CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今こそ、リアルな助成金の活用を通して、社会をとらえ直す | Main | インターネットで情報発信@保土ヶ谷»
プロフィール

CANPAN講座さんの画像
日本財団ROADプロジェクト
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
https://blog.canpan.info/c-koza/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/c-koza/index2_0.xml
NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/2/2-6) [2015年02月07日(Sat)]
NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/2/2-6)

メモ用.jpg



【総務省】

CTイノベーション創出チャレンジプログラム事業発表会
「I-Challenge! ICT Startup 2015」の開催
総務省は、平成27年3月5日(木)に、ICT分野におけるイノベーション創出支援をメインテーマとしてICTイノベーション創出チャレンジプログラム事業発表会「I-Challenge! ICT Startup 2015」を開催します。
1 背景・趣旨
総務省では、ICT分野における我が国発イノベーションの実現に向け、「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」を平成26年度より実施しています。
本イベントでは、その一環として、地域発の最先端のイノベーションに関する基調講演、イノベーション創造に最前線で取り組む方々によるパネルディスカッションや、I-Challenge!を通じて新事業の創出を目指す起業家とその支援者からの事例発表を行います。これにより、本事業の周知を図るとともに、次世代の起業家によるチャレンジを応援するものです。
2 開催概要
(1) 日時   平成27年3月5日(木) 13:00〜17:30
(2) 会場   コクヨホール(東京都港区港南1丁目8番35号)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000117.html


「地域ICTサミット」の開催
〜「地方創生×ICT」の現場と豊かな地域発展の可能性〜
 総務省では、地域の自律的な創意・工夫に基づいて、ICT(情報通信技術)を利活用して地域の課題の解決に取り組んでいる優れた事例を、「地方創生に資する『地域情報化大賞』」として表彰し、地域課題の解決に資するICTの利活用を普及促進していくこととしています。
 本サミットでは、「地方創生に資する『地域情報化大賞』」の表彰式を行うとともに、地域の現状を踏まえつつ、地域情報化における優良事例の横展開の課題や解決策等について議論を行うことで、ICTの利活用による豊かな地域発展の可能性を探ります。
1 開催日時及び場所
(1) 日時:平成27年3月6日(金)12時30分〜16時10分(予定)
(2) 場所:東京ビッグサイト レセプションホールA (東京都江東区有明3-11-1)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000076.html


2020年に向けた社会全体のICT化推進に関する懇談会 幹事会(第2回)配付資料
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/2020_ict_kondankai/02tsushin01_03000289.html


国の行政に関する意見・提案の募集
 総務省では、従来の行政運営にとらわれず、国の行政機関における業務の進め方や国民との関わり方などについて、その改善・充実のための新機軸を検討するため、「行政イノベーション研究会」(座長:原田 久 立教大学副総長)を開催しています。
 この度、同研究会では、今後の検討を意義あるものとするため、平成27年2月6日(金)から3月2日(月)までの間、国の行政に関する御意見・御提案を広く募集することとなりましたので、お知らせします。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyokan01_02000037.html


住民基本台帳人口移動報告 平成26年(2014年)結果
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei03_01000041.html


統計データの二次的利用促進に関する研究会
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/toukei_2jiriyou/index.html


第2回「電子自治体の取組みを加速するための10の指針」フォローアップ検討会 配布資料
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/denshijiti-kasoku-10/02gyosei07_270203.html


地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会
テレワーク等推進ワーキンググループ 配布資料
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/telework_wi-fi/02ryutsu02_03000196.html



【経済産業省】

平成26年度補正予算「地域イノベーション協創プログラム補助金(地域資源活用ネットワーク形成支援事業)」に係る補助事業者(事務局)の公募について
http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k150205001.html

平成26年度補正予算「中心市街地再生事業費補助金」に係る補助事業者(執行団体)の公募について
http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k150203001.html

コンビニエンスストアの経済・社会的役割研究会(第5回)‐議事要旨
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/shoryu/convenience/005_giji.html

