CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«墨田区IT見本市!@7月28日(水)13:00〜 | Main | 今日は川崎です。»
プロフィール

CANPAN講座さんの画像
日本財団ROADプロジェクト
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
https://blog.canpan.info/c-koza/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/c-koza/index2_0.xml
「CANPANブログを活用して、もっと充実した情報発信をしよう!」講座@札幌 [2010年07月29日(Thu)]
今日は、久しぶりの「ソーシャルブログ講座」です。
そう、日本ソーシャルブログ協会のオフィシャル・セミナーです。
日本ソーシャルブログ協会も、いよいよ北海道上陸ですね。

「CANPANブログを活用して、もっと充実した情報発信をしよう!」講座

日時:2010年7月29日(木)13:30〜15:30
会場:北海道NPOサポートセンター研修室
主催:北海道NPOサポートセンター

講師:山田泰久(日本財団CANPAN事務局/日本ソーシャルブログ協会)
Blog:https://blog.canpan.info/p-shop/ 『Shop人にやさしく』

内容:
CANPANブログを活用した、もっと充実した情報発信!
ツイッターとブログの連携!
北海道のNPOや福祉団体のツイッターの活用が発展するようなお話!

プレゼン資料はこちら。


雨空の下、札幌市内のNPO・ボランティア団体の関係者が約20名がご参加いただきました。
当日の内容は、北海道NPOサポートセンターさんの公式アカウント@npodosankoでまとめていただきました。
ありがとうございます!
http://togetter.com/li/38567

以下、そのまとめを展開したものです。


7月29日ブログ活用講座at北海道NPOサポートセンター
日本ソーシャルブログ協会の山田泰久さんをお迎えして7月29日(木)に実施した「ソーシャルブログ活用講座」の実況ツイートです。

おはようございます。今日は研修室で日本財団の山田泰久さんを講師にお迎えして「ソーシャルブログ活用講座」を実施します。受講者の方は情報発信のノウハウをぜひ手中に!

1時30分からのソーシャルブログ活用講座を、雑用をやりつつ発信したいと思います。

日本財団CANPANを利用した情報発信

講師:山田泰久さん 日本財団+日本ソーシャルブログ協会 ブログを通じた情報発信について

山田さんのブログ「人にやさしく」の紹介 全国500施設の商品を紹介している 

新聞記者がこのブログを見て記事にしてくれる、面識のない県庁の人から講師を依頼される等、こまめな情報発信から話が広がる

宮城県の発達障害の親の会 ブログにより行政から信頼を得ることができた  

1時間ほど講義+ワークショップ+ツイッターについて

ツイッターによる情報発信からも話が広がる

日本財団の事業にについて 公益に関わるすべての人に利用頂けるウェブサイト「CANPAN」を運営

ソーシャルブログとは 1。社会や地域・人々の変化を促す 2.地域や人々をエンパワーメントする 3. 人々の教官を誘い、社会的課題に関する意識を高める

「ブログがしたい!」ではなく「ぶろぐで○○したい!」 ソーシャルブログのコンセプト  

ソーシャルブログはお店。ではなにが必要か? 1.商品:どんな情報を出すか 2.集客:同お客さんを集めるか 3.店舗:商品をどう見せるか、お客さんにとってどう便利か  

みなさん勘違いするのは、一般の人がブログを来ても誰も見に来てくれない。集客する努力が必要

1回より毎日継続して見に来てもらうために考える

ブログの炎上について:有名人のブログでなければまずそんなことにはならない。心配しないで

NPOの情報発信の役割:昔のNPOは目の前の人を助けるだけで完結していたが、いまは社会的課題の解決のため行政や地域の人を動かしていかなければならない→情報開示をして関心を集め、ヒト・モノ・カネを集める

運営テクニック 1.自分にとってどうでもいい情報でも実は他の人には重要 

山田さんの事例 ニットカフェが流行っている(というどうでもいい情報)→検索が増加 

2.ブログはパーソナルメディア。事実と思いの両方を書き手が伝えることができる 

キーワードは「喜℃哀楽」 感情高めにして喜びや楽しみ・悲しみを発信 怒りは抑えて→読者の共感を呼ぶことができる

4. 田の団体の情報やその分野の関連情報を載せる(ネタが切れたら)→他の団体から感謝され、来た人もいろんな情報を知ることができ便利、結果として自分たちの活動も知ってもらえる 

5.セミナーやイベントは事前告知・現場の発信・事後報告の3点セット→みなさん事前告知で終わってしまうが、現場の発信・事後報告は参加できなかった人への情報提供や次回の集客に効果大

現場の発信:今日は参加できなかったけれど、現場の雰囲気が知りたい→ネット上で参加した気分になれる #dosankokoua

誰に情報発信しているのかわからないとブログが続かない→特定の誰かを想定して記事を書く #dosankokoua

ブログの分類:代表ブログ・スタッフブログ・団体ブログ・ポータルブログ #dosankokouza

ユーストリーム:ネット上で生中継ができるシステム  #dosankokouza

山田さんが東京で実施したセミナーの様子を無料で動画配信した。 第4回NPTOセミナー「ソーシャルメディアの使い方」

山田さんが東京で実施したセミナーの様子を無料で動画配信した。 第4回NPTOセミナー「ソーシャルメディアの使い方」 ビデオカメラとPC1台あれば中継できる http://www.ustream.tv/recorded/8544618 #dosankokouza

ユーストリームの活用例:事業仕分け中継など  #dosankokouza

ブログ読者を増やすテクニック:せっかく出した情報はより多くの人に見てもらえるよう努力する 開設しただけで見てもらえるのは有名人だけ!   #dosankokouza

日常的な集客が大事。 HP・メルマガ・メールの署名・名刺・印刷物・口コミ・書きこみなど。1,000人に周知して5%が見てくれればOK #dosankokouza

名刺の裏側を活用しよう! 活動内容・ブログURLなど宣伝する。 #dosankokouza

ネットはより詳しく知りたい人が情報を探す場所。新聞・雑誌に小さく載った団体名で検索してきた人はより詳しくあなた方のことを知りたい。  #dosankokouza

会報や機関誌とブログの連動→同じデータを流用してもかまわない  #dosankokouza

HPやブログは気軽に紹介してくれる人がいるが、印刷物をわざわざコピーなどして配ってくれる人はいない。ネット上でしっかり情報発信すれば人づてに情報が伝わる。 #dosankokouza

全国の読者を意識する。他の地域の人には市町村だけでは北海道のこととわからない、明記する #dosankokouza

SEO対策(検索されたとき上位に来るように):1.団体名とキーワードを必ず記事に入れる 2.リンク数を増やす 3.更新頻度を上げる CANPANブログも検索上位にきやすいのでぜひ活用

ブログ機能のテクニック:記事をカテゴリで分類する はじめて来た人にもわかりやすいように

記事の最上部にブログのコンセプトや活動の概要をまとめた項目を作る(ブログ内の記事へリンクさせる) #dosankokouza

サイドバーを整理してレイアウトを変える(たとえば、片側に集約して見やすくする) 

ブログパーツの活用:google検索・amazonアフィリエイト・楽天アフィリエイトなど 

リンク集の充実:同じ分野の他の団体などをリンクすると集客にもつながる  #dosankokouza

常にお知らせしたい記事を常時トップページに載せる:メインページ自由記述で常に表示

ツイッターとの連携:ツイートから今日の講座告知へ連携 https://blog.canpan.info/c-koza/archive/170  #dosankokouza

ネット決済機能で寄付集め・グーグルなどを活用して便利なサイトへ  #dosankokouza

ケータイの活用 https://blog.canpan.info/c-koza/archive/106 速報性のあるものはケータイで! #dosankokouza

10分間の休憩です。  #dosankokouza
後半スタート グループワーク「みなさんの活動を誰に伝えたいのか」  #dosankokouza


「誰に情報を伝えたいか」を考えてください。その人に伝えるための1分間の団体の紹介を考える  #dosankokouza

3人ひと組になって、団体紹介をそれぞれする。きいている人は「その人」の立場に立って、どんな情報を知りたいかを考え、紙に書く。その紙を最後に渡す  #dosankokouza

席を移動して3人組のグループワーク中。みなさんが自分の団体の活動をアピールしています。  #dosankokouza

グループワーク中 熱弁を振るっておられます。#dosankokouza http://twitpic.com/29n1x9

誰に伝えるかによって内容は変わってくる。一方的なものではなく、向こうの人に喜んでもらえる情報発信を。 #dosankokouza

ツイッターの紹介:ツイッターのアクションをどうつなげてゆくか?  #dosankokouza

ブログ、ツイッター等の情報発信において走査がわからないというのは30%くらい。むしろ内容が重要「なにを伝えればいいかわからない」で終わってしまう。 #dosankokouza

講師 山田さんのツイッター活用:日本ソーシャルブログ協会を立ち上げ→会員65名の組織に  #dosankokouza

日本財団でNPO活用についてインターンしてみない?→学生がすぐツイッター上で反応!  

NPO・社会起業団体等の公式アカウント集を作成→450団体をリスト化・93名がフォロー  

NPOのためのツイッター4つの機能:情報発信・情報収集・コミュニケーション・ネットワーク  

情報発信:参加者・理解者・支援者・寄付者を増やす 情報収集:参加する・動向を知る・団体の活動にフィードバックする #dosankokouza

ブログを中心に情報発信:近況・イベント情報・思いや考え→ツイッターで新着情報発信、HPに活動実績として蓄積 #dosankokouza

ツイッターの利点:実名で情報発信しているからこそ、信頼度が高まる。メールとは違い、人とのやりとりに他の人も絡んできてもらえる #dosankokouza

他の人のおもしろい発言をRT(リツイート)で広く発信できる #dosankokouza

NPOでツイッターをする:実名もしくは団体名で、自己紹介はしっかり書く。最初に団体や活動について10個つぶやく。その後、いろんな人をフォロー #dosankokouza

「ソーシャルブログ活用講座」、終了です。受講者の方、お疲れさまでした。講師の山田さん、ありがとうございます。  #dosankokouza


北海道NPOサポートセンターのみなさん、参加者のみなさん、どうもありがとうございました!


山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント