大手サロン>こだわりのない僕が、NPO/NGOでこだわったこと。これからの人生でこだわりたいこと。【2020/2/25】 [2020年01月30日(Thu)]

higasioote48.JPG

東大手サロンとは・・・
東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で
作るネットワーク「東大手の会」が協働・連携オフィス「地域資源長屋
なかむら」を会場に実施する交流企画です。
地域や社会の課題解決に取り組む方を話題提供者としてお招きし、お話を
聞きながら交流します。

◇日にち:2020年2月25日(火)
◇時 間:19:00〜21:00
◇話題提供:河合良太さん
      NPO法人 泉京・垂井理事、NPO法人 地域の未来・志援センター
      地域コーディネーター
◇主なトピック:
   ・NPO/NGOで働き始めた理由
   ・NPO/NGOの活動を通じて得たもの、こだわりについて
   ・これからの人生でこだわりたいこと など
◇会 場:地域資源長屋なかむら 1階共同会議室
     名古屋市中村区本陣通5−6−1
◇参加費:2000円
◇コーディネーター:青木研輔(東大手の会/代表世話人)
◇参加対象:話題に関心のある方ならどなたでも
◇定 員:15名
  
◇申込・問合せ先:
  @名前(ふりがな)➁所属 BTEL CEメール D参加動機・ゲストへの質問
  上記申し込み内容をFAXまたは、Eメールにてお送りください。
  FAX:052−414−4684
  Eメール:higashiote@gmail.com
  
◇主 催:東大手の会
    TEL:090-6618-0369(青木)
    https://www.facebook.com/higashiote
   ↓チラシは、こちらからダウンロードしていただけます
    https://blog.canpan.info/higashiote/archive/331
 
Posted by tsunagaru at 16:46 | お知らせ | この記事のURL
自然に関わる仕事をしよう!【2020/2/11】 [2020年01月30日(Thu)]

sizen1.jpg

〜悩める若者のための環境の仕事のハナシ2020〜
自然を守りたい! 自然と触れ合いたい!
  そんな仕事がしたい若者、集まれ!!
ゲストのお話を聞き、疑問をぶつけ、同じ悩みを
持つ仲間たちと交流しよう!

◆日時:2020年2月11日(火・祝)13:30〜16:30
◆会場:そらんぽ四日市 四日市公害と環境未来館
    (1階 研修・実習室)
◆参加費:無料
◆ゲスト:・山の恵みを活用・狩猟兼カフェ経営/安田佳弘さん
     ・環境省で自然環境行政に従事/山北育美さん
     ・企業で環境教育・HPなどで情報発信/虎田杏さん
     ・NGOで環境学習施設を管理・運営/猪俣寛さん
◆対象:高校生、大学生など〜30代くらいまで(先着30名)
◆お申込方法:メール、電話、FAX、郵送、
または四日市公害と環境未来館1階図書カウンターにて、
下記内容を記入の上、四日市公害と環境未来館「環境の仕事」係
までお申し込みください。
@お名前 ➁年齢(学生は学校名と学年)B電話番号
◆主催:そらんぽ四日市 四日市公害と環境未来館
    〒510-0075 三重県四日市市安島1-3-16
    Tel;059-354-8430
    Fax;059-354-8431
    Eメール;info@eco-yokkaichi.com

sizen2.jpg
Posted by tsunagaru at 12:30 | お知らせ | この記事のURL
第18回 SOMの海岸清掃 in 伊勢若松【2020/1/25】 [2020年01月16日(Thu)]

SOM(Save the Ocean Men)とは・・・

僕たちは、三重県私立鈴鹿中学・高等学校の30期生(現在高校2年生)の有志約50人が中心となって活動している『海洋環境保全団体』です。

今、三重県の砂浜にはごみが沢山あります。そのほとんどが人間が捨てたゴミです。
そのゴミのせいで砂浜や海が汚れるだけでなく、
海の仲間たちさえも傷つけ、苦しめられています。
僕たちはこんな状況を解決・改善するために活動しています。
○ホームページ→ 「som鈴鹿」で検索してください。

そして、SOMとして通算18回目となる海岸清掃を伊勢若松の海岸にて開催します。
私たちは今までに7回伊勢若松で海岸清掃を実施していますが、他の海岸に比べ
不法投棄やポイ捨てが非常に多く、毎回15Lのゴミ袋が平均して20袋程回収
されます。この数は他に比べて多いように感じます。
鈴鹿中等教育学校・高等学校の生徒達と共に皆さんの手で伊勢湾を綺麗にしましょう!沢山の方々のご参加をSOMメンバー一同お待ちしております。

○日 時 2020年1月25日(土)13:30〜15:00(集合13:15)
○場 所 鈴鹿市若松東3丁目13-15 若松漁港 から 南へ200m スロープ下。
     SOMのぼりを目印にお集まりください。
○参加費 無料
○持ち物 汚れても良い暖かい服装、タオル、飲み物

○イベント情報→https://blueshipjapan.com/event/4942
○お問い合わせ→海洋環境保全グループ 鈴鹿中学・高等学校
        Save the Ocean Men
     Eメール→savetheoceanmen@gmail.com

som_seisou0125.JPG
Posted by tsunagaru at 16:18 | お知らせ | この記事のURL
水×SDGs〜時を経て地球をめぐる【2020/3/21】 [2020年01月16日(Thu)]

mizu-SDGs_mie.JPG

「だれひとり おきざりにしない」
2015年に国連総会にて193ケ国の首脳が採択した「持続可能な開発目標」
(SDGs)の大切な理念です。
「だれひとり おきざりにしない」社会をつくるために、
今回は「水」をテーマに学びあう時間をもちます。
 水問題・・・と聞いて、どういったことを思い浮かべるでしょうか。
今、未来に、すべての生命に、豊かに安全な水環境・水循環があるように、
今抱えている問題を十分に理解し、いま生きる私たちがすべきこと、
実践への「みちすじ」を見いだします。

【日 時】2020年3月21日(土) 13:00〜16:00
【場 所】みえ市民活動ボランティアセンター イベント情報コーナー
      (津市羽所町700番地 アスト津 3階)
【講 師】神田 浩史 氏(NPO法人泉京・垂井 副代表理事)
      尾辺 俊之 氏(三重県環境生活部 大気・水環境課)
【募 集】15歳以上 先着50人
【主 催】三重県環境学習情報センター
【共 催】NPO法人泉京・垂井/みえNPOネットワークセンター/
     東海市民ネットワーク
【お問合わせ・お申込先】三重県環境学習情報センター
     TEL:059-329-2000
     FAX:059-329-2909
     メール:info@eco-mie.com

mizu-SDGs_mie2.JPG
Posted by tsunagaru at 16:14 | お知らせ | この記事のURL
第204回「河川文化を語る会」未来のために知っておきたい、海とプラスチックの話 ―保津川から取り組む海ごみの発生抑制度― 【2020/3/29】 [2020年01月16日(Thu)]

保津川下りや嵯峨野トロッコ列車で知られる京都・保津川では、
「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を発表し、全国初のレジ袋禁止条例
の制定をめざすなど、内陸部から海ごみを減らす取り組みを進めています。
なぜ、海のない町から海ごみ削減に向けた取り組みが始まったのでしょうか、
また世界ではどんな取り組みが進んでいるのでしょうか?
 みなさんと一緒に「私たちにできること」を考えたいと思います。

◇日 時 2020年3月29日(日)14:30〜16:30(受付14:00)
◇場 所 ウインクあいち(愛知産業労働センター)11階 1102会議室
◇講 師 原田 禎夫 氏
(大阪産業大学公共学部 准教授・NPO法人プロジェクト保津川 代表理事) 
◇参加費 無料(定員100名になり次第締め切ります。)
◇お申込み
 氏名・(勤務先)・TEL・(FAX)・二種正会員(個人会員)/一般の別を明記の上、
 FAX/郵送/E-mailのいずれかでお申し込みください。
◇お問い合わせ
 公益社団法人 日本河川協会「河川文化を語る会」事務局 担当:高木
 TEL:03-3238-9771  FAX:03-3288-2426
  E-mail:kataru@japanriver.or.jp
◇主 催 公益社団法人 日本河川協会
◇共 催 愛知・川の会

204kasenbunka.jpg
Posted by tsunagaru at 16:11 | お知らせ | この記事のURL
ウミガメネットワーク(三重)〜イベント案内と他団体活動のご案内〜 [2020年01月16日(Thu)]

今年の活動について

@2020年4月12日(日)9:00〜津市高洲町の海岸で清掃活動を行います。
この海岸で海岸清掃を行うのは、3回目です。
(毎年4月に当海岸で行っています。)
海岸清掃と同時にマイクロプラスチック探しの実施を検討しています。
また清掃後にマイクロプラスチックを使った工作も実施予定です。
案内チラシが出来ましたら再度案内致します。

A2020年2月8日(土)10時から15時まで、
三重県紀宝町井田公民館で紀伊半島ウミガメ情報交換会が行われます。
当会からもウミガメの上陸・産卵や死亡漂着について、発表します。
参加希望者は、米川までご連絡ください。

 (以下詳細)
 ―――紀伊半島ウミガメ情報交換会(ご案内)―――
日本ウミガメ会議ではパネル発表等含め紀伊半島各地からの発信有り難うございました。特にみなべ町の皆さんは接待、会場の準備や運営大変ご苦労さまでした。
さて、本年度の紀伊半島ウミガメ情報交換会を2月8日(土)に、紀宝町井田公民館で開催いたします。
2019年の紀伊半島各地の上陸・産卵の状況、ストランディング、海岸環境変化、海洋プラスチックの状況等報告について各地から15分以内で発表下さい。今後の調査・保護活動に生かしていければと考えています。
 各地の上陸・産卵の状況等を「紀伊半島ウミガメニュース75号情報交換会特集号」として発行いたします。
原稿は1月25日(土)締切 事務局まで。(Eメールで)
 今回は、「30周年記念誌」発行に関しての講演を行います。多くの皆さんの参加をお待ちしています。
 なお、当日発表用に必要な機材プロジェクター・コンピュータ等については用意いたします。その他必要な機器については事前にご連絡下さい。
 準備等の都合で参加者の人数を把握したいと思いますので、概数で結構ですからご連絡下さい。昼食を必要とされる方は、1,000円程度のお弁当を頼みますので、申し込み下さい。
                  記
 1、日  時 2020年2月8日(土)10時〜15時まで
 2、場  所 井田公民館(紀宝町役場井田支所と併設)
        紀宝町井田1415の2
        (道の駅「ウミガメ公園」の信号を右折旧国道へ・
         和歌山県方面からは馬場地信号を左折旧国道に入る。)
        
―――「紀伊半島ウミガメ情報交換会 事務局」より―――
------------------------
ウミガメネットワーク
会長  米川弥寿代
umigamenetmie@gmail.com
-------------------------
Posted by tsunagaru at 15:49 | お知らせ | この記事のURL
山川里海 情報交流会 & グリーン連合シンポジウム@垂井【2020/2/8】 [2019年12月26日(Thu)]

〜つながり つむぐ 私たちの環境活動 みんなの未来に向けて〜

 東海3県で環境活動や持続可能な地域づくりをおこなっている方々の
交流会と、環境NGO、NPO・市民団体の全国ネットワークである
グリーン連合のシンポジウムです。

この地域にも、全国にも素敵な人や取り組みがたくさんあります。
そんな人たちが「世代」「地域」「分野」を超えて、
岐阜県・垂井に集まります。
みんなの未来について楽しく、でもちょっとまじめに語り合う一日です。

 ご興味のある方はどなたでもご参加いただけます!

jyohokoryukai_0208_1.JPG

★グリーン連合シンポジウム登壇者★
・藤井 絢子さん
(NPO法人菜の花プロジェクトネットワーク 代表)
・癘{ 育夫さん
(認定NPO法人 環境市民 代表理事)
・桃井 貴子さん
(認定NPO法人気候ネットワーク 東京事務所長)
・中下 裕子さん
(NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 代表理事)

グリーン連合ウェブサイト https://greenrengo.jp/

★東海3県の若手実践者による取り組み発表&分科会登壇者★
・テーマ「山」
  唐澤 晋平さん(奏林舎代表)
  澤 秀俊さん(建築家/一級建築士 SAWADEE/ 澤秀俊設計環境 主宰)
・テーマ「川」
  坂本 貴啓さん
   (国立研究開発法人土木研究所自然共生研究センター専門研究員)
  新玉 拓也さん(魚と子どものネットワーク 代表)
・テーマ「里」
  小林 あやさん(いなべフェアトレードタウン)
  吉田 叡司さん(nekko farm 代表)
・テーマ「海」
  下田 菜生さん(NPO法人四日市ウミガメ保存会 代表)
  松野 弘美さん(Blue Drop)

各登壇者のプロフィールはこちらでご案内しています。
https://peraichi.com/landing_pages/view/to8fl

■プログラム
第 1 部   
『SDGs×流域思考 未来創造プログラム 成果発表』
未来創造プログラムでは大学生・高校生たちが
伊勢・三河湾流域について学び活動しています。
彼・彼女らの一年の取り組みや成果、これからのことを皆さんに伝え、
活動を通じて感じた疑問を投げかけます。
それがこの一日のテーマとなります。

第 2 部 
『東海3県の若手実践者による取り組み発表&分科会』
東海3県をフィールドに活躍されている若手の皆さんの事例を紹介。
その後「山」「川」「里」「海」4つの分科会を行います。

『ランチミーティング』
お昼ごはんを食べながら、みんなで楽しく交流しましょう。
「山の薬膳ごはん よもぎ」 の昼食をご用意いたします。
※薬膳ランチをご希望の方は別途1,650円(税込み)が必要です。
昼食希望後のキャンセルはできません。
ご希望の方は、申込時にお伝えください。

第 3 部 
『グリーン連合シンポジウム 〜エコロジカルな社会をみんなでつくるには〜』
グリーン連合のメンバー及び、地域で活動している方が
テーブルを囲んで持続可能な未来を作るためにディスカッションを行います。
その中からテーマを導き出し、参加者がグループになって対話をします。

■以下で詳細をご案内しています。
https://peraichi.com/landing_pages/view/to8fl (ウェブサイト)
https://www.facebook.com/events/470137923634954/ (FBページ)

■開催概要
日にち:2020年2月8日(土)
時 間:10:00〜17:30
場 所:垂井町表佐地区まちづくりセンター
住 所:岐阜県不破郡垂井町表佐1723-1
参加費:一般 1,000円 学生 500円 (資料代)
定 員:100名

■アクセス
お車または公共交通機関でお越しください
地図:https://goo.gl/maps/hVyFUX73a8QjuDW36
※会場には駐車場がございます。
※当日はJR垂井駅南口よりシャトルバスを運行します
[JR垂井駅南口発]
JR垂井駅着の9時台の電車に合わせて出発/13:30発
[表佐地区まちづくりセンター発]13:00発/イベント終了後、発

■お申し込み
以下の申し込みフォームからお願いします。
https://www.kokuchpro.com/event/d0b9c2ad7eba7bcf373b527adcbd5b0a/

■お問い合わせ
NPO法人 地域の未来・志援センター
電話:052−936−3213
メール:office@c-mirai.org

NPO法人 泉京・垂井
電話:0584−23−3010
メール:info@sento-tarui.org

◆主催
グリーン連合、一般財団法人セブン-イレブン記念財団、
NPO法人地域の未来・志援センター、
NPO法人泉京・垂井(せんと・たるい)、愛知・川の会
◆後援
愛知県、岐阜県、三重県、垂井町、環境省中部地方環境事務所
NPO法人 ぎふNPOセンター、ESD活動支援センター、
中部地方ESD活動支援センター
◆協力
渥美半島環境活動協議会、魚と子どものネットワーク、
西濃環境NPOネットワーク、東海市民社会ネットワーク、
中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)、
22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会、
NPO法人四日市ウミガメ保存会、NPO法人森と水辺の技術研究会

jyohokoryukai_0208_2.JPG
Posted by tsunagaru at 17:34 | お知らせ | この記事のURL
第3回NPO法人会計力検定【2020/2/16】 [2019年12月24日(Tue)]

〜検定で、会計はもっと意味を持つ〜
「会計の大切さはわかるけど、でもつい後回しに…」
「この会計処理、本当に合っているの?」
「今の会計をもう一歩前へ進めたい」
そんなNPO法人のみなさまに特報です。
「NPO法人会計力検定」で実践力をつけて、
法人への社会からの信頼を高めましょう。
【札幌・東京・名古屋・大阪・福岡・沖縄で開催!】

npokaikeiryokukentei_0216_1.jpg

◇日にち:第3回検定『入門・基本』2020年2月16日(日)
    (( 実践レベルは2020年8月23日(日)に実施予定 ))
◇申込受付:2020年1月20日(月)まで
      ※受験料振り込みは、1/21(火)15時入金確認まで
◇『入門』(時 間)13:15〜14:15(60分)
     (受験料)1500円+消費税
     (内 容)NPO法の基本理解、NPO会計に関わる際に
          必要とされる初歩的な知識。 
◇『基本』(時 間)15:00〜16:30(90分)
     (受験料)2000円+消費税
     (内 容)スタッフを雇用せず、単発の事業を比較的
          活発に実施するNPO法人において、会計
          に携わる人が基本的に知っておくべき、
          「簿記3級導入レベル+会計実務力」の
          実践的知識。
◇お申込み:検定協会ホームページの申込フォームより
      お送りください。  https://npoatt.org/
◇検定テキスト:NPO会計支援センターのホームページから
        ご購入できます。
        https://www.npokaikei.com/book.html
◇お問い合わせ:一般社団法人NPO会計力検定協会
        〒665-0831 兵庫県宝塚市米谷2-2-39-203
        事務局:NPO会計支援センター
        Tel:0797-26-6535
        Fax:0797-61-7385
        Mail:info@npoatt.org

npokaikeiryokukentei_0216_2.jpg
Posted by tsunagaru at 14:34 | お知らせ | この記事のURL
ささやまミーティング〜持続可能な社会・なりわい・暮らし〜 第15回エコネット近畿 情報交流会【2020/2/14-15】 [2019年12月24日(Tue)]

「これからどうする?」「もう限界や!」 それぞれが精一杯の活動を
行う中で困難な課題に向き合うこともあります。
そんな中、様々な団体や個人が語り合い、学び合う場は、なかなかありません。
ここは、異なる分野や立場、世代が集まる近畿最大規模の参加型ミーティング。
共にこれからの社会を創る!そんな想いを 胸に集い、視野をネットワークを
広げ、楽しくパワーアップしましょう!