地域ストーリー作り研究会(第4回)-議事要旨
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/chiiki/chiiki_story/004_giji.html



【国道交通省】

「G空間未来デザイン」 
地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたアプリケーションの成果報告等について
 国土政策局では、地理空間情報(G空間情報 ※1参照)の活用推進に取り組んでいます。
 これまで川崎市等と連携し、地域課題解決やまちの魅力向上に向けたアプリケーション・サービスの開発を進めるワークショップ等を開催してきました。このたび、マーケソン(※2参照)と題して、ユーザー等の声を聞きとりアプリケーションの改良や今後の普及方策を検討するとともに、今後の事業化に向けて提案する成果報告、情報交換等の場を設けます。
(1)プロジェクトの趣旨
 「地理空間オープンデータを活用して未来社会をデザインし、今後生じる様々な課題に創造的に立ち向かうこと」を目的に、その仕組みやプロセス、手法を検討・構築します。
(2)マーケソンの開催概要
【1日目】
・日時:平成27年2月20日(金)9:00〜17:00(予定)
・場所:川崎市宮前区役所大会議室
・概要:アプリのデモンストレーション、市民等との対話、アプリの改良、普及方策の検討等
【2日目】
・日時:平成27年2月21日(土)12:30〜16:30(予定)
・場所:川崎市役所第4庁舎ホール
・概要:成果発表・プロポーザル、表彰、情報交換等


国連世界防災会議パブリックフォーラム「リスク・ガバナンスとレジリエントな都市」の開催について
 平成27年3月16日(月)、仙台市民会館において、OECD(経済協力開発機構)主催(後援:国土交通省等(予定))で国連防災世界会議パブリックフォーラム「リスク・ガバナンスとレジリエントな都市」が開催されます。
 都市は人口と経済活動が高度に集積していることから、リスクに多くさらされています。基幹インフラのネットワークが遮断された場合、その影響は世界規模に拡大する一方、都市は行政能力、人的・経済的資源についての理解、市民社会や民間セクターとの連携の経験を活用することにより、リスク・ガバナンスやマネジメントの能力を高めることができます。  
 本フォーラムは、都市が自らの能力を理解し、他都市の優良事例や取り組みを知ることで、自然災害等に対し、経済、社会、環境、制度面でのレジリエンスの高い都市づくりに必要な具体的な行動等について議論することを目的として開催されます。
https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi02_hh_000043.html


「“水のめぐみ”とふれあう水の里の旅コンテスト2014」の受賞者の決定及び表彰式の開催について
■ 「“水のめぐみ”とふれあう水の里の旅コンテスト2014」の受賞者を下記の5組に決定しました。
■ 表彰式を2月10日(火)に開催します。
https://www.mlit.go.jp/report/press/water03_hh_000033.html


今後の水資源政策のあり方について〜水の恵みを享受できる「幅を持った社会システム」への転換〜 答申(案)に関する意見募集について 
https://www.mlit.go.jp/report/press/water02_hh_000059.html



【気象庁】

2014年の世界の年平均気温は、統計開始以来、最も高い値となりました(確定値による)。
http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/an_wld.html



【観光庁】

医療観光シンポジウムを開催します
医療観光に取り組む国内関係者が一堂に会し、医療観光の今後の進め方について認識を共有するとともに、相互の情報共有を促進する場として、医療観光シンポジウムを開催します。
1.日    時 :平成27年2月18日(水)13:00〜17:30
2.場    所 :大手町ファーストスクエアカンファレンス(EAST2階)
3.開催プログラム
 (1)講演
  ・「ヘルスケアサービスをめぐる最新の国際動向と日本の状況」
  (国際医療福祉大学大学院 准教授 岡村世里奈氏) 
  ・「医療機関と事業者との相互理解促進」
  (東京医科歯科大学 教授 高瀬浩造氏)
  ・「国際病院としての医療機関の取組」
  (聖路加国際病院 マネージャー 原茂順一氏) 
 (2)参加者情報交換                 
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news03_000116.html



