CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中間支援組織一覧 | Main | 出張・休日通信@管理者»
プロフィール

CANPAN講座さんの画像
日本財団ROADプロジェクト
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
https://blog.canpan.info/c-koza/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/c-koza/index2_0.xml
NPOのアカウンタビリティは今、どうなっているのか? [2010年04月05日(Mon)]
宮城から、とても刺激的な報告書が届きました。

NPOのアカウンタビリティは今、どうなっているか?
―みやぎのNPO法人事業報告書調査より―
加藤哲夫(NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター代表理事)監修
西出優子編
東北大学大学院経済学研究科地域イノベーション研究センター


この調査は、東北大学西出ゼミの学生たちが、宮城県内のNPO法人の事業報告書・決算書類の全数調査を試みたものです。


学生の視点から宮城県内の448のNPO法人の事業報告書から見えてくるものを調査分析した。

学生にとって、NPOはどう見えるのか?

NPOの事業報告書や決算資料から、一般市民や学生はNPOについてどう思うのか?

NPOが事業報告書を作成する意義は?

NPOが作成する事業報告書は県がモデルで示す書式を元にしているので1,2枚程度のものが多い。

NPOの財務諸表はバラバラでわかりずらい。

県に提出された実際の事業報告書から、どのような事業報告書が一般の人から見てわかりやすいのかを分析調査。

一つの指標として報告書のページ数で分析。

財務報告書から、宮城県内のNPOの状況調査。

分野別に財務分析。

NPOのお財布状況の調査分析。

NPOの収入は?

分野別の収支状況。

お金の面から見るNPOの運営状況。

これらの調査から見える、宮城県のNPOの課題。


など、この1冊で、NPOの状況のいろんなことがわかってきます。

とても参考になる調査報告書です。

この報告書については、NPO法人せんだい・みやぎNPOセンターにお問合せください。
また、ブログにこの報告書の紹介が掲載されています。
こちらもぜひご覧ください!
「NPOのアカウンタビリティは今、どうなっているか?」:報告書のご案内


山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
34
動画サイト「Social Bridge TV」  [2010年03月17日(Wed)]
想いのある活動の映像制作のお手伝いをして、

その映像をインターネットで公開して、

寄付などを含む様々な支援につなげる、

Social Brdge TV

みんながHAPPYになる動画サイトを目指している、ステキな活動を行っているサイトです。


こちらで、CANPANの紹介をしてもらっています。




※上の動画が見れない場合は、こちらのリンクから見てみてください。
http://social-bridge.tv/animations/detail.php?group_id=26



NPO活動の情報発信を考えた時、これからは動画も必要ですよね。

Social Brdge
TV
では、インタビューを中心に活動写真などを数枚入れた形のようです。

映像のプロが関わってくれると、これだけでも、とてもわかりやすい!

最初に活動を知ってもらうには動画、その後、継続して活動を理解してもらうにはブログ。

そんな風に使い分けていくことも必要ですね。

ブログにもこんな風に貼りつけることが出来るので便利です。

Social Brdge
TV
、これから要チェックのサイトです!

同サイトを運営している、湯川さんの熱いブログもぜひどうぞ!!
イイコトとの懸け橋「社会貢献探訪記」


ちなみに、動画の出演は、同僚の木田です。
CANPANのコンセプトを約3分でわかりやすく解説しています。
ただ、木田のしゃべりというよりも、湯川さんの編集の力ですかね(笑)。

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
ソーシャル情報〜Yamada's
Holdings

12
【ご案内】NPOの情報公開と信頼性セミナー(宮城県) [2010年03月08日(Mon)]
せんだい・みやぎNPOセンターから、面白そうなセミナーのご案内をいただきました。
NPOの情報開示を担当している山田としても、ぜひ参加したいセミナーです。
ただ、都合がつかず、仙台というのが・・・、残念です。

