CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中間支援組織一覧 | Main | 出張・休日通信@管理者»
プロフィール

CANPAN講座さんの画像
日本財団ROADプロジェクト
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
https://blog.canpan.info/c-koza/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/c-koza/index2_0.xml
【本のご紹介】アタマの体質改善(武藤新二 著) [2014年12月16日(Tue)]
京都出張中に、著者の武藤さんからご案内いただき、偶然にも京都駅の新感線改札内の書店で見つけて購入してみました。

アタマの体質改善(武藤新二 著)
http://www.nikkeibook.com/book_detail/31965/

319653.jpg


著者の武藤さんは、電通でいろいろと面白いことをやっている人です。
その人のアイデア・企画出しのための普段のトレーニング、というか日常のちょっとした工夫について、読みやすく、わかりやすくまとめられています。
すぐにでも実行できることがいろいろありますね〜。

ということで、
『NPO関係者として、オレならこう読む!』
的な感じで読んでみました。

アタマの体質改善トレーニングということで、日常の中で簡単に取り組める45のトレーニング方法が紹介されています。その中から、NPOとして、特に活用出来そうなものをピックアップしました。「→」の後の文章は山田の一言感想です。


03 ランチをプロジェクト化する――何ごとも面白がる
→NPOのいろいろな業務もプロジェクト化していくと楽しくなりそう。

05 引き算の発想をする――相手の想像力を利用する
→NPOの情報発信として気をつけたいこと。

08 ネット動画に毎日触れる――「いたずらゴコロ」を蘇らす
→不意を突く手口を知る。いろんな動画に触れてなぜそれがいいのかを考える習慣、まるでノック練習のように。

09 広告のボディコピーを読み解く――込められた思いや意図を感じる
→厳選した言葉や言い回しに接することが自らの文章を磨く。

12 単位を置き換えてみる――イメージとアクションを具現化する
→イメージしやすい単位を考える、単位が印象を変える。

13 忘年会の店は「面倒」に選ぶ――バックストーリーをつくる
→バックストーリー化という手法がコンテンツとなり、共感を呼ぶ。

14 エピソードで語る――具体的な感情や行動で表現する
→エピソードで想像させることで、初めて感情が伝わる。

18 立ち止まって目を凝らす――モノゴトの切り取り方を養う
→写真の撮り方の訓練が企画の切り出し方につながる。

24 いまあるものを「鵜呑み」にしない――ランキングや平均の真実を探る
→統計やランキングは疑ってみる。

26 現場に足を運ぶ――知識を「知見」に変える
→リアルな体験から生まれるものを大事にする。

27 「3つのT」で質問する――相手の本音と真意を引き出す
→企業などの提案で、話を聞き出した中にヒントがある。

34 通勤ルートにチェックポイントを設定する――小さな変化に気づく
→活動の中で小さな変化を見つけるためのチェックポイントを作って、その小さな変化をしっかり発信していく。

38 心奮わす場に飛びこむ――理性のスイッチを切って心に訊く
→心震わす体験に自ら何度もさらして、心奮わす体験の肝を手に入れる。


いやはや、ほんと、エピソードも豊富でわかりやすい文章でサクサクっと読むことができました。
楽しい本でした。
機会があれば、武藤さんに講師となっていただき、この本の読書会的なイベントなどもやってみたいですね。
(って、武藤さん、いかがでしょうか!?)

NPO的なみなさんにおススメしたい一冊です。
NPOのソーシャルメディアの口コミ好事例 [2010年10月20日(Wed)]
IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]さんのブログに掲載されていた、こちらの記事。
「『NPOマネジメント』を読む会」を開きませんか?