【環境省】

平成27年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について(お知らせ)
 環境省では、地域における課題解決や地域活性化の上で重要な役割を果たしているNPOの活動、ソーシャルサービス等人材、資金、信頼性向上の点から支援するために、中間支援組織の体制強化や地域における協力・連携体制の整備等を促進する「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」を実施しています。
 今般、平成27年度の新たな事業を募集しますので、お知らせします。
1.事業の目的
 本事業は、民間団体、企業、自治体等の異なる主体による協働取組を実証するとともに、地球環境パートナーシッププラザ(以下、「GEOC/EPO」という。)及び地方環境パートナーシップオフィス(以下「地方EPO」という。)に設置する「支援事務局」の助言等を受けつつ、協働取組の過程等を明らかにし、協働取組を加速化していくうえでの様々な手法や留意事項等を明らかにして、協働取組を行おうとする者の参考資料として共有することを目的としています。
2. 公募対象事業
 全国を対象とした全国事業(1事業程度)と、特定の地域を対象とした地方事業(16事業程度)について協働取組の進行状況に合わせ、AタイプとBタイプに分けて応募します。また、該当するテーマについて低炭素社会・循環型社会・自然共生社会・その他に該当するものを選んでください。
<事業地域>
【全国事業】 1事業程度(請負額1事業あたり1,000万円を上限)
【地方事業】 16事業程度(請負額1事業あたり250万円を上限)
https://www.env.go.jp/press/100316.html


あなたの声が社会を変える!"グッドライフアワード2015"国民投票開始!!

「グッドライフアワード2015」に御応募いただいた135件の取組から、環境大臣賞の最優秀賞候補である10件の取組が選ばれました。本日から最優秀賞を決定するための国民投票を行います。
投票お待ちしております!
http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward
https://www.env.go.jp/press/100314.html


「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクト始動!
 環境省では、平成26年12月「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトチームを設置し、12月19日に第1回勉強会を開催しました。
http://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/index.html


省エネ型自然冷媒機器普及促進プロジェクト「冷やすワザでおいしいを未来に!」を立ち上げました!(お知らせ)
https://www.env.go.jp/press/100295.html


シンポジウム「大規模災害の発生に備えた災害廃棄物対策への取組」の開催及び災害廃棄物処理施設の現地見学会について
環境省では、仙台で開催される「第3回国連防災世界会議」の開催に合わせ、3月16日(月)にパブリックフォーラム(一般公開)として「大規模災害の発生に備えた災害廃棄物対策への取組」と題したシンポジウム及び災害廃棄物処理施設の現地見学会を開催いたしますのでお知らせします。
1.日 時
平成27年3月16日(月) シンポジウム   9:45〜11:50
               現地見学会   12:00〜17:30
https://www.env.go.jp/press/100313.html



【文部科学省】

国連ユースリーダーシップキャンプ東北大会の実施
 文部科学省では、国連・開発と平和のためのスポーツ事務局(United Nations Office on Sport for Development and Peace)と協力し、同事務局が平成24年より各国で開催しているユースリーダーシップキャンプを平成27年3月に宮城で開催しますのでお知らせします。本事業では、アジア・オセアニア等から選出された30名程度の若者を招聘し、スポーツを通した教育やコミュニティ開発等の手法の学習を通して、アジア・オセアニア等各国のコミュニティリーダーを育成します。
1.主催 国連・開発と平和のためのスポーツ事務局(UNOSDP)、文部科学省