===せんだい・みやぎNPOセンターのHPより転載===

NPOの情報公開と信頼性セミナー−宮城県
NPO法人事業報告書調査報告会−

NPOという言葉自体はかなり社会に広まっていますが、NPOの実態や成果はきちんと伝わっているでしょうか。NPO法人(特定非営利活動法人)は自らの成果をきちんと社会に発信できているでしょうか。

特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターと東北大学経済学部非営利組織論(西出)ゼミナールが2009年度に行った調査によると、所轄庁(宮城県庁)に提出されている事業報告書は、残念ながら半数の団体が1ページの記述しかありません。また、ウェブサイトやブログで探しても、市民や助成機関から求められる団体の基本情報(定款、事業報告書、決算書等)を積極的に開示しているNPOはとても少ないのが現状です。

そこで、本セミナーでは、この調査結果を皆さんに報告し、NPOが市民や社会に広く信頼され、寄付や社会的支援、企業や行政との連携協働の促進につなげるための、NPOの情報公開や信頼性について皆さんと一緒に考えたいと思います。

セミナー内容
●開会の挨拶
大滝精一氏 (東北大学大学院経済学研究科地域イノベーション研究センター長)

●趣旨説明
加藤哲夫氏 (特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター代表理事)
西出優子氏 (東北大学大学院経済学研究科准教授)

●調査結果報告
佐藤裕氏・斎藤太一朗氏・伊勢薫氏・松舘綾子氏
(東北大学経済学部非営利組織論(西出)ゼミナール)

●NPOの情報公開と信頼性について「調査から見えてきたもの」
講師:加藤哲夫氏 (特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター代表理事)

●全体での議論・質疑応答

●閉会の挨拶

開催概要
日時 2010年3月16日(火) 13:30-16:30
場所 仙台市市民活動サポートセンター 6階 セミナーホール
主催 特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター
東北大学経済学部非営利組織論(西出)ゼミナール
東北大学大学院経済学研究科 地域イノベーション研究センター
対象 NPO・企業・行政・学生・市民 関心があればどなたでも参加できます。
=====================

参加申し込みは、せんだい・みやぎNPOセンターのホームページをご覧ください。
http://www.minmin.org/archives/413


NPOの情報開示の実態について、詳しく知ることのできそうなセミナーですよね。
ご興味、ご関心のある方はぜひどうぞ!
Workshop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
【募集中!】福祉現場の最前線で働く若者にアンケート調査 [2010年02月14日(Sun)]
日本財団福祉チームが担当する助成事業で、とても面白い取り組みがありますので、ご紹介いたします。

「過重労働?」「生涯この仕事を続けたい?」
福祉現場の最前線で働く若者にアンケート調査〜1万人を目標に全国から回答者募集!


全国地域福祉推進若手ネットワークは日本財団の助成を受けて、職域を超えた10代から30代の若手福祉従事者たちを対象にアンケート調査を開始し、回答者を募集します。

同ネットワークは、「成熟した社会・新しい福祉の形」を構築したいと考える若手のNPO代表者たちが、北海道や愛知、大阪、佐賀など全国から集まり立ち上げたものです。
アンケートの内容は、現場で抱える悩み・不安、今後の福祉のあり方などについてで、3月末までに1万人の若者から回答を集めることを目標としています。

アンケート結果から浮き彫りになった問題を明確にし、分析した上で人材育成や政策提言などに結びつける事業に展開させていく予定です。

*アンケートは以下のURLからオンライン上で回答できます。
http://www.insweb-q.jp/enquete1001/

*全国地域福祉推進若手ネットワーク メンバー
NPO法人当別町青少年活動センターゆうゆう24(北海道当別町)所長 大原 裕介
NPO法人楽笑(愛知県蒲郡市) 理事長 小田 泰久
NPO法人 み・らいず(大阪府大阪市) 代表 河内 崇典
NPO法人ライフサポートハル(佐賀県佐賀市) 理事長 福島 龍三郎
社会福祉法人 ドリームヴイ ドリームステーション(東京都北区) 主任 相原 真弓


