CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


長時間のテレビ視聴が、子どもの脳の発達に悪影響 [2013年11月30日(Sat)]
テレビの見過ぎは脳の発達に悪影響を与える。ゲームはもっ
と悪い。頭のよかった子どもが学年が進むうちに徐々に徐々
に頭が悪くなるケースを多く見てきた。経験的には至極当然
のことだが、流れを変えることができないできた。どうした
らよいのだろうか。テレビでさえ脳に悪影響を与えるという
論文が出た。お父さん・お母さん、耳を傾けて下さい。

1 東北大学は11月18日、長時間のテレビ視聴が、子どもの
 脳の発達に悪影響を与えていることが明らかになったと発
 表した。同大学が、子どものテレビ視聴習慣が数年後の脳
 に与える影響を解析して解明された。
2 東北大加齢研は、子どもの脳の発達を、脳機能イメージン
 グ装置を使って明らかにするとともに、どのような生活習
 慣が、子どもの脳発達や認知力の発達に影響を与えるかを
 研究している。
3 竹内准教授は、5歳から18歳(平均約11歳)の健常小児
 を対象に、テレビ視聴習慣と、数年後の言語機能や脳形態
 の変化との関連を解析して明らかになったもの。長時間の
 テレビ視聴が、脳の前頭極をはじめ、高次認知機能領域の
 発達性変化や言語性知能に悪影響を与えていることがわか
 った。
4 この研究結果は、数年の期間をかけ、脳画像と大規模なデ
 ータを用いて、テレビが子どもへ与える悪影響を明らかに
 した画期的なものとして、英国神経科学雑誌にも採択され
 た。
5 テレビ視聴の乳幼児への悪影響はこれまでにもよく知られ
 ていたが、今回の研究により、子どもの発達期においても、
 長時間のテレビ視聴には一層の注意が必要であることがわ
 かった。
長生きは母の愛のおかげ? [2013年11月29日(Fri)]
・成長して離乳したチンパンジーでも、大人になるまでに母
 親と死別すると早死にする傾向があるとの研究結果を、京
 都大と神戸学院大、鎌倉女子大のチームがアフリカ・タン
 ザニアに生息する群れの観察データの分析から明らかにし、
 5日までに米専門紙電子版で発表した。
・チンパンジーの母親が離乳後も何らかの形で自分の子ども
 の世話をしていることを示す結果で、京大の中村准教授は
 「チンパンジーの母子の絆が長く続くのは人間と共通性が
 ある。人間の親子関係の進化を解明する手掛かりになるの
 では」としている。
・チームはタンザニア西部にある熱帯の森林で暮らすチンパ
 ンジーの群れを観察した1972〜2012年のデータを
 分析。離乳する5歳から大人になる15歳までに母親が死
 んだ雄29頭のうち、年齢ごとに算出した群れの平均的な
 余命を超えて生きられたのは7頭だけだったことが分かっ
 た。
・中村准教授は「哺乳類の中で離乳後も子どもの世話をする
 のは人間だけだと思われてきた。チンパンジーは、子ども
 が大けがをしたときなど重要な局面にサポートするのでは
 ないか」と話した。
川口・神根東小の研究実践 @ [2013年11月27日(Wed)]
10月22日(火)川口市立神根東小学校の研究発表に参加
した。教育の現場がどうなっているか知りたかった。以下
「脳科学ブログ」発信者の感想を記す。
シーンと静まり返ったt体育館に澁谷啓子教頭の開会の言葉が
響いた。
DSCN6032.JPG

新海今朝巳教育長が切れ味のよい挨拶をした。川口教育への
期待が込められていた。
DSCN6036.JPG

千葉久雄校長があいさつに立った。私たちの研究は環境教育
を単に環境問題だけと捉えるのではなく、地域社会全体を環
境と捉え、地域の自然・地形・産業・文化等を探究的に学習
したものだと強調した。
DSCN6034.JPG

研修主任小島教諭は、地域の特色を生かした環境教育の具体
的展開をパワーポイントで説明した。
DSCN6038.JPG

テーマは「環境教育の研究」、主題「生きる力を育む環境教
育の推進」であった。
DSCN6040.JPG

「環境教育」=「地域の学習」 これが研究の基調であった。
成功の秘訣はここにあった。地域の人々や環境と関わること、
その深さと濃密さが教育の質を決定づけた。
DSCN6041.JPG

まずは地域を知ること、とりわけ、実体験のフィールドワーク
を通して地域を知っていった。
DSCN6060.JPG
川口・神根東小の研究実践A [2013年11月26日(Tue)]
生活科1年の研究授業です。単元名は「あきがいっぱい み
んなで遊ぼう」、本時の目標は「校庭や「木もれ日広場」の
身近な自然に関心を持って関わり、季節の変化に気づくとと
もに、そこで見つけるた木の葉や実などを利用して、友達と
一緒に遊びを工夫して楽しむことができる。
DSCN5975.JPG

子どもたちは、真剣そのもの、誰もしゃべらない。夢中で首
飾りや遊びの道具を作っていた。
DSCN5977.JPG

子どもの作品。邪魔にならないように注意しながら、パチリ!
と写真を撮らせてもらった。
DSCN5978.JPG

子どもたちの作業を見守る生活科主任の先生。まなざしが
暖かい。子どもたちの動きを見逃さない先生である。
DSCN5979.JPG

くるっと目を転じた。入ってきたのは男の子たち。近づい
てみると、小箱を広げ繋げていた。電車をつくるのか、蛇
をつくるのか、どんどん長く伸ばしている。本時の目標「
秋で遊ぼう」などどこかに吹き飛んだらしい。「秋」は吹
き飛び、長いものへ。どんどんイメージを広げていく。そ
れでいいのだ。子どもは空想の世界で遊び育っていくのだ。
DSCN5980.JPG

