CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ブナの木洩れ日の下で
 北限のブナの里で、自然菜園に取り組みながら、食と健康、農や環境の在り方を考える、vegetable,growerの気ままな思いを、綴ります。
« 2018年04月 | Main | 2018年06月 »
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
農村風景に調和した公共施設について。[2018年05月25日(Fri)]
 ビルが立ち並ぶ都市で、公共施設を整備するとなると
、施設機能優先の箱型にならざるを得ない。
 もちろん、外部の緑地空間についての配慮は、優先順
位が低くなり、お飾り程度となる。
 この種のアーバンデザインによる建築実例は、設計会
社等に、既製品の洋服の様に、集積されている。
 これが、田舎の自治体から発注される際、若干の手直
しをされるものの、基本的には、既製品で、設計図が提
案される。
 一からやり直すための手間暇は、会社の利益を損なう

 基本は、損してまで請け負うことは、ないのだから。
 
 大手の設計会社であっても、機械設備、電気、大型
備品等、それぞれ、外注分業体制の中で見積もられ、進
められるわけであるから、仕事量が増え、人材不足の昨
今では、納期優先で、発注者側の意向に対する柔軟性は
無くなっているはずだ。

 周囲に緑地空間の多い田舎で、大型の公共施設を建設
する場合、機能性とともに、周囲の景観に調和するのは
当然で、建物が完成した後の方が、より、美しい景観を
育むことになっていることが、望まれる。
 建物の周囲に、樹木や、花壇を配置し、公園が増えて
行くようにである。

 例え、本町のように景観条例を整備し、国の景観形成
指定団体に指定されていようと、指示命令系統が曖昧に
なり、担当者の認識、こだわりが強くなければ、コンペ
常勝の優良会社をパートナーに選定しても、当たり障り
のない箱型の建物が増えていく。
 営業力に依存した会社なら、他所の事例の焼き廻しと
思ってよい。ここには、行政の文化化等は配慮されてい
ない。
 その方が、工事も簡単で、施工業者から喜ばれるが、
景観資源として登載され、愛され続けるかは、疑問符が
つく。

 ルーラルデザインを拡充していくのには、発注者、設計
会社ともども、情熱とエネルギーを必要とる難儀な仕事だ
が、過去には、そのような積み重ねを行なってきた。

 そんなこと、あんなことで、今では、望むべくもないが
せめて、田舎らしい自由度が出せるのは、周囲の緑地部分だ
け。

 除雪の邪魔になるという意見もあるが、自然の家や温泉
の玄関前の様に、大きなシンボルツリーを植栽し、回りを
体育館の花壇の様にハーブでお化粧するなんて、粋な計ら
いもあっても良いのではと思う。

 点在する主要な公共公園の間をフットパスでつなぎ、その
間に個人の解放された庭や畑が点在し、町全体が、公園とな
る。
 一年の三分の一を雪で閉ざされた田舎なのだから、せめて、
春から、秋まで、彩豊かな町であるよう、デザインして、美し
町に育てて欲しい。

  
森の保全、再生、活用にこそ、ふるさと納税を[2018年05月24日(Thu)]

 先日、伊達の帰り、道の駅で、買い物をしようと、高速を使った。
晴れた日で、気持よく走行してきたが、赤井川地区を過ぎたあたり
から、函館本線の後背地になっている里山の頂上部がぼっかり禿げ
てしまっているのが視界に飛び込んできた。
 ありゃがく〜(落胆した顔)、伐期が来たんだろうが、伐採許可の申請が出た時点で、
町は、一部でも、景観林として、立木で買い取ることができなかっ
たのだろうか。
 まちづくり条例の一項にも、町が、景観や環境保全のために、財
源を投じることを、義務づけているし、ふるさと納税の使途にも、
含まれていたと記憶している。
 このような事案が発生した時点で、環境や景観審議会の調査、議
論を踏まえて、町は許可の判断も含めて、許認可権を行使すること
になっているが、その仕組みは、使われたのだろうか。
 議会でも、問題にならないみたいだし・・変われば変わるものだ
なあ。
  
