CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


脳科学と教育(小泉英明) [2016年09月12日(Mon)]
        脳科学と教育(小泉英明)

・学習:「脳が環境からの外部刺激に適応し、自ら情報処理神
     経回路網を構築する過程」
・教育:「環境からの刺激を制御・補完して学習を導き鼓舞す
     る過程」
・生まれた直後は最も神経回路網の構築が盛んな時期です。
・神経接続は遺伝子によって大雑把につくられ、環境からの刺
 激を受けたシナプスだけが生き残り成長します。
・睡眠のリズムも乳幼児期に形成される。夜間に強い光を浴び
 たりすると、一生睡眠障害に悩まされることもあります。
・環境に対して脳が最適化するプロセスが乳幼児期にある。こ
 の時期の学習が重要、脳科学で実証されています。
・胎児期から死に至るまで、一生を通じてすべての学習と教育
 の過程を包括的な視点で捉え直すのが脳科学のアプローチで
 す。
・読み書きや計算などの基礎学力、学習意欲の根源、臨界期と
 感受性期(学習効果の高い年齢)、神経回路網の構築におけ
 る遺伝因子・環境因子、記憶のメカニズム、損傷した脳の機
 能回復(リハビリテーション)、加齢と能力維持・健やかな
 老い、創造性や寛容性など研究課題は多いのです。
・「学習意欲」や「志」は情動とも関係が深い。動物的な欲望
 とも違うし、完全に理性が支配する領域でもない。古い皮
 質と新しい皮質の相互作用から生まれるもの。
・知識や自己抑制ばかり強くなっても、何かをしようという意
 欲が育まれなければ、人間性に問題が生じかねない。
・脳の構造からも、進化の順番で学習するのが自然です。胎児
 から乳幼児への成長は進化の再現です。
・学習も脳進化に準じるのが自然です。初めに本能的なことが
 完成し、欲求が芽生え、そのうち自己抑制を身に付け、知識
 を吸収していくプロセスを大事にしなければいけません。
・ところが最後の知識の点だけが外側から見えやすいので、ど
 うしても知育に偏りがちになります。
・古い皮質との連携をきちんと育てる前に、新しい皮質にどん
 どん情報を入れてしまうと、後で取り返しのつかないことに
 なる恐れがある。早期教育は決して間違いではありませんが、
 知育偏重にならないように注意すべきです。
・ 「憎しみ」や「コンパッション・共感(compassion)」は
 新しい皮質と古い皮質の兼ね合いで生まれている。
・ 「憎しみ」は人間特有の一段深い心の問題です。前ローマ法
 王ヨハネ・パウロ2世は9.11 のテロ以降、一貫して「憎しみ
 の連鎖を断ち切る勇気」に言及されました。「憎しみ」は重
 要なキーワードになっています。
いじめられ自殺 [2016年09月09日(Fri)]
また、いじめで命が失われました

15才から39歳までの引きこもり数が51万人を超えたとい
う。ゆゆしき問題である。人間関係が切れ孤立化すると細胞は
いのちは力を失う。そして死滅していく。
繋がっていなければ死んでしまう。それが細胞の宿命、人間の
宿命なのだ。昨夕、水谷修先生の本を読んだ。心打たれた。

本を読みながら50数年前の定時制時代を思い出した。貧しか
ったがみんな希望に満ちていた。不幸を背負っている子も多か
った。卒業したのは半数に満たなかった。しかし、それぞれ力
強く生きていた。仲間がいたおかげであった。その一人Aさん
は連合町会長として活躍している。

死んだらいかん。死んだらいかん。もう一息だ。生きていれ
ば何とかなる。事態は変わる。必ず変わる。
友だちを作って下さい。友だちがいれば息次ぎしたすくなる。
道も開ける。