sasayamamtg_021415_1.jpg

○日時:2020年2月14日(金)〜15日(土)1泊2日
【開会】14日 12:30 【閉会】15日 16:30
○会場:ユニトピアささやま(兵庫県丹波篠山市)
     http://unitopia-sasayama.pgu.or.jp/
○対象:農、林、自然、環境、教育、地域づくり、
    福祉等の市民活動の実践者・運営者
    企業、行政等の担当者、大学等の研究者、学生
    100名(先着順)※2日間参加の方を優先
○参加費:12,000円(税、宿泊費、食費3食込)
     エコネット近畿会員11,000円 学生8.000円
○主 催:特定非営利活動法人 近畿環境市民活動相互支援センター(エコネット近畿)、
     一般財団法人 セブン−イレブン記念財団
○共 催:公益社団法人 大阪自然環境保全協会
○協 力:パナソニックグループ労働組合連合会 休暇村 ユニトピアささやま
○後 援:大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、兵庫県、和歌山県、
     関西SDGsプラットフォーム、ESD活動支援センター、
     近畿地方ESD活動支援センター
○運 営:ささやまミーティング2020実行委員会  
○お問い合わせ:エコネット近畿事務局 担当 辻
        メール:yoyaku@econetkinki.org
        TEL:06-6881-1133 FAX:06-6949-8288
        住 所:〒530-0041 大阪市北区天神橋2丁目北1-14
            サンプラザ南森町401
        http://www.econetkinki.org/blog191103125754.html
○申込フォーム
https://www.kokuchpro.com/event/3afc4c6ccdf4d3cd4fa7d0c93027762e/

sasayamamtg_021415_2.jpg
Posted by tsunagaru at 14:24 | お知らせ | この記事のURL
「中部サステナ政策塾」(第10回)および「中部SDGsデザイン会議」準備会 (8)のご案内【2020/1/11】 [2019年12月24日(Tue)]


中部ESD拠点協議会(幹事機関:中部大学)では、「サステナ政策塾講座
(第10回)」を「中部SDGsデザイン会議準備会」(8)との併催の公開講座
として開催いたします。

公開講座では、「グローバル社会とSDGs」をテーマとして、講師に国際法
学がご専門の瀧澤美佐子先生(桜美林大学大学院教授)をお迎えして、ご講
演いただきます。
また、伊勢・三河湾流域圏におけるSDGsネットワーク「中部SDGsデザ
イン会議」の発足に向けた準備としての議論もおこないます。
SDGsに関心があり、貢献をしたいと考えておられる皆様のご参加お待ちい
たしております。

SDGs_20200111.JPG

 ◆「中部サステナ政策塾」第10回講座 ◆
(「中部SDGsデザイン会議」準備会(8)を兼ねる)

日 時:2020年1月11日(土)13:30〜16::30
場 所:中部大学名古屋キャンパス6階大ホール
テーマ:「グローバル社会とSDGs」
演 題:『グローバル社会におけるSDGsの意義』
講 師:滝澤美佐子先生(桜美林大学大学院教授)

【中部サステナ政策塾の概要】
目的:持続可能な地域づくりのための政策やプロジェクトの立案および実現
   ができる人材を育成します。
   講座・ゲスト講師による講演とディスカッションなどの座学と、地域
   でのフィールドワーク等を実施します。
講師:政治家・学識経験者・企業化・NPO関係者など、第一戦で活躍する多
   彩なゲスト講師を迎えます。
期間:2019年7月〜2020年2月、座学とフィールドワークの合計約12回の
   活動を予定しています。

【中部SDGsデザイン会議の概要】
目的:東海地域(愛知県・岐阜県・三重県:伊勢・三河湾流域圏)における
   SDGsの達成貢献をめざして、地域独自のSDGsを設定して推進します。
方法:中部SDGsデザイン会議は、東海・中部地域のSDGsネットワーク
   です。SDGs17のゴールごとに100人委員会を発足させて
   地域課題の抽出と解決をめざします。
期間:中部SDGsデザイン会議の発足に向けて、中部サステナ政策塾の
   講座等と連携して発足準備をおこないます。17テーマに関わる活動を
   実施している方々の広い参加をお待ちしております。

(ご参考URL)http://sustena-policy.jpn.org/

お申し込みは下記連絡先に、メール又は、お電話にてお名前、ご所属をご連
絡ください。


【お申込み・問い合わせ】
中部ESD拠点事務局 (担当:古澤・川村)
住所:〒487-8501愛知県春日井市松本町1200中部大学内
電話:0568-51-4485
e-mail:office@chubu-esd.net
Posted by tsunagaru at 13:59 | お知らせ | この記事のURL
助成申請相談会〜「WAM(ワム)助成」の特徴が判ります!〜【2020/1/14】 [2019年12月23日(Mon)]

WAM助成は、既存の制度だけでは対応が難しい課題に
取り組む民間福祉活動を後押しする公的助成です。

日時:2020年1月14日(火)13時〜17時
     (説明会)13:05〜14:10
     (相談会)14:15〜17:00
場所:知多市市民活動センター・会議室
     (知多市緑町12-1)
内容:「WAM助成」に関して、WAM担当者による説明の後、
    事前申し込みによる希望者を対象に、相談を行います。
主催:愛知県
協力:NPO法人地域福祉サポートりた
問い合わせ先:NPO法人ボランタリーネイバーズ
       052-979-6446
       http://www.vns.or.jp/

jyoseisinseisoudankai_0114.jpg
Posted by tsunagaru at 17:36 | お知らせ | この記事のURL
環境ボランティアサークル亀の子隊in渥美半島 西の浜クリーンアップ活動!【2020/1/11ほか】 [2019年12月23日(Mon)]

亀の子隊をご理解・ご支援いただいているみなさんへ
亀の子隊の鈴木です。
12月も半ばとなり、師走の雰囲気を感じます。

kamenokotai_12tuki.JPG

kamenokotai_1tuki_2.JPG

【2019年12月の活動】

2019年12月の活動でした。当然ですが、寒くなりました。風も強く、活動するには厳しい季節となりました。しかし、これから北西から吹く季節風〜伊吹おろしで海が荒れ、風と波に乗って西の浜に流れ着きます。海がきれいになる季節です。夏以上に多くの人に、西の浜に来て現状を見てほしい季節です。
亀の子クラブにも書きましたが、漁で使う網がいくつかありました。どれくらいの期間海を漂っていたのか、どれくらい浜に放置されていたのか、どれも処理できませんでした。
この季節、浜に打ち寄せられているゴミは、網と同じように、瓶が増えます。
ペットボトルと違って、海上に浮いていない瓶は、海が荒れて、底から浮き上がり、打ち上げられるのでしょう。

 1月11日(土)~12日(日)に名古屋国際会議場で開催される 未来へつなぐ「国連生物多様性の10年」せいかリレーキックオフイベントあいち・なごや生物多様性EXPOに出展します。
2010年、COP10が名古屋で開催されたとき、「海から考えよう 生物多様性」と題して出展しました。あれから10年、西の浜クリーンアップ活動も回を重ね、西の浜の現状を伝えてきました。その間に、たくさんのスナメリと出会い、何種類もの生き物を西の浜で見てきました。 海ゴミが大きな問題となり、人々の関心が「海」に向けられるようになりました。今回のキックオフイベントでは、あらためて、海から生物多様性を考えるきっかけになればと思います。
 
 1月18日(土) 14:00 田原文化会館多目的ホールで、海洋生物楽者:林正道さんが、長年追い続けてきたスナメリの上映会をやります。平成11年、林さんが載っている新聞を見た子の声をきっかけに、教室に来てもらい、西の浜のスナメリの話を聞きました。
 それをきっかけに「西の浜をきれいにしたい」という子どもたちの思いが、「海に活きる生き物のためにきれいな海を守りたい」という思いに変わりました。子どもたちの思いが強くなったのです。
 林正道さんの話も聞けます。主催は、渥美半島環境活動協議会です。時間のある方は、おいでください。

【今後の予定】
  1月11日(土)〜12日(日) 生物多様性の10年キックオフイベント
              名古屋国際会議場
  1月19日(日) 西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
  2月 8日(土) 東三河ボランティア集会   9:00〜15:00
         去年は田原文化会館で行われ、活動発表をしました。
         今年は、新城市文化会館で行われます。
         7人の親亀さんと隊員が16人参加します。
         活動発表は保育園児から低学年が多いですが、
         元気よくやってくれるでしょう。

以上です。よろしくお願いします。年内の案内はこれで終わりです。
よいお年をお迎えください。
 ◆お問い合わせ
環境ボランティアサークル 亀の子隊  鈴木 吉春
〒441-3502
  愛知県田原市赤羽根町赤土1 赤羽根市民センター3階
FAX 0531-23-0581
携 帯 090-9123-7983
mail  yoshiharu@kamenoko.org
亀の子隊URL http://www.kamenoko.org

Posted by tsunagaru at 17:04 | お知らせ | この記事のURL
ウェルカメよっかいち 早朝清掃2020【毎月第1日曜日】 [2019年12月23日(Mon)]

四日市ウミガメ保存会さんの2020年のスケジュールが決定しました!

uerukame_yokkaiti2020.JPG

uerukame_yokkaiti_2020.tif

〜コンビナートの街にアカウミガメを呼び戻そう〜
  “アカウミガメ”もおとずれる楠町の吉崎海岸を、
  私たちの力で、生物豊かでキレイな砂浜にしてみませんか?
  ゴミを片付ける清掃グループと、外来植物(砂浜を陸地に変えてしまう)
  の駆除を行うグループに分かれて、毎月活動しています!

  日時:毎月第1日曜日 8時〜10時(雨天決行)
     8時〜清掃、9時〜海の楽しい勉強会
  場所:四日市市楠町 吉崎海岸
     場所がわからない方は、「ナカイ石油商事」様前から
     旗を目印にお越しください。
     ナビ設定→四日市市楠町吉崎319-1
          Tel:059-397-6558
  持ち物:運動靴、ぼうし、飲み物
  お問い合わせ:四日市ウミガメ保存会(山田090-3951-5881)
  その他:参加者全員三重県のボランティア保険に加入しています。
  
  主催:楠地区まちづくり検討委員会
  共催:四日市ウミガメ保存会
     ー清掃活動だけでなく、子どもから高齢者まで幅広く参加する
      海岸清掃や勉強会、産卵調査等を実施することにより、
      環境保護や環境教育を進めています。ー
   E-mail:info@kame-kamehakubutukan.com
   ブログ:https://ameblo.jp/kame-kame/
   フェイスブック:https://www.facebook.com/umigame2009/
Posted by tsunagaru at 16:04 | お知らせ | この記事のURL
環境ボランティアサークル亀の子隊in渥美半島 西の浜クリーンアップ活動!【2019/12/15ほか】 [2019年12月09日(Mon)]

kamenokotai_12tuki.JPG

亀の子隊をご理解・ご支援いただいているみなさんへ

西の浜クリーンアップ活動への参加者ももう少しで1,000人となります。
浜は、10月の台風で打ち上げられたゴミや流木でいっぱいです。
これからの季節は、海がゴミを吐き出し、きれいになる季節です。
そんな西の浜を見に来ませんか?

【2019年11月の活動】
2019年11月の活動でした。
クリーンアップ活動の日は気温14度、風もあり、体感はもっと寒い感じで
した。これからも寒くなりますが、ゴミも増える季節です。夏から秋にかけて
豪雨や台風で海に出たゴミは、これから北西から吹く季節風〜伊吹おろしで海
が荒れ、風と波に乗って西の浜に流れ着きます。海がきれいになる季節です。
どんどんごみを吐き出してくれればいいと思います。
 しばらく前に、中日新聞に、四日市大学の先生が答志島でマイクロプラスチックの調査をしたという記事が載っていました。
西の浜クリーンアップ活動では、そういう調査をする余裕はありません。
しかし、ゴミを拾いながら浜やアシやヨシの下を見ると小さなプラスチック
ゴミがあることに気づきます。
できるだけ小さなゴミも拾ってください、と呼びかけますが小さすぎるものは
どうしても置いて行かれます。砂と一緒に好き上げ、目の細かいフルイか何か
で分ければある程度は分別できると思いますが、砂粒ほどになったものはさら
に浮かせる工夫が必要です。
 しかし、世界中で話題になっているこの時、一度「調査」してもいいかなぁ、と思います。大勢の人の手と道具など準備が必要ですが。
 
11月24日には「渥美を学び、渥美を食べよう」ということで名古屋から
のエコツアーを実施しました。伊勢湾上流域の人たちに伊勢湾の最下流域に
位置する渥美半島西の浜の現状を知ってもらうことが目的です。
加えて、渥美の海のよさを知ってもらうために体験活動を行います。
 参加者の中に、答志島で活動する22世紀奈佐の浜プロジェクトの学生委員
会のメンバーだという大学生がいました。西の浜の現状を見て、話を聞いても
らい、何とかつながれるといいねという話になりました。
参加費などの課題をクリアしなければなりませんが。
  来年は、何か動きがあるかもしれません。

kamenokotai_12tuki_2.JPG

【今後の予定】
 12月15日(日) 西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
         活動場所 西山町から風車の方に800mほど行った辺りの海
 1月11日(土)〜12日(日) 生物多様性の10年キックオフイベント
             名古屋国際会議場
  1月19日(日) 西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
  2月 8日(土) 東三河ボランティア集会   9:00〜15:00
         去年は田原文化会館で行われ、活動発表をしました。
         今年は、新城市文化会館で行われます。
         一昨年の蒲郡、去年の田原ともに、子どもたちの発表が
         素晴らしかった、感動したという感想をもらっています。
         亀の子隊の活動を知ってもらい、きれいな海を守りたいと
         いう心を広げるよい機会です。
         今年も活動発表をしたいと思います。募集中です。
         大勢で発表すると、より強く思いを伝えられます。

 以上です。よろしくお願いします。
◆お問い合わせ
環境ボランティアサークル 亀の子隊  鈴木 吉春
〒441-3502
  愛知県田原市赤羽根町赤土1 赤羽根市民センター3階
FAX 0531-23-0581
携 帯 090-9123-7983
mail  yoshiharu@kamenoko.org
亀の子隊URL http://www.kamenoko.org
Posted by tsunagaru at 11:58 | お知らせ | この記事のURL
高校生のための化学講座 〜化学と電気の意外な関係〜【2019/12/15】 [2019年12月06日(Fri)]

電気のある社会はどうやって作られたのでしょうか。
私たちは、コンセントからの電力で携帯やスマホを充電しますが、実は、
発電機よりも電池の方が早く生まれ、化学が電気を生み出しました。
期せずして2019年のノーベル化学賞は、リチウムイオン電池の開発者に
贈られました。
発電、蓄電、インフラ、防災の面から電気を考えてみる講座を企画しました。

◇会期 12月15日(日) 13時〜16時
◇会場 静岡大学浜松キャンパス 共通教育棟 21教室
(静岡県浜松市中区城北3-5-1)
〔交通〕浜松駅から遠州鉄道バス、15番・16番のりば発の全路線で
「静岡大学」下車、所要約15分
◇内容(予定)
(1)「電気は、いかにして生み出されるか」喜多村 雄一先生(電源開発株式会社)
(2)「電気を貯める技術と、新しい発電技術」冨田靖正 先生(静岡大学)
(3)「くらしをささえる電力設備」北原慶吾 先生(中部電力)
◇主催 日本化学会東海支部
◇後援 浜松市教育委員会、静岡県教育委員会、静岡大学工学部化学バイオ工学科
◇対象 高校生、一般、その他(定員約200名)
◇参加費 無料
◇参加申込締切  12月14日(土)
◇参加申込方法 なるべく電子メールかハガキ、電話とFAXも可。
「12/15化学と電気の化学聴講希望」と題記し、
1.氏名、2.学校名・学年、4.代表者連絡先などを明記のうえ、
下記宛お申し込み下さい。
◇申込先 〒432-8561 浜松市中区城北3-5-1
静岡大学工学部・戸田三津夫
電話(053)478-1146 FAX(053)478-1183
 E-mail: toda.mitsuo@shizuoka.ac.jp

kagakukouza.JPG
Posted by tsunagaru at 16:23 | お知らせ | この記事のURL
名古屋大・岐阜大「フューチャー・アース」シンポジウム  東海地域SDGs研究・実践交流会「木曽三川流域圏の未来」【2019/12/8】 [2019年12月06日(Fri)]

kisosansen_mirai.JPG

1.開催趣旨
東海地域で取り組まれているSDGs達成のための研究と実践活動を行っている大学・NPO・行政・企業が一堂に会して成果・経験・課題を共有し、さらなる連携のきっかけとするシンポジウム。
東海国立大学機構による経営統合を準備している名古屋大学と岐阜大学がイニシアティブをとり、両大学の共通の地域研究・地域貢献フィールドである木曽三川流域圏を対象に、この地域でSDGsを達成するためのトランスディシプリナリ(超学際的)な学問研究の報告を行うとともに、市民のアクターとともに持続可能なこの地域の未来を展望する。

2.日時 2019年12月8日(日)開場12:30 開演13:00〜18:00
3.場所 名古屋東京海上日動ビルディング 2階会議室
     名古屋市地下鉄桜通線丸の内下車4番出口徒歩5分
4.主催 名古屋大学フューチャー・アース研究センター
  共催 名古屋大学大学院環境学研究科、同大学院生命農学研究科、同宇宙地球環境研究所、岐阜大学応用生物科学部、同流域圏科学研究センター、同地域協学センター、一般社団法人国立大学協会、東京海上日動火災保険株式会社
  後援 愛知県、岐阜県、中日新聞社
5.参加者 市民、大学教員・学生、行政関係者、企業関係者など100名程度
6.参加費 無料(申込み必要)
7.問い合わせ・申込み先 futureearth@ercscd.env.nagoya-u.ac.jp 高野(名古屋大)

◆キーノート・レクチャー
 「フューチャー・アース自然資本KANと欧州のSDGsについて」
  Dr. Cornelia B. Krug  チューリッヒ大学 科学リエゾン
  Director, bioDISCOVERY Global Research Programme of Future Earth
  https://futureearth.org/networks/global-research-projects/biodiscovery/
(名古屋大学高等研究院滞在型海外研究者招へい事業招へい研究者 受入・世話人香坂玲)

◆セッション1 研究・活動報告
<基調講演> 中村晋一郎 名古屋大学工学研究科准教授
    「都市河川を子どもが遊べる里川に」
<報告1> 大西健夫 岐阜大学応用生物科学部 准教授
「流域を知るためのツールとしてのシミュレーション‐伊勢湾流域圏の河川の事例‐」
<報告2> 原田守啓 岐阜大学流域圏科学研究センター 准教授
「地域での気候変動・社会環境変動への適応に大学が果たす役割」
<報告3> 岩田俊夫 ブラザー工業株式会社 CSR&コミュニケーション部 シニア・チーム・マネジャー
「ブラザーの森 郡上における生物多様性豊かな森づくり」
<コメント>
Dr. Cornelia B. Krug
Dr. Manfred Klein (ドイツ連邦自然保護庁BfN局長)
(名古屋大学高等研究院滞在型海外研究者招へい事業招へい研究者 受入・世話人香坂玲)

◆セッション2 パネルディスカッション「木曽三川流域圏の持続可能な未来」
ー パネリスト ー
中村晋一郎(名古屋大工学研究科)
乃田啓吾(岐阜大応用生物科学部)
谷岡良一(岐阜県農政部里川振興課)
川口暢子(ナゴヤSUP推進協議会)
平野智也(22世紀奈佐の浜プロジェクト学生委員会代表)

◆セッション3 交流会
 教員、学生、行政、NPO、企業からのポスター発表をもとに自由に議論します。
***********************************
当団体、2019年度実施事業「未来創造プログラム」に参加の
『22世紀奈佐の浜プロジェクト学生委員会』代表の平野君が登壇します。
話す内容は、未来創造プログラムとして当団体のサポートにより活動した
1年間の活動紹介です。
Posted by tsunagaru at 15:15 | お知らせ | この記事のURL
「市民環境展2020」実現にご協力ください!【クラウドファンディング】 [2019年11月29日(Fri)]

公害問題について被害にあった人々に
寄り添いつづけ、中部圏の多岐にわたる環境問題に
長年携わってこられた「中部の環境を考える会」を中心に
東海地方の環境、日本全国の環境、世界の環境を改めて考える
「市民環境展2020」を来春4月開催予定です。

この「市民環境展2020」の内容は
『写真で見る・映像と活動から知る・講演で考える』。

全国から200枚の環境問題に関する写真を集めて展示、
フクシマについての映像、四日市公害の語り部さんのお話、
農薬・重金属・ブラスチック等の影響について
お話を聞く会など幅広い企画を考案中です。

次世代に日本の近代、この地域の歴史を
知ってもらいたい! そんな想いも込められています。

「市民環境展2020」実現のため
クラウドファンディングへのご協力をよろしくお願いします!
 ↓ ↓ ↓ 
 コチラから!
https://camp-fire.jp/projects/view/209285

※詳しくはこちらまでお問い合わせください。
●中部の環境を考える会(名古屋市中区大須4-13-32)
TEL/052-241-7613 FAX/052-241-1055
または 事務局 090-2687-0481(担当:松原)まで
Posted by tsunagaru at 16:55 | お知らせ | この記事のURL
SDGsを地域で達成していくための人づくり:ESD for 2030 を見据えて【2019/12/20・21】 [2019年11月29日(Fri)]

ESDsuisinnettowa-ku_1.jpg

ESD推進ネットワーク全国フォーラムは、ESD推進ネットワークの主たる
ステークホルダーが一堂に集いESDに関する最新の国際動向、国内動向、
ネットワーク形成の状況を共有するとともに、相互のつながりを構築・強化
することにより、ネットワークが成長するための機会として開催しています。4回目となる今回はESDに関するグローバル・アクション・プログラム
(GAP)の最終年であり、GAP後継プログラムが国際的に策定される都市であることを反映し、次のステップに進むための意見交換を中心に行います。

◇日時:2019年12月20日(金)13時00分〜18時15分
12月21日(土) 9時30分〜13時00分
◇会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
◇参加費:無料
◇申込締切:2019/12/10(火)
◇主催:ESD活動支援センター、文部科学省、環境省
◇共催:独立行政法人国立青少年教育振興機構
◇お申込み・お問い合わせ先
コチラから→ https://esdcenter.jp/2019/10/esdcenter-forum2019/
ESD活動支援センター
Eメール esdforum☆esdcenter.jp(☆を@に変えてお送りください)
電話 03-6427-9112
【電話受付時間】月〜金:10時〜18時(土日祝は受付時間外)

ESDsuisinnettowa-ku_2.JPG
Posted by tsunagaru at 11:48 | お知らせ | この記事のURL
積水ハウスマッチングプログラム【2019/12/9】 [2019年11月29日(Fri)]

2020年度(第15回)助成団体の公募を実施します!