ぜひ、このブログの読者の方で、アンケート対象に該当される方がいらっしゃいましたらぜひアンケートへの協力をお願いいたします。
また、お知り合いで該当される方がいらっしゃいましたらぜひご周知いただければ幸いです。

日本財団ブログ・マガジンで詳しく紹介されていますので、こちらも合わせてご覧ください。
福祉の現状と展望でアンケート 若手ネットワークと日本財団

WorkShop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
CSR2.0シンポジウム『BOPビジネスの意義と課題』 [2010年02月05日(Fri)]
今度、CANPANプロジェクトが開催するセミナーのご案内です。
ちょっと直前になってしまいましたが、ご興味、ご関心のある方はぜひご参加ください。
山田はその日、石川出張中で参加できないのが残念です。


==============================

各位

この度、CANPANプロジェクトでは、NPO法人 企業社会責任フォーラムと雑誌オルタナ
との共催で、「CSR2.0シンポジウム『BOPビジネスの意義と課題』」を開催いたします。

■2010年2月12日(金) 13:00〜 日本財団ビル2階第大会議室 詳細は下記URL■
http://www.csr-forum.gr.jp/sympoinfo.html

BOPビジネスとは、ここ10年ほど、欧米で注目が集まっているビジネスモデルです。

BOPとは、「Base of the Pyramid」または「Bottom of the Pyramid」の略で、所得別
人口構成のピラミッドの底辺層を指しています。

世界人口の約7割に相当する約40億人が、年間所得3,000ドル未満の収入で生活して
いるとされ、その市場規模は5兆ドルに上ると言わています。

BOPビジネスとは、企業が途上国においてBOP層を対象にビジネスを行いながら、生活
改善を達成する取り組みのことで、社会課題の解決とビジネスの両立を目指します。

単なる企業の社会貢献事業ではなく、持続可能性のある本業のビジネスとして行う点に
おいてCSR活動としても注目を集めており、CANPANとしては、このBOPビジネスに対す
るアンテナを強化してまいります。

また、日本市場が今後縮小に向かう中で、日本企業が生き残りをかけるべきフィールド
としてのBOPビジネスの可能性についての研究領域も同様です。

ちなみに、日本でも遅まきながら経済産業省が動き出し、BOPビジネスの支援を開始
しています。(2010年度はさらに本格的な支援を開始する予定)

■経済産業省 BOPビジネスの支援について■
http://www.meti.go.jp/policy/external_economy/cooperation/bop/index.html


■ついでに宣伝 CANPANイベント■
明日からできる!Change your Action】 SOCIMO SALON Vol.7 2010/02/20Sat 開催!
自分が変われば世界はもっと笑顔で溢れる!〜自分にできることを探し、行動につなげる〜
http://npocause.org/category/news/

以上
公益ポータルの専用サイト [2010年01月26日(Tue)]
CANPANが進めている公益ポータルについて、その取り組みや趣旨などを説明するための専用サイトがオープンしました!
(ご紹介がおくれましたが・・・)

ぜひ、ご覧ください。
現在のCANPAN公益ポータルの動きが一目瞭然です。
公益ポータル

Workshop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
地域限定のCRM [2010年01月10日(Sun)]
11月の山形のフォーラムで見つけたチラシから。




===================

元気な山形応援プラン
ご宴会料金の一部をやまがた社会貢献基金に寄付いたします。
寄付金は山形県の社会貢献活動に活用されます。
期間 2009年6月1日〜2009年12月31日
洋中コース 6,000円  和洋中コース 7,500円
ビール・ウイスキー・こだわり焼酎・ミネラルウォーター・ソフトドリンク

やまがた社会貢献基金は山形県が運営する基金です。
プラン価格の5%が寄付金となり、山形県より領収書が発行されます。
上記料金には規定の税金・サービス料が含まれております。