2.企画運営  一般財団法人嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター

3.概要
 近年、国連機関や国際競技連盟、国際NGO等が主体となり、スポーツを活用して、コミュニティの活性化、環境問題の啓発等の社会的課題の克服を目指すような様々なプログラムが推進されている。我が国でも、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けて日本国政府が新しいスポーツ国際貢献事業である「スポーツ・フォー・トゥモロー」を推進しており、スポーツを通した国際貢献・協力、社会開発等の分野に期待が集まっている。
 本事業は、「スポーツ・フォー・トゥモロー」の一環として平成27年3月に東日本大震災の被災地である宮城県でUNOSDPユースリーダーシップキャンプを開催する。このキャンプの開催を通して、アジア・オセアニア等から参加する30名の若者に対して、スポーツを活用したリーダーシップ教育とともに、我が国のスポーツ教育の紹介や日本文化理解促進のプログラムを提供する。またキャンプの開催中に、石巻市雄勝町におけるスポーツを活用した新しい町づくりに向けた発表会、岩沼市近隣コミュニティを招いたスポーツイベントの開催も行い、スポーツを通した国際交流・貢献を積極的に推進する。
 ※「スポーツ・フォー・トゥモロー」とは
 Sport for Tomorrowは、2014年から2020年までの7年間で開発途上国をはじめとする100カ国以上・1000万人以上を対象に、日本国政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業。世界のよりよい未来を目指し、スポーツの価値を伝え、オリンピック・パラリンピック・ムーブメントをあらゆる世代の人々に広げていく取組みです。
6.日程  平成27年3月2日(月曜日)〜15日(日曜日)(詳細は別紙1参照)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/02/1354860.htm


実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する有識者会議(第9回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/061/gijiroku/1354922.htm


平成26年度「キャリア教育推進連携表彰(第4回)」の受賞団体における取組の概要について
 学校関係者と地域・社会や産業界の関係者等が連携・協働してキャリア教育に取り組んでいる先進事例を表彰する「キャリア教育推進連携表彰」(文部科学省・経済産業省による共同実施)について,平成26年12月15日に受賞団体を決定したところです。
 つきましては,今年度,受賞された団体における取組の概要を取りまとめましたので,紹介いたします。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/career/detail/1354888.htm


−パブリックコメント(意見公募手続)の実施−道徳に係る学校教育法施行規則の一部改正案及び小学校、中学校、特別支援学校小学部・中学部学習指導要領の一部改正案等について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/02/1354944.htm


中高生を中心とした子供の生活習慣が心身へ与える影響等に関する検討委員会(第3回)議事概要
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/katei/1354882.htm


平成25年度特別支援学校のセンター的機能の取組に関する状況調査について
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/1354780.htm


コミュニティ・スクールの推進等に関する調査研究協力者会議(第7回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/103/shiryo/1354763.htm

コミュニティ・スクールの推進等に関する調査研究協力者会議(第6回) 議事要旨
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/103/gijiroku/1354762.htm

人材委員会(第71回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu10/siryo/1354864.htm

コミュニティ・スクールの推進等に関する調査研究協力者会議(第6回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/103/shiryo/1354728.htm

コミュニティ・スクールの推進等に関する調査研究協力者会議(第5回) 議事要旨
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/103/gijiroku/1354720.htm


「家庭教育支援チーム」の登録制度について
 都市化や核家族化,地縁的つながりの希薄化等を背景として,家庭の教育力の低下や孤立化が指摘されるなど,社会全体での家庭教育支援の必要性が高まっていることを踏まえ,文部科学省では,平成20年度より,全ての親が安心して家庭教育を行うことができるよう,地域人材を活用した「家庭教育支援チーム」を核とし,孤立しがちな保護者や仕事で忙しい保護者など,学習機会等になかなか参加できない保護者への支援手法の開発を行ってきたところである。
 その成果を活用して地域の主体的な取組を支援していくに当たり,各地域の取組状況の把握や,効果的な事例の収集・情報発信による各地域の取組の活性化促進に努めるため,文部科学省として,家庭教育支援チームの登録制度を設ける。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/katei/1354683.htm


公募情報:特別支援学校(視覚障害等)高等部における教科書デジタルデータ活用に関する調査研究
http://www-gpo3.mext.go.jp/MextKoboHP/list/kpdispDT.asp?id=KK0005569