このブログの記事を読んだ、せんだい・みやぎNPOセンターの非公式(!?)アカウント(http://twitter.com/minmin_npoの中の人が、ツイッターで取り上げたところ、いろんな人から反響がありました。

ソーシャルメディア上のNPOの口コミ事例として、とても参考になるものなので、その効果をまとめてみました。

2010年10月21日12:00改訂

1.ブログの団体ではなく、その記事を読んだ人がツイッター上で勝手に紹介。

→まさに、「伝えてもらう情報発信」「口コミ」ですね。

→いい活動(イベント)を自団体メディアでしっかり情報発信すれば、誰かに伝えてもらえる可能性がある(あくまで、いい活動・イベントの情報ですが・・・)。

→もし情報ツールがメールだけだったら、わざわざこのブログ記事を紹介したでしょうか。



2.そこから、22人が、公式RT・非公式RTで紹介。

→いい情報だからこその口コミです。


3.直接(一次)RTは4回、二次RTは14回、三次RTは4回、四次RTは2回、五次RTは1回

→おお!さらに、口コミ、伝えてもらう情報発信。


4.ツイッター上から二つのアイデアが創出!
☆ツイッターでオンライン「NPOマネジメントを読む会」をやってもおもしろそう。
☆マドレジャーナル19号からの連続企画にしません?

→ツイッターでのオープンなコミュニケーションから生まれるアイデアですね。

→これこそ、まさにNPO的な口コミですね。単なる評判の伝達だでけでなく、そこからあらたな付加価値をつけて情報が伝わる。


5.最初の発信者とRTした人のフォロワー数の合計は、18,653。

→もちろん、すべての人が見てくれたわけではないし、重複しているアカウントもあると思いますが、2万人にせまる数字は大きいですね。

→通常のブログの読者数の他に、追加の数字です!

→地域性は、宮城、福島、埼玉、東京、千葉、神奈川、大阪、富山、石川。

→各アカウントのフォロワー数はこちら。
369
454
119
915
1397
903
86
133
840
1431
641
2060
66
12
2447
1614
477
504
694
3127
334
30



以上の通りですが、いい情報であれば、誰かがさらに伝えてくれる!
さらに、新たなアイデアを盛り込んで新しいものが創出される!!

こういった、NPOの口コミの好事例が増えていくといいですね。

あと、みなさんのツイートをまとめてみましたので、この広がりを参考にしてください。



Shop人にやさしく 山田泰久
ツイッターで「寄付と募金」で検索してみる [2010年10月15日(Fri)]
ツイッターなどのソーシャルメディアのすごいところは、これまでインターネットに載らなかったような、個人のつぶやき、口コミなどを知ることができるところです。

なので、寄付、もしくは募金というキーワードで、みなさんがどんなつぶやきをしているのか、わかるパーツを作ってみました。

ファンドレイザーのみなさん、何かの参考にしてください。

寄付や募金に対する、ポジティブなコメントも、ネガティブなコメントも参考になります。
また、最新の仕組みやキャンペーンなどを知ることが出来ます。

左のブログパーツをご覧ください!

日本財団CANPAN
山田泰久
ファンドレイジングセミナー2010第2回「パブリックスピーキング」  講師:蔭山洋介氏 [2010年09月02日(Thu)]
日本ファンドレイジング協会から、セミナーのご案内をいただきましたので、お知らせします。
山田もこのファンドレイジングセミナーにはたびたび参加していますが、寄付はもちろんのこと、NPOの様々な情報発信という点で非常に参考になるセミナーです。
ご興味のあるかた、ぜひどうぞ!


=========================
ファンドレイジングセミナー2010 第2回
「パブリックスピーキング」  講師:蔭山洋介氏
=========================

日本ファンドレイジング協会からセミナーのご案内です。
相手の共感と理解を得なくては、ファンドレイジングは成功しません。
「思いが強ければ必ずわかってもらえる!」というのは残念ながら間違いです。
大切なのは「伝え方」です。

「パブリックスピーキング」とは「人前での話し方」のこと。

「NPOの人などが、個人支援者、企業の担当者などに話す時にも相手が1人であっ
てもそれはパブリックスピーキング」
と蔭山氏は言います。
「何を話すか」だけではなく、「どう話すか」について、
パブリックスピーキングの第一人者、蔭山氏を講師に迎え、支援者との関係づく
りのための「話し方」を学びます。

ホンキで社会を変えるチャレンジをしたい人、必見です。

■□■こんな方に特にお勧めします!■□■
★自分の活動の魅力的な伝え方に関心のある人
★まわりの人を「巻き込む」力を得たい人
★「話すの上手いですね」と言われてみたい人

