CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


脳の成長は早い。8歳で95%できあがる [2018年02月28日(Wed)]
脳の成長は早いのです。8歳で95%できあがるのです。
幼少期が勝負です。幼少時教育に成功すれば高校大学まで心配は
ないでしょう。特別なトラブルがない限りすくすくと伸びていく
でしょう。
 オリンピックがこのことを証明していました。金・銀・銅のメ
ダルをとったほぼすべての選手が幼児期から練習を始めているの
です。
 羽生結弦選手は4歳頃からスケートをから始めたそうです。
ほかの選手も少なくとも小学生時代にはかなり活躍していたはず
です。事はスポーツだけではありません。勉強だって将棋だって
原理は同じです。脳の発達とともにヒトの活動は広がっていくの
です。
 現役の校長時代、全国少年少女囲碁大会にクラブの子供たちを
連れて行ったことがあります。そこで見たのは小学校低学年の子
が中学生をバンバン負かしていたことです。びっくりしました。
でもこれが「脳の真実」です。
図207.jpg
よく育った教え子たち [2018年02月26日(Mon)]
 平成4年度だからもう26年も前のことだ。川口市立戸塚北小学
校2年4組 子供たちはみんな元気いっぱいだった。意欲に溢れて
いた。楽しかった。面白かった。可愛くってたまらなかった。
 子供たちは私の手をはなれ中学・高校へと進んだ。そして20歳、
成人式の年に再会した。会社員として、職人・技術者として、大
学生として立派に成長していた。有難かった。嬉しかった。

「今何しているの?」と聞いた。わかった分だけですが・・・
国公立
富岡太一 千葉大学
小沢弘樹 埼玉大学
渡辺稔  埼玉大学
私立大学
相内隆之 専修大学
池田秀人 早稲田大学
岩本章太郎 大東文化大学
杉山幸平 上智大学
宮壽和宏 早稲田大学
・・・
赤池直美 高等看護学校
押田亜紀 東京家政大学
望月祐佳 日本女子大学
・・・
・・・
 脳の成長は早いのです。8歳で95%できあがるのです。
幼少期が勝負です。幼少時教育に成功すれば高校大学まで心配は
ないでしょう。特別なトラブルがない限りすくすくと伸びていく
でしょう。
 26年前でも平成30年の現在でも同じ結果が出るはずです。脳
はそのことを教えています。いくら強調してもし過ぎることはあ
りません。
続きを読む...
子どもの本当の伸ばし方 [2018年02月25日(Sun)]

国公立の大学入試試験が近づいてきた。受験生にとって真剣勝負だ。親にとっても正念場である。18年間育ててきた結果がでるのだ。本ブログでは「人間が育つこと・成長すること・伸びること」を脳科学の知見から考えてきた。「子どもの本当の伸ばし方」とは・・・を探っている。
IMG_4525.JPG

 どうやって「やる気」を出させるのか。テレビで「どうやる気を出させる?」という番組があった。なかなか面白い番組であった。どの家庭でも苦労しているようだった。
 本「脳科学ブログ」でもしばしば言及してきたことである。アーカイブスを紐解いてください。必ずやヒントを見出すでしょう。

求めよ。さらば与えられん。
尋ねよ。さらば見出さん。
門をたたけ。さらば開かれん。
◎IMG_4958.jpg1.jpg

子どもは育つ。確かに育つ。 [2018年02月17日(Sat)]
子どもは育つ。
確かに育つ。
必ず育つ。

学校で育つ。
教師で育つ。
親で育つ。

東京大学に3名入った。
貧しいといわれる地から入った。
朝霞市立第三小学校で教えた八木俊哲君
川口市立朝日東小学校で教えた松尾真君
川口市立東本郷小学校で教えた柿沼優香さん