公募情報:平成27年度「家庭教育支援における訪問型アウトリーチ支援事業」
http://www-gpo3.mext.go.jp/MextKoboHP/list/kpdispDT.asp?id=KK0005549

公募情報:平成27年度「青少年国際交流推進事業」
http://www-gpo3.mext.go.jp/MextKoboHP/list/kpdispDT.asp?id=KK0005494

公募情報:実社会との接点を重視した課題解決型学習プログラムに係る実践研究(課題解決に向けた主体的・協働的な学びの推進事業)
http://www-gpo3.mext.go.jp/MextKoboHP/list/kpdispDT.asp?id=KK0005580

公募情報:平成27年度 子供の読書活動の推進「読書コミュニティ拠点形成支援」
http://www-gpo3.mext.go.jp/MextKoboHP/list/kpdispDT.asp?id=KK0005492

公募情報:平成27年度「青少年を取り巻く有害環境対策の推進(有害環境から子供を守るための推進体制の構築)」
http://www-gpo3.mext.go.jp/MextKoboHP/list/kpdispDT.asp?id=KK0005519

公募情報:平成27年度「青少年教育施設を活用したネット依存対策推進事業」
http://www-gpo3.mext.go.jp/MextKoboHP/list/kpdispDT.asp?id=KK0005539

公募情報:平成27年度復興教育支援事業
http://www-gpo3.mext.go.jp/MextKoboHP/list/kpdispDT.asp?id=KK0005578



【文化庁】

募集情報:美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業
http://www.bunka.go.jp/bijutsukan_hakubutsukan/shien/suishin/index.html

募集情報:平成27年度文化芸術の海外発信拠点形成事業(アーティスト・イン・レジデンス事業)
http://www.bunka.go.jp/kokusaibunka/kaigai_jigyo/h27.html

募集情報:伝統音楽普及促進支援事業
http://www.bunka.go.jp/bunkazai/dentoongaku/index.html

募集情報:平成27年度「文化の力による心の復興事業」に必要な連携協力体制の構築業務
http://www-gpo3.mext.go.jp/MextKoboHP/list/kpdispDT.asp?id=KK0005553



【内閣府】

第1回経済財政諮問会議
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2015/index.html


平成27年度女性のチャレンジ賞候補者の公募について
内閣府では、多くの国民に個性と能力を発揮できる男女共同参画社会を身近に感じてもらえるよう、「女性のチャレンジ賞」の表彰を実施しています。
平成27年度も、一般の方からの他薦を募集しています。
あなたの知っている、チャレンジし、輝いている女性を是非御紹介ください。
目的
男女共同参画社会の形成の促進にあたっては、誰もが自らの意欲と能力によって自分の未来を切り開いていくこと、夢や志を実現することが可能であると信じられるような、柔軟で活力ある社会にしていくことが大切です。
しかしながら、現状では、女性が、変化に応じて、様々な分野でチャレンジし、豊かさを感じられる生活を送るため、自分にとって適切な選択を行うための具体的イメージを描くことが難しい状況です。
そこで、起業、NPO法人での活動、地域活動等にチャレンジすることで輝いている女性個人、女性団体・グループ及びそのようなチャレンジを支援する団体・グループ等を顕彰し、チャレンジの身近なモデル等を示すことによって男女共同参画社会の実現のための機運をさらに高めていきます。
http://www.gender.go.jp/public/commendation/women_challenge/boshu.html


ESRI Discussion Paper No.315 定住外国人の子どもの学習時間の決定要因
http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis315/e_dis315.html


【農林水産省】

平成27年度産地活性化総合対策事業(生産システム革新推進事業)のうち援農隊マッチング支援事業(全国推進事業)の公募について
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/150204_3.html

平成27年度産地活性化総合対策事業(生産システム革新推進事業)のうち援農隊マッチング支援事業(地区推進事業)の公募について
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/150204_2.html