たくさんの参観者があった。先生方は知っているのである。
どこの学校がいいのか。どこの学校が良い授業をしているの
か。先生方は誰も「知りたい・学びたい・自分のクラスで生
かしたい」と願っているのだ。
神根東小で確かな手ごたえを感じた先生方は、喜び勇んで学
校に帰るのだ。意欲を持って、やる気になって帰るのだ。こ
うして学校も先生も生きかえっていくのだ。
DSCN5983.JPG
川口・神根東小の研究実践B [2013年11月24日(Sun)]
「さあ、集まって!」先生が呼びかける。子どもたちが集ま
る。授業のまとめであった。参観の先生方は遠くから見守っ
た。
DSCN5986.JPG

私は更に離れて授業全体の風景を見守った。先生方の動きも
授業の構成要素である。
DSCN6001.JPG

川口・神根東小の研究実践 C [2013年11月23日(Sat)]
3年総合は「もっと知ろう、わたしたちのまち パート1」
単元まとめの授業であった。自分の思いや考えを伝え、発
表ができること。発表の方法、資料の提示の仕方や精選の
仕方などを学んでいた。
DSCN5956.JPG

6年総合は「未来に残そう!神根遺産」 神根を遺産に認
定するため、どんなことを調べたらよいかを考えよう。」
の授業であった。
DSCN5927.JPG

教室の壁面には神根の遺跡写真がいっぱい貼りだされてい
た。フィールドワークで見聞きしたことを思い出し、付箋
に書き出し、グルーピングし、課題作成へのイメージを広
げていた。若手教員を上手に育てていた。幸せな学校であ
る。
DSCN5928.JPG

川口・神根東小の研究実践 D [2013年11月22日(Fri)]
研究授業・発表会が終わってから、校内を一巡した。掲示物
は日常の活動を教えてくれる。1階廊下に、研究のテーマ「
環境教育に関する研究ー研究主題」と「日光御成道展」のポ
スターがあった。日光御成道も大事な地域学習の教材である。
href="/brains/img/DSCN5969.JPG" target="_blank">DSCN5969.JPG

「もっと知りたい!神根東」地域を調べながら学習を進める。
道・自然・文化財・・・。その成果の一端である。これこそ
本物の地域学習である。体験なしの教科書学習だけでは実力
はつかない。
DSCN6020.JPG

地域の「はな・虫」地図があった。ここに生きた理科学習の
芽があった。生活科が生きていた。
DSCN6026.JPG

墨絵もあった。地域の自然を絵にかいたものであった。理科
も図工も一体であった。教育活動全体が研究テーマに収斂し
ていた。これでなければ成果は上がらない。
DSCN5925.JPG

保健室・職員室の前に出欠黒板があった。1年欠席ゼロ、2
年欠席ゼロ、3年も欠席ゼロ、4年もまた欠席ゼロである。
5年欠席1残念、6年またもや欠席ゼロ、全校欠席1名。
出欠黒板は重要だ。子どもの健康状態、職員の対応力を照ら
し出される。今、日本の学校現場は、いじめ・不登校・閉じ
こもり・ADHDなどで苦しんでいる。学校が生き生きしてい
れば状況は改善するが死んだように停滞してれば、どんどん
悪化する。メルクマールの一つが出欠黒板である。
DSCN5908.JPG

研究発表会の4日後、神根東小を訪問した。千葉校長への
ねぎらいとお礼の訪問であった。土曜日であったが校長は
出勤していた。誰もいない校長室で二人研究の喜びや苦労
を語りあった。教科の選定・基本方針・重点・方法・リー
ドの仕方・成果や課題など多岐にわたった。時のたつのも
忘れて語りあった。千葉校長は愛の人である。子どもへの
まなざしがあたたかい。先生方への配慮も行き届いている。
「文科省の学力テストの結果はどうでしたか?」と聞いた。
「良かったです。不思議なことですが・・・。」
と言った。私は、一言
「当然です。当たり前です。良いのが当たり前です。本当
 の教育が行われていたからです。」
と言った。学力テストも学校づくりの一環、学校・親・地
域の協同作業である。
6時も過ぎた。暗くなっていた。
「さようなら、この成果を次につなげて下さい。」
とお願いして校門を後にした。
「心が通う」とは不思議なことだ。先生との出会いは35
年も前のことだ。「初めて桑原先生にあった時、ショック
を受けた。その時以来会うことはなかった。けれど先生の
ことを忘れることはなかった。」と言うのだった。
ウソをつくな。“武士の魂”を取り戻せ。 [2013年11月08日(Fri)]
ホテルの食材偽装、よくもここまでウソをつけるものだ。盗
むな。ウソをつくな。卑怯なことはするな。「ウソは泥棒の
始まり」「ウソをつくな。ウソをついてら舌を抜くぞ」「武
士なら腹を切れ」とまで言われて育ったものだ。“武士の魂”
はどこへいった。牧民官の気概はどこへいった。愛国・愛民
の