 今年は、歌才ブナ林記念物指定 90周年で、記念事業が企画され
ている。国有林も含めて、荒廃地に、ブナを植樹しようという地道
な再生活動も継続されているが、ブナ林だけが、貴重なだけでなく
、交流施設等のビューポイト機能を高める混交林も、大事な資源で
ある。
 私の勝手な想像だが、森林行政を司る担当課と、環境や景観を司
る担当課の、事前協議を経ないで、アクセルだけで、進められたの
かなあと思うのだが、・・機会があれば、真実を問いたいものだ。

 さて、資源は、森だけでは無い。産業遺産として調査したマンサー
ド牛舎やサイロ等もそうだし、観光案内標識や、フットパスの表示
案内版、クリーンボックス等も、サブの資源であるが、朽ち果てて
しまっているのも少なくない。

 後発だった寿都町が、産業遺産を、リニューアルして、観光施設
に活用し、人気を博している。
 先行自治体として、ちよっと、恥ずかしい。
 
 成長戦略では無いが、投資、あるいは、投機の臭いをさせたアク
セルプロジェクトが、10年周期で、持ち込まれることが多々ある。
 この仕分けは、中々、難しいが、内発的な地域づくりの基本に立
って、政策を吟味すべきである。

 さて、流行の袢纏もあって、言い回しは、上手になって、情報発
信の仕方は、年々洗練されてきている。まあ、これは、これで、評価
したとしても、現実の町が、訪れたくなるような、田舎に進化してい
るかと言えば、成長が止まって見える。

 訪れて良かったと思われる町になるには、何代にも渡って地道な資
源の保全、再生、活用の改善の努力が求められるし、継承が大事。

 そもそも、田舎を訪れる都市生活者の視点も踏まえて、何が資源な
のかということも、問われ続けなければならないことだし。

 個人的には、コンパクトでも、生物の多様性が担保された農業と農村
空間が、TPPにも負けず、t本町の観光資源にもなると予測するので、こ
の分野の誘導政策の充実と挑戦を期待したい。

 
 

 
 
 
 
雨の中でも、西瓜のトンネル暴風雨対策強行[2018年05月18日(Fri)]
 昨日は、気温も、14度前後で、作業日和だったので、タマ
ネギマルチを二畝、大豆播種予定地の耕起、西瓜14株と、ミ
ニトマト八株の定植と、遅れていた作業を、挽回すべく、無理
をした。
 ので、今日の雨は、骨休めとなるはずだったが、夜間から明
日にかけて、道南では、防風雨の予報。ふらふら
 トンネルが飛ばされて、せっかく定植した苗が、台無しにな
ることを考えて、急きょ、地元のホームセンターから、止め金
具を買ってきて、ナイロン紐で、農家さんがやっていたように
暴れるのを、押さえる作業をした。
 カッパを着た作業なので、動きにくい。長くつには、濡れた
土が付着する。
 重たい割に、防水性に難があるカッパ。安物はやばり駄目だ
わ。・・・もうやだ〜(悲しい顔)
 小一時間、動いて、なんとか、様になった。やれやれ。わーい(嬉しい顔)

 
[2018年05月16日(Wed)]
 月曜日、ニセコゴルフコースで、同好会による
今年、1回目のコンペが行われた。
 前日は、終日、雨だったが、スタートして、二
ホール目あたりから、曇の合間から、太陽が顔を
のぞかせ、インに入ると、汗ばむくらいの晴天に
なった。
 楢や白樺の若葉が、微風に揺れ、グリーンやフ
ェアウエイは、緑の絨毯のように、美しく、カラ
マツ林から、垣間見られる残冠雪のニセコ連山の
白と緑のコントラストに、身も心も癒される。
 
 体重が10k近く落ちてから、ドライバーの飛距
離が、回復しない。
 色々、工夫を試みているが、今回は、三か月前
にゴルフパートナーで、見つけた、四年落ちのヤ
マハRMX2を、エースドラとして、先発させた。