平成27年度都市農業機能発揮対策事業(都市農業機能発揮支援事業)の公募について
1 公募対象事業の概要
都市農業の多様な機能について、広く国民の理解を醸成するため、
[1] 都市農業の多様な機能を活用した取組に関する専門家の派遣等
[2] 都市農業の多様な機能の意義を広く国民に周知するための効果的な情報発信手法
の開発及び啓発事業の開催等を支援します。
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/nousin/150202_1.html


平成27年度都市農業機能発揮対策事業(福祉農園全国支援事業)の公募について
1 公募対象事業の概要
福祉農園(障害者の雇用等に資する農園)の全国への普及に向けた開設支援、機運醸成等の活動を支援します。
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/nousin/150202_2.html


平成27年度都市農業機能発揮対策事業(福祉農園地域支援事業)の公募について
1 公募対象事業の概要
福祉農園(障害者の雇用等に資する農園)の全国展開を図るため、本事業により、普及のモデルとなる福祉農園での職員の育成や普及活動を支援します。
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/nousin/150202_3.html


平成27年度都市農業機能発揮対策事業(都市農業機能発揮整備事業)の公募について
1 公募対象事業の概要
都市農業における新たな取組として注目されている福祉農園の全国展開を図るため、普及モデルとなる福祉農園の整備を支援します。
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/nousin/150202_4.html


平成27年度都市農村共生・対流総合対策交付金(広域ネットワーク推進対策)の公募について
1 公募対象事業の概要
農山漁村の持つ豊かな自然や「食」を観光、教育、健康等に活用する、集落連合体による地域の手づくり活動を支援し、都市と農山漁村の共生・対流などを促進する取組を支援します。
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/nousin/150202.html


食料・農業・農村政策審議会 企画部会 地方意見交換会(平成27年1月)配布資料
http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kikaku/bukai/H27/chiho_iken_shiryo2.html



【中小企業庁】

平成26年度補正予算「ふるさと名物応援事業(ふるさとプロデューサー等育成支援事業)」の執行団体の募集を開始します
http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/2015/150206hurusatopro.htm


中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドラインを策定しました!
経済産業省は、中小企業385万社の約8割を占めるサービス事業者が生産性向上に取り組む際の参考となるよう、10項目の手法と取組事例を示したガイドラインを策定しました。
中小企業385万社の約8割を占めるサービス事業者が生産性の向上に取り組めるよう、生産性の向上を「付加価値向上、革新ビジネスの創出」と「効率の向上」の2つに大別しています。その上で、「付加価値向上、革新ビジネスの創出」を実現する手法として、8項目を、「効率の向上」を実現する手法として、2項目を提示しています。また、幅広い業種の方の参考となるよう、具体的な取組を15業種、45事例紹介しています。
http://www.meti.go.jp/press/2014/02/20150204001/20150204001.html



【厚生労働省】

第119回社会保障審議会介護給付費分科会資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000073442.html

2014年12月18日 第14回「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」 議事録
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000073586.html


平成25年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果
 本調査は、平成18年4月に施行された「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」(高齢者虐待防止法)に基づき、全国の市町村及び都道府県において行われた高齢者虐待への対応状況を平成19年度から毎年度調査を実施しているものです。
 このほど、平成25年度の対応状況等について調査結果がまとまりましたので公表します。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000072782.html


国民健康保険実態調査 平成25年度
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020101.do?_toGL08020101_&tstatCode=000001067929&requestSender=search


平成26年度雇用均等室における法施行状況(10〜12月)(速報値)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/sekou_report/2014_10_12.html


福祉行政報告例(平成26年11月分概数)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/gyousei/fukushi/m14/11.html


平成25年社会福祉施設等調査の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/fukushi/13/index.html


外国人介護人材受入れの在り方に関する検討会
外国人介護人材受入れの在り方に関する検討会における議論の中間まとめを公表いたします。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000073035.html


2014年12月25日 第6回地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会 議事録
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000073156.html


2014年12月12日 第5回地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会 議事録
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000072222.html


毎月勤労統計調査 平成26年分結果速報
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/26/26p/26p.html


保育施設における事故報告集計
平成26年1月1日から平成26年12月31日までの間に報告のあった、 保育施設における事故報告を取りまとめましたので、公表します。
○報告件数は177件あった(認可保育所…155件、認可外保育施設…22件)。
177 件のうち平成26年に発生した事故件数は118件
○負傷等の報告は160件あり、そのうち5歳(54名)が最も多かった。
○死亡の報告は17件あり、そのうち0歳(8名)が最も多かった。
○事故の発生場所は、保育施設の 園内(室内) (82 名)が最も多かった。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000072858.html


医療施設動態調査(平成26年11月末概数)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/m14/is1411.html


社会福祉施設等調査及び介護サービス施設・事業所調査に係る民間競争入札実施要項の策定について
http://www.mhlw.go.jp/topics/2015/02/tp0203-1.html


一般用医薬品の販売サイト一覧
 各自治体から厚生労働省に報告された一般用医薬品を販売するホームページのアドレスを掲載しています。(平成26年12月末時点)
 一覧に掲載されているホームページにおいて、法令に違反しているおそれがあるものなどを発見された際には、下記のメールアドレスにご連絡ください。
 また、薬局や薬店の許可を取得せずに医薬品を販売する違法な販売サイトや、偽造医薬品などを販売している販売サイトに関する情報もお寄せください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/ippanyou/hanbailist/index.html


平成27年度国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の公募について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kokusaigyomu/hojyokin/h27/0202_01.html



【復興庁】

(1)「新しい東北」官民連携推進協議会の「会員交流会」を2月8日に仙台市で開催します。/(2)地域づくりネットワークの立ち上げについて、公表しました。
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-11/20131024120236.html


公募情報:平成27年度「新しい東北」先導モデル事業[平成27年2月6日〜平成27年3月27日]
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat9/sub-cat9-1/20150205170040.html



【外務省】

在外邦人の安全対策強化のために直ちにとりかかるべき施策の公表
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_001759.html


国連防災世界会議は,国際的な防災戦略について議論する国連主催の会議です。日本は,第1回(1994年,横浜),第2回(2005年,神戸)に引き続き,2015年3月,仙台において第3回会議をホストします。
 日本は,会議ホスト国として,また防災先進国として,この会議で採択予定の新しい国際防災枠組(ポスト兵庫行動枠組)策定に向けた議論を積極的にリードするとともに,国連やホスト市(仙台市)等と協力して会議開催準備を進めています。
1 日程  2015年3月14日(土曜日)〜18日(水曜日)
2 開催地  宮城県仙台市(公募により選定)(周辺の自治体でも関連行事を予定)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/gic/page22_001734.html


国連ビジネス・セミナーの開催
1 2月19日,国連大学において国連ビジネス・セミナーが開催されます。
2 このセミナーは,日本企業による国連関連業務の受注増加を促進することを目的として行われるもので,国連の調達に関心のある日本企業を対象に,国連ビジネスの概要から,国連への企業登録,入札手順,入札書類の準備に至るまで詳細な説明が行われる予定です。
3 このセミナーには,三井清弘・国連事務局調達部本部調達支援サービスチーフがスピーカーとして出席し,希望する企業には三井氏との個別カウンセリングの機会も設けています。
(参考)
1 国連児童基金(UNICEF)や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)等を含む国連システムの調達総額は約1兆6083億円(2013年時点)に上るが,日本企業による受注はわずか0.8%に相当する約123億円にとどまっている。
2 国連システムのうち,国連事務局による調達は年間約3,000億円の規模で,その約8割が平和維持活動(PKO)関連です。主な分野は,輸送サービス(航空機,船舶),自動車,プレハブ住宅等の簡易住居,食料,燃料,医薬品,発電機購入,IT等が挙げられ,その他にも,オフィス・住居用設備,建設関連資材,資材,装備等多岐の分野にわたる。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_001733.html


以上です。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント