CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


脳科学で出会った先生方 A [2020年10月30日(Fri)]
脳科学で出会った先生方 A です。
日本大学教授 森昭雄先生研究室 「ゲームと脳」の関係を教ええくれました。
東北福祉大学教授 金子健二氏は私の親友であった。私を子ども学科教授に任命してくれた。しかし、残念なことに、赴任する前に先生はがんに倒れた。私は赴任することもなく教授の約束は沙汰止となってしまった。

IMG_6642.JPG

埼玉県知事上田清司と会い「脳科学と教育」について語り合った。
IMG_6648.JPG

さいたま市長 清水勇人とナックファイヴで2回対談した。
教育長 稲葉健久には課長時代からしばしば会って、「脳科学と教育」について語り合った。た。
IMG_6650.JPG

埼玉県教育長 関根郁夫先生が川口工業高校の研究発表会を参会した。
当間喜久男校長先生をねぎらった。
IMG_6653.JPG

脳科学の公開研究会で小泉英明先生と会った。
先生の「脳科学と教育」は素晴らしい講演であった。
l図1.jpg

朝霞市民会館で久保田競先生の脳科学講演があった。
京都大学霊長類研究所所長。澤口俊之先生の恩師である。
IMG_6660.JPG

日本弁護士会の重鎮弁護士と会った。
IMG_6645.JPG

川口市長 岡村幸四郎氏、おさなご園長 丸山雅子氏とともに
IMG_6644.JPG

茂木健一郎先生 脳科学を広く国民に紹介した第一人者であった。東工大教授になってしまい、以前ほどマスコミに出なくなった。
yjimage68FA0ZYQ.jpg

澤口俊之先生
認知神経科学者、多重フレームモデルを提唱、ワーキングメモリーやモノアミン研究で世界的に注目された。若くして北海道大学教授となり、文科省の研究会でも活躍した。
dc050808.jpg2.jpg

 
脳科学で出会った先生方 @ [2020年10月30日(Fri)]
脳科学で出会った先生方

山中伸弥先生:筋肉が働かない難病の人が、ある研究発表会の席で、「私たちはいつまで待ったらよいのでしょうか。」と問いかけた。
 先生は「もうしばらく待ってください。全力を尽くしていますか」
と答えられた。
「ああ!この先生は、私利私欲のために研究をしているんではないんだ。今、苦しんでいる人を助けるために必死なんだ。」
とすぐに分かった。
01   IMG_9582.JPG

本庶佑先生:とつとつと研究成果を発表する先生の姿が心を打った。まだノーベル賞ももらっていないころであった。講演の内容はわからなかったが、強く深く心に響いた。講演後ロビーで「ありがとうございました。」とお礼を言った。
Tasuku_Honjo_201311.jpg

ヘンシュ・貴雄博士:今はハーバード大学に移られている。
当時は理化学研究所の若手研究者であった。臨界期の解明に全力を傾注していた。
わたしの素朴で雑多な質問に快く答えて下さった。
30−3  ヘンシュ博士(理化学研究所)-3.JPG

 
政府も脳科学の研究には全力を尽くしていた。文科省も脳科学を教育現場に活かそうとしていた。教育再生のキーワードを脳科学に置いた。有馬先生はじめ科学者は真剣だった。しかし、現場は動かなかった。大学局はどんどん進めていたが、初中局は動かなかった。指導要領に一言入れるだけでよかったのに、残念なことであった。
 文科省の担当官も熱心だった。「脳科学の知見を生かした教育実践」を視察したいと打診してきた。しかし。実現しなかった。市教委・県教委への遠慮もあった。他校とのバランスもあった。他にもいろいろ課題があったようだ。
03 教育再生会議の提言(脳科学と親学).JPG

 埼玉県医師会長 佐藤忠男先生は私の応援団長だった。
会長室で「ゲームと子供たちの脳」について話し合った。解決策を探りあった。
03.jpg

天皇陛下と美智子皇后は理研を訪問された。顕微鏡をのぞかれ神経細胞(ニューロン)をご覧になられた。
02  天皇・皇后陛下、理化学研究所訪問.JPG
小2が描いた先生の顔 子どもの見る目の確かさ! [2020年10月29日(Thu)]
小2の子供たちが描いた先生の顔です。30年前の絵です。