医療関係者に3名がなった。
麻酔科医になった中里桂子さん
歯科医師になった松本剛君
獣医師になった山口泰枝さん

 
教師になった。
技術者になった。
職人にもなった。
みんな みんな
立派に仕事をしている。

有難いことである。



学力テスト結果一覧と脳の関係 [2018年02月17日(Sat)]
26年度学力テスト結果一覧(埼玉県35市町村)です。平均点で5点から10点までさがあります。理想は高得点かつ点差が少ないことです。志木市・蓮田市・さいたま市など高順位の市町村は点差が少ないのです。
社会資本がかかっている市ほど教育効果が上がっているのです。問題は「モノ・カネ・ヒト」です。教育の充実です。貧困の連鎖を克服する道は効果的な教育が一番です。
1926780_873483562670737_2681368585344708647_n.jpg

効果的な教育とは「心と身体」を可能な限り発達させることです。それは脳の活動量をあげることです。下の写真は「考える時」と「読書している時」と「計算している時」の脳画像です。計算している時が一番活性化しています。「考える」だけではダメです。具体的な活動がなければ虚しい結果になります。「言行一致」が大事なのです。
1211図1.jpg
続きを読む...
本ブログPV数 180万突破 [2018年02月16日(Fri)]
本ブログのPV数が180万件を超えた。
正式には、1,803,251PVである。
ご支援・ご愛顧ありがとうございました。

201365日ブログの記録5月分は下記の通りでした。

        5月合計
1 訪問者数  5368人(最多人数日210人)
2 
P V 数  23736PV(最多PV日1486pv) 
3 部門別順位(6月5日調べ) 
   「脳科学」・・・273万中第23位
   「脳科学と教育」・・・187万中第3位
   「脳科学ブログ」・・・357万中第1位

               桑原 清四郎


身体活動量と体力 [2018年02月14日(Wed)]
身体活動量が増えると体力も上がる。「子供は風の子」「ネコはこたつで丸くなる」である。子どもは外で遊んでほしい。室内で「ゲームの虜」になるのだけは避けてほしい。9cef81c8ebf5c0d74dfe8771480cf24a-300x250.jpg
続きを読む...
うつ病は脳の機能低下である [2018年02月12日(Mon)]
うつ病が増加している。うつ病になると脳の働きが落ちる。意欲が落ちる。
感性も落ちる。人間力も落ちる。うつ病の度合いが重くなるほど自殺願望が
強くなる。

ADHDや自閉症になると前頭前野の働きが落ちる。
「人間関係を取り結ぶこと」や「我慢すること」や「思いめぐらすこと」な
どが苦手になる。しかし記憶力・想起力・集中力など特定の能力は人並み以
上の力量を発揮することもある。
図7.jpg

一般知能(gF知能)やワ−キング能力(WQ)が高いほど衝動性が低い。
カッとしない。落ち着いて対応できる。
図6.jpg
続きを読む...
知能のgFスコアの真実 [2018年02月07日(Wed)]
知能のgFスコアをはかると個々人の人生が見えてくる。黄色は高校中退率を示している。75以下だと「リスク大」 75-90は「厳しい」、90-110は「現状維持」、110-125は「前途洋々」、125以上「成功間違いなし」である。あくまでも統計上の事ではあるがほぼこの通りに落ち着くであろう。学問上の真実ととらえ、その上で社会政策を立案・遂行していかなければならない。
図9.jpg

交通事故死率(1万人あたり)である。gFスコア80-84の場合は140人超、85-99だとほぼ90人程度である。100を超えると40人程度まで減る。免許証更新研修でぜひ教えていただきたい。避ければ避けられる不幸を生まないためである。
図8.jpg
資料:澤口俊之博士

頑張れ!貴乃花 [2018年02月02日(Fri)]
頑張れ!貴乃花 いい顔しているね。
f726877afbf241295cbdc3ff992980d9.png

この訓辞は素晴らしい。自ら日々実践し、努力してきた結晶でしょう。
結果は必ず出ます。関取が生れます。相撲界に大きく貢献するでしょう。
IMG_1940.JPG

理事選挙2票 残念! しかし、親方の第一の仕事は「弟子の育成」
優れた力士をどんどん育成してください。期待しています。
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)