ホテルメトロポリタン山形

======================


たまたま、宿泊したホテルでしたが、ホテルでこういった取り組みをしているのは珍しいですね。
でも、こういった取り組みがされていると、行政・NPO関係者なら、宴会はホテルメトロポリタン山形へ、ということになりますよね。
ステキなCRMですね。

Workshop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
幸せのリボン・クリスマスツリー募金@宮崎 [2009年12月13日(Sun)]
宮崎出張の際、宿泊した宮崎観光ホテルでステキなものをみつけました。
こちらがその「100万人のサンタクロースキャンペーン2009〜幸せのリボン・クリスマスツリー募金」の募金箱です。



これは、宮崎県共同募金会(赤い羽根募金)がクリスマスシーズンにあわせて行っている募金活動です。
なかなかステキですよね。

宮崎県内の児童養護施設や障害児施設の子どもたちに、クリスマスプレゼントを贈ることを目的としていています。
キャンペーンの呼び掛け文がかなりステキです。詳しくは忘れてしまいましたが、「寄付をすることでそういった施設にいる子どもたちのサンタクロースになってください」というようなものでした。



そして、寄付をした後に、隣のクリスマスツリーに飾りとして用意されているリボンを結びつけて、クリスマスツリーの飾り付けをしようというものです。



ちょっとしたイベントへの参加感がいいですね。
また、寄付した人の数はリボンの飾り付けの華やかさで分かるというのもなかなかのアイデアです。
そして、寄付をした人には、こんな缶バッジがもらえます。



この缶バッジは単なる景品というだけではなく、この缶バッジをつけてキャンペーンのPRをしてください、というものです。

このキャンペーン、ちょっと感動して、山田も募金をしてみました。
施設にいる子どもたちへのステキなクリスマスプレゼントになるといいですね。

Workshop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
CSRレポート:RESONA WAY [2009年12月12日(Sat)]
先日、熱く語ったCSRレポート。
今回は個々のCSRレポートから山田視点で参考になったことをお伝えしてきます。

第1弾は、りそなホールディングスです。

RESONA WAY
CSR REPORT2009 ハイライト編
※こちらのページから、見ることが出来ます。
http://www.resona-gr.co.jp/holdings/csr/report/index.html

「ハイライト編」ということで、かなりコンパクトにまとめてあるCSRレポートです。

りそなの特徴は、りそなグループの本業に関連する社会的課題に関する周知啓発の内容が含まれていることですね。
例えば、金融危機によって地域経済にどのような影響があったのかを初心者にも分かりやすい内容で開設しつつ、りそなとしてどのような取り組みを行っているのかを紹介しています。
また、高齢化社会が進む中で増加傾向にある「遺産相続トラブル」に関する現状の紹介から、りそなの取り組みが紹介されています。この内容などはこれからそういった課題に直面するであろう、一般の方向けに周知啓発する内容になっています。

これは、NPOの広報活動の参考になりますよね。
一般的なNPOの広報だと、どうしても自分たちの活動の紹介が中心になってしまいます。でも、その前に自分たちが活動している分野でどのような社会的課題があるのか、それを一般の方にもわかりやすい形で表現し、その上で自分たちがどのような活動を行っているのかを紹介するという流れはいいと思います。
やはり、NPOは活動を行うとともに、その社会的課題に関する周知啓発にももっと積極的に取り組んでいってもらいたいものです。

次に「対談」です。
株式会社りそなホールディングス取締役兼代表執行役会長の細谷英二氏と、株式会社インテグレックス代表取締役社長の秋山をね氏の対談が掲載されています。
その活動を紹介するのに、第三者が聞き出す形の対談形式がわかりやすいかもしれませんね。
NPOの会報誌をいろいろと読みますが、対談形式の記事というのはあまり見かけません。
第三者視点からの記事である対談形式のほうがその活動をあまり知らない人にはいいかもしれません。