会場:日本財団ビル2階大会議室
日時:2010年9月9日
18時半から20時半(開場18時)
定員:150名(事前予約制)
参加費:会員2000円 非会員4000円
助成:日本財団 協力:アメリカ合衆国大使館

■スピーカー:
蔭山洋介(株式会社コムニス)
代表取締役。
日本で唯一のパブリックスピーキング・コーチ、スピーチライター、舞台演出家。
経営者や社会起業家などのプレゼンテーション、所信表明演説、株主総会、式典のスピーチなど、
人前で話すパブリックスピーキングを裏から支えるブレインとして活躍している。
■案内人:鵜尾雅隆(日本ファンドレジング協会常務理事)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お申込みはこちらから!
https://pro.form-mailer.jp/fms/959bf7f610142
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

山田泰久
【ご案内】環境市民活動助成金セミナー@セブン・イレブン環境財団 [2010年08月30日(Mon)]
セブン・イレブン記念財団より、環境分野の助成金セミナーのご案内をいただきました。
9月4日(土)東京での開催になります。

他にも、全国各地で開催するそうなので、環境系の団体の方はぜひどうぞ。
ちなみに、10月30日に北海道・札幌で開催されるセミナーには日本財団も参加予定です。

(全国の開催予定はこちら)
http://www.7midori.org/event/seminar/jyosei/2010/index.html


「環境市民活動助成金セミナー」

〜活動資金の一つである助成制度をもっと知って、もっと活用しよう!〜開催のお知らせ
※この他、新潟・仙台・熊本・鹿児島・浜松・神戸・札幌で開催します。

○日 時:2010年9月4日(土) 13:00〜16:40 ※受付12:00より

○会 場:セブン&アイHLDGS.ビル 1F会議室
東京都千代田区二番町8-8)

○主 催:一般財団法人セブン-イレブン記念財団
○協 力:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
○後 援:環境省

○定 員:150名(参加費500円資料代・当日会場にてお支払いください)

○対 象:・環境市民活動に関わる方
・上記活動の支援等に関心をお持ちのの方

○内 容:■事例講演「助成団体や企業とのパートナーシップとは」
講師:認定NPO法人霧多布湿原トラスト事務局長 伊東俊和氏
■助成団体による助成制度の説明、申請時のポイント
【参加助成団体】
・独立行政法人環境再生保全機構「地球環境基金」
・三井物産株式会社「三井物産環境基金・活動助成」
・全労済「全労済地域貢献助成事業」
・東京ガス株式会社「東京ガス環境おうえん基金」
・セブン-イレブン記念財団「2011年度公募助成

○申込締切:2010年8月30日(月)
定員になり次第、締切らせていただきます。
申込書は、以下のページからダウンロードしてください。
http://www.7midori.org/event/seminar/jyosei/2010/tokyo0904.pdf

【お申込・お問合せ】
セブン-イレブン記念財団 事務局 担当:小野
〒102-8455 東京都千代田区二番町8-8
TEL03-6238-3872/FAX 03-3261-2513
http://www.7midori.org



以上、ご参考まで。

日本財団
山田泰久
「ファンドレイジング・セミナー2010」(全6回) [2010年07月27日(Tue)]
山田も人知れず会員になっている「日本ファンドレイジング協会」。

同協会が主催するファンドレイジングのための、とっても参考になるシリーズ・セミナーのご案内をいただきました!

NPO関係者も、企業のCSR関係者にも、非常に参考になるセミナーだと思います。
ぜひ、ご参加ください。
山田も結構参加していますので、会場で見かけたらぜひお声掛けくださいね☆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日本ファンドレイジング協会から「ファンドレイジング・セミナー」(全6回)のご案内です。
昨年に引き続き、ファンドレイジングの最新動向やすぐ役立つ技法を各分野のトップランナーがレクチャーします。

人気の講師陣を取りそろえた、日本ファンドレイジング協会ならではのラインナップです。
各回とも先着順、定員でしめきりとさせていだだきますので、ぜひともお早めにお申し込みください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「ファンドレイジングセミナー2010」のお申込は、いますぐ!!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今年度のファンドレイジングセミナー2010は全6回の構成になっています。
テーマは「支援者とのリレーション・マネジメント」。