 ちょっと、小ぶりで、重心距離が短く、headが
、返りやすいが、芯が大きくなく、易しくは無い
けれど、右には行かないらしい。
 ロフトが11度あるので、上がるなあと思ったが
、適当なのが無いので、ダメもとで、ゲットした。

 家の庭で、紐付きボールを打って、とりあえず
当たるポイントだけは確認して、本番に臨んでい
るので、不安を抱えた出たとこ勝負みたいなとこ
ろがある。(これじゃ、まずいのだが・・・)

 ラウンドでの収穫は、上り三ホールで、ドラク
ラブの操作方法が、それなりに、わかってきたこと。

 セカンド以降のショットは、だいたい、安定し
てきた。アプローチもまあまあ。

 パットの方法は、ふり幅を一定に変えて、方向性
は、安定してきたが、距離感が今一。
 特に、1,5メートル以内のパット、チャンスをこと
ごとく、外している。

 読みも含めて、地道な練習しか無いとの結論。

 トップが、低いのは、体が固いせいと、あきらめて
、いたが、体使いに問題があったことに、偶然、気づ
いて、修正中。
 これによって、右手で、上からパンチを入れるスイ
ング・・アウトイン軌道が、多少なりとも改善される
かもしれないと・思ったりもしていて、次回まで解決
すべき課題としている。  
ニセコゴルフ&リゾート初ラウンド[2018年05月11日(Fri)]
水曜日に、お隣りR町のニセコゴルフ&リゾート
に、ツーバックで、初ラウンドした。
 ニセコと、冠がつくけど、海外のゴルフパック
ツアー客の対象になっていないのか、閑古鳥が鳴
いている。
 前回の反省を踏まえて、スイングを改良して臨ん
だが、あいかわらず、ドライバ-イップス。
 四番ユーテリテイーの方が平均飛距離で勝ってい
るわけだから、ストレスが蓄積して行く。
 スピン量の多いボールを使っているが、それにし
ても、スピン量が多い。
 高く、ふけ上がって、ストンと落ちる感じで、
ランも出ない。
 アウトサイドから、クラブが降りて、フェイスも
開いている感じ。
 右腕、手で、トップから、急いで打ちに行ってい
る。待ててない。 下半身主導、体幹でと、頭では
理解しているが、意識と、実際のスイングの乖離は
埋まらない。
 先調子のドライバーを、強振しても、良いことは
ないのかなあ。
春耕起は明日以降[2018年05月06日(Sun)]
 旧福井コースに行く時は、昆布温泉の橋を右折し、
さらに左折した細い農道を行くことにしている。
 道の両側に、タマネギやカボチャ畑、ジャガイモ
畑が広がって、プロの農家さんの、作付け時期や方
法が手に取るようにわかって、勉強になるからだ。
 
 昨日、今年に入って、初めて、通った。
定例化している師匠等との練習ラウンドのためだっ
たが、あれやこれやと工夫して、臨んだ割には、イ
ップス気味のミスショットが多かった。ふらふら

 でも、その中に、ダイヤの原石があるのがゴルフ。ぴかぴか(新しい)
 
 今朝から、原石を、色々、分析し、磨いてみたら
 スタンスの開閉、始動、捻転、バンプ、もらって
 インパクト、フニッシュまでの連動順位が、間違
 っていたことが解った。手(チョキ)
  直ちに、修正し、しっくり来たので、次回以降
 、自分に期待しちゃおう。グッド(上向き矢印)
(数えきれないくらい、裏切られて来たのもファクトもうやだ〜(悲しい顔))
 
 ところで、予定していた春耕起、あいにくの雨なの
で明日以降に延期し、ハウスのイチゴの受粉作業だけ
にした。雨
 株が少ないから、人力でやるけど、専門農家だった
ら、ミツバチ投入・・絶対、アリだな。わーい(嬉しい顔)
 

 白いのがイチゴの花・・真中はミックスレタス
CIMG2362.JPG
台湾のツアー客にジャックされる。[2018年05月01日(Tue)]
九時半に家を出た。
 午前中に帰宅するからという約束で、ワン
コは留守番。もうやだ〜(悲しい顔)
 静狩峠に差し掛かる頃には、海霧は、消え
て、青空が出て来た。晴れ

 連休に挟まれた平日のせいなのか、国道は
、空いていて、法定速度ちょいオーバー気味
のオート―クルーズ運転に切り替える。

 後続車は、一台もなかったが、まもなく、
前方に、四・五台のノロノロ集団。
 その先頭は、家畜を運ぶ、大型トラック。ふらふら
 やだーもう・・の感じで、豊浦から高速
に路線変更して、伊達の道の駅まで、直行
となった。わーい(嬉しい顔)
 
 相変わらずの混雑ぶりで、家内は野菜、私
は愛用のEM混入堆肥をゲットし、目的地の
伊達農協に向かった。

 連休期間に開催される伊達農協の菜園市は、
シニア層にとって、人気の催事だ。
 隣のイオンの火曜市と重なり、広い駐車場
も満車状態。
 
 まず、黒田農園の種子、数種類をゲットし、
 更新用の噴霧器を購入した後、お目当ての
タマネギ苗売り場に移動したら、全て売り切
れ!!」の張り紙。がく〜(落胆した顔)
 
 担当者に聞けば、天候不順で、まだ良品を
出せないとのこと。
 
 連休明けに、再び参上すると宣言して、退
却するのだが、その途中、イチゴお宅の私の
視線に、珍しいイチゴの苗が飛び込んできた。ぴかぴか(新しい)

 どうも、種から育てたようで、貧弱だが、
苗採り用にと、四種類、購入してしまった。
グッド(上向き矢印)
 
 なんやかんやで、お昼を過ぎたので、内浦
湾を眺望できる景色が売りの、老舗の食堂に
立ち寄って、麺類を注文した。

 60席ぐらいある食堂で、御昼どきは、満席
に近い人気スポットなのだが、今日は三組し
かいなかった。

 ところが、麺を食べ始めた途端、大型バス
が、停まり、アジア系の、ちょっと浅黒い顔
をしたシニア風の男女が、なだれ込んできた。がく〜(落胆した顔)
 食堂は、完全に、彼・彼女らにジャックさ
れ、にぎやかな会話が、行きかう。ふらふら

 韓国では無いが中国語と違う・・台湾か
マレーシア???
 子供連れの家族一組は、食事途中で、先に
出て行ってしまったが、残った私達には、強
烈な好奇の視線に曝され、無意識に早食いと
なった。もうやだ〜(悲しい顔)
 
オーダーを取る、バイトのおばはんも、苦
笑いで、私たちに謝るが、「大丈夫ですか
?、大変ですね。」と言って、足早に退散。
やれやれの一日だった。笑わーい(嬉しい顔)
 
 
 
曇り予報が小雨に近いよ。[2018年05月01日(Tue)]
 早く床に就いたせいか、三時半に、トイレに起きた。
午前中に、伊達農協に、タマネギ苗等を仕入れに行く
ので、昨年の購入記録を確認しているうちに、夜が明
けた。
 六時には、ワンコと連れ散歩。
 窓を開けると、霧というより、小雨に近い。曇りの予報
は、またも当たらない。
 せっかく、蕾をつけた寺ノ沢川の桜並木も、これじゃ可
愛そうと言うものだ。

 三月末から、電動チェンソーの振動で、痛めた右腕を庇
って、作業してたら、左腕も、痛めてしまって、特に、両手
首を外旋すると痛い。
 菜園作業は、遅れるし、クラブも、振れないし、久々の
ブラックホール状態に突入。
 芝刈りの予定までに、脱出できるのか、気持だけが焦る。

 まあ、それでも、山菜が食卓を飾り、食事は殊の外、美味
しく頂けているので、感謝、感謝ではあるのだが。
  
プロフィール

若見さんの画像
検索
検索語句
リンク集