CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«市民活動助成セミナー@函館 その3 | Main | ブログ開設講座@鳥取・米子»
プロフィール

CANPAN講座さんの画像
日本財団ROADプロジェクト
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
https://blog.canpan.info/c-koza/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/c-koza/index2_0.xml
オンリーワン商品の作り方〜付加価値を産む!商品企画力向上講座 [2009年12月16日(Wed)]
12月14日(月)に千葉で講師をさせていただきました、セミナーの報告です。
千葉県内の福祉施設の関係者を中心に約30名の方が参加され、熱心に講義をお聞きいただき、また、ワークショップに取り組んでいただきました。

オンリーワン商品の作り方
付加価値を産む!商品企画力向上講座
日時:2009年12月14日(月)13:15〜16:45
場所:千葉市美浜保健福祉センター大会議室
共催:(特)ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)
    (特)千葉県障害者就労事業振興センター

内容:講義「売れる商品をつくるには?」
   講義&試食「全国のスグレモノはここが違う!」
   ワークショップ「千葉産品を使った新規商品を考えよう!」

山田の担当は、講義と試食会の部分でした。

講義でお話しした内容のダイジェストは以下の通りです。

1.施設商品に関するいろいろ

・障害者就労支援に関する、日本財団のこれまでの取り組み

・「真心絶品」ブランド化

・施設商品に関する考察

・山田が施設商品に携わる理由

・施設商品を通じて、「たのしい福祉」へ

・施設商品や全国の取り組みに関する情報を収集するためには?

(資料参照)



2.全国各地の福祉施設を訪問して気付いたこと

・これからのキーワードは「美味しい社会貢献」

・いい商品を生産している施設の条件は、利用者の可能性を信じている

・工賃が高い施設は立ち仕事が多い

・働くことの環境整備(作業場所、売り場、仕事、意識)

・就労施設として必要な二つの理念

・全国各地の参考になる取り組み

(資料参照)



3.試食会

試食会では、以下のものを用意しました、一部雑貨もありますが。
実際の商品を見て、食べてもらって、お薦めポイントなどを話をしました。

Doやまびこの「うどんかりんとう」

【真心絶品】第二川越いもの子作業所の「バラエティせんべいセット」

がんばカンパニーの「クッキー」

【TOMO市】第二いぶきの「招き猫のマドレーヌ」

【真心絶品】南風荘の「月待ちがにせんべい」

【真心絶品】神戸モリーママの「ラスク」

元気ショップの雑貨類

YUEN'TOのプリントパーティー

【TOMO市】みやこ作業所の「パンの缶詰」



後半は、千葉県障害者就労事業振興センタースタッフによるワークショップです。

6,7名のグループにわかれて「千葉県産品を使った新規商品を考えよう!」というテーマでのグループワークです。

梨、落花生、びら、米粉、乳製品の5点の中から各グループで好きなものを選んで、新規商品のアイデアを考えるというものです。
まとめとして、商品タイトル、商品の説明、セールスポイントをまとめて発表しました。
約1時間のワークでしたが、皆さん、新しい商品について楽しく、熱く語っていたのが印象的でした。各グループ、アイデアを練ってかなりいい企画書になっていました。発表を聞いていてもかなり楽しかったですね。

今回のセミナーが何かのヒントになってくれたら嬉しいです。
このセミナーの続きは、1月25日に同じ場所で開催されます!

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント