CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


脳の活性は母親が一番、携帯は一部のみ [2019年12月30日(Mon)]
母親と向かい合っての会話OK、それが一番です。可愛がって育てて下さい。dc112739.JPG

母親と話すときは左脳も右脳も働いていますが、知らない人だと反応しません。
dc112746.JPG

携帯電話での会話の場合は言語脳だけ活性化しています。
dc112743.JPG
 テ―チングマシーンが流行った時代もありましたが、結局長続きしませんでした。”人間を育てる” のですから “ 心 ” を持った“人間”でなければいけないのです。AIの時代です。“要注意” です。
神経細胞と情報伝達 [2019年12月29日(Sun)]
神経細胞と情報伝達の様子 猛烈なスピードで細胞内を駆け巡る。
0e734bab-s.jpg

神経細胞と情報伝達の実像
f9b68de58ff3692f2c0f2aadc9692167.jpg

活躍する神経細胞の樹状突起
IMG_0001.JPG

樹状突起のスパイン 情報が多いほどスパインが活躍する。活躍するほど新たなスパインが生まれる。記憶のひみつをに握っている。記憶の素でもある。
IMG_0002.JPG

正常細胞のすがた
fig1.jpg-1.jpg
変異細胞のすがた
fig1.jpg-2.jpg

細胞・核・DNA [2019年12月28日(Sat)]
細胞の中に核があります。その核の中から一本のDNAがつるつると紡ぎだされます。
dc061146.jpg1.jpg

DNAは二重らせんで成り立っています。
IMG_0005.JPG

平成の天皇皇后両陛下は理研を訪問され、理事長からニューロンの動きや働きを学ばれました。
topics0101-thumb.jpg


続きを読む...
脳のしくみと働き [2019年12月27日(Fri)]
脳の略図です。
脊髄ー脳幹ー古い皮質ー新しい皮質からなります。
035.gif

8歳までに80%はできあがる。ニューロンが緻密なネットワークを形成する。
036.gif

前頭前野が発達すればするほど高度な思考ができる。ネズミは本能がほとんどを占める。
039.gif


ヒト脳は最高度に発達した脳である。特に言語脳領野が著しく発達している。
041_01.gif

情報は目から、耳から脳内に入ってくる。脳の中を駆け巡り生命活動、身体活動、知的活動、やさしさ・思いやりなどの人格活動をしている。
055_02.gif

過剰ゲームが脳を壊す [2019年12月27日(Fri)]
過剰ゲームが脳を壊すのです。脳の前頭前野がスカスカになります。
脳の活性化どころではありません。細胞がなくなるのですから・・・。
IMG_4071 (2).jpg

神経細胞はぐちゃぐちゃに生まれます。
IMG_4011.JPG

しかし、どんどん死滅したらどうなりますか。
細胞のない頭、スカスカ脳、すかすか頭になってしまいます。
IMG_4012.JPG

DNAの「A・T・G・C」二重らせんが壊れてしまうのです。
特に乳幼児の細胞は感じやすいので要注意です。
IMG_5146.JPG
メール・ゲームは要注意! [2019年12月26日(Thu)]
メールはメール。連絡手段に過ぎず。
対話の手段にはなりえない。
dc061109.JPG

テレビも同じ。いくら引き込まれても一方通行。
「学んでこれを思う」レベルには到底行きつかない。
テレビ視聴時間1015時間、授業時間980時間。
到底太刀打ちできない。
よい番組もいっぱいある。
しかし、
思考力を養うには何といっても学校の授業だ。
dc061110.JPG

簡単な計算であっても、テレビゲームよりずっと脳は活性化している。
dc061140.jpg
コンピュータでも、囲碁には全くかなわない。
子どもの脳をしっかり育てるには、生身の人間との対話が一番だ。
愛情溢れる人間だ。人間は人間によって育っていく。
dc061113.JPG

 
学問には歴史がある [2019年12月24日(Tue)]
学問には歴史がある。人間の科学にも歴史があった。
ウェーバー=フェヒナーの法則はその先駆けであった。
GEDC0145.JPG-1.JPG

こころの研究にも子どもの研究にも歴史があった。
フロイトもホールもユングも偉大な科学者であった。
先達であった。
彼らが据えた土台に上に現代の心理学は築かれてきた。
GEDC0147.JPG

そして今、DNAを踏まえた学問が進展している。
IMG_0817 (2).jpg1.jpg

それもこれもアインシュタインという天才の切り開いた路線の展開である。
この天才は並の学者には見えないものを見ていたのであろう。
いかばかりか「孤独の生涯」であったことだろうか。
嗚呼、何と天才とは悲劇的運命を担わされた人間なのであろうか。
o0400026013645476014.jpg
続きを読む...
ウソは嫌いだ 金は魔物だ [2019年12月23日(Mon)]
ウソは嫌いだ。
ごまかしは嫌いだ。

生来ウソは肌が合わない。
嘘つき野郎は大嫌いだ。

調子のいい人はいやだ。
おべんちゃらは嫌いだ。
気分が悪い。

商人は肌に合わない。
損得勘定は苦手だ。

農民がいい。
職人がいい。
ウソをつかないから。

銀行はどうなった。
証券はどうなった。

金 金 金 
そんな世の中はもうごめんだ。

学問がいい。
学問は事実探求だ。
真実探求だ。

今も金がらみの事件が起こっている。

どうしてこんな世の中になってしまったのか。
続きを読む...
子どもは育つ。お母さんが賢ければ・・・ [2019年12月22日(Sun)]
     子どもは育つ。お母さんが賢ければ・・・

父親より母親
母親よりもおばあちゃん

中高よりも小学校
高学年よりも低学年
座学よりも外遊び

算数よりも国語
国語よりも体育・図工

お母さん方 
賢くなってください。
ガミガミ言って
子どもを追い詰めないで下さい。

困ったときは
思慮深いおばあちゃんの
賢い教えに耳を傾けて下さい。

黙って 黙って
黙々と 黙々と
お母さんの仕事を
やり続けて下さい。

子どもは
お母さんが言ったように
育つのではなく、
お母さんがやったように
育っていくのです。

ニューロンの働くすがた [2019年12月20日(Fri)]
ニューロンのすがた 一個のニューロンに1万個ものスパインが
相互の連環をつくり、膨大なネットワークを形成する。
図10.jpg

伸びる軸索とニューロンの結合。好き同士が引き合う。
嫌いだと反発し合う。細胞の原理である。
図12.jpg

ニューロンが活動するようす。一時も休むことがない。(理研にて)
図14.png
| 次へ
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)