 積水ハウスグループでは、「相手の幸せを願い、その喜びを我が喜びとする」
という企業理念の思いを胸に、一人ひとりの自発的活動が可能な仕組みを
つくり、地域に根差した活動を推進しています。
 積水ハウスグループの役員及び従業員から拠出金を募り、同額の積水ハウス
株式会社からのマッチングギフトを実施し、サステナブル社会の構築に寄与
する社会的活動、及び国連が進める社会課題の解決(SDGs)につながる
市民団体の事業を支援します。
 今回は、単年度助成に加え、長期助成(3年間)枠を新たに追加しました。
下記の支援内容に該当するご応募をお待ちしております!

・「こども基金」(単年度助成/長期助成)
  次世代を担うこどもたちを育成することを目的とし、こどもたちの健全な
  育成に関わる活動を支援 
・「環境基金」(単年度助成/長期助成)
  環境問題の解決に寄与することを目的とし、温暖化防止、生態系保全や
  資源循環に関わる活動を支援
・「住・コミュニティ基金」(単年度助成)
  地域に根差した豊かな住環境の創造を目的とし、まちづくりや地域
  コミュニティに関わる活動を支援

◇応募締め切り:2019年12月9日(月)消印有効
◇応募方法:申請書に必要事項を記入の上、必要資料とともに、
      協働事務局である大阪ボランティア協会まで郵送、
      もしくは、ご持参ください。
◇応募書類:下記よりダウンロードしてください。
       https://www.sekisuihouse.co.jp/matching/
◇お問合せ先:
<協働事務局>
社会福祉法人 大阪ボランティア協会 担当:梅田
〒540-0012 大阪市中央区谷町2-2-20-2F
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL:06-6809-4901(代) FAX:06-6809-4902
<事業主体>
積水ハウスマッチングプログラムの会

sekisui_mattingu.jpg
Posted by tsunagaru at 11:35 | お知らせ | この記事のURL
プラスチック社会からSDGs未来都市へ 〜中部大学ESD・SDGsシンポジウム(第23回)【2019/12/11】 [2019年11月29日(Fri)]

プラスチック廃棄物による環境破壊はいまや地球規模の課題です。
このシンポジウムでは、プラスチックに関するさまざまな課題をあきらかにし、私たちが今後、どのようにプラスチックと賢く付き合っていくべきかを考えます。
現在、国連は「持続可能な開発目標(SDGs)」を掲げて、2030年までに
17ゴールの達成をめざしています。春日井市はSDGsの趣旨に賛同し、日本政府
が進める「SDGs未来都市」認定の申請を計画しています。
中部大学は、プラスチック問題の解決に向けた産官学民の連携によるSDGs
活動を提案し、次世代の人びとが安心して暮らせるSDGs都市をめざします。

◇開催日:2019年12月11日(水曜日) 13時30分〜17時
◇会場:中部大学 リサーチセンター2階 大会議室
◇参加費:無料
◇主催:中部大学 国際ESD・SDGsセンター
◇共催:春日井市、春日井商工会議所
◇お申込み方法:下記へメール、ファックス、または電話にて、お名前とご所属をお知らせください。(先着100名)
中部大学 国際ESD・SDGsセンター
TEL:0568-51-4485 (内線5755)
FAX:0568-51-4736
E-mail:esd@office.chubu.ac.jp
https://www.chubu.ac.jp/news2/detail-4149.html

pura_SDGs.JPG
Posted by tsunagaru at 11:22 | お知らせ | この記事のURL
四日市 環境フェア〜来て、学んで、見つけよう!四日市のエコのタネ!【2019/12/7】 [2019年11月29日(Fri)]

yokkaiti_kankyo_1.jpg

本市と協働で環境学習などを行うエコパートナーや企業が出展し、
展示や工作、ワークショップなども行います。
また、ステージ発表もあります。
◇日時:2019年12月7日(土) 10:00〜15:30
◇会場:じばさん三重6階
◇参加費:入場無料!(材料代が必要な場合があります)
◇ステージ:
10:30〜11:10 グリーンカーテンフォトコンテスト表彰式
11:20〜12:00 四日市市環境活動賞表彰式
13:00〜15:00 公害・環境に関する研究発表会・表彰式
◇工作:間伐材のクリスマスツリー、豆畳作り、
リユースビンの活用(きらきらドーム、など)
◇体験:つりつり大作戦、燃料電池実験 など
◇展示:川の生きもの、四日市公害や自然の写真の紹介 など

◇主催:四日市
◇お問い合わせ先:そらんぽ四日市 四日市公害と環境未来館
         TEL:059−354−8430
◇ホームページhttps://www.city.yokkaichi.mie.jp/yokkaichikougai-kankyoumiraikan/index.php

yokkaiti_kankyo_2.jpg
Posted by tsunagaru at 11:20 | お知らせ | この記事のURL
『市民が集い、社会をつくる』を考える〜地域課題解決の手法を学ぶ連続講座【2019/12/15・22】 [2019年11月29日(Fri)]

gifunpo_tiikikadai_1.jpg

今、地域の課題が多様になっていくなかで、地域のコミュニティ組織やNPOだけでなく、市民自らが課題解決に取り組む動きが生まれています。
今回の連続講座は、一人ひとりが協力し合って、NPOや地縁組織、企業、自治体など色々な組織と繋がりながら、様々な課題を分断せずに解決し、自分たちの地域を良くしていく手法「コミュニティ・オーガナイジング」をテーマに開催します。

一般市民が地域のボランティアとして地域の若者一人一人に寄り添い、働き続けることを支える「静岡方式」。その就労支援のしくみを実践しているNPO法人青少年就労支援ネットワーク静岡の理事長でもある講師から、地域の課題を自らの力で解決するのための「コミュニティづくり」について一緒に学んでみませんか?

◆1日目
日時:12/15(日) 9:30〜18:00
場所:OKBふれあい会館4階会議室
(岐阜市薮田南5丁目14番53号)
・講義&ロールプレイ「力関係の理解」
・講義&ロールプレイ「問題problemから課題issueへ」
・講義「コミュニティ・オーガナイジングの歴史」 など
◆2日目
日時:12/22(日) 9:30〜18:00
場所:ハートフルスクエアーG-研修室
(岐阜市橋本町1丁目10番地23:JR岐阜駅直結)
・講義&ロールプレイ「関係づくりと連帯について」
・講義「私たちの現状は何か」
・ロールプレイ「住民集会」  など

◆講師 津富 宏 氏
◆参加費:無料
◆対象者:NPOなどの市民活動団体や自治会、中間支援センター職員など
◆定員:先着30名
※2日ともご参加いただける方を優先いたします。ご了承ください。
◆申込み:チラシ(PDF,305KB)をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、
FAXをお送りいただくか、またはメールで下記<申込フォーム>を
使い、お送りください。
◆締切日:12月10日(火)
◆主催:ぎふNPO・生涯学習プラザ
(設置:岐阜県、実施:NPO法人ぎふNPOセンター)
※マイボトル等持参のお願い
岐阜県では使い捨てプラスチック使用削減に向けて取り組んでいます。お手数をおかけいたしますが、セミナーには可能な限りマイボトル等持参など、ご協力をお願いいたします。
<申込フォーム>
参加者氏名:
団体名:
団体住所:〒
連絡先電話:
当日連絡可能な電話:
E-mail:
参加日:「二日とも」、「15日のみ」、「22日のみ」
参加を希望する理由、講座で聞きたいこと:
【問い合わせ先】
〒500-8384 岐阜市薮田南5-14-53  OKBふれあい会館第1棟2階
ぎふNPO・生涯学習プラザ
TEL:058-372-8501
FAX:058-372-8502
E-mail:gifu-npo-plaza@gifu.email.ne.jp
https://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/npo-tiiki/npo-volunteer/11260-1/soshikikiban/R1chiikinpo.html

gifunpo_tiikikadai_2.jpg
Posted by tsunagaru at 11:08 | お知らせ | この記事のURL
「中部サステナ政策塾」(第8回)および「中部SDGsデザイン会議」準備会 (7)のご案内【2019/12/5】 [2019年11月20日(Wed)]

中部ESD拠点協議会(幹事機関:中部大学)では、「サステナ政策塾講座 (第8回)」を「中部SDGsデザイン会議準備会」(7)との併催の公開講座として開催いたします。

公開講座では、「経済問題から考えるSDGs」をテーマとして、講師に経済学者の
橘木俊詔先生をお迎えして、SDGs達成に向けて考えるべき経済格差問題につい
て論じていただきます。また、伊勢・三河湾流域圏におけるSDGsネットワーク
「中部SDGsデザイン会議」の発足に向けた準備としての議論もおこないます。
SDGsに関心があり、貢献をしたいと考えておられる皆様のご参加お待ちいたしております。
 ◆「中部サステナ政策塾」第8回講座 ◆
(「中部SDGsデザイン会議準備会」(7)を兼ねる)

日時:2019年12月5日(水)18:30〜20:30
場所:中部大学名古屋キャンパス6階大ホール
テーマ:経済問題から考えるSDGs
演題:「格差社会の現状と課題」
講師:橘木俊詔先生 (京都女子大学客員教授、京都大学名誉教授)

【中部サステナ政策塾の概要】
目的:持続可能な地域づくりのための政策やプロジェクトの立案および実現が
できる人材を育成します。
講座・ゲスト講師による講演とディスカッションなどの座学と、地域での
フィールドワーク等を実施します。
講師:政治家・学識経験者・企業化・NPO関係者など、第一戦で活躍する
多彩なゲスト講師を迎えます。
期間:2019年7月〜2020年2月、座学とフィールドワークの合計約12回の
活動を予定しています。

【中部SDGsデザイン会議の概要】
目的:東海地域(愛知県・岐阜県・三重県:伊勢・三河湾流域圏)における
SDGsの達成貢献をめざして、地域独自のSDGsを設定して推進します。
方法:中部SDGsデザイン会議は、東海・中部地域のSDGsネットワークです。SDGs17のゴールごとに100人委員会を発足させて地域課題の抽出と
解決をめざします。
期間:中部SDGsデザイン会議の発足に向けて、中部サステナ政策塾の講座等と
連携して発足準備をおこないます。17テーマに関わる活動を実施している
方々の広い参加をお待ちしております。
http://sustena-policy.jpn.org/corner34/pg129.html

お申し込みは下記連絡先に、メール又は、お電話にてお名前、ご所属をご連絡ください。
【お申込み・問い合わせ】
中部ESD拠点事務局 (担当:古澤・川村)
住所:〒487-8501愛知県春日井市松本町1200中部大学内
電話:0568-51-4485
e-mail:office@chubu-esd.net
Posted by tsunagaru at 15:05 | お知らせ | この記事のURL
環境ボランティアサークル亀の子隊in渥美半島 西の浜クリーンアップ活動! [2019年11月20日(Wed)]

亀の子隊の鈴木です。
次回の亀の子クラブでは紹介する予定ですが、
11月7日に国土交通省をはじめ6省庁が関わっている
「インフラメンテナンス大賞」の授賞式に出席してきました。
農林水産関係で「優秀賞」をいただきました。
よかったら「インフラメンテナンス大賞」で検索してみてください。

kamenokotai.JPG
 
 【2019年10月の活動】
10月13日は、前日の台風が過ぎた後で、
砂が飛ぶような強風の中での活動となりました。浜には、流木が押し寄せ、
ゴミも多くありました。参加者は少なかったですが、しっかり活動して
くれました。
10月20日の活動には、中部実業団駅伝大会に出場するチーから5チーム
48人が参加してくれました。活動場所には、ゴミは少なかったですが、
選手のみなさんは。小さなゴミも徹底的に拾ってくれました。
活動終了後の交流もしっかりできたようです。
実は、この日、事務局は、碧南市で開催された愛知県主催の「三河湾大感謝
祭」に出展していました。3月の時点で公表した年間計画に基づいて、中部
実業団陸上連盟が、各駅伝チームに、西の浜の活動への参加を打診してくれ
ていました。あとから入ってきた「三河湾大感謝祭」に出展することになり、
一週前倒しでクリーアップ活動を計画したところ、既に20日で3チームが
参加してくれることになっているので、この日に実施してくれないかという
ことで、親亀さんたちにお願いをし、実施となりました。親亀さんたちの都
合が合わなければ、できないことでしたので、親亀のみなさんには感謝です。
今回の活動場所は、8月に活動したところです。台風19号の影響で
たくさんの流木とゴミが上がっています。

  【今後の予定】
 11月17日(日)  西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
 11月23日(土)  エコアクションin あいち  刈谷
 11月24日(日)  なごや環境大学連携講座〜エコツアー
            「渥美を学び、渥美を食べよう」
           海の環境を学ぶ会〜海水からの塩づくりの会
           エコツアーに合わせて実施します。
 12月15日(日)  西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
  1月19日(日)  西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
  2月 8日(土)  東三河ボランティア集会  9:00〜15:00
           去年は田原文化会館で行われ、活動発表をしました。
           今年は、新城市文化会館で行われます。
            一昨年の蒲郡、去年の田原ともに、子どもたちの発表が
           素晴らしかった、感動したという感想を
           もらっています。
           亀の子隊の活動を知ってもらい、きれいな海を
           守りたいという心を広げるよい機会です。
           今年も活動発表をしたいと思います。

以上です。よろしくお願いします。           

◆お問い合わせ
環境ボランティアサークル 亀の子隊  鈴木 吉春
〒441-3502
愛知県田原市赤羽根町赤土1 赤羽根市民センター3階
FAX 0531-23-0581
携 帯 090-9123-7983
mail  yoshiharu@kamenoko.org
亀の子隊URL http://www.kamenoko.org

Posted by tsunagaru at 12:25 | お知らせ | この記事のURL
私とつながるSDGs【2019/12/13】 [2019年11月20日(Wed)]

SDGs_semina-_1.jpg

〜食べ物、子育て、防災まで、さまざまなことにSDGsはつながっている〜 
  
  食べ物は何を選んでいますか?
  子育て支援で本当に必要としているものは何ですか?
  防災を自分ごとにできていますか?
  
