CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ブナの木洩れ日の下で
 北限のブナの里で、自然菜園に取り組みながら、食と健康、農や環境の在り方を考える、vegetable,growerの気ままな思いを、綴ります。
« 2019年01月 | Main | 2019年03月 »
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
今年登板予定の短尺myドライバー[2019年02月16日(Sat)]
今年から、ゴルフルールの変更があります。
ボールの探す時間が、5分から、3分に縮小、
見つからなかったら、一打罰を加えて、元
の位置から打ちなおすか、見えなくなった
附近のフェアウエイから、二打罰で・・
 臨時プレイング4を選択できるようになり
ました。わーい(嬉しい顔)
 アドレスに入って、40秒以内に打たなく
てはなりませんし、準備のできたプレイヤー
から、ショットできるとか、旗竿を抜かない
パッティングを選択できるとか、プレー時間
の短縮のための改正が主となっています。
 スロープレー気味の私としては、順応する
ためのスキル習得を、自撮りで確認しながら
現在、試みている最中です。ふらふら
 動画で、確認すると、確かに、アドレスに
入ってからの、意味不明なルーティーンが多
すぎて、自分でもイラ、イラしますが、スピ
ード、正確性が両立したスイング改良、その
確かな成果を春には、お見せできるはずです。

 さて、アイアンのスイングと、ウッド系、
特にドライバーちゃんが、45インチ前後のシ
ャフトの長さでは、体の大きな筋肉を使って
気持よく振り切れません。もうやだ〜(悲しい顔)

 私の身長から長すぎて、当てに行く小細工
スイングになってしまっています。
 そこで、アメリカン倶楽部のスピードスタ
ープレミアム、44,インチ一本。
 これは、高反発ヘッドで、シャフトが37グ
ラム、マミヤの超軽量シャフト装着のシニア
用です。
 R2を、0,5インチカットしましたので、トル
クも、下がりましたが、しなり戻りがしっかり
していて、正確にベッドが返ってきます。
 もう一本は、テーラーメイドM4でUS仕様の
レディース、43,75インチです。
 Lシャフトですが、日本仕様では、SRに近く
どうして、どうしてしっかりしています。
 どうやら、USの普通の女性の体力が、今の私
の体力だと、思い知らされたわけですが・・・ふらふら
 当然と言えば、当然ですね。
  ただ、ちょっと、ヘッドが効かない感じなの
で、ネック側に鉛を貼って、バランス調整しまし
た。
 ヘッドの顔、グリップの太さ、握った感覚、申
し分ありません。
 ロフト12度ですが、最近のロースピンボール
を組み合わせる予定です。
 若かりし頃は、310グラム近いものを、振れた
のですが、今は、290前後と、軽めです。
 短尺の結果が良ければ、残りの四本も、シャ
フトカットしてみようかと、思っています。わーい(嬉しい顔)

 
CIMG2541.JPG

 

 
大規模畜産生産施設の糞尿処理上の課題[2019年02月15日(Fri)]
 今から、三十年前ほど前、道南の複数町村で操業し
ていた〇〇大規模養豚農場では、糞尿処理に伴う公害
問題が、顕在化していました。
 何せ、豚一頭当たりの尿と洗浄水の合算量は、その排
出量が、人間の30倍という、桁違い大きな数字。
 これが、一万頭クラスになると人口30万の都市が上流
域に忽然と出現し、その汚水を浄化するとは言え、放出
口では、清流に棲息する魚が、生きられる状態ではあり
ません。
 未来永劫、公共用水域に、放出され続けますので、受
け入れに当たって、先行自治体の状況の現況調査をしま
した。その結果が写真の資料です。
 特に、慎重にならざるを得なかったのは、当時、朱太
川の支流である熱郛川で、奇形の鮎が死んでいたという
情報が、釣人の間で、大きな話題になっていたのです。
 原因は、上流にある広域し尿処理場から排出される処
理水の薬品の影響が疑われました。
 その後、施設は、新しく改築され、関連機器も更新、処
理水も厳格に管理され、以後、問題は発生していません。
 現況調査時から、四半世紀以上を経て、汚水等の処理施
設の機能は、向上したはずですから、公害問題も沈静化
していると思いますが、地元自治体の監視体制は続いて
いるでしょう。
 
続きを読む...
 池江璃花子さんに届けたい願い。[2019年02月14日(Thu)]
 池江璃花子さんの(18=ルネサンス)病の公表は、衝撃でした。
世界中に広がる祈りの輪の端っこに、見ず知らずの私ですが、繋がっ
ていたいと思います。
 現実は、時として過酷です。不条理で、理不尽・・・
 でも、貴方なら、「必ず戻ってこれる」と思います。

 全身全霊、貴方自身の一つ一つの細胞に、これまでの頑張りに感謝
して、もう一度、元気が戻るよう、それだけを、お願いしてください。
 例え、東京オリンピックに出場できなくても、宇宙で唯一無二の貴
方が元気な姿で、家族や仲間、あこがれる子供達の前に、存在してい
ることが、何億倍も、価値があると思います。
 