りそなグループは、女性社員が働きやすく活躍できる職場環境への改革や、女性に支持される金融サービスグループへの取り組みを行っているそうです。
男女共同参画関係のNPOなどにはその取り組みが参考になる部分があると思います。また、りそなの担当の方に講師として参加していただきセミナーなどを行えば、かなり内容の充実したものになると思いますが、いかがでしょうか。

「りそなキッズマネーアカデミー」という、子ども向けの金融経済教育の提供を行っているそうです。この辺も、子どもの教育支援を行っているNPOであれば参考になる事例などがありそうです。

「りそな銀行島本本支店の社員の提案で始まった「エコの木」は、「紙を使わないサービス」を選択してくださったお客さまに緑のシールをお渡しして「エコの木」のポスターに貼っていただく取り組みです。葉っぱに見立てた緑のシールが気に増えていくことで「見える化」を図り、お客さまの選択でエコに貢献できるということ、一人ひとりの小さな行動の積み重ねが大きな結果につながることをご理解いただこうと考えています」
これも、なかなかのアイデアですね。
エコの木、見える化、NPOの活動のヒントになりそうです。

りそなグループ全体で2万5千人くらいの従業員がいると思いますが、その中から出てきたアイデアで実際に採用されているものはかなりいいアイデアということですよね。
一つのNPOが2万5千人分のアイデアを集めるのは難しいので、こういった企業が行っているアイデアを参考にさせてもらうというのはかなり効率的だと思います。
そういった意味でも、CSRレポート、かなりのお薦めです。

Workshop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
CSRレポート [2009年12月10日(Thu)]
CANPANの大きな柱の一つに「CSR」があります。
11月6日(金)には、CANPAN主催で日本財団ビルで「CSRフォーラム」が開催されたばかりです。

そんなCSRですが、山田はまだまだCSRについてはある意味初心者(障害者雇用などの部分はかなり詳しいですが…)です。
しかも、企業が出すCSRレポートを、実はこれまでしっかり熟読したことがありませんでした。
今回のフォーラムで配布されたCSRレポートを初めてじっくり読んだわけですが、これがとても参考になる冊子です。

SR(社会的責任)に関する先駆的な取り組みがいろいろ紹介されています!

企業がどのようなNPO支援を行っているのかがわかります!

企業が本業のノウハウを活かして直接行う社会貢献活動は、NPO活動の参考にもなるノウハウや工夫などがあります!

企業がどのような部分に関心を持っているのかが一目瞭然です!

IIHOEの川北さんがフォーラムの中でも発言されていましたが、「これからのNPOは要求するのではなく、提案していかなければならない」という時代です。
具体的にNPOとの協働、NPOの支援を行っている事例が紹介されているCSRレポートは、NPOが企業への提案内容を考えるヒント集です。

そして、NPOの広報活動の参考として、自分たちの活動を一般の人によりわかりやすく理解してもらうためにどのような表現がいいのか、そのまま事例集です。さすが、大企業の広報誌です。

自分たちの活動分野に積極的に関わっている企業であれば、セミナーなどの講師にもお願いしやすいのではないでしょうか。いつもと同じ講師ではなく、企業人の視点からのお話はかなり貴重な話が聞けると思います。

団体の活動分野の参考事例の情報収集としてうってつけです。
たとえば、障害者福祉であれば、各企業が障害者雇用や授産品の販売拡大のためにどのような取り組みを行っているのかまとめれば立派な調査報告書になります。そして、自らの活動の参考になりますよね。


NPO活動を行っている方にとっては、必須の冊子ですね。
しかも、企業のホームページで簡単に見ることが出来ますし、お願いすれば無料で入手できるはずです。
CSRレポート、お薦めです!

C=ちょっと読めば、
S=すごく参考になる、
R=リアルな実践

そんな一冊です(笑)。

明日から、CSRフォーラムでもらったCSRレポートの感想を掲載していきます。

Workshop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)