担任として最後の生徒です。懐かしいです。

それにしても子どもの目の確かさには驚かされます。

ごまかすことなんてとてもできません。ご覧ください。
IMG_7676.jpg1.jpg

IMG_7715.jpg12.jpg

IMG_7709.jpg12.jpg

IMG_7713.jpg12.jpg

IMG_7705.jpg12.jpg

IMG_7674.jpg1.jpg
庭に花「ティリーセイジ」 [2020年10月26日(Mon)]
庭に花「ティリーセイジ」がきれいに咲いています。
ご覧ください。
IMG_7252.jpg

IMG_7258.jpg

IMG_7257.jpg1.jpg

IMG_7253.jpg






脳の成長・発達 [2020年10月25日(Sun)]
脳の成長は早い。

急速に発達する。

8歳で95%にまでいたる。

一般臓器は中学時代、生殖器は高校時代急激に発達する。

図15.jpg

脳の発達状態は神経細胞(ニューロン)の発達状態によってとらえられる。

出生直後、3か月後、6か月後・・・2年目と樹状突起が繁茂してくる。

図14.jpg

しかし、無制限に繁茂するわけではない。

一端つくっておいて、使わない所は脱落していく。

「刈り込み」という現象である。


人間ってうまくできている。

使わなければダメになる。

良く使えばよくなるし、悪く使えば悪くなる。

 
心も体も同じだ。

知恵だって同じ。「悪知恵」ということもある。

図20.jpg1.jpg

ニューロンの働きと子供の成長 [2020年10月21日(Wed)]

 神経細胞(ニューロン)はお互いに求めあう相方をさがしている。

チルチルミチルのように・・・

図9.jpg

 実験室でも様子。
 理科学研究所で私は撮影させて戴いた。
図10.png1.png

大脳基底核での神経細胞のネットワーク
図12.png

樹状突起を増やした神経細胞。
赤い線ば伸びていく。
図13.png

シナプスで情報のやり取りをする。
図11.jpg

スパインは使えば使うほど大きくなる。
脳は使えば使うほどよくなる。
子どもは学べば学ぶほど成長する。
ダラダラ生活。目的・目標のない生活は脳を生かさない。
図19.jpg
脳の姿ー脳幹・大脳辺縁系・大脳皮質・前頭前野・ニューロンー [2020年10月13日(Tue)]
脳の姿です。ご覧ください。
私が撮ったマウスの脳です。ここに秘密が詰まっているのです。
図1.png

茶色の部分は細胞、白い部分は軸索の集合部分です。
図2.png

脳の全体図です。身体活動の役割分担がしっかり決まっています。
図4.png

脳の内側の図です。脳幹・大脳辺縁系・大脳皮質・前頭前野・小脳などの位置がよくわかります。
図6.png1.png

 ニューロンの図です。細胞体・樹状突起・スパイン・シナプスなどがわかります。
図7.jpg1.jpg

ニューロン(神経細胞)の姿です。
図8.png
政治の責任・民の責任ー申命記15章ー [2020年10月10日(Sat)]
政治の責任は、「貧者を生まぬしくみ・制度」を作ること。
民の責任は、「自助・共助、不足したら公助」に徹すること。

申命記15章の記録である。紀元前1260年・今から3千二百年前、ユダヤの地で語られた言葉である。他国人・孤児・寡婦を守るように厳命している。借金しても7年後にはチャラにし、社会的に「リセット」をかけることを定めている。

  三千年も昔は羊やヤギを飼って生活をしていた。
IMG_3299.JPG

 農地は痩せ、収穫は少なく、生活は決して豊かではない。
IMG_3337.jpg

 それでも家を作り、街をつくり、生きていくために他の街と闘い生きていた。
IMG_3359.jpg

 牛を使い、農地を耕し、暮らしを成り立たせていた。
IMG_3405.JPG

 当然のことながら、女も子供も貧しかった。
IMG_3409.jpg

 水汲みやマキひろいは女の大事な仕事であった。
IMG_3415.JPG




政治家・県知事へ ー庶民の願いー [2020年10月09日(Fri)]
 政治が動いています。庶民の一人としての、
 ささやかな願いを申し述べます。

キャプチャ2.PNG66556.PNG

浦安講演:「遺伝子の違い」と「一塩基多型」 [2020年10月07日(Wed)]
浦安講演:「遺伝子の違い」と「一塩基多型」
スライド34.JPG
スライド35.JPG
スライド36.JPG
スライド37.JPG
| 次へ
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)