 以下先生のブログ(2016年8月31日)より転載します。

青森県で、中学生の少女が自ら命を絶ちました。虐められて
いたと遺書を残して。私の元には、毎晩のように、いじめで苦
しむ子どもたちからの相談が来ます。その相談してくる子ども
たちのほとんどすべては、親や先生たちに、またいじめについ
ての相談窓口に相談することなく、一人で問題を抱え込み苦し
み、死を考えています。

私は、必ず、その子どもたちの回りに相談することを勧めます。
わたしが、直接連絡することもあります。ほとんどのケースは、
それで解決することができます。

子どもたちは、一度でも大人や仲間から裏切られてしまうと、
人を信頼することが怖くなってしまいます。でも、この世界に
は、信頼できない人間より、はるかに多くの信頼できる人間の
方が多いのです。少しの勇気を持って「助けて」と一言言うこと
ができれば、ほとんどのいじめ問題は、解決できます。

悩んでいる子どもたちにお願いです。いのちを絶つ前に、一度
だけでいい、人間を信じてみてください。そして、助けを求め
てください。必ず、助けが来ます。

たくさんの大人たちにお願いです。回りで、元気のない子ども
がいたら「どうしたの」と声をかける優しさを持ってください。
それが、子どもたちのいのちを救います。
スマホが学力向上に悪影響 [2016年09月07日(Wed)]
・アメリカの大学での研究結果を報告します。

スマホが学力向上に悪影響

・最も成績が低かった生徒ほど顕著に表れる。
・携帯の禁止が生徒の成績を向上させる。
・禁止した学校では、テストの平均スコアが6.4%上昇、
 元々の成績がよくなかった生徒は、14%上昇していた。
・ケイタイは学力格差の危険性を含んでいる。
・その影響は特に低所得者層や低学力の生徒に顕著に
 表れる。
・週1時間の学習時間にも匹敵、効果は年5日増に相当する。

高いスマホを買ってあげ、わざわざ子どもの学力を落とす
のは知的な生き方とは言えないだろう。
脳を活かしたい [2016年09月05日(Mon)]
脳を活かしたい。十分に活かしたい。そして、充実した人生
を送りたい。
IMG_0005.JPG

脳を知りたい。もっと知りたい。愛他・利他の人生をいきぬき、
死んでいきたい。
IMG_0010.JPG

入力・スパインは殆ど無限、情報は入れるだけではダメ、出力し
なければ・・・。
IMG_0006.JPG

出力は軸索一本、この一本が死活を決める
IMG_0013.JPG
還れ!北方領土 [2016年09月05日(Mon)]
還れ!北方領土 還せ!北方領土 
dc050346.JPG

墓参のならずに死にゆく人たちがいる。痛ましい。
dc050347.JPG

近くて 遠い 4つの島
dc050342.JPG

すぐそこに、手を伸ばせばすぐ届くほど近くに4島はある。
安倍首相とプーチン大統領、何とか落とし所を探って、合意に達
してほしい。なかなかしぶとい相手だが、粘り勝って欲しい。
dc050341.JPG

樺太は、幕末間宮林蔵が探検した島だ。日本・アイヌの蝦夷地
、日露戦争で領土として確定している。10年前、次男の釧路
勤務時代訪れた。
dc050340.JPG
左右脳の配線回路 [2016年09月05日(Mon)]
左右脳の配線回路です。
脳梁が軸索の太い束であることが良く分ります。
IMG_0002.JPG1.JPG


IMG_0003.JPG1.JPG
中国人から見た日本の不思議 [2016年09月03日(Sat)]
日本に生まれ、日本で育った私にすればあまりにも当たり前の
ことなのに、外国人の目から見たら不思議に思うらしい。

   中国人から見た日本の不思議

1 日本の家には防犯の鉄柵がない
2 長財布を後ろポケットに入れている
3 電車で熟睡してもカバンが盗まれない
4 どこにでも自販機がある
5 無人の直売所
6 無料の雨傘レンタル
7 スーパーに荷物ロッカーがない
8 レストランで貴重品を置いて席を離れられる
9 子供が自分で登下校している
10 女性の夜の独り歩きも安心
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)