  住民一人ひとりが主体的に動いていくために、SDGsをどう意識し、
  それをどう行動に結びつけていけばいいのか。
  参加者の生活に根づいた具体的な取り組みをベースに話し合います。

◇日時 2019年12月13日(金)19:00 〜 21:00(18:45開場)
◇会場 ハートフルスクエアーG 研修室30
    岐阜県岐阜市橋本町1-10-23(JR岐阜駅直結)
◇講師 神田浩史(NPO法人 泉京・垂井 副代表)
◇参加費 500円
◇定員 30名(先着)
◇問合せ・参加申し込み
   NPO法人 泉京・垂井
   〒503-2124 岐阜県不破郡垂井町宮代1794-1
   TEL:0584-23-3010
   (電話受付時間10:00〜17:00 ※日・月曜を除く)
   Eメール:info@sento-tarui.org
◇12/12(木)までにお申し込みください。
   当日参加も大歓迎です。

◇主催 NPO法人 泉京・垂井
◇共催 NPO法人 ぎふNPOセンター

SDGs_semina-_2.jpg
Posted by tsunagaru at 12:17 | お知らせ | この記事のURL
11/29 グローバル気候マーチ#2【2019/11/29】 [2019年11月20日(Wed)]

global#2_001.JPG

12月3日から始まるCOP25の前に、
11月29日に世界中の若者が気候危機対策を求めてデモを行います。
日本でも、名古屋でも「グローバル気候マーチ」を行います。
一緒に歩きませんか?
◆プレ集会 17:00より@エディオン久屋広場(松坂屋横)
◆マーチ開始 17:30より(久屋大通→栄交差点→大津通→久屋広場)
◆マーチ終了後18:00より@エディオン久屋広場(松坂屋横)
◆問合せ:尾形 090-9928-3299
◆持ち物:プラカード・懐中電灯・防寒着
◆服装:自由(コスチューム大歓迎!)
*写真に撮られたくない人は、後ろの方の隊列で行進することをお勧めします。

11月29日金曜日、グローバル気候マーチをまた栄で行います。 9月に行ったマーチは、私たちの声を聞いてもらうための非常に重要なステップでした。しかし、世界のリーダーたちを動かすには至りませんでしが。あれから1か月もたたないうちに、日本では、史上最悪とも言える台風19号に襲われました。89人が死亡し、街の破壊はすさまじく、推定90億ドル(1兆円近く)の損失をもたらしました。
台風19号の強さは、地球温暖化に直接関係しており、気候危機に対して現在大きな措置を講じなければ、そのような壊滅的な災害の頻度は増える可能性があります。

すでに、世界中の人々は、熱波、洪水、暴風雨、食糧不足、望まない移住など、気候変動の影響に苦しんでいます。パリ協定で確認したことは、世界の気温上昇を産業革命前と比べて1.5℃に制限する必要があります。これを超えると、取り返しのつかない事態になります。

このような地球を、私たちは未来の世代に残したいと思いますか?世界のリーダーたちは、どうしてこの危機を無視し続けることができるのでしょう?これではいけないと思う人は、11月29日に参加してください。日本でも世界でも、多くの街で同じ日にマーチを行い、リーダー達の決断を求めています。
皆さんも、 17:00に栄エディオン久屋公園で会いましょう。

多くの人が参加すればするほど、私たちの声は大きく、強くなります。そして、世界に変化を生むことができます。このイベント情報を関心ある人に拡散してください。 11月29日に会いましょう!

global#2_002.JPG
Posted by tsunagaru at 12:10 | お知らせ | この記事のURL
学生環境会議2019 自然と共に生きるとは【2019/12/1】 [2019年10月29日(Tue)]

岐阜市では、環境をテーマにした第1回岐阜市エコフェスタを開催し、
その関連イベントとして「学生環境会議2019」を開催いたします。
 
 ◎学生環境会議とは・・・
  学生が、環境についての意見を出し合い、考えを深める場です。
 アドバイザーの講演をヒントに、同世代の参加者と、自由に話し合います。
 今回のテーマは「自然と共に生きるとは」です。
 一緒に考えてみませんか。

◇日時:2019年12月1日(日)14:00〜16:30(受付:13:30〜)
◇会場:ハートフルスクエアーG 2階 中研修室
    JR岐阜駅東側に隣接
◇参加費:無料(要申込み)
◇定員:50名 高校生・大学生
◇アドバイザー:見屋井 一輝(みやいかずき)さん
        岐阜大学 環境サークルOB。
        現在、岐阜県庁(西濃農林事務所)勤務。
◇申込方法:e-mail → Ka-hozen@city.gifu.gifu.jpよりお申し込みください。
      件名:「学生環境会議 参加申し込み」と記入の上、
      氏名、所属(学校名)、学年、住所、電話番号、メールアドレスを送信して下さい。
◇申込締切り:2019年11月20日(水)
◇主催:岐阜市エコフェスタ実行委員会
◇共催:岐阜市
◇運勢:岐阜大学ESDクオリア
◇お問い合わせ:岐阜市 環境部 環境保全課 自然係
        TEL:058-214-2151

☆地域の未来・志援センターが支援しています、「未来創造プログラム」の
メンバーも参加します!
ご家族、お知り合いの方で、高校生・大学生の方に、ご紹介いただけまし
たら幸いです。よろしくお願いいたします。

2019gakuseikannkyoukaigi.jpg
Posted by tsunagaru at 19:14 | お知らせ | この記事のURL
伊勢湾ゼロメートル防災フォーラム【2019/12/24】 [2019年10月29日(Tue)]

「伊勢湾台風災害」の緊急応急も復旧・復興も、地域の内外の団体や人達の連携によって成し遂げられました。
 地域の助け合いをどのように準備していったらいのでしょうか。
 水害の現場から学び、わが身とわが家を守る暮らしの防災、近所や地域の防災活動の活性化、行政、社会福祉協議会、民間企業、学校等の連携を進めます。

◎現地見学会(バス使用) 海部地域・日光川の防災対策
(場所)新孫宝排水機場、日光川水閘門、日光川排水機場、日光川整備区間
(日時)令和元年12月24日(火)12:30から16:30
    弥富市総合福祉センター 出発 12:30
    十四山支所       出発 12:45
(参加費等) 保険代として100円(子どもも含む) 事前申込必要
(申込先)定員30名。
     弥富防災・ゼロの会または弥富市危機管理課防災グループに申込用紙を提出
(申込期限) 12月10 日(火)
(主催)弥富防災・ゼロの会  HP:http://yatomi-bousai.info/
(協力)弥富市危機管理課

以下の項目を info@yatomi-bousai.info までメールしてください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
現地見学会 海部地域・日光川の防災対策 申込書
氏名・年齢・住所・電話番号(当日連絡用)・事故等があった場合の連絡先・
出発地 いずれか〇  弥富市総合福祉センター 出発 12:30
           十四山支所       出発 12:45
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

防災のつながりで地域を守る輪をつくりましょう!
自主防災会や自治会の役員、福祉関係、NPO、建設業者、行政など、
災害時の現場担当者、本部の連絡調整者に、横のつながりが生まれることを
期待します。

 (HP)弥富市防災情報共有サイト http://yatomi-bousai.info/
Posted by tsunagaru at 19:07 | お知らせ | この記事のURL
NPOのためのアドバイザー相談と講座 11月〜3月 [2019年10月29日(Tue)]

NPOsoudan&kouza_1.JPG

 「設立」「運営」「会計」「税務」「労務」「法務」に関するあらゆるご相談に、NPOの分野に通じる専門家が対応します。

●相談できる内容
【設立・運営相談】団体運営や事業運営に関するあらゆるご相談にNPO法人
   代表者や役員、スタッフ経験の豊富なアドバイザーがお応えします。

【会計・税務相談】日常の会計管理や決算書の作成、税務申告や申請手続き
         などについて公認会計士・税理士がお応えします。
 
 そのほか、労務に関する相談には社会保険労務士が、法務に関する相談には
弁護士がお応えします。

●個別相談のお申し込み方法
 電話もしくは窓口にて、お名前、所属団体、電話番号、希望日、時間帯、
 相談概要をお伝え下さい。各受付開始日より先着順の受付となります。

■受付開始日:相談日の2ヶ月前の1日から(11月・12月分:受付中)

●NPOのためのアドバイザー相談 【要予約・無料】
 スケジュールはコチラまで↓↓↓
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/npoinfo/2019ad2.html

●個別相談のお申し込み・お問い合わせ先
名古屋市市民活動推進センター
TEL:052-228-8039  FAX:052-228-8073
E-mail:npo@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp
所在地:名古屋市中区栄三丁目18番1号
 ナディアパークデザインセンタービル6階 
開館時間:平日・土曜日:9:00〜21:30、日曜日・祝休日:9:00〜18:00、
月曜休館
■主催:名古屋市
■企画運営:ボランタリーネイバーズ・ボラみみより情報局共同事業体(事業受託者)

NPOsoudan&kouza_2.JPG
Posted by tsunagaru at 19:04 | お知らせ | この記事のURL
NPOの成果を見える化して元気にするセミナー【2019/11/14・12/13・2020/2/18】 [2019年10月29日(Tue)]

NPOseika_1.JPG

 休眠預金を活用したNPO等への助成の開始が近づくにつれて、成果の可視化や評価が注目されています。成果を見える化して評価することは、資金調達のためだけではなく、ミッションの達成に向けて活動を改善し、団体を元気にすることができます。
 名古屋市では、評価について「ちょっと聞いてみたい」という方から「団体で本格的に取り組みたい」という方まで、幅広く応援する色々なメニューをご用意しました。

★基礎講座★
日時:2019年11月14日(木)13:00〜17:00(受付開始 12:45)
場所:あいちNPO交流プラザ 会議コーナー
(名古屋市東区上堅杉町1 ウィルあいち2階)
対象:市内で活動するNPOの役員・スタッフ、NPO支援者
定員:50名
内容:【社会的インパクト評価とロジックモデルの基礎】
・社会的インパクト評価の基本・構成
・社会的インパクト評価の活用事例
・ロジックモデルの基礎 
・モデル事例を基にしたロジックモデル作成ワークショップ など

★実践講座★
【1日目】
日時:2019年12月13日(金)13:00〜17:00(受付開始 12:45)
場所:名古屋市市民活動推進センター 集会室
(名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークデザインセンタービル6階)
対象:評価に取り組んでいる又はこれから取り組むNPOの役員・スタッフ
定員:20名
内容:【団体のロジックモデルを作成】
    ・事業の目標・受益者を考える
    ・ロジックモデル作成ワークショップ(インプット、アクティビティ     (活動)、アプトプット、アウトカム(成果)を考える)など

【2日目】
日時:2020年2月18日(火曜日)13:00〜17:00(受付開始 12:45)
場所:名古屋市市民活動推進センター 集会室
(名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークデザインセンタービル6階)
対象:評価に取り組んでいる又はこれから取り組むNPOの役員・スタッフ
定員:20名
内容:【ロジックモデルの活用の仕方】
    ・評価指標の設定・データの集め方
    ・ロジックモデルの見直し
    ・ロジックモデルを使った事業の改善  など

★申し込み・問い合わせ先★
名古屋市市民活動推進センター
 〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目18番1号
 ナディアパークデザインセンタービル6階
  Tel:052-228-8039
(平日9:00〜21:30、日・祝9:00〜18:00、月曜日休館)
Fax:052-228-8073  E-mail:npo@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

NPOseika_2.JPG

Posted by tsunagaru at 18:54 | お知らせ | この記事のURL
第15回エコツーリズム大賞募集開始のお知らせ【2019/11/29】 [2019年10月29日(Tue)]

15ecotu-rizumu_1.JPG

 環境省では、エコツーリズム推進法に基づき、エコツーリズムの普及、定着のための様々な取組を進めています。この一環として、環境省と一般社団法人日本エコツーリズム協会では、地域の自然・歴史・文化の保全と地域振興を、観光の力で実現する「エコツーリズム」に取り組む、 企業、事業者、団体、自治体、個人などを対象に、その優れた取り組み を表彰し、広くご紹介する 「エコツーリズム大賞」を実施しています。今回で15回目を迎えにあたって、新たに地域と企業が連携した取り組みに対する「パートナーシップ賞」を新設しました。

●応募資格:以下の活動に取り組んでいる事業者、団体、自治体などを対象と
します。自薦、他薦は問いません。(例:ツアー事業者、宿泊事業者、交通事
業者、コンサルタント、協議会、教育機関、学生団体、地方公共団体など)

1.地域の自然環境や歴史文化を保全しつつそれらを体験する「エコツーリズ
  ム」に関連する環境保全活動を取り入れた取組や様々な自然体験の取組。
2.環境保全、地域活性化、自然体験提供等の優れた活動。
  ※自然体験には、農林水産業体験や生活文化体験を通じた自然環境への
   理解につながる活動などを含みます。

●応募期限:2019年11月29日(金)まで ※必着
●応募方法等:応募フォーム
https://ecotourism.gr.jp/15th_award_application_form/)にご記入、資料を添付の上、award@ecotourism.qr.jp までご応募ください。

●主催:環境省、一般社団法人日本エコツーリズム協会
●お問い合わせ先:第15回エコツーリズム大賞事務局
(一般社団法人日本エコツーリズム協会)
電話:03-5437-3080
メール:award@ecotourism.qr.jp
HP:https://ecotourism.gr.jp/award/

15ecotu-rizumu_2.JPG
Posted by tsunagaru at 18:41 | お知らせ | この記事のURL
フェアトレード製品生産現場 東ティモールを訪れて【2019/12/8】 [2019年10月29日(Tue)]

higasiteimo-ru.JPG

 現場を訪れたからこそお話しできる、フェアトレード製品生産現場の様子や生産者・支援者の方々の“生の声”お伝えします。
 当日は、東ティモール産のコーヒーの試飲も行います。
 お話だけでなく、味と共に学ぶ機会に参加してみませんか?

 ●日時:2019年12月8日(日)14;00〜15;30
 ●会場:JICA中部なごや地球ひろばセミナールームB1-2
     〒453-0872 名古屋市中村区平池町4-60-7
     名古屋駅より徒歩13分
 /ささしまウェルカムバス「ささしまライブ」より徒歩3分
 ●スピーカー:河合 良太さん
        NPO法人 泉京・垂井(せんと・たるい)理事
        NPO法人 地域の未来・志援センター 地域コーディネーター
 ●定員:30名
 ●参加費:一般1000円・学生500円
     ※polca等で事前にご支援いただいた方は、無料でご参加頂けます。
      (申し込みは必要です。)
 ●申込方法:メール/店頭にて
      @氏名 ➁連絡先 B講座に期待すること を
      下記、問い合わせまでご連絡ください。
 ●協力: NPO法人 地域の未来・志援センター
 ●共催:NPO法人 泉京・垂井
    〒503-2124 岐阜県不破郡垂井町宮代1794
    http://sento-tarui.blogspot.jp/
 ●共催/問い合わせ:なごや地球ひろば買い物ゾーン フェアビーンズ
     〒453-0872 名古屋市中村区平池町4-60-7
     shop@fairbeans.org  070-6412-3279

Posted by tsunagaru at 18:29 | お知らせ | この記事のURL
清流の国ぎふ暮らしセミナー 〜関わる人が輝く!観光業の魅力〜【2019/11/11】 [2019年10月29日(Tue)]

gifu_kankou_1.JPG

「いろいろな人に対応できる多様な働き方を実現したい!」

 このセミナーでは、講師の話を通して、岐阜の様々な魅力を知っていただき、岐阜への移住に関する不安や疑問を解消いただけるイベントです。
 今回は岐阜県を代表する観光地である高山市で旅館やホテルを運営されている講師の方に、観光業の魅力を中心にお話をしていただきます。
 また、移住されて働く方々への支援や、従業員に対する会社の取り組みについても具体的なお話が聞ける機会となります。

◇日時:2019年11月11日(月)18:30 〜 20:00
◇会場:大垣共立銀行OKB Harmony Plaza名駅
    名古屋市中村区名駅4-6-17名古屋ビルディング10階
◇定員:20名(予約優先)
◇講師:フロンティア観光椛纒\取締役 村井繁喜さん(高山市在住)
◇申込・問合せ:清流の国ぎふ 移住・交流センター名古屋
  名古屋市東区東桜1-11-1オアシス21「GIFTS PREMIUM」内
  090-2619-2102(相談員:後藤)
  e-mail:gifu-ijuu@mopera.net

☆観光地への移住や移住後の仕事についてご興味のある方はぜひご参加ください。

gifu_kankou_2.JPG
Posted by tsunagaru at 18:26 | お知らせ | この記事のURL
【G20外相会合に向けたシンポジウム】民主主義の危機は世界共通の課題【2019/11/16】 [2019年10月29日(Tue)]

minsyusyugi_1.jpg

〜市民社会スペース縮減の時代からSDGsゴール16達成に向けて〜

 「市民社会スペース」とは物理的な空間やヴァーチャルな領域、法制度等の
政策環境を指す言葉です。
市民や市民団体が自由に生き生きと言論・集会・結社するための基盤といえます。
今、世界的な規模で強権的な政治や市民の自由を制限する支配が広がり、
市民社会スペースが脅威に曝されています。日本も例外ではありません。
近年広がるヘイトスピーチや外国人排斥の排外主義などの非寛容な風潮、特定のテーマを理由にした公共施設の使用不許可などの市民活動への制限などが頻発しています。
世界規模で言論・集会・結社の自由や法の支配等の民主主義を支える基盤が揺らいでいるといえます。
こうした状況において、市民活動の自由を確保する上で支えとなるのが
「平和と公正をすべての人に」と謳うSDGsゴール16です。
人権の尊重や平等の確保、法に基づく保護を規定した国際規範です。

私たちは名古屋でG20外相会合が開催されるのを機に、民主主義の危機を
市民社会スペースの視点でとらえ、SDGsゴール16を手掛かりに危機について
考えるシンポジウムを開催します。
市民社会スペースの問題に関心のある方、SDGsゴール16に関心のある方、
ぜひご参加ください。

●日時:2019年11月16日(土)13:00〜17:00
●場所:なごや人権啓発センター(ソレイユプラザ)研修室
    地下鉄伏見駅より南へ徒歩5分 伏見ライフプラザ12階
●基調講演『多国間会議における市民社会スペースの確保〜C20の経験から〜』
 講師:三輪敦子さん
(アジア太平洋・人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長)
●参加費 学生:500円  一般:1000円
●お問い合わせ:名古屋NGOセンター
〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-3 YWCAビル7F
TEL&FAX:052-228-8109
E-mail:info@nangoc.org
※ 事前申し込みは名古屋NGOセンターのウェブサイト
http://nangoc.org 申し込みフォームから
●サイドイベント:同日の11:30より、同じ会場で
チベット映画『恐怖を乗り越えて』(30分)の無料上映を行います。
●主催 東海市民社会ネットワーク
 (特活)泉京・垂井
 (特活)地域の未来・志援センター
 (特活)名古屋NGOセンター

minsyusyugi_2.jpg
Posted by tsunagaru at 18:08 | お知らせ | この記事のURL
【シンポジウム・民主主義の危機は世界共通の課題】に向けた学習会【2019/11/13】 [2019年10月29日(Tue)]

【シンポジウム・民主主義の危機は世界共通の課題】の開催に先立ち、
市民社会スペースとは何か、SDGsゴール16が目指しているものは何か等に
ついて、率直な意見交換と学習の機会を持つために、下記のように事前学習会を
開催します。
また、G20外相会合に向けて東海地域の市民社会はどう動くかについても
検討します。ぜひご参加ください。
※ 事前申し込みは必要ありません。直接会場へおいで下さい。

●日時:2019年11月13日(水) 18:30〜20:30
●場所:日本陶磁器センタービル2階 第2会議室
   〒461-0002 名古屋市東区代官町39-18
   電話 052-935-7231
   地下鉄高岳駅より東へ徒歩8分/地下鉄新栄駅より北へ徒歩10分
    JR中央線千種駅1番出口から北西へ徒歩15分

●参加費:無料
●お問い合わせ:名古屋NGOセンター
〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-3 YWCAビル7F
TEL&FAX:052-228-8109
E-mail:info@nangoc.org
●主催
 (特活)泉京・垂井
 (特活)地域の未来・志援センター
 (特活)名古屋NGOセンター
Posted by tsunagaru at 17:16 | お知らせ | この記事のURL
第9回ぎふグリーンツーリズムネットワーク大会in白川郷【2019/11/5〜6】 [2019年10月21日(Mon)]

sirakawagou_2.JPG

〜描こう!ふるさと未来予想図。農泊が描き出す新しい農山村の姿〜

「ぎふの田舎へいこう!」推進協議会では、毎年全県のグリーンツーリズム
実践者が集ってグリーン・ツーリズムネットワーク大会を行なっています。
今年は、白川郷で11月5日〜6日に行います。

「観光人口」でも「移住人口」でもない「関係人口」という発想を
創造的に発展させた「白川郷ヒト大学」の実践(第1分科会)や、
インバウンド先進地 白川郷の若女将の健気でリアルな実践報告座談会
(第2分科会)など、興味深い内容が盛りだくさんです。
1万円札の顔になる澁澤栄一さんのひ孫さんの澁澤寿一さんの
基調講演も必聴です。
交流会では、県内の実践者と親睦を図ることができます!

  ◆日 程:2019年11月5日(火)−11月6日(水)
  ◆場 所:トヨタ白川郷自然学校
       岐阜県大野郡白川村馬狩223
  ◆参加費:会員無料 非会員1000円
(宿泊費、大交流会費は含みません。)
  ◆定 員:100名(先着順)
  ◆申込締切り:2019年10月25日(金)
  ◆お問い合わせ先:「ぎふの田舎へいこう!」推進協議会事務局
    TEL:0575-87-0128
    FAX:0575-87-0131
    Eメール:gifuina@gmail.com
    HP:https://gifu-inaka.pref.gifu.lg.jp/gifudo/area4/1419.html

sirakawagou_3.jpg

sirakawagou_4.jpg

Posted by tsunagaru at 17:50 | お知らせ | この記事のURL
市民環境展2020【2020/4/11〜12】 [2019年10月21日(Mon)]

みらいに語り継ごう!ひと・自然・社会・平和
〜今、心にとどめたい、中部〜世界の環境と人権の写真展&市民団体ブース+講演会〜

☆ブース出展しませんか?

「中部の環境を考える会」有志が、来年2020/4/11(土)〜12(日)、
ウィルあいちにて『市民環境展』を行います。
内容は、写真展と4つの講演、そして市民活動のブース展示です。

現在、活動フィールドや取り組む課題のブースを出展する団体さんを募集中!
(1ブース1日/1000円)

お問い合わせはコチラまで↓↓↓
●中部の環境を考える会 052-241-7613
 名古屋市中区大須4-13-32(名探ビル4階)
●主催:「市民環境展2020」実行委員会


Posted by tsunagaru at 17:38 | お知らせ | この記事のURL
【被害防除実践講座】「防護柵を補修して、侵入に強い防護柵に育ててゆく!」【2019/11/17】 [2019年10月21日(Mon)]

〜侵入防止に効果的な「AF規格」を知る、
執拗なアタックに対しても侵入させない補修を会得する〜
 
※AF規格とは、京都大学芦生研究林において、2006年より5年間、防除効果
の発現と検証がキチンと行われ、2012年より世に出た、防除に効果的な項目を
整理した食害防護柵の規格です。(参照:ABCプロジェクト)

「被害防除」は、特定鳥獣保護管理計画でも、総合対策の、三本柱の一つとして、位置づけられている重要な要素です。

しかし、実際の造林地で多く見受けられるのは、防護柵にしても単木防除に
しても、キチンとした設置が最初からなされていません。
そのため、シカなどの侵入をやすやすと許してしまい、被害を受ける…。
 防除がキチンと評価されず、柵が打ち捨てられている、
そんなことはありませんか?防護柵なんて飾りでやってるだけ、
本心はやるだけ無駄、そんなふうに思っていませんか?

一緒に補修の仕方・やり方を体験してもらい、シカなどに、いとも簡単に
造林地へ侵入させない柵を作り上げる「はじめの一歩」を体得してもらいます。

「獣害の最前線ではどんなことが起きているのか見てみたい!」
「防除作業の体験をしてみたい!」
「シカやカモシカが起こす造林苗木への被害を防ぎたい!」
「これから畑に防護柵を設置する予定なので、参考にしたい!」
そんな方のご参加をお待ちしています!!

●日時:令和元年11月17日(日) 9:30〜17:00
●場所:甲賀市土山町山中(詳細はお申込み後連絡します。)
●プログラム予定
9:30 集合・受付(甲賀市役所土山支所前)
11:00 現地着。実践ワーク「侵入に強い柵にするための目のつけどころ」
13:00 実践ワーク「侵入強い柵にするための補修方法」
15:00 現地発
16:00 おさらい、ふりかえり(土山支所前)
17:00 終了
●講師:高柳 敦(かもしかの会関西)
●参加費:1,500円
●主催:かもしかの会関西
●申し込み期限:令和元年11月15日(金)まで(定員:10名ほど)
●お申込み、お問い合わせ先は、コチラまで↓↓↓
 かもしかの会関西 事務局・広報担当 西村 知記
E-mail acer.p@i.softbank.ne.jp
携帯電話 090-9165-8971
Posted by tsunagaru at 17:35 | お知らせ | この記事のURL
長良川エクスカーション【2019/11/17】 [2019年10月21日(Mon)]

〜清流長良川の歴史と自然を訪ねて〜
 
 長良川の源は、岐阜県郡上市白鳥町の大日ヶ岳に発し、板取川・津保川
等を合流させて、美濃市で濃尾平野に出て、岐阜市中心部を流れ出ています。
四万十川・柿田川とともに日本三大清流とされています。
 河道は、岐阜市内の長良橋下流で1611年の慶長の洪水以後、昭和初期
まで古川と古古川の三本に分流していました。その締切工事が1939年に
完了し、現地に長良川回収記念碑が建てられています。

 当日は、長良川の伝統的防災施設である霞堤と畳堤などの大切さを学習するとともに、支川での水辺の生物採集観察も楽しみながらバスエクスカーションを実施します。

●日  時:令和元年11月17日(日) 9:00〜17:00(少雨催行)
●集合場所:JR大曽根駅北口改札口(8:50迄に集合。解散場所も同じ。)
●参 加 費:会員1000円/非会員 一般2000円・学生1000円(当日徴収)
●募集人員:先着20名
●申込期限:令和元年11月10日(日)
●持 ち 物:昼食・飲み物
      生物採集観察をされる方は、深長靴・タモ・バケツ等
●申込方法:FAXもしくは、メールにて以下をご明記ください。
      氏名(フリガナ)・電話・携帯番号・メールアドレス・
      会員or非会員(一般・学生)・郵便番号・住所

担当:愛知・川の会 國村
FAX:052-795-8932
メール:mizube@axel.ocn.ne.jp

nagaragawa_20191117_1.jpg

nagaragawa_20191117_2.jpg
Posted by tsunagaru at 17:29 | お知らせ | この記事のURL
ブラアイチ in 日光川【2019/11/9】 [2019年10月21日(Mon)]

buraaichi_nikko_1.jpg

〜川のある風景を歩こう、まちの魅力を再発見しよう〜

 ブラアイチは、愛知県が名古屋地理学会、土木学会中部支部と協力して、まちのストーリーを発掘・紹介していく取り組みで、専門家の解説を聴きながら楽しくめぐります。そして、まちの成り立ちや過去の災害や地形を知ることで、「まちづくり意識」や「防災意識」を持っていただき、さらには、地域の魅力を発信することで「観光」の促進にも役立っていければと考えています。

 今回は、伊勢湾台風から60年の節目の年を迎え、その経験を地域で伝えていくため、蟹江川排水機場での講演会やEボートを用いて日光川・蟹江川をめぐり
ます。普段なにげなく接している川を水面から眺めながら、水防災について考え
てみませんか。是非ご参加ください。

●日 時:2019年11月9日(土) 午前10時〜午後0時30分
●場 所:蟹江川排水機場(海部郡蟹江町大字蟹江本町地先)
●内 容:(1)ミニ講演会(午前10時から午前11時まで)
第1部 講師 溝口 常俊氏 名古屋大学名誉教授(地理学)
タイトル 〜伊勢湾台風経験から見た日光川下流域の地理・地形の特徴〜
第2部 講師 秀島 栄三氏 名古屋工業大学大学院教授(土木工学)
  タイトル 〜クイズで学ぶ水防災〜
(2)川めぐり&蟹江川排水機場見学(午前11時から午後0時30分)
         Eボートを使用して日光川・蟹江川をめぐります。
     ※ボート内でガイドから歴史や地形などについて解説があります。
       予定ルート:蟹江川排水機場内乗下船場
                     ↓約500m
                日光大橋(県道名古屋十四山線)
                     ↓約500m
                蟹江川排水機場内乗下船場
●参加対象:小学校4年生以上(ただし、中学生以下は保護者同伴とします)
●参加費:無料
●集合場所:蟹江川排水機場 
 ※日程及び集合場所等の詳細は、募集期間終了後、参加決定者にお知らせします。
 ※駐車場あります。
●申し込み・お問い合わせ:コチラまで↓↓↓
ブラアイチホームページ→ http://aichi-river.jp/buraaichi/
愛知県ホームページ→
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kasen/bura-innikkoukawa.html

buraaichi_nikko_2.jpg
Posted by tsunagaru at 17:23 | お知らせ | この記事のURL
「寄附のゼミナール」を見学しませんか?【2019/10/25ほか】 [2019年10月08日(Tue)]

愛知県では、若者の寄附意識や社会参画・貢献意識の醸成を
目的とした事業「寄附のゼミナール」を10月25日(金)〜
開催します。
つきましては、各学校でのゼミナール見学者を募集します!

kifuzemi_1.JPG

●内容
・1コマ目:社会課題や寄付に関する講義、
      参加NPOによる活動による活動内容のプレゼンテーション、
      生徒によるグループ討議、
      各自で寄付したいNPOへ投票(得票率に応じて寄付額を決定)
・2コマ目:協賛団体から高校でのゼミナール参加NPOへ寄付金を贈呈、生徒とNPOの意見交換

●会場 各学校校舎内
●定員 各学校5名程度 ※事前申し込みが必要。先着順。
●申込期限 令和元年10月18日(金)
      別添チラシの参加申込書に必要事項を記入の上、
      電子メール又はFAXで回答してください。

●お問い合わせ先 あいちNPO交流プラザ
         (社会活動推進課 NPOグループ)仲尾
         TEL:052-961-8100  FAX052-961-2315
         Email:npo-plaza@pref.aichi.lg.jp
 
みなさまのご参加お待ちしております!

kifuzemi_.JPG
Posted by tsunagaru at 15:39 | お知らせ | この記事のURL
ワイワイ芋掘り体験in豊川【2019/10/19−20】 [2019年09月30日(Mon)]

〜 食欲の秋!自分で掘ったお芋は、格別な味です! 〜
お芋が好きな方!
土にふれたい方!
自分でさつまいもを掘ってみませんか?
  
●日 時:2019年10月19日(土)、20日(日)
     両日ともに、13:00に駐車場へ集合。終り次第、各自解散。
     (小雨決行:雨具をお持ちください。)
●場 所:手打ちそば「玄子」さん(愛知県豊川市野口町平瀬木35−5)
       の横の畑が集合場所になります、駐車場です。
       そこからすぐ近くの芋掘り畑にて開催です。
●参加費:1グループ2000円(4名まで)
●内 容:1グループで好きな芋株を3株掘ります。
     (品種:紅はるか・安納芋・シルクスイート・マロンゴールド)
     掘った中から好きなお芋を5本お持帰り。
     さいごに焼き芋を1つプレゼント。
●持ち物:汚れてもいい服装、着替え、長靴、帽子、軍手、タオル、
     飲み物、ビニール袋(グループで1袋)、雨具(小雨の場合)、
     小さいスコップ(なければお貸ししますが、数に限りがあります。)
●お問い合わせ&お申し込み方法
    @代表者氏名・➁参加人数・B当日つながる携帯番号・C車の台数
    を教えてください。
芋車(いもぐるま):前田 080-1556-4762
芋車フェイスブック:https://www.facebook.com/imoguruma/

※携帯番号は、月〜木の6:00〜19:00は圏外で繋がりません。

imoguruma.JPG

Posted by tsunagaru at 16:48 | お知らせ | この記事のURL
第9回ぎふグリーンツーリズムネットワーク大会in白川郷【2019/11/5-6】 [2019年09月30日(Mon)]

 〜描こう!ふるさと未来予想図。農泊が描き出す新しい農山村の姿〜

本大会では、胎動を始めた新しいグリーンツーリズムが「農泊」という手法を
学びつつ、農山村の未来をどう描こうとしているのか、また、未来の農山村に
対してグリーンツーリズムは何ができるのかを共に考えたいと思います。

  ◆日 程:2019年11月5日(火)−11月6日(水)
  ◆場 所:トヨタ白川郷自然学校
       岐阜県大野郡白川村馬狩223
  ◆参加費:会員無料 非会員1000円
       (宿泊費、大交流会費は含みません。)
  ◆定 員:100名(先着順)
  ◆申込締切り:2019年10月25日(金)
  ◆お問い合わせ先:「ぎふの田舎へいこう!」推進協議会事務局
    TEL:0575-87-0128
    FAX:0575-87-0131
    Eメール:gifuina@gmail.com
    HP:https://gifu-inaka.pref.gifu.lg.jp/gifudo/area4/1419.html

sirakawagou_1.JPG

sirakawagou_2.JPG
Posted by tsunagaru at 16:14 | お知らせ | この記事のURL
世代間交流によるSDGs貢献のための人づくり【2019/11/4】 [2019年09月30日(Mon)]

〜ユースと社会人のためのESD推進ネットワーク地域フォーラム

本フォーラムでは、名古屋市立大学副学長・伊藤恭彦先生によるご講演の
ほか、企業のSDGs取組紹介、高校生による活動紹介、そして登壇した企業
や高校生と来場された参加者の皆さん混合によるESDグループワークショッ
プを実施いたします。

○日時:2019年11月4日(月・祝)
    13:30〜16:30(開場13:00)
○会場:ウインクあいち 11階 会議室1103
    名古屋市中村区名駅4-4-38
○プログラム:
■話題提供
「世代間協力で実現するSDGs」伊藤恭彦氏(名古屋市立大学副学長)
■企業によるSDGsの取組紹介
「2030年も元気な組織であるために〜小さな会社が取り組むSDGs〜」
  鳥原久資氏(株式会社マルワ代表取締役社長)
「カンガルー出勤で変わった社内環境」
  寺田有希実氏(三承工業株式会社ダイバーシティ推進室室長 女性活躍
・働き方改革担当)
■高校生による活動発表
「人力発電機の製作〜若いエネルギーを電気エネルギーに〜」
   愛知県立刈谷工業高等学校 自動車部
「ボランティアから始まった環境保護活動」
   名古屋経済大学高蔵高等学校 理科部
「命をつなぐ! 弥富の手乗り文鳥よ再び!」
   愛知県立佐屋高等学校 文鳥プロジェクトチーム
「未利用資源を活用した6次産業化への取組」
   愛知県立渥美農業高等学校 農業機械部
■グループワーク
「高校生によるESD活動の社会への発信連携を考える」
 ;高校生、企業、参加者混合グループによるワークショップ

○詳細・申込方法:
  https://chubu.esdcenter.jp/hot_topics/chubuesdnetworkforum2019/
○主催:環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)
    中部地方ESD活動支援センター

SDGskouken_1.JPG

SDGskouken_2.JPG
Posted by tsunagaru at 15:47 | お知らせ | この記事のURL
環境ボランティアサークル亀の子隊in渥美半島【2019/10/6ほか】 [2019年09月30日(Mon)]

いつもご支援ありがとうございます。

 2019年9月の活動でした。
台風の接近を心配しましたが、見事な快晴の中で活動できました。
 今回は、トヨタ自動車田原工場のみなさんが参加してくれました。
翌日がトライアスロンということで、大勢参加してくれるトヨタさんの
3分の1くらいはトライアスロン会場にてクリーンアップ活動をしてもらいました。
実は、昨年の7月の活動。9月の活動、今年の7月の活動と続けて雨天中止
でした。今年の7月の時は少し強行すればできた雨量でしたので悔いが残って
いました。それで、今回実施でき、よかったなぁと思います。
 ボランティアリーダーが交通整理をしたり、受付をしたり、道具の準備をし
たり、すごく組織的に動いてくれます。
駐車場がなく、堤防道路に縦列駐車なので、遅く来ると100M以上歩かなけれ
ばなりません。その整理がたいへんです。
こうした企業さんの参加もあり、亀の子隊の思いが広がることを実感します。
感謝です。
 ただ、 今回は、立ち止まって集まって話しているグループ、大きなゴミを
横目にペットボトルしか集めない人、ゴミの多い方に呼んでも動いてきてくれ
ないなど、嫌々な心で長くやってもらっても、きれいな海を守りたいという
亀の子隊の思いを受け取ってもらえないだろうと活動時間は20分弱で終了しました。
 とてもまじめに活動をしてくれた人が多いですが、全体的な動きの緩さの中で、範囲は広がっていくことはなく、想定した形にはなりませんでした。
 今は予算の関係で行けませんが、東北大震災の支援活動に7年間続けて夏と
冬に行ってきました。がれき撤去をするボランティアは誰もさぼっていませんでした。
その一生懸命な行動が現地の人の勇気になるとボランティアセンターの人は
言っていました。
 活動への参加はボランティアです。自発的に参加してこそのボランティアです。
自発的に参加するなら、参加の意思がはっきり伝わるような活動ができるといいですね。

【今後の予定】
 ・10月6日(日)   海の環境を学ぶ会〜タッチングプール
            11:30〜14:30頃
  ・10月13日(日)  西の浜クリーンアップ活動
            10:00〜11:00
             川と海のクリーン大作戦と連動です。
            海浜の森公園を出たたりの海
 ・10月20日(日)  西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
              中部実業団駅伝チーム
             トヨタ紡績・愛三工業・中央発條 参加
           西山町から出て風車の方に400Mほど行った辺りの海
  ・10月20日(日)  三河湾大感謝祭 碧南
 ・10月27日(日) たはらしみんまつり 宮城県南三陸町チャリティ物産展
           大人気の物産展です。 当日のスタッフを募集します。
・11月2日(土)   海の環境を学ぶ会〜鳥羽水族館見学会

以上です。よろしくお願いします。              

◆連絡先:環境ボランティアサークル 亀の子隊 鈴木 吉春
〒441−3502 田原市赤羽根町赤土1 赤羽根市民センター3階
FAX 0531−23−0581
携 帯 090−9123−7983
mail yoshiharu@kamenoko.org 
亀の子隊URhttp://www.kamenoko.org

atsumikemenoko_1.JPG

atsumikamenoko_ 2.JPG
Posted by tsunagaru at 15:25 | お知らせ | この記事のURL
エコカレッジ 〜 衣食住から考える私たちのくらし 〜【2019/10/5ほか】 [2019年09月17日(Tue)]

ecokarejji_yokkaiti_1.JPG

人と環境にやさしい暮らしについて、考えてみませんか?(全4回)
 
本年も、四日市市を中心とした環境問題の現状や課題を学ぶ
「エコカレッジ」が10月5日より始まります。
今年は「衣食住」をテーマに、全4回で家庭ごみやリサイクル、
水道の仕組み、身の回りの化学物質、お片付けの工夫、食と環境など、
私たちの暮らしと地球環境のつながりを学びます。
3回以上ご参加の方には、修了証が授与されます。
気になるテーマだけを聞く部分受講も可能です
◆テーマと日時
@10月5日(土)  10:00〜12:00 「くらしと環境・入門編」
         13:00〜15:30 「あなたの家のごみから考えよう」
A10月24日(木) 8:30〜16:30
バス研修  「羽毛リサイクルでできること」 「暮らしを支える水道と環境」
B11月9日(土) 10:00〜12:00 「身近な化学物質から身を守るには」
13:00〜15:30 「未来を想う お片付け」
C11月23日(土) 10:00〜12:00 「四日市のコメと農業と私たちのくらし」
13:00〜15:30 「食べて守る!海の環境」
◆対象:15歳以上
◆定員:20名(先着順)
◆集合・解散:そらんぽ四日市
◆A見学先:河田フェザー(株) 水源管理センター(バス移動)
◆講師
@生活環境課職員
B三重大学大学院医学系研究科看護学専攻 教授今井奈妙氏
   片付けコーチ 福島典子氏
C(株)うつべ農園代表 上麻理氏
   自然観察指導員三重連絡会副会長 竹内泰介氏
◆お問い合わせ
 四日市公害と環境未来館 
 〒510-0075 三重県四日市市安島1-3-16
 Tel:059-354-8430 Fax:059-354-8431
 Eメール:info@eco-yokkaichi.com
https://www.city.yokkaichi.mie.jp/yokkaichikougai-kankyoumiraikan/index.php

ecokarejji_yokkaiti_2.JPG
Posted by tsunagaru at 17:55 | お知らせ | この記事のURL
渥美半島の秘境 巨木の森を歩こう プラス1【2019/10/5ほか】 [2019年09月13日(Fri)]