 私達、責任ある大人は、池江璃花子さんに生じた不条理にただ寄り
添い、個人の問題、運・不運としてのみ扱う報道に疑問を覚え、第二
、第三の不条理の連鎖が、前途洋々たる若者や無防備な子供達の間で
続かないよう、染色体異常を誘発する外部要因の情報開示や、発病の
特定因子の忌避方法、もちろん副作用の少ない治療方法の研究も含め
て政治課題として掲げるような社会風土に、変えていく努力を怠って
はならないと思います。
 福島事故以後の、本当のベネフィットとは何か・・胸に手を当てて
問い続けたいと思います。
公害防止協定案作成にあたっての留意事項 その2 [2019年02月14日(Thu)]
前回の手持ち資料の続きです。
トンネル掘削工事に伴うズリに対する規制の法律は、別途
ありますが、当時は、該当なく、含まれていません。
トンネルズリに含まれる自然由来の有害金属等に対して、
2010年に制定された土壌対策汚染法、建設工事で遭遇する
地盤汚染対応マニュアル[改訂版]」(2012年4月 )、地
元自治体や利害関係者との環境保全に関わる独自協定に基づき、
工事受託企業と発注者が、責任施工することになっています。


CIMG2532.JPG


CIMG2533.JPG


 国の法律に基づくなら、問題が発生しないはずだということ
になりますがそもそも、その基準決定にあたって、河川の生物
多様性の健全性を損なわないということになっているかどうか
は、疑問です。もうやだ〜(悲しい顔)
 火山地帯である日本の特性から、重金属が含まれる地層は多
く、地下水も強アルカリだったり、強酸性だったりと、化学処
理して排水することとも多く、負荷低減策は、工事費の高騰に
つながり、最後は、短期の経済性が優先されるのが常です。ちっ(怒った顔)
 国の基準以上に、高い規制基準を設けて、開発企業と知恵を
出し合い着地点を見出す作業は、結局、自治体の環境管理能力
によることとなります。
 理事者によっては、目先の飴玉に飛びつくタイプ(このタイプ
は、圧倒的に多い)と後世に禍根を残さないよう、賢明な判断を
するタイプに分かれます。
 ブナ林保護の歴史は、私達に、後者の選択を示唆しているよう
に思えるのです。わーい(嬉しい顔)
 今年に入ってから、噴火湾の養殖ホタテの7割、稚貝まで、
全滅したとのニュースがありました。
 過密養殖や、海流の関係、異常気象による海水温の上昇等が指
摘されていますが、新幹線トンネル工事が始まり、長万部で大規
模養豚が開始されたことと、偶然、重なります。
 いずれにしても、湾の生態系が、尋常で無いことは、推定でき
ます。
 国を始め、調査機関は、早期に原因を特定し、解決策を示すべ
きだと思います。  
 
公害防止協定案作成にあたっての留意事項 その1 [2019年02月13日(Wed)]
平成二年から生産活動に入った 大規模養豚農場と町が交わした
公害防止協定案を作成する際に、当時、町の直接担当者であった
わけですが、留意事項を整理した手持ち資料が出てきました。
 この間、法律改正等があり、見直すべき点はあると思いますが
基本的なことは、変わっていないと思います。
 裏仕事関係者の皆さんを対象に、写真で紹介します。
 
CIMG2528.JPG
 

CIMG2529.JPG


日本の水質汚濁防止法では、ドイツと異なり、河川の水生生物等の生存に配慮していません。
 国策である工業優先に忖度した超ゆるい基準のままで、鮎、ヤマメが生息できる環境を維持することは無理。そこで、最低でも、下水道基準のBOD20、現在の合併浄化槽の機能向上を考慮すれば、5PPMを、協定に盛り込むと提案しましたが・・・・汚水は一切流さないという・・ウルトラCの奇策を相手企業側は提案してきたのでありました。
がく〜(落胆した顔)バッド(下向き矢印)

CIMG2530.JPG


CIMG2531.JPG


 続きは、次回にします。



 
女性Gの養豚農場誘致反対と水質検査[2019年02月12日(Tue)]
CIMG2526.JPG

四月から、北海道新幹線の内浦トンネル掘削工事が始まる
ようです。
 発破工法によって、掘削するらしいのですが、トンネル内
の粉塵対策に、大量の水を洗浄水として使用すると思われる
ます。その水は、沈殿ろ過されて、小河川に排水されるので
しょうか。
 排出されたズリには、微量と言えど自然由来の有害金属の
混入も否定できません。
 抽出検査しつつ、有害物質はもちろん、混濁水を一定の排
水基準まで、汚濁防止して、排水すると思われますが、先行
している八雲町では、工事が始まってから、河川の水質汚問
題で、ホタテ等の魚業関係者とトラブルが発生しています。
 排出されるズリは、六年間に及ぶのでしょうから、大量の
ズリの保管場所、保管方法、運送にあたっての粉塵、騒音と
規制される法律に基づいて、利害関係者の先頭に立つ行政は
事前に、目配せをし、関連環境保全条例等で、しっかりと監
視、規制をして欲しいと思います。
 プラスの面として、70名を超える工事関係者が一定期間
定住することになり、飲食に伴う経済効果、工事に伴う燃料
調達等も、協力要請していると思いますが、単価で折り合い
続きを読む...
プロフィール

若見さんの画像
検索
検索語句
リンク集