CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第3回地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクト東北ブロック会議 | Main | ファンドレイジング・日本2010 その2»
プロフィール

CANPAN講座さんの画像
日本財団ROADプロジェクト
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
https://blog.canpan.info/c-koza/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/c-koza/index2_0.xml
ファンドレイジング・日本2010 その1 [2010年02月07日(Sun)]
2月6日(土)、7日(日)の二日間、日本財団ビルで日本ファンドレイジング協会主催の「ファンドレイジング・日本2010」が開催されました。

ファンドレイジングのノウハウ&情報が満載!
成功事例を通じてファンドレイジングの本質が体感できる2日間でした。
全国各地から400名近い方が参加されたそうです。
すごいですね。
昨年まではこのセミナーがなかったということを考えると、それだけこの分野に関する情報が欲しい方がいらっしゃるということですよね。

山田も二日間参加しましたが、本当に勉強になって、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
今回は山田にとって新しい取り組みとして、セミナーに参加しながら随時Twitterでつぶやいてみました。面白い体験をすることが出来ました。

せっかくなので、そのTwitterのつぶやきを時系列でご紹介します。


特別基調講演
「ヨーロッパにおけるファンドレイジングの動向」
ロバート・カワルコさん(ヨーロッパ・ファンドレイジング協会副会長)


【注】Twitterのつぶやきは途中からです、すいません。
基本的にそのままを転載していますので、誤字脱字、ニュアンス違い等はご容赦ください。
「※」がついているものは、山田の感想や意見です。

会計士をしっかり雇っているNPOはあるけど、ファンドレイザーを雇っているNPOは少ない。
ファンドレイザーを雇っても、スタッフと関係を持つ必要がある。チームワークが必要。それを理事に理解してもらうことが重要。 #FRJ2010

講演の中で、テーブルがないと説明できない! #FRJ2010
イスは4本の足があって安定する。1本脚のイスにすわるか。多くの団体がファイナンスが一つしかない。4つの足を用意しようとしない。1本脚のいすを支えることに。。。 #FRJ2010
ファイナンスの4つの脚。行政などの助成金 、企業との連携、商売、個人の寄付 #FRJ2010

ファンドレイジングは趣味で行っているのか、プロとして行うのか? #FRJ2010
ストリートミュージシャンと、マエストロを比較して説明しています。 #FRJ2010
企業のトップにアポを取る時、ストリートミュージシャンとマエストロ、どっちがあってもらえるか? 責任、使命感、そして対価。それがあるのがマエストロ。時には何か犠牲にしなければならない。 #FRJ2010

皆さん自身が貧しすぎれば、他の人を助けることが出来ない。皆さん自身が幸せそうであれば寄付を受け入れてくれる。 #FRJ2010
NPOや福祉で働くのは無料でするべきだという偏見がある。自分の家庭を心配しながら仕事はできない。 #FRJ2010
自分の時間も大事。充電しなければ人のために働けない。 #FRJ2010

通りにポスターを広げて寄付を求める自転車乗り。8000KMのサイクリングンのための費用を稼ぐ。笑顔、熱意、人とのつながり、体力、本気、自転車などの道具。 #FRJ2010
情報が必要。何にお金が必要なのか。その情報をしっかり出す。そして、お願いすることが大事。お願いしないとわからない! #FRJ2010

FRの研修で、1本の針を渡して物々交換してもらう研修をしてもらっている。お願いすること。 #FRJ2010

FRは、オフィスにいるのが仕事ではない。外に出て、人のところに行くのが仕事。FRの仕事ぶりを聞くには、一番最後にいつお願いにいったかを聞けばよい。 #FRJ2010

ちょっとしかないお水は拷問である。ファンドレイジングのキャンペーンのキャッチコピー。実際に、街かどで3滴だけ水を渡して飲ませてみる。そういった経験をしてもらって、ドナーを開拓。 #FRJ2010
※ポーランド製のペンがほしい! クイズに正解すると。。。 #FRJ2010
六週間分のスーダンの家族に必要な水の金額はたったの2ドル。それを知ってもらえると、寄付者が増える。 #FRJ2010
プラスティックのアクセサリーを2ドルで販売。それでスーダンの家族の支援につながる。CMで2ドルで誰かが六週間助かるということを訴える。 #FRJ2010
昨年、このキャンペーンがブレイクスルーした!ミネラルウォーターのメーカーが売り上げの一部を寄付。 #FRJ2010

キャンペーンの成果がでるのはやはり5年くらいかかる。あきらめずにつづけること。 #FRJ2010

パペット人形を使ったWEBサイトでの寄付キャンペーン。人形のおなかをクリックすると、貧しい子どもの食事になる。 #FRJ2010
7年間継続して、2億クリック。累計400万ドルの支援。2年前にこのキャンペーンを辞めたら、今の結果があるか?みんな出勤前にクリックしてから。 #FRJ2010

フランスの赤十字の寄付キャンペーンのCM、面白い! #FRJ2010

※ファンドレイジングは魅力的じゃないといけないようです(笑) #FRJ2010

※さきほどのパペット人形のおもちゃがあるようです!堀田会長にプレゼント。欲しい。。。 #FRJ2010

※(感想)ファンドレイジングの事例、面白いですね。 #FRJ2010

(うおさん)ヨーロッパの協会は15カ国。国によってファンドレイジングの状況は違うのでは? #FRJ2010
もと社会主義の国では、チャリティーとか募金などの概念がなかったので、NPOのことを理解してもらうのも大変。一方、イギリスや英国などはそういう文化がある。ヨーロッパの中で協力をしていく必要。 #FRJ2010

※本日のファンドレイジング日本2010、午前中だけで200名を超える方が参加されているようです。日本財団ビル大会議室が満杯です。 #FRJ2010

誠実だということを信じてもらうことが第一歩。ヨーロッパ・ファンドレイジング協会副会長ロバート・カワルコさん(ポーランド出身)の講演でした。 #FRJ2010

以上



以下は、その他のつぶやきです。

※今日は、CANPANセンターより、ネット決済の鬼、高島氏が1階ロビーで、CANPANペイメントのデモをやっています!ぜひお立ち寄りください。 #FRJ2010

※首都圏以外からの参加が40%。全国から参加されています。ファンドレイジングの情報に飢えているようですね。 #FRJ2010

※二日間で24セッション。どれに参加しようか迷ってしまいますね。 #FRJ2010

※来年の「ファンドレイジング日本2011」は、2011年2月5日、6日に日本財団ビルであるそうです。既に決まっているんですね! #FRJ2010

※午前中の基調講演が終了しました。午後も楽しみです。可能な限り、twitterを活用してみます。 #FRJ2010

続く

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント