CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«事業のレベル感 | Main | NPO関係者の個人の情報発信のコンセプトペーパー»
プロフィール

CANPAN講座さんの画像
日本財団ROADプロジェクト
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
https://blog.canpan.info/c-koza/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/c-koza/index2_0.xml
NPOスタッフ個人の情報発信 [2014年06月16日(Mon)]
NPOスタッフ個人の情報発信

広報担当や寄付、イベント担当者と、それ以外のスタッフでわけて考える

前者は、担当業務の中で個人アカウントをどのように使うかを考える

後者は、個人の情報発信で以下に団体に貢献するかを考える
これはあくまで自主的に行うもので強制的に行うのは難しい

さて、後者のケースについて
業務から得た知見をノウハウとして個人的にアウトプットして、個人ブランド化していく。コンテンツマーケティングのイメージ。個人としての知名度が上がることによって団体のことも知ってもらえるきっかけになる。
次に、個人の知り合いをマーケティングの対象ととらえ、団体や活動の情報を発信していくこと。あくまで、普段の発信の中にそういう発信を入れていく。市民の参加機会の提供を意識。
個人的な知り合いに共感してもらい、イベントへの参加、寄付に誘導し、団体に貢献する。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント