CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
梅丘ボランティアビューローのブログ
社会福祉法人世田谷ボランティア協会は、
1981年に設立された民間のボランティア活動推進機関です。
世田谷区内に4つあるボランティア活動の相談を受けつける
地域の拠点の1つが「梅丘ボランティアビューロー」です。
ボランティア活動をしたい人と、ボランティアのサポートを
必要としている人や団体のコーディネーションを行っています。
いつでもお気軽にお立ち寄りください。
« 恒例ビューローバザー開催予告 ボランティア募集 | Main | ビューロー便り発行しました »
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

umeboraさんの画像
https://blog.canpan.info/bureau/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/bureau/index2_0.xml
失語症カフェ(第6回)開催しました[2018年10月20日(Sat)]
梅丘失語症カフェは、2年目、第6回目を開催しました。参加されたのは、失語
症のある方が5人、失語症になるかも知れない方1人、そのご家族が2人、失語
症を知りたい方が1人、そして、カフェの会話を支援する失語症会話パートナー
が6人でした(計14人)。※今回は残念ながらコーヒー給仕のボランティアさん
が現れませんでした。

失語症になるかも知れない方は、なった場合、実際にどんなことが起きるのか、
どう対処したらよいか、を知りたいということでした。そこで、失語症になって
3年という方がご自分の体験を不自由な言葉で懸命に語ってくださいました。間
に入って会話を支援した失語症会話パートナーも、その前向きな姿勢に「今日は
貴重な経験をいただいた」と感激しきりでした。

また、失語症になってまだ半年という方は、何とかリハビリを重ねて回復したい、
回復したいがリハビリ期間(180日)が終わってしまったらどうすればよいか?
と不安を訴えられました。失語症会話パートナーが「総合福祉センターで言語聴
覚士が失語症サロンを開催している、そこに相談されてはどうか」と話をしまし
た。

この日は、働きながら失語症のリハビリに取り組んでいる女性が自主活動グルー
プを立ち上げたいと、参加者に呼びかけも行いました。

今回も「よい出会いをありがとう!」
IMG_3725ぼかし.jpg

IMG_3724ぼかし.jpg
当事者(向かって左)の話を、全身耳にして聞き取る会話パートナー

IMG_3723ぼかし.jpg
当事者(一番右)の話を、紙に筆記しながら聞く会話パートナー(真ん中)

★玉川失語症カフェ(第2回)が10月31日に玉川ボランティアビューローで開催予定です(1時半~3時半)玉川失語症カフェ2ちらし.pdf
Posted by umebora at 17:19 | Event | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/bureau/archive/434