CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 書籍紹介 | Main | 評価»
プロフィール

CANPAN講座さんの画像
日本財団ROADプロジェクト
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
https://blog.canpan.info/c-koza/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/c-koza/index2_0.xml
NPOの広報についての考察2 [2017年01月05日(Thu)]
NPOの広報について考える
社会運動志向
コミュニティ志向
組織マネジメント志向
マーケッティング志向
NPOの広報の4つの潮流である。
社会運動志向→ 変えるための広報 →社会
コミュニティ志向→ 育むための広報 →仲間
組織マネジメント志向→ 考えるための広報 →内部
マーケッティング志向→ 届けるための広報 →顧客
21世紀のNPOの広報は、この4つの志向の組合せである。


NPOの広報について考える。
ポイントは、二面性とレイヤー構造。
常に二面性を考える。
過去と未来
報告と計画
受益者と支援者
発信と開示
依頼と報告
レイヤー(階層)で整理する
内容/ツール/発信者/受け手/目的
#NPO広報


NPOの広報について考える。
レイヤーで整理したい。

<セパレーション:出発>
はじめ言葉ありき。
自分たちの活動を最初に言葉にした時にNPOの広報が始まる。

情報より三博士来る。
三博士がもたらした贈り物は、発信(乳香)開示(没薬)、提供(黄金)であった。

<イニシエーション:試練>
広報の効果があらわれない。
どのツールを選べばいいのか。
どんな発信をすればいいのか。
発信の目的がわからない。
体制ができない。

<リターン:帰還>
広報によって、輝かしい宝物を手に帰ってくる。

#NPO広報



【NPOの広報の本質を考えるための質問】
ロビンソン・クルーソーが日記を残していた。
それは、なぜ?
#NPO広報
という、謎のメモが、メールの下書きから発見されました。
誰か、この質問の答えを教えてください。


【NPOの広報の本質を考えるための質問】
必要なのは、活動体、運動体としての情報発信か?
あるいは、情報の有用性か?


【NPOの広報の本質を考えるための質問】
いい団体とは?

【NPOの広報の本質を考えるための質問】
資金も、人材も、十分に満ちて足りている団体が情報発信をしている。彼らは、誰に対して、何を情報発信しているのか?

情報を持っている人と、情報を待っている人。
この二項目を意識すること、広報の核にすること。
NPOは「情報を持っている」という意識をもって、「情報を待っている人」にいかに届けるのか。
NPOの広報の本質を考えるための質問 [2016年10月11日(Tue)]
【NPOの広報の本質を考えるための質問】
まったく活動資金の心配もない。ボランティアも必要ない。それなのに、広報する。
なぜ?

【コメント】
先生!「社会課題への社会の気付きを促し、解決に挑む人を増やし、社会を変えるため」だと思います!

まだ関わりのない人:団体の取り組みを知らせ、その活動の裏にある課題を発見してもらう。
既に関わりのある人:団体の「今」を知らせ、応援する気持ちを強めてもらう。
広報する団体自信:上記二つの層からのコメントや、活動への参加といったフィードバックから自団体の活動の意義を再定義する。また広報すること自体によって、自分たちが何を大切にしているのかを見直す契機にする。
というトライアングルを循環させ、活動を常にリフレッシュさせるため。
個人的に最近は最後の、書くことで自分たちのやってきたことを客観視できる点が大事かなと感じる秋の夜長です。

広報することで、自分たちの活動を知ってもらい、より多くの賛同者を得て、社会を変えていくため…でしょうか。

社会に真に必要な組織・活動か否かを確認する作業。

課題を知ってもらうこと、みんなの当たり前を作ること。

「関心ある人(行動する)>無関心な人」という社会構図にするため!

それはそのNPOが(仲間とする)「活動」ではなく、「運動」しているからです。
人を巻き込んでするのが「運動」ですから。
社会にその認知度を高めるための【広報】ですね。

個人的に団体の活動との接点をもってもらう為と思っていましたが、コメントされた皆さんの内容がとても勉強になります!!

伝えたい人がいるから。

活動の啓蒙と、その教育!

知ってもらうことで変わる未来があるから。

https://www.facebook.com/yamadamay/posts/1112080658829494?notif_t=like¬if_id=1476102749349904
参考URLや資料 [2016年09月25日(Sun)]
【閲覧注意】鬼ムービーのガチすぎる動画教室
動画のヒット打率を上げるための「鬼メソッド10」(前編) − PRとクリエーティブの視点から
http://www.advertimes.com/20160915/article234195/

【閲覧注意】鬼ムービーのガチすぎる動画教室
動画のヒット打率を上げるための「鬼メソッド10」(後編) − PRとメディアの視点から
【閲覧注意】鬼ムービーのガチすぎる動画教室

動画のヒット打率を上げるための「鬼メソッド10」(後編) − PRとメディアの視点から
NPOの広報に関する考察 [2016年09月24日(Sat)]
NPO広報会議のアジェンダ

伝える
1.創造的広報
  →とりあえずやってみる、その中から、型をつくっていく。

2.戦略(計画)的広報
1)目的
2)メディア:紙/デジタル/オフライン/PR
3)ターゲット:受益者/支援者/内部
−−−−
4)素材
5)コンテンツ
6)伝え方
−−−−
7)運用
8)発信者
9)法律・コンプライアンス


FBコメントより
チェックシート作るとか、初級、中級、上級編とかに分けてもいいかもです。

NPOが誰に情報を伝えたいのかの調査。
さらにNPOの情報を見ている人の調査。