人と人、人と社会、社会と社会がつながることでより良い社会と未来が拓けます。
NPOはファンドレイジングのプロセスを通じて、その「つなぎ役」を果たすもの。
そこで、今年度は、支援者との関係づくりの基本となる「リレーション・マネジメント」に焦点をあてて、
全6回の連続セミナーを開催します。

[各回共通]
会場:日本財団ビル2階大会議室
時刻:18:30-20:30(開場18:00)
定員:150名(事前予約制)
参加費:2,000円(会員)、4,000円(非会員)

「ファンドレイジングセミナー2010」
---------------------------------------------------------------
第1回 社会をデザインする(8月18日)
講師:池田正昭 氏(毎日アースデイ株式会社 代表取締役)

経済危機、環境問題、国際紛争…とかく閉塞感が漂う現在、
もう一度社会を俯瞰して、新しい社会システムをデザインするのがNPOの使命ではないでしょうか。
「ソーシャルデザイン」という言葉の生みの親で、雑誌、地域通貨、打ち水、
エコプラザ等の様々な道具を使って社会変革に挑戦してきた池田氏が、
「社会をデザインするというコトは一体何なのか?」を語ります。
全6回セミナーの基調講演となるものです。

日時:2010年8月18日(水)18:30-20:30(開場18:00)
会場:日本財団ビル2階大会議室
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
定員:150名(事前予約制)
参加費:2,000円(会員)、4,000円(非会員)


池田正昭(毎日アースデイ株式会社)
コピーライター/エディター。大手広告代理店が発行する雑誌「広告」元編集長。
編集長の時代に同誌に「future social design」というコンセプトを与えた。
地域通貨「アースデイマネー」(2001)は、そのコンセプトのもとに生み出されたプロジェクト。
以下、それ以降に立ち上げた主な活動。打ち水大作戦(2003)、
みなと環境にやさしい事業者会議(2006)、more trees(2007)、エコプラザ(2008)、和RE箸大作戦(2009)。

続きを読む・・・
寄付や情報などの参考サイト [2010年05月05日(Wed)]
NPO関係者に参考になるサイトをまとめてみました。
基本的に、山田が実施する情報開示に関するセミナー用ですが、ご参考まで。

<寄付のためのサイト>

チャリティ・プラットフォーム
HP:http://www.charity-platform.com/
同団体が選んだ、信頼出来るNPOのデータベースをもとに寄付を集める。


Just-Giving Japnan
HP:http://justgiving.jp/
自らが主催者となってチャリティプロジェクトを実行できるプラットフォーム。


イーココロ!
HP:http://www.ekokoro.jp/
クリックやネットショッピングでNPO・NGOに募金が出来るサイト。
現在、支援先の団体の募集は休止中。


Yahoo!ボランティア 募金
HP:http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/
インターネット募金やクリック募金など。

Give One
HP:http://www.giveone.net/cp/pg/TopPage.aspx
クレジットカードとネット銀行で寄付できる、オンライン寄付サイト。
運営評議会で登録団体を推薦し、審査して決定。


夢の貯金箱
HP:http://www.nippon-foundation.or.jp/yumecho/index.html
日本財団が行う寄付プロジェクト。


<地域の寄付のサイト>

京都地域創造基金
HP:http://www.plus-social.com/


しまね社会貢献基金
HP:http://www.pref.shimane.lg.jp/npo/fund/


やまがた社会貢献基金
HP:http://www.pref.yamagata.jp/kifu/



<寄付以外の支援のサイト>

TeckSoup(テックスープ)
HP:http://www.techsoupjapan.org/
ソフトウェアなどのIT製品を提供するプログラム。


NPOヒロバ(オフィス用品の割引発注)
HP:http://www.npo-hiroba.or.jp/corporation/tanomail.cgi?c=infoout
株式会社大塚商会が提供する「たのめーる」と連携し、NPO向けの特別割引販売を提供。


NPO法人イーパーツ
HP:http://www.eparts-jp.org/
企業からのリユースPCや周辺機器、ソフトフェアを非営利団体・ボランティア団体などの市民活動団体やNPOへと無償で寄贈。