〜幻想的な風景が味わえる〜
渥美半島でも、とても静かな場所。そこに広がる巨木の森をゆっくり歩いて、
立ち止まって案内します。巨木の森のほか、秋には「鷹の渡り」が見られる
ビューポイントへ。
春には、天然記念物の薄紅色した可憐な花まで足を延ばします。
あなたのお気に入りの場所を写真にしてプレゼントします。

◆開催日時:令和元年10月5日(土)、10月6日(日)、
      令和2年3月20日(金・祝) 、3月21日(土)
          3月22日(日) 、3月28日(土)
          3月29日(日)
      9:00〜12:00、13:00〜16:00
◆参 加 費:4500円
◆予約申込:NPO法人渥美ハイキングクラブ
      080−4222−3514(受付時間9時〜19時)
◆締切り:各日程の、1週間前まで。

田原市の観光体験博覧会「たはら巡り〜な」に登録をしています。
詳細はコチラから。↓↓↓
https://www.taharakankou.gr.jp/tahara-megurina/program/000066.html

atsumi_kyoboku_.JPG
Posted by tsunagaru at 11:17 | お知らせ | この記事のURL
レスキューストックヤード2019年度  ―北海道胆振東部地震 支援活動報告会を開催決定―【2019/10/9】 [2019年09月13日(Fri)]

2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震より1年が過ぎました。
大規模な土砂崩れが発生した厚真町はじめ各地で、修復工事が進んでいます。
一方で、個人宅付近の公道などの道路は、あまり手が入っていない場所も少なくありません。被災された方々はそんな風景を日々、目に映しながら、今もなお応急仮設住宅や修復がなかなか終わらない自宅での生活を送られています。
1年の節目として、10/9(水)に「北海道胆振東部地震 支援活動報告会」を実施予定です。名古屋からできる支援について、みなさんと一緒に考える場としたいと思います。お時間のある方はぜひ、ご参加ください。

★北海道胆振東部地震 支援活動報告会★
日時:2019年10月9日(水)19:00〜21:00
場所:名古屋建設業協会1階会議室
認定NPO法人レスキューストックヤード事務所1階
名古屋市営地下鉄名城線・桜通線「久屋大通」駅
1A出口より徒歩3分

※差し支えなければ、事前の参加申し込みをお願いいたします。 
以下をご記入の上、件名を「10/9北海道報告会・参加申込」として、
レスキューストックヤード事務局(info@rsy-nagoya.com)までご送信ください。参加無料です。
・お名前 ・所属(あれば)・メールアドレス
 詳細はコチラまで → http://rsy-nagoya.com/rsy/

rsy_20191009.jpg
Posted by tsunagaru at 10:55 | お知らせ | この記事のURL
2019年度 「NPOマネジメントスクール」開催【2019/10/18ほか】 [2019年09月13日(Fri)]

〜NPO法人の運営に必要な実務知識を学びませんか。〜
 「NPOマネジメントスクール」は、会計や労務など幅広い知識を各分野の
専門家から学ぶ連続講座です。
今年度は「入門編」、「実践編」、「トピックス編」の3構成で開催します。
年1回の開催講座となりますので、ふるってご参加ください!
(1団体あたり複数名の参加も大歓迎)

◆会場:あいちNPO交流プラザ(名古屋会場)
    とよた市民活動センター(三河会場)
◆日程:(名古屋会場)
     11/12(火)・11/19(火)・11/29(金)・12/6(金)
    (三河会場)
     10/18(金)・10/28(月)・11/25(月)
◆定員:各会場30名程度(先着順)※事前申し込みが必要です。
◆申し込み・お問い合わせ
 コチラまで↓↓↓
https://www.aichi-npo.jp/6_oshirase_topix/2019/31_managementschool/management_index.html

npo_ms1.JPG

npo_ms2.JPG
Posted by tsunagaru at 10:38 | お知らせ | この記事のURL
グローバル気候マーチ 150ヵ国以上同時開催!【2019/9/20】 [2019年09月02日(Mon)]

global_001.JPG

2019年9月20日(FRI)若者たちの呼びかけによる、世界最大のマーチに参加しませんか?

 スウェーデンの高校生、グレタ・トゥーンベリさん 彼女は2018年8月より学校を休み、スウェーデン国会前で気候変動対策を求める抗議をたった1人ではじめました。
彼女に共感する声はSNSを通じて世界中に広がり、毎週金曜、子どもたちは気候対策を求めるスクール・ストライキに参加 F ridays F or F uture によるストライキ参加者は数百万人を超えました。
 そんな彼らの願いは、今回は大人たちにもマーチに参加してもらうこと。
学生だけでなく、より多くの人に参加してほしいとの若者たちの呼びかけに共感し、9月20日はあらゆる国や地域の様々な大人たちも、具体的な気候変動対策を求めマーチに参加します。
 このマーチの声を、9月23日の国連気候サミットにしっかり届けるためには多くの声が必要です。
あなたもこの過去世界最大のマーチに参加しませんか?

★名古屋地区
・名城公園駅、集合:9:30〜
・栄広場、集合:17:00〜
giobal_003.JPG

日本各地でもマーチ・関連イベントが開催!
global_002.JPG
Posted by tsunagaru at 17:00 | お知らせ | この記事のURL
第7回(最終回)生物多様性アクション大賞【】 [2019年09月02日(Mon)]

生物多様性とつながるあなたの活動を応募しよう!

「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-j)が推進している「MY行動宣言5つのアクション」を参考に、5つのアクションに即した活動を表彰する「生物多様性アクション大賞」を設置します。
本賞は、全国各地で行われている5つのアクションに貢献する団体・個人の取組みを表彰し、積極的な広報を行うことにより、生物多様性の主流化を目指すものです。

◆応募部門
 「たべよう部門」「ふれよう部門」「つたえよう部門」
 「まもろう部門」「えらぼう部門」
◆応募締切:2019年9月17日(火)
◆応募方法:http://5actions.jp/award2019/youkou.html
◆最新情報:http://5actions.jp/award/
http://www.facebook.com/5actions.award
◆お問い合わせ先:生物多様性アクション大賞事務局
         E-mail:award@cepajapan.org

seibututayousei2019.JPG
Posted by tsunagaru at 14:15 | お知らせ | この記事のURL
第31回 伊勢湾ゴミ流出防衛最前線『藤前干潟クリーン大作戦2019秋』【2019/10/26】 [2019年08月29日(Thu)]

fujimaehigata_1.JPG

31回目となる藤前干潟のクリーン大作戦(2019秋)を開催します。
今回も清掃活動の後は、中堤会場で「干潟観察会」と「ヨシ原復元・ヨシ植栽
を見守る会の活動」を開催します。
今回も多くの方のご参加をお待ちしております。 

【日時】2019年10月26日(土)
【会場】藤前干潟・庄内川 新川河口付近
【受付】午前9:00〜(中堤会場) 9:30〜(藤前会場)

☆申し込み方法、お問い合わせは下記にてご確認ください。
https://cleanupfujimae.jimdo.com/
TEL:090−8421−1037(事務局 鈴木)
Email:suzuki.1@re.commufa.jp
 
「ごみ非常事態宣言」から20年。
本取組は、「藤前干潟ふれあい事業」の協力事業として実施します。

fujimaehigata_2.JPG
Posted by tsunagaru at 16:08 | お知らせ | この記事のURL
22世紀の奈佐の浜プロジェクト『答志島奈佐の浜海岸清掃』【2019/10/13】 [2019年08月29日(Thu)]

伊勢湾の漂着ゴミは年間約1万トン、そのうち半分が鳥羽市に漂着することが
わかりました。なかでも、のり漁で有名な美しい答志島の奈佐の浜に
数千トンのゴミが漂着しています。
東海地域の環境団体の皆さん、市民の皆さん、漂着ゴミやそこに見える地域の
環境問題、地域の保全等について一緒に考え、行動していきましょう。
この活動は、22世紀奈佐の浜プロジェクトだけが行う海岸清掃活動のイベン
トではありません。ご参加の皆さんもプロジェクトの一員として、
豊かな伊勢湾流域を実現する活動を進めていきましょう。

◆日時 令和元年10月13日(日) 雨天決行
前日17時までにFacebook(https://www.facebook.com/nasanohama
でお知らせします。定期船運休の場合は中止となります。 
◆会場 三重県鳥羽市答志島奈佐の浜他
◆内容 <一般>奈佐の浜海岸清掃、意見交換会
    <学生>奈佐の浜海岸清掃、学生交流会
◆集合 各地より、現地集合場所までの送迎バス(往復無料)を運行します。
      @9:30 現地集合(鳥羽市佐田浜定期船乗り場) 
      ➁7:00 三重県四日市庁舎
      B7:50 三重県津庁舎
      C6:50 金山総合駅
      D6:20 JR岐阜駅団体バス乗降場
      E6:40 岐阜県庁
◆解散 鳥羽市佐田浜市営定期船乗り場にて16時に解散します。
◆参加費 一般2,000円 大学生以下1,000円(活動費、昼食代)
◆定員 三重・愛知・岐阜の無料送迎バス利用者各50名、現地集合50名
◆持ち物 飲料、雨具(雨天時)、軍手、健康保険証  
※サンダル不可(長靴、濡れても良い靴)
◆参加申し込み
・〆切 2019年10月5日(土)
・住所、氏名、電話、Email 所属 年齢、集合場所をお願いします。
・申し込み先 22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会 事務局

三重県の方 FAX:059-356-3505
      Email:yokkaichi-umigame@outlook.com
愛知県・岐阜県の方 FAX:058-266-6388
          Email:nomura@mori-mizu.org
主 催:イベント企画実施  22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会

nasanohama_ 1.JPG

nasanohama_2.JPG
Posted by tsunagaru at 16:04 | お知らせ | この記事のURL
全国の助成金セミナー【2019/10/12、10/19、10/20】 [2019年08月29日(Thu)]

今年も、日本各地で助成金セミナーを開催します!
詳細は、追ってお知らせいたしますので、日程を開けてお待ちください!

<大 阪>
【実施日時】2019年10月12日(土) 10:00〜16:00(予定)
【実施場所】ドーンセンター 5階 特別会議室・視聴覚室
【主  催】NPO法人エコネット近畿/セブン-イレブン記念財団
【詳  細】http://www.econetkinki.org/blog190621135759.html 
(随時更新)
<札 幌>
【実施日時】2019年10月19日(土) 10:00〜16:00(予定)
【実施場所】北海道建設会館 9階
【主  催】NPO法人北海道市民環境ネットワーク/セブン-イレブン記念財団
【詳  細】http://www.kitanet.org/ (準備中)

<岡 崎>
【実施日時】2019年10月20日(日) 10:00〜16:30(予定)
【実施場所】岡崎市図書館交流プラザりぶら 会議室301
【主  催】NPO法人地域の未来・志援センター/セブン-イレブン記念財団
【詳  細】
https://www.kokuchpro.com/event/61643d22e085c1f0ddd6cbb219605791/
Posted by tsunagaru at 16:00 | お知らせ | この記事のURL
SDGs×水 水の商品化は水資源の問題解決につながるの? [2019年08月29日(Thu)]

☆改正水道法施行直前!!
☆SDGs? 水道法? 
☆そもそも水の何が問題なの?という人のための
 
 国連が環境・社会・経済などの課題を解決するために2030年までに
世界が達成するべき目標として設定した「持続可能な開発目標(SDGs)」。
SDGsを切り口に3回連続のセミナーを開催します。

第1回目のテーマは「水」。
水の商品化によって水問題は解決するのでしょうか。
水を専門とする講師が世界の、そして日本の水資源の問題について話します。
ワークショップでは水資源の問題に対して自分たちは何ができ、それが
SDGsの目標17項目のうち何に当てはまるのか、個人の消費活動レベルだけではなく、包括的に解決するためにどうすればいいのかを考えます。

●日 時:2019年9月29日(日)13:00〜16:00(12:45受付)
●会 場:名城大学 社会連携ゾーンshake ワーキングスペース
https://www.meijo-u.ac.jp/about/campus/dome.html
愛知県名古屋市東区矢田南4-102-9  
JR中央本線・名鉄瀬戸線「大曽根」駅下車 徒歩約10分
地下鉄名城線 「ナゴヤドーム前矢田」駅下車2番出口 徒歩約3分
ゆとりーとライン「ナゴヤドーム前矢田」駅から徒歩約5分
●参加費:500円 (資料代)
●事前申込:不要
●講 師:神田浩史(NPO法人 泉京・垂井副代表)
2003年3月、第三回世界水フォーラム開催時に世界水フォーラム市民
ネットワーク事務局長として多くの市民・NGO の参加を推進。
長年にわたり、ダム、水道の市場化、越境水といった水資源の専門家として
活動している。
京都市生まれ。大学を卒業後、開発コンサルタント企業に勤務し、タンザニ
ア、ナイジェリア、バングラデシュなどでODAの農業開発事業に従事。企
業を退職後、主に東南アジア各地の地域づくりの現場を調査研究し、日本政
府の国際協力・ODA 政策策定に関わる。現在は、全国各地で地域づくり、
環境・水・ 川、NPO・NGOなどに関する講演を行うかたわら、複数のNPO
の役員としてグローバルな観点を踏まえた上で、流域単位の循環型社会の再
構築を図る社会を「穏豊」社会と銘打ち、揖斐川流域での穏豊社会の実現に
向けて地域づくりに関わっている。岐阜県不破郡垂井町在住。
●プログラム:13:00〜14:00 講師レクチャー
14:00〜14:15 質疑応答
14:15〜14:30 休憩
14:30〜16:00 ワークショップ
●詳細:
https://www.facebook.com/events/2515512502010918/

※今回の水の講座はSDGsを切り口とした3回連続のセミナーのうちの
第1回目です。第2、3回目は年度内に実施する予定です。

◎主催・問合せ:NPO法人 泉京・垂井(せんと・たるい)
〒503-2124  岐阜県不破郡垂井町宮代1794番地の1
メール:info@sento-tarui.org TEL:0584-23-3010

sdgs_mizu.jpg
Posted by tsunagaru at 15:59 | お知らせ | この記事のURL
「脱炭素チャレンジカップ2020」エントリー団体募集のお知らせ [2019年08月29日(Thu)]

これまで開催して参りました「低炭素杯」は、気候変動対策をより加速化する
ために名称を改め、「脱炭素チャレンジカップ」として新たなスタートを切る
こととなりました。
地域活動の活性化とネットワークの構築が促進されることによって、様々な
主体が連携し、脱炭素な地域づくりへの実現化が図られるものと期待します。
多くの皆様からのご応募をお待ちしております。

募集締切:2019年9月9日(月)15:00締切(必着)
対 象 者:・脱炭素社会づくり活動や地球温暖化防止に取り組む団体
・法人格の有無は問いません。個人の応募は不可です。
(市民活動団体、非営利活動団体、企業、自治体、保育園、
幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校、
専門学校等)
応募条件:・日本国内を拠点とする取組であること。
(※実際の活動対象地域が日本国内であること)
・脱炭素社会づくりの取組や、地球温暖化防止の取組であること。
・応募の段階で取組実績があり継続性が見込まれる取組であること。
・特定の政党支持や宗教の布教を目的とした取組ではないこと。
・最終選考(2020年2月19日(水))の日に終日出席できること。
募集部門:市民部門企業・自治体部門学生部門(高校生以上の取組)
ジュニア・キッズ部門(中学生以下の取組)

応募方法等の詳細は、こちらを御覧ください。
https://www.zenkoku-net.org/teitansohai/entry.php

●お問い合わせ先
脱炭素チャレンジカップ事務局(地球温暖化防止全国ネット)高橋・田原
TEL:03-6273-7785 E-mail:teitanso-hai@jccca.org

20190816130845-0001.jpg

20190816133939-0001.jpg
Posted by tsunagaru at 15:47 | お知らせ | この記事のURL
ウミガメネットワーク(三重)〜イベント案内と他団体清掃活動のご案内〜 [2019年08月29日(Thu)]

★当会のイベント★
@「ウミガメの死因を探ろう」
日 時 9月1日(日)13時半から
場 所 三重県総合博物館 標本作製室等
持ち物 ゴム手袋
内 容 今年はウミガメが死んで打ち上がる事が多かったので、
何か死因につながるものが残されてないかと考えて可能な
範囲で内臓を取り出し保存してあります。保存してある食道を
縦に切って、中に何か入っているか確かめます。
会場のスペースの関係上、参加希望者は必ず米川までご連絡ください。
(先着5名まで)

➁「海岸清掃とウミガメロード作り」
日 時 9月7日(土)9時から10時まで
場 所 津市御殿場海岸
持ち物 あれば鍬(くわ)、手袋、帽子、タオル、等

B「ウミガメの骨の掘り起こし」
日 時 10月27日(日)13時から
雨天の場合は11月3日(日)に延期。
場 所 鈴鹿市立鼓ケ浦小学校。駐車場もご利用ください。
持ち物 長靴か汚れてもいい運動靴、帽子、タオル、お茶、バケツ、
    スコップ(あれば大きい物が良い)、
    あればザルや子ども用のソリや荷物を運ぶ一輪車等砂を
    ふるいにかける物や砂を運ぶ道具、鍬(くわ)など。
内 容 昨年の9月に鈴鹿市鼓ケ浦海岸へ死亡漂着したウミガメを、
    その浜へ埋めました。1頭分の骨を骨標本にするためです。
    一年経ってその骨を掘り出します。人数がたくさんいた方が
    はかどりますので、どうかご参加ください。
その他 延期の場合は午前11時までに連絡します。
ご参加いただける方は10月25日(金)までに米川までご連絡下さい。

C「ウミガメ報告会」
 今年もウミガメ報告会を行います。
日 時 11月24日(日)13時半から16時まで
場 所 三重県総合博物館2階 実習室
内 容 2019年のウミガメの上陸・産卵について
   みなべ町産卵見学の報告
   2019年のウミガメ漂着死体について等
どうぞご参加ください。
事前に参加申し込みをいただけると嬉しいです。

☆環境イベントに参加☆
@「三重県秋のキッズエコフェア」
日 時 9月29日(日)10時から15時まで
場 所 三重県環境学習情報センター
内 容 紙芝居や標本展示、場所があれば鱗板パズルや迷路や折り紙等
も行いたいと思います。
ご都合のつく方は、スタッフとして協力してください。

➁「つ・環境フェスタ」
日 時 11月4日(月・祝)10時から15時まで
場 所 メッセウイングみえ
内 容 今年は展示コーナーではなく体験コーナーに出展しました。
ご都合のつく方は、スタッフとしてご協力ください。

B「日本ウミガメ会議」
主 催 日本ウミガメ協議会
日 時 11月15日(金)から17日(日)
場 所 和歌山県みなべ町
内 容 環境イベントではなく、全国規模のウミガメ報告会です。
現在 参加を検討中ですが、詳細は後日お知らせ致します。