<運営に参考となるサイト>

日本ファンドレイジング協会
HP:http://jfra.jp/
ファンドレイジングに関する総合情報サイト


サービスグラント
HP:http://servicegrant.or.jp/
専門性を持っているボランティア(プロボノ)による、HP・パンフ制作などの専門スキルを提供するサービス。


署名TV
HP:http://www.shomei.tv/
オンラインで署名活動ができるサイト。


<その他>
赤い羽根データベースはねっと
HP:http://hanett.akaihane.or.jp/hanett/pub/home.do

日本ユニセフ協会
HP:http://www.unicef.or.jp/

プラン・ジャパン
HP:http://www.plan-japan.org/


山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
新しい資金調達のWebサイト [2010年05月05日(Wed)]
NPO関係者に参考になるサイトをまとめてみました。
基本的に、山田が実施する情報開示に関するセミナー用ですが、ご参考まで。

<助成金・寄付以外の新しい動き>

全国NPOバンク連絡会
HP:http://npobank.net/
NPOバンクは、市民が自発的に出資した資金により、地域社会や福祉、環境保全のための活動を行うNPOや個人などに融資することを目的に設立された「市民の非営利バンク」のこと。(同HPより)


ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)※合同会社
HP:http://www.sv-tokyo.org/
パートナー(合同会社が行う投資の出資者)と呼ばれる会員が、年間10万円の出資と、投資先の検討、決まった投資先への専門的な支援を行っている。


ミュージック・セキュリティーズ(株)
HP:http://www.musicsecurities.com/
小口ファンドで、地域活性化やモノづくり、ソーシャルなことのための資金調達を行っている。


ろうきんNPO事業サポートローン
HP:http://chuo.rokin.com/input/npo_top.html
NPO法人専用の融資制度「ろうきんNPO事業サポートローン」。


【参考】
kiva
HP:http://kivajapan.jp/
発展途上国の小規模事業家への融資を行うマイクロファイナンス機関。

アキュメン・ファンド
HP:http://www.acumenfund.org/(英語)
発展途上国において雇用を生み出し、社会に貢献するサービスを持続的に提供することができる望めるビジネスの設立に投資することで、貧困問題の解決に寄付することを目指す起業ファンド。

アショカ財団
HP:http://www.ashoka.org/(英語)
社会起業家支援。

ソーシャルファイナンス、ソーシャルベンチャー・キャピタル

山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
CANPAN関係参考Webサイト [2010年05月05日(Wed)]
CANPANやCANPANブログで、NPO関係者に参考になるサイトをまとめてみました。
基本的に、山田が実施する情報開示に関するセミナー用です。


CANPANペイメントの解説(開設)ブログ
ブログ:https://blog.canpan.info/payment/


NPO法人ロシナンテス
ホームページ:http://www.rocinantes.org/
ペイメント利用ページ:http://www.rocinantes.org/support/
スーダンで活動を行っているNPO法人です。
代表の川原尚行医師のスーダンでの活動の様子がテレビの某有名番組で取り上げられ、多くの方にその活動が知られ、全国からの支援が寄せられています。


NPO法人チャイルド・ケモ。ハウス
ホームページ:http://www.kemohouse.jp/
ブログ:https://blog.canpan.info/kemohouse/
寄付サイト:http://yumenobyouin.org/
小児がん治療中の子どもたちと家族のために、夢の病院建設を目指して活動を行っています。
※チャイルド・ケモ・ハウスのCANPANペイメントのページ
その1
その2


NPO法人バイリンガル・バイカルチュアルろう教育センター
ホームページ:http://www.bbed.org/
ブログ:https://blog.canpan.info/tamatama/
日本手話による、ろう教育の普及を目指して活動しています。


虹っ子広場
ブログ:https://blog.canpan.info/mddsnet/
宮城で発達障害児・者支援を行っているNPO法人。日常の活動を積極的に情報発信することにより、地域の中で信頼度があがり、活動が発展している。


CANPANと地域の中間支援組織(NPOセンター)が連携して、地域のNPOの情報発信を支援するCANPAN公益ポータルのポータルサイト
http://kouekiportal.canpan.info/portal/?page_id=13