C「四日市エコフェア」
日 時 12月7日(土)10時から15時まで
場 所 じばさん三重
内 容 詳細は後日お知らせします。

★他団体主催の海岸清掃★
@共 催 四日市ウミガメ保存会さん、くす地区まちづくり検討委員会さん
日 時 9月1日(日)8時から9時まで
場 所 四日市市吉崎海岸
内 容 清掃後に四日市大学の千葉教授のお話が聞けます。
かき氷の振る舞いがあるそうです。

➁主 催 阿漕浦ネットワークさん
日 時 9月7日(土)8時から9時まで
場 所 津市阿漕浦海岸 
集 合 ヨットハーバーの駐車場
内 容 御殿場海岸は阿漕浦海岸の南に続く浜です。
9時から御殿場海岸で、清掃やウミガメロード作りを行いますの
で、早めに来れる方は阿漕や御殿場でゴミ拾いをお願いします。

B共 催 三重大学環境ISO学生委員会さん、町屋百人衆さん
日 時 9月8日(日)9時から10時まで
    雨天の場合は、22日(日)
場 所 津市町屋海岸 
集 合 ヨットハーバーの駐車場
   
C「22世紀奈佐の浜プロジェクト」
日 時 10月13日(日)
場 所 答志島の奈佐の浜の海岸
内 容 愛知県、岐阜県、三重県から参加者が集まり、
伊勢湾のゴミの終着地と言われるほど大量の漂着ゴミが
打ち上がる奈佐の浜で海岸清掃する企画です。
詳細は、22世紀奈佐の浜プロジェクトで検索してください。

◎お問い合わせ  米川:090−5600−0221
Posted by tsunagaru at 15:32 | お知らせ | この記事のURL
環境ボランティアサークル亀の子隊in渥美半島 西の浜クリーンアップ活動!【2019/8/31ほか】 [2019年08月29日(Thu)]

atumi_kamenokotai_1.JPG

atumi_kamenokotai_2.JPG

亀の子隊・親亀隊・賛助隊員・保護者の皆さんへ
いつもご支援ありがとうございます。

2019年8月の活動でした。暑い日となりました。
保護司会の人たちは、かなり大変そうでした。
今年から、中部実業団駅伝参加チームが参加してくることになりました。
連盟の事務局をしている人が、トヨタ紡織の陸上部の人で何度も西の浜に来てくれていました。その人からの働きかけに応じてくれたチームが参加してくれます。
今回は、三重県桑名市に本社があるNTNという会社の長距離部のみなさんが参加してくれました。
何か月前に、桑名市のゴミ袋をクリーンアップの時に見つけました。伊勢湾の上流域にある街なので、そこから流れ出たゴミは西の浜に流れ寄るということです。亀の子クラブにも書きましたが、こうした西の浜の現状を地元に戻って伝えてほしいと思います。
今回、田原市保護司会の人たちも参加でした。観察処分中の若者も来ていました。しっかり活動していました。そうした状況を見るということも含めて法務局の担当者も参加してくれました。

亀の子隊の活動は、最近では生物多様性やまちづくりという視点もありますが、活動が始まったころから、環境保全だけではなく、子どもたちの健全育成という視点を当てています。西の浜クリーンアップ活動に何年も参加した子は、自然に環境への意識が高まり、いろいろな思いをもつようです。それを、例えば作文にしてみたり、自由研究にしてみたり、絵に描いてみたりして、いろいろな形で思いを表現します。そして、ゴミを不用意にどこかに捨てることはしないでしょう。
毎回の活動の時に、子どもたちに何か言葉で伝えることはしません。
彼らの五感で、大切なものをつかまえてほしいからです。大人も同じです。

【今後の予定】
・8月31日(土) 海の環境を学ぶ会〜福江干潟で生き物観察会
         渥美半島環境活動協議会との協働で行います。
         
・9月7日(土)  西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
         伊良湖からみて風車の手前辺りの海
         トヨタ自動車田原工場のみなさんが参加予定です。
・10月6日(日) 海の環境を学ぶ会〜タッチングプール
         11:30〜14:30頃
         募集案内は、9月になったら配布します。
・10月13日(日) 西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
・10月20日(日) 三河湾大感謝祭  碧南
・10月27日(日) たはらしみんまつり 
          宮城県南三陸町チャリティ物産展
          当日のスタッフを募集します。
・11月2日(土)  海の環境を学ぶ会〜鳥羽水族館見学会

以上です。よろしくお願いします。              

◆連絡先:環境ボランティアサークル 亀の子隊 鈴木 吉春
〒441−3502 田原市赤羽根町赤土1 赤羽根市民センター3階
FAX 0531−23−0581
携 帯 090−9123−7983
mail yoshiharu@kamenoko.org 
亀の子隊URhttp://www.kamenoko.org

Posted by tsunagaru at 15:26 | お知らせ | この記事のURL
清流の国ぎふ 暮らしセミナー 企業の「人づくり」【2019/9/10】 [2019年08月16日(Fri)]

〜地方で働く前に知りたい!〜

このセミナーでは講師の話を通して、岐阜の様々な魅力を知っていただき、
岐阜への移住に関する不安や疑問を解消いただけるイベントです。
今回は岐阜の企業や岐阜での働き方についてだけでなく、
どんな「人づくり」をされているかなど、移住へ踏み出すための貴重なお話を講師の方々にしていただきます。この機会にぜひご参加ください。

◆日 時 2019/9/10(火)18:30〜20:00
◆会 場 大垣共立銀行 OKB Harmony Plaza名駅
     (名古屋市中村区名駅4-6-17 名古屋ビルディング10階)
◆参加費 無料
◆定 員 20名(予約優先)
◆タイムテーブル 1.市町村による地域の魅力紹介
         2.ゲストトーク
         3.交流の時間(質疑応答)
◆同時開催 ・個別就職相談(チャレンジ!ぎふ)
      ・個別移住相談(山県市)
◆お申込み、お問い合わせ  清流の国ぎふ 移住・交流センター(名古屋)
  TEL:090−2619−2102(相談員:後藤)
  FAX:052−253−6186
  E-mail:gifu-ijuu@mopera.net
  開所時間:10:00〜21:00

20190816143202-0001.jpg

20190816143203-0002.jpg
Posted by tsunagaru at 14:59 | お知らせ | この記事のURL
どうなってるの?最近の伊勢湾〜未来の豊かな海を考えるシンポジウム〜【2019/9/7】 [2019年08月16日(Fri)]

最近、私たちの食卓に欠かせない海の幸に、異変が起きています。
アサリの減少・イカナゴの禁漁・ノリの不漁―――
そんなニュースを耳にしたことはないでしょうか?
一体、いま 伊勢湾に何が起きているのでしょうか?
研究者や漁業者の方から、現場で見た 伊勢湾の現状や問題について
聞いてみましょう!
興味深いお話が盛りだくさんです。

詳しくは下記内容および、チラシ(末尾リンク参照)をご覧ください。

【日 時】9月 7日(土)13時30分〜16時00分
【対 象】16歳以上
【定 員】50名(先着順。資料準備のため、事前申し込みにご協力ください)
【参加費】無料
【場 所】三浜文化会館 2階 視聴覚室
(四日市市海山道町1丁目1532-1)...
【講師】
四日市自然保護推進委員会 木村 裕之 氏
三重大学大学院生物資源研究科 助教 田口 和典 氏
三重県水産研究所 辻 将治 氏
四日市大学環境情報学部 教授 千葉 賢 氏
四日市市漁業協同組合 代表理事組合長 川村 誠 氏
名城大学大学院 特任教授 鈴木 輝明 氏

【お申し込み方法】
「伊勢湾」係と明記の上
  @参加者全員のお名前
  A年齢(学生は学校名と学年)
  B住所
  C電話番号
 を記載し、
メール / FAX / 郵送 / 当館1F図書カウンターのいずれかでお申し込みください。
※個人情報は、当館事業以外には使用致しません。

【申し込み先】四日市公害と環境未来館
〒510−0075  三重県四日市市安島1丁目3番16号
(TEL)059−354−8430 (FAX)059−354−8431
(E-mail)info@eco-yokkaichi.com
(チラシ)
https://www.city.yokkaichi.mie.jp/yokkaichikougai-kankyoumiraikan/pdf/r10907-symposium.pdf

20190816144652-0001.jpg

20190816144653-0002.jpg
Posted by tsunagaru at 14:32 | お知らせ | この記事のURL
脱炭素チャレンジカップ2020【2020/2/19】 [2019年08月16日(Fri)]

20190816130845-0001.jpg

20190816133939-0001.jpg

地球全体で取り組む気候変動対策「パリ協定」の発効に伴い、
世界は気温上昇2℃未満を目指し、脱炭素社会の構築に向かうこと
となりました。
日本においても脱炭素社会の実現に向けて、社会全体での機運の向上や
その対策への取組がより具現化しつつあります。
2011年から開催してまいりました「低炭素杯」は、気候変動対策をより
加速化するために名称を改め、2020年2月には「脱炭素チャレンジカップ」として新たなスタートを切ることとなりました。
 【開 催 日】2020年2月19日(水)
 【開催場所】伊藤謝恩ホール
       東京都文京区本郷7-3-1 東京大学キャンパス内
 【募集締切】2019年9月9日(月)15:00締切 [必着]
【応募条件】
○日本国内を拠点とする取組であること。
(※実際の活動対象地域が日本国内であること)
○脱炭素社会づくりの取組や、地球温暖化防止の取組であること。
○応募の段階で取組実績があり継続性が見込まれる取組であること。
○特定の政党支持や宗教の布教を目的とした取組ではないこと。
○最終選考(2020年2月19日(水))の日に終日(9:30〜17:00予定)
に出席できること。

HP → https://www.zenkoku-net.org/teitansohai/
Posted by tsunagaru at 13:26 | お知らせ | この記事のURL
人のつながり方を学ぶ〜 ハッピネス鞠奴さん・沖てる夫さん【2019/8/30】 [2019年08月16日(Fri)]

『パン屋も芝居も落語も俳句も、流れに乗って、すすすいのすい。』
広ーく「つながるを作っていく」場であるこの勉強会。
これまでも、さまざまな試みをしてきましたが、
今回はちょっと趣向を変えて、面白系の方をお招きします。
ハッピネス鞠奴さんは、名古屋市内で食堂を運営されているので、
料理人という側面もあるのですが、実は本業はコピーライター。
そして、劇団の主宰であったり、落語もされたり、俳句も作られるとか。
今回は落語も披露してくださるということで、人とのつながり方とともに、
笑いのひとときもお楽しみください。
また名古屋の老舗バンドである「第8旅団」のリーダーとして活躍される
沖てる夫さんの歌と演奏も聞けますよ。
ご興味ある方そしてお時間取れる方、気楽にお越しください!
お待ちしています・・・
●話題提供者:ハッピネス鞠奴さん、沖てる夫さん
●日時:8月30日(金)19時〜21時頃
●場所:ニカラグアの会等合同事務所
(名古屋国際センターから北方面へ歩いて約3分、嶋田ビル302号)
●連絡先:ニカラグアの会事務局
(TEL&FAX:052-581-3772 電話は、ほぼ留守電です)
●参加費:500円(お申し込み不要です)
●チラシ:こちら(PDF:111KB)
●主催:よこのつながり勉強会
●協力:多世代学びあいネットワーク

HP → http://nangoc.org/information/830.php

20190816134245-0001.jpg
Posted by tsunagaru at 11:09 | お知らせ | この記事のURL
社会的インパクト評価を活用した 助成申請 相談会 キックオフセミナー「社会的インパクト評価」基礎【2019/8/31】 [2019年07月29日(Mon)]

社会的インパクト-1.jpg 社会的インパクト-2.jpg 事業や活動による社会的な価値を表現し、活動に活かすため、 「社会的インパクト評価」が注目されています。  多様なステークホルダー(利害関係者)へ活動の「価値を説明する」ことも でき、休眠預金を活用した助成はじめ、様々な助成申請にも役立つものです。  これら様々な助成申請に関する相談会を尾張地域と三河地域で開催します。 ◆日時:2019/8/31(土) 13:30〜17:00 ◆場所:あいちNPO交流プラザ(ウィルあいち2階) ◆定員:30名 ◆プログラム ・社会的インパクト評価の基礎 講師:今田克司氏 (一般財団法人CSO ネットワーク 常務理事) ・助成金申請と社会的インパクト評価の関係について(説明) ・社会的インパクト評価公開相談(2 団体程度) ◆主催:愛知県 ◆受託運営:NPO法人ボランタリーネイバーズ ◆お問い合わせ・お申込み → https://www.vns.or.jp/
Posted by tsunagaru at 17:06 | お知らせ | この記事のURL
地球の彩りを宇宙から【2019/7/20〜9/1】 [2019年07月29日(Mon)]

宇宙から地球を眺めるとどのような姿が分かるのでしょうか?
地球観測衛星が観測した世界中の自然環境のデータをもとに、
かけがえのない地球の大切さを考えます。

日にち:2019/7/20(土)〜9/1(日)
開館時間:9:30〜17:00(入場は16:30まで)
休刊日:月曜日(祝休日の場合は翌平日)ただし、8/13(火)は開館
観覧料:一般500円、高・大生350円、中学生以下無料
会 場:そらんぽ四日市(四日市市立博物館)4階特別展示室
https://www.kansaibunka.com/event/00000001211

 ◆展示の見どころ
  宇宙から見た地球はさまざまな彩りにあふれています。地球温暖化などの
気候変動はこれら美しい光景に影響を及ぼしています。地球に一体何が
起こっているのか、これから地球はどうなってしまうのか、どうすれば
地球の環境を守れるのか、人工衛星が観測したデータをもとに学んで
いきましょう。
 ◆早起きして、プラネタリウムを見よう!
  企画展オリジナル番組『地球が心配〜宇宙から地球をヘルスチェック!〜』
  @10:15〜 ➁10:45〜 会場:5階GINGA PORT 401(プラネタリウム)

地球の彩りを宇宙から001.jpg

地球の彩りを宇宙から002.jpg
Posted by tsunagaru at 16:50 | お知らせ | この記事のURL
環境ボランティアサークル亀の子隊in渥美半島 西の浜クリーンアップ活動!【2019/8/18、他】 [2019年07月29日(Mon)]

亀の子隊_1.JPG

亀の子隊_2.JPG

亀の子隊・親亀隊・賛助隊員・保護者の皆さんへ
いつもご支援ありがとうございます。

●活動日  2019年08月18日(日)10:00〜11:00
●活動場所  海浜森公園を出て伊良湖の方に300Mほど行った辺りの海

 2019年7月の活動でした。2回予定をしましたが、トヨタ自動車田原工場さんが参加予定の日は中止となりました。朝7時の降水確率70%、降水量、0.4o しかし、結果として、パラパラの雨で、「やればよかったぁ」という思いが一日ありました。
15日の海の日の活動は、降水確率40%、降水確率0.4o 曇り、という予報で実施ということになりましたが、雨は最後の15分ほとんど終わりという頃になるまで止むことはありませんでした。
海の日の活動は、県の東三河農林水産事務所と市の農政課との協働活動です。東三河農林からは、18人の参加がありました。

日本財団が行っている「海と日本プロジェクト」に参加しました。
どんな形で連携出来るか楽しみです。

【今後の予定】
 ・8月18日(日) 西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
  なごや環境大学共育講座=宇津江の磯で珍しい生き物を見つけよう!
  隊員関係の参加は受け付けます。希望の方は連絡をください。
  活動は、午後です。この活動も、愛産大三河高校放送部が取材に来ます。
 ・8月24日(土) あつみまつり 16:00〜21:00
 ショップレイ駐車場
   東北支援のパネル展示や立体お面販売をして、支援のための募金をします。
 ・8月31日(土) 海の環境を学ぶ会〜福江干潟で生き物観察会
            渥美半島環境活動協議会との協働で行います。
            募集は、7月末に配布です。
 ・9月7日(土)    西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00
            トヨタ自動車田原工場のみなさんが参加予定です。
 ・10月6日(日)   海の環境を学ぶ会〜タッチングプール
             11:30〜14:30頃
  募集案内は、9月になったら配布ですが、関係者は事前予約を受け付けます。

以上です。よろしくお願いします。              
◆連絡先:環境ボランティアサークル 亀の子隊 鈴木 吉春
〒441−3502 田原市赤羽根町赤土1 赤羽根市民センター3階
FAX 0531−23−0581    携帯 090−9123−7983
mail yoshiharu@kamenoko.org 
亀の子隊URhttp://www.kamenoko.org
Posted by tsunagaru at 16:42 | お知らせ | この記事のURL
「人と組織と環境をむすぶフォーラム in 東京」〜助成金セミナー〜 開催!!【20119/8/31】 [2019年07月29日(Mon)]

昨今、地球規模の自然災害や環境問題がメディアなどでも取り上げられ注目を浴び、早急な対策が必要とされています。フォーラム第一部では、気候変動やプラスチックゴミ問題に焦点を当て、基調講演やパネルディスカッションを通してSDGsの視点から解決に向けて必要なアクションを考えます。
第二部では、4団体の説明が一度に聞ける助成制度説明会も行います。
当日はパネル展示やチラシなどの資料配布も可能です。ぜひ、ご参加ください。

◆人と組織と環境をむすぶフォーラム in 東京◆
■日  時:2019年8月31日(土)13:00〜17:30〔受付開始:12:15〕
■会  場:株式会社セブン&アイHLDGS.ビル 1階会議室
     (東京都千代田区二番町8番地8)
■定  員:先着350名
■対 象:環境NPOおよび任意団体、企業、行政、学生、一般市民のみなさま
■参加費:無料
■内  容:《第一部》
       ●基調講演「地球規模の環境問題とSDGs」
        株式会社NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー
       日本環境ジャーナリストの会 副会長   堅達 京子氏
       ●パネルディスカッション
       事例紹介1:「森林資源の活用・循環」
       NPO法人 しんりん 理事長 大場 隆博 氏
      事例紹介 2:「アマモ場再生とブルーカーボン」
       NPO法人 海辺つくり研究会 理事・事務局長 木村 尚 氏
《第二部》
      ●助成制度説明会
・公益財団法人 コメリ緑育成財団「コメリ緑資金」
・TOTO株式会社「TOTO水環境基金」
・独立行政法人 環境再生保全機構「地球環境基金」
・一般財団法人 セブン‐イレブン記念財団「環境市民活動助成」
※制度説明会後に、助成担当者へ直接質問ができる個別質問会を開催します。

       イベント詳細はホームページをご覧ください。
http://www.7midori.org/event/seminar/jyosei/2019/index.html

■申込締切:8月23日(金)まで
■申込方法:
  【Web申込】こちらの申込ページより、お申込みください。
       ⇒ http://urx.space/FvRS
【E-mailまたはFAX】下記内容をお知らせください。
    ・氏名、ふりがな
   ・住所
   ・TEL、FAX、E-mail
    ・所属団体名/会社名
    ・パネル展示の希望(希望者のみ)
      ⇒会場内に、環境分野のパネル展示コーナーを設置します。
スペースの都合上、1団体1枚(最大A1サイズ)までとなります。ご希望の方には、後日事務局より詳細をご連絡いたします。
 ※フォーラムの主旨と異なる展示物については、設置をお断りする場合がございます。
E-mailまたはFAXでお申込みの方には、申込書到着後、折り返しご連絡します。
*翌日までに返信がない場合、申込書が届いていない場合がございます。
お手数ですが、再送をお願いします。
■申込先:〒102-8455
東京都千代田区二番町8番地8
一般財団法人セブン‐イレブン記念財団 フォーラム申込窓口
   TEL)03-6238-3872〔受付時間9:30〜17:00*土日除く〕
   FAX)03-3261-2513
  E-mail)seminar19★7midori.org(★を@に変えてください)
   URL)http://www.7midori.org

◆その他の地区で開催予定の助成金セミナー◆
セミナー内容、参加する助成機関、参加費は地区により異なります。
 9月28日(土) 九州地区:沖縄
10月12日(土) 近畿地区:大阪
10月19日(土) 北海道地区:札幌
10月20日(日) 東海地区:愛知
 詳しくは↓
  http://www.7midori.org/event/seminar/jyosei/2019/index.html

Posted by tsunagaru at 16:32 | お知らせ | この記事のURL
2019年8月 ウミガメ出前講座 [2019年07月29日(Mon)]

ウミガメ出前講座では、ウミガメの骨や鱗板、死んだ子ガメの標本等を展示し
子どもたちに見てもらっています。
展示物を見てもらう時間は短いですが、効率良く見てもらうために説明する人が複数いた方が助かります。
出前講座に来て、展示物の説明の手伝いをしていただける方を募集します。
出前講座の予定を以下に記しますので、手伝っていただける方は是非ご連絡
ください。
@8月1日(木)10:00〜11:00  鈴鹿市立牧田保育所で5歳児対象
A8月2日(金)10:00〜10:45  鈴鹿市立神戸保育所で5歳児対象
B8月7日(水)10:30〜11:30  
鈴鹿市の桜島の学童マリンで学童保育の1年生から6年生の40人対象
C8月11日(日)13:30〜15:30 四日市公害と環境未来館で参加者対象

お手伝いいただける方は、ご連絡をお願いします。
◎お問い合わせ  米川:090−5600−0221
Posted by tsunagaru at 16:28 | お知らせ | この記事のURL
2019渥美半島ノルディックウォークon伊良湖【2019/10/12】 [2019年07月17日(Wed)]

渥美半島ノルディックウォーク-0001.jpg

渥美半島ノルディックウォーク-0002.jpg

海を感じながら歩きませんか。
 
日 時:2019/10/12(土) 9:30〜 【雨天中止】
スタート・ゴール【集合場所】:伊良湖みなと緑地公園
コース:西の浜コース(片道最長約8キロ)
     〜三河湾の景色を見ながらのウォーク
     堀切海岸コース(片道最長約6キロ)
     〜伊良湖トライアスロン<ラン>のコース
参加費:2000円(昼食付き・保険料含む)
お申込み:渥美半島観光ビューロー
     FAX:0531−22−2026
     Eメール:tahara@taharakankou.gr.jp
お問い合わせ:ノルディックウォーク実行委員会
        TEL:090−9123−7983
締切り:2019/9/30(月)必着


Posted by tsunagaru at 16:50 | お知らせ | この記事のURL
2019年度 市民のための環境公開講座 [2019年07月17日(Wed)]

環境公開講座-0001.jpg

環境公開講座-0002.jpg

認識から行動へ。学生から社会人までが参加する学びの場。
 
◎PART1:人も生き物も豊かになる水の惑星
 2019/7/24(水) 生物多様性と私たちの生活
 2019/7/31(水) 自然への扉を開く、アクアマリンふくしま
 2019/8/7(水) 「サンゴに優しい日焼け止め」を創った理由

◎PART2:豊かな生活と環境の共生
 2019/9/18(水) 食品ロスに新たな価値を
 2019/9/25(水) イノベーションは辺境から
 2019/10/2(水) 地球をケアする”コスメティックレボリューション”

◎PART3:伝える・つなげる仕事
 2019/11/11(月) マシンガンズ滝沢と考えるゴミ問題
 2019/11/18(月) メディアが考えるSDGsの自分ごととメディアの役割
 2019/11/25(月)  SDGsのコミュニケーション

受講料:年間パスポート(全9回)一般2000円/学生1000円
    各パート(パート1〜3、各3回)一般1000円/学生500円
会 場:損保ジャパン日本興亜本社ビル 2階大会議室
    東京都新宿区西新宿1-26-1
時 間:18:30〜20:00
定 員:250名
詳細・お申込み:http://sjnkef.org/kouza/kouza2019/
Posted by tsunagaru at 16:47 | お知らせ | この記事のURL
劇団アルクシアター 第18回公演【2019/8/24・25】 [2019年07月17日(Wed)]

アルクシアター-0001.jpg

アルクシアター-0002.jpg

「空が落ちてきた日」伊勢湾台風STORY

伊勢湾台風60年。大災害とそれに立ち向かった人々の勇気の物語。

日 時:2019/8/24(土) 13:00 / 18:00
        25(日) 11:00
会 場:名古屋市芸術創造センター
料 金:一般 前売り4000円 当日4500円
    大学・専門学校生・シニア(65歳以上) 前売り3000円 当日3500円
    高校生以下 前売り2500円 当日3000円

お問い合わせ:劇団 アルクシアター
       TEL 080−3638−0423
       http://www.alk-walk.com/theater

Posted by tsunagaru at 16:38 | お知らせ | この記事のURL
「木曽川源流・夏の交流合宿」2019【2019/8/21〜23】 [2019年07月17日(Wed)]

犬山しみんてい_感動体験-0001.jpg


 他では絶対に味わえない、二泊三日のストーリー
 自然の中で、感動体験しよう!
☆スリル満点の沢あそびや星空ウォーク、砂金採りにネイチャーアート!
 飛騨のソウルフード、チェコやフランスの自慢料理での「ミニ国際交流」も。

 日 時:2019/8/21(水)〜23(金) 犬山駅西ロータリーバス停 8:40集合
 行き先:高山市清見町・下呂市馬瀬川一帯
 参加費:ひとり25000円(保険料・2泊6食・交通費・現地体験費全て含む)
 定 員:小学3年生〜小学6年生 先着順で20名
 お申込み/ご連絡/お問い合わせ先:犬山市民活動支援センターの会
                TEL 0568−61−7710
                FAX 0568−61−8108
                Eメール center@inuyama-shimintei.com
http://www.inuyama-shimintei.com


Posted by tsunagaru at 16:35 | お知らせ | この記事のURL
起業の学校【通信クラス】―命の使い方を学ぶ場所― [2019年07月17日(Wed)]

起業の学校-0001.jpg

起業の学校-0002.tif

2019年 第7期(2019/08〜2020/02) 入学案内

 自分らしい生き方・働き方を実現するための行動を起こしたい。
 自分の中で漠然としているやりたいことを明確にしたい。
 やりたいことはあるけれど、一歩が踏み出せない。
 すでに起業しているが、もう一度理念から見つめ直したい。
 起業的な思考・発想を身につけたい。

あなた自身にしか作れない起業という人生の旅をはじめてみませんか?
・入学申込締切:2019/7/23(火)
・定員:12名(先着順)
・授業料:75600円(税込)

・お申込み/ご連絡/お問い合わせ先:特定非営利活動法人 起業支援ネット
                 TEL 052−486−4101
                 FAX 052−486−4103
                 Eメール aile@npo-kigyo.net
             https://npo-kigyo.net

Posted by tsunagaru at 16:31 | お知らせ | この記事のURL
「寄附のゼミナール」指導者養成セミナー【2019/7/26・8/16・10/上旬】 [2019年07月17日(Wed)]

寄付のゼミナール-0001.jpg

寄付のゼミナール-0002.jpg


 愛知県では、若者の寄附意識や社会参画・貢献意識の醸成を目的に、
「寄附のゼミナール」を昨年度から実施しています。
 今後、このゼミナールが県内各地で実施可能となるよう、市町村等の行政職員や
NPO支援センター職員、中間支援NPO職員を対象に、ゼミナールの実施に
必要なスキルを学ぶ「指導者養成セミナー」を全3回にわたり開催します。

日時:第1回 令和元年7月26日(金)14:30〜16:30
   第2回 令和元年8月16日(金)15:00〜17:00
   第3回 令和元年10月上旬頃
場所:あいちNPO交流プラザ会議コーナー(ウィルあいち2階)
対象:行政職員やNPO支援センター職員、中間支援NPO職員
申込・お問い合わせ先:あいちNPO交流プラザ
           TEL:052−961−8100
           メール:npo-plaza@pref.aichi.lg.jp

Posted by tsunagaru at 16:26 | お知らせ | この記事のURL
2019年7月 ウミガメ出前講座【2019/7/18、ほか】 [2019年07月17日(Wed)]

 ウミガメ出前講座では、ウミガメの骨や鱗板、死んだ子ガメの標本等を展示し子どもたちに見てもらっています。
 展示物を見てもらう時間は短いですが、効率良く見てもらうために説明する人が複数いた方が助かります。
 出前講座に来て、展示物の説明の手伝いをしていただける方を募集します。
 出前講座の予定を以下に記しますので、手伝っていただける方は是非ご連絡ください。

※7月18日(木)は出前講座の会場にイオンマガジンの取材が来るので、特にお手伝いをお願いしたいです。

@7月18日(木)9:45〜10:30
鈴鹿市立玉垣保育所で5歳児対象 ☆イオンマガジンの取材があります。
A7月22日(月)13:00〜14:00
四日市市の下野学童第1の子ども対象(小1男女と小2女子)
B7月24日(水)13:30〜14:30
四日市市立三重小学校PTA主催で、集まった子ども対象
C8月1日(木)10:00〜11:00
鈴鹿市立牧田保育所で5歳児対象
D8月2日(金)10:00〜10:45
鈴鹿市立神戸保育所で5歳児対象
E8月7日(水)10:30〜11:30
鈴鹿市の桜島の学童マリンで学童保育の1年生から6年生の40人対象
F8月11日(日)13:30〜15:30
四日市公害と環境未来館で参加者対象

お手伝いいただける方は、ご連絡をお願いします。
◎お問い合わせ  米川:090−5600−0221
Posted by tsunagaru at 16:18 | お知らせ | この記事のURL
「寄附のゼミナール」inあいち2019 [2019年07月17日(Wed)]

寄付のゼミナール_あいち-0001.jpg

寄付のゼミナール_あいち-0002.jpg

 若い世代の寄附意識や社会参画・貢献意識の醸成を図ることを目的に、
県立高校、私立高校、市立中学校の計4校において、NPOへの寄附を通じた
社会貢献を考える特別授業「寄附のゼミナール」を実施します!

このゼミナールでは、参加NPOが、プレゼンテーション能力を高める研修を
受講した上で、生徒に活動内容のプレゼンテーションを行います。
 生徒の投票により選定されたNPOには、協賛団体から寄附金が贈呈※されるほか、
生徒との意見交換を行っていただきます。
 活動に共感を得て寄附金の獲得につなげたいNPOや、生徒との意見交換により
若者の視点を取り入れたいNPOの皆様の積極的な御応募をお待ちしています。

※高校での実施分について、協賛団体から寄附金が贈呈されます。

「寄附のゼミナールinあいち2019」
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/syakaikatsudo/kifuzemi2019.html

申込期限:2019年7月29日(月)
実施時期:10月〜12月(各校1コマ×2回を予定)
実 施 校:愛知県立豊田東高等学校(豊田市)
     愛知県立蒲郡高等学校(蒲郡市)
名城大学附属高等学校(名古屋市中村区)
西尾市立鶴城(つるしろ)中学校(西尾市)
募集説明会:
・豊田会場→7/15(月) 13:30〜15:30 とよた市民活動センター 活動室1
・蒲郡会場→7/17(水)18:30〜20:30 がまごおり市民まちづくりセンター
             蒲郡市勤労福祉会館3階小研修室
・名古屋会場→7/18(木) 18:30〜20:30 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)
             1009会議室(10階)
・西尾会場→7/20(土)10:00〜12:00  にしお市民活動センター 2B集会室
・刈谷会場→7/23(火)10:00〜12:00  刈谷市民ボランティア活動センター 談話スペースB
 
お問い合わせ先:特定非営利活動法人中部プロボノセンター(担当:大須賀)
住  所  名古屋市東区代官町39-18 日本陶磁器センタービル5階
電話番号  052‐325‐6360
FAX番号 052‐908‐4123
メールアドレス proja@chic.ocn.ne.jp
専用フォーム  chubu-purobono.com


Posted by tsunagaru at 16:05 | お知らせ | この記事のURL
海水からミネラルたっぷりの塩を作ろう!【2019/11/24】 [2019年06月28日(Fri)]

shio_1.JPG

shio_2.JPG


なごや環境大学連携講座
バスに乗って渥美に来ませんか?
エコツアー 渥美を学び、渥美を食べよう!

★海水からミネラルたっぷりの塩を作ろう!
渥美半島西の浜は目の前に、伊勢湾・三河湾が広がり景色がとても良いところです。
この西の浜には、古墳時代に「塩づくり」が盛んに行われていたという歴史があります。
「藤原古墳」という遺跡からは、当時の様子を窺うことができる装飾品などが出土しています。 当時は、「製塩土器」を使って時間をかけて作っていたようです。
 西の浜の様子を見て、「塩づくり」を行い、古墳時代に思いをはせてみませんか?

日  時:2019年11月24日(日)
参加条件:4歳以上で健康な方
参 加 費:(交通費・体験料・入浴料・保険料) 
☆2名以下 中学生以上5000円  小学生以下4000円(幼児別)*BBQ料金含む
☆3名以上での参加の場合 中学生以上3500円 小学生以下2500円
プラスBBQ料金2500円×グループごとの必要な食数(最低2食)
持ちもの・ほか:*飲み物はご持参ください。
        *活動に適した服装でお願いします。
        *ゴミ袋・軍手は用意します。
        *タオルは持参でお願いします。

募集人員:50名
☆ 申し込み締め切り 11月10日(日) *定員になり次第締め切り
申し込み:申込書の内容を読み、必要事項を記入の上、Mail またはFAXにて申し込んでください。
問い合わせ:090−9123−7983 亀の子隊事務局


Posted by tsunagaru at 13:57 | お知らせ | この記事のURL
"助成する側"の視点を学ぼうin岐阜 [2019年06月28日(Fri)]

20190628133046-0001.jpg

7_26_2.JPG


市民活動団体・NPOが、助成金・補助金のよりよい活用方法について事例を交えて学び合い、全国的な助成財団等とのつながりをつくるシンポジウムを開催します。

日 時:2019年7月26日(金)13:30~18:30
場 所:みんなの森 ぎふメディアコスモス かんがえるスタジオ
参加費:資料代 1000円/名(税込み、当日現金払い)
申込み・問合せ先:特定非営利活動法人ぎふNPOセンター
         岐阜市藪田南5-14-12 シンクタンク庁舎内
         TEL:058-275-9739 FAX:058-275-9738
E-mail npo@gifu-npocenter.org
Posted by tsunagaru at 13:34 | お知らせ | この記事のURL
助成・補助事業の効果を高めようin岐阜【2019/7/25】 [2019年06月28日(Fri)]

20190628133017-0001.jpg

20190628133018-0002.jpg


助成担当者のための実務セミナーin岐阜

助成金や補助金を「出している団体」の実務を担当されている職員の方々を対象に、効果的に助成事業を実施するための考え方や、プログラムの運営に関して学び合います。

日 時:2019年7月25日(木)13:30~16:30
場 所:みんなの森 ぎふメディアコスモス かんがえるスタジオ
参加費:無料
申込み・問合せ先:特定非営利活動法人ぎふNPOセンター
         岐阜市藪田南5-14-12 シンクタンク庁舎内
         TEL:058-275-9739 FAX:058-275-9738
E-mail npo@gifu-npocenter.org

Posted by tsunagaru at 13:05 | お知らせ | この記事のURL
令和元年度 地球温暖化防止活動 環境大臣表彰 [2019年06月28日(Fri)]

20190628115814-0001.jpg

環境省では、平成10年度から、地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球温暖化防止月間である12月に、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人または団体に対し、その功績をたたえるため、地球温暖化防止活動大臣表彰を行っています。

【応募締切】令和元年7月31日(水)必着 自薦、他薦問いません。
【表彰式】 令和元年12月上旬
【提出先/問い合わせ先】事務局:一般社団法人地球温暖化防止全国ネット
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3 第一アマイビル4F
TEL 03-6273-7785 FAX 03-5280-8100
E-mail daijin-hyosyo@jccca.org

https://www.env.go.jp/press/106874.html
Posted by tsunagaru at 11:56 | お知らせ | この記事のURL
亀の子隊ー渥美半島ー西の浜クリーンアップ活動【2019/7/6・7/15】 [2019年06月28日(Fri)]

kamenokotai osirase2019-04 (002).pdf

環境ボランティアサークル亀の子隊
in渥美半島 西の浜クリーンアップ活動!

海はすべての命の源です。
私たちは、大昔の人たちのようにもっともっと海を大切にしなければならないと思います。
そして、21世紀に生きる私たちはきれいな海を守っていきたいと思います。

☆トヨタ自動車 田原工場 参加別活動
活 動 日  2019年07月6日(土)10:00〜11:00
活動場所  西山町の信号を出て風車の方に800Mほど行った辺りの海(Jポイント)

☆海の日の活動
活 動 日  2019年07月15日(月)10:00〜11:00
活動場所  西山町の信号を出て風車の方に800Mほど行った辺りの海(Kポイント)

詳細はコチラです。→ 亀の子隊URL http://www.kamenoko.org
Posted by tsunagaru at 11:48 | お知らせ | この記事のURL
寸又峡 星空観賞会【2019/7/6・7】 [2019年06月27日(Thu)]

20190627173754-0001.jpg

20190627173755-0002.jpg


★☆★ 寸又峡星空プロジェクト「第1回星空観賞会」のご案内 ★☆★

静岡県大井川の上流部・川根本町寸又峡にある“夢のつり橋”と自然が織りなす“風景”は地域が誇る財産であり、多くの来訪者に楽しんで頂く資源なのですが、今、危機的状況になりつつあります。

元々山の管理用だった“つり橋”や周辺散策道の安全性を維持向上するため、今までは自治体が多くを負担してきました。しかしながら、財政状況が厳しさを増す中、今後、自治体からの十分な公共投資が難しくなっています。
「夢のつり橋を守りたい!」と、地元住民と協力事業者が手を組み、公共財源に頼らない【持続可能で自立的な地域の再生】を目指しています!!!

今回、「(環境省)澄んだ星空 全国第2位」にも選ばれた「星空」をアピールしようと「寸又峡 星空プロジェクト」を立ち上げ、7月6・7日(土日)に「第1回星空鑑賞会」を開催します。
是非、寸又峡にお越しいただき、夢の中にいるような星空を体感していただくと共に、地元の方々が腕を振るうジビエ料理などをお楽しみください。

■日時:7/6(土)15:00〜21:00 美女づくりの足湯(参加無料)
         19:00〜     ジビエ料理食べ比べ(チケット制)
         19:30〜     星空観賞会(参加無料)
         20:00〜21:00 星空ウォーク(参加無料・要予約)
    7/7(日)9:00〜11:00  森林ウォーク(参加無料・要予約)

■イベントの詳細はこちら
寸又峡星空プロジェクトの公式HP   https://www.sumata-sp.com

寸又峡星空プロジェクト実行委員会
(寸又峡美女づくりの湯観光事業協同組合・株式会社フジヤマ・グレフレンジ株式会
社)


Posted by tsunagaru at 17:30 | お知らせ | この記事のURL
| 次へ