みやぎの公益活動ポータルサイトみんみん
http://minmin.canpan.info/

公益活動ポータルサイトきょうえん
http://kyo-en.canpan.info/



山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
NPOのためのツイッター効果 [2010年04月30日(Fri)]
先日、NPOのためのツイッターセミナー「Npn-ProfiTwitter Organization(NPTO)セミナー」を開催しました。

どんな内容かはこちらをご覧ください。
https://blog.canpan.info/s-blog/archive/25

ちなみに、ツイッター上でつぶやいただけで、約30名の方が参加してくれました。

そして、UST中継で、生中継を40名を超える方が閲覧。

録画したものの、閲覧回数は約150回。

また、このセミナーについて、ツイッターでつぶやいていただいた方は約100名。
その100名の方に十数名から、一番多い方は1万人以上のフォロワーがいるので、その周知力はだいたい3万名くらいになるのではないでしょうか!

それらを考えると、ツイッター上で宣伝しただけで、100名規模のセミナーが開催できたわけです。

また、このセミナーを企画したことも大いに影響していると思いますが、この1ケ月は1週間単位で100名くらいフォロワーが増えていて、セミナー後3日間だけで100名以上のフォロワーが増えました。


次に、ブログとツイッターの連携ですが、島根のオオエさんがブログで紹介してくれた機能を使って、記事をアップすると自動的に、ツイッターに記事紹介がされるというものがあります。
設定方法はこちら。
https://blog.canpan.info/ooe/archive/72

ツイッターのアカウントを持っていれば、本当に簡単に設定できます。

どれくらい効果があるかというと、山田が毎日更新しているブログ「Shop人にやさしく」では、1ケ月でツイッターからの閲覧数が120。

先のセミナーの告知を行ったブログ「日本ソーシャルブログ協会」では、1ケ月で200以上のツイッターからの閲覧数がありました。
ちなみに、このブログは1ケ月で1300アクセス数。

ツイッターと連動することによって、これまでとは違う方が見てくれるようになったと思います。

みなさんも、ぜひツイッターの活用、チャレンジしてみてください。

山田のツイッターはこちら。
http://twitter.com/canpan2009


===NPTOセミナーのまとめ=====


UST中継の録画
http://www.ustream.tv/recorded/6475822
[協力サンクス!]
NPO法人コミュニティリンク http://www.communitylink.jp/


ハッシュタグ:#npto


つぶやきをまとめたもの(Togetterトゥギャッター)
http://togetter.com/li/17733
[協力サンクス!]
NPO法人コンテンポラリー・アート・イン東京 http://www.cat-art-npo.com/blog/


セミナーの参加者 32名(+おばあちゃんとチビちゃん)
※うち日本財団CANPAN関係者7名


UST中継で、生中継の閲覧者 40名ちょっと


UST中継録画閲覧数 146回(4月30日21:00時点)


ツイッターでNPTOセミナーに関するつぶやき、RTをしてくれた人 104名
https://twitter.com/canpan2009/npto/members


ブログでのセミナーの紹介・報告の記事
(ブロガーの皆さん、感謝です!)

イイコトとの懸け橋「社会貢献探訪記」
想いのつながる場『Non Profi Twitter Organization (NPTO)セミ

日本ファンドレイジング協会・事務局便り
NonProfiTwitter Organization(NPTO)セミナー

地球に笑顔のタネをまく課長のブログ
Non Profi Twitter Organization (NPTO)セミナー

加賀市や地域の国際交流を推進する・・・NPO法人たぶんかネット加賀 Kaga Multicultural Network
NonProfiTwitter Organization(NPTO)セミナー by 日本財団CANPANツイッター研究会

草鞋(わらじ)の緒
NPTOセミナー出席

GPO夢の架け橋へ
NPOのための ツイッター・セミナー

風土倶楽部
ツィッターに参加しました

風土倶楽部の“スロー&スモールビジネスのゆくえ”
ツィッターにようやく参加

てくてく日々是雑感
ツイッターとNPO


思い付きで始めたセミナーで、ツイッター上で呼び掛けただけで、こんな効果があるなんて!!

ちなみに、コストは参加費用がそのまま懇親会費用で、あとは山田の人件費だけです。
といっても、休みの日や夜にまとめてつぶやいて、当日に仕事中にちょっと資料を作ったくらいの時間です。

山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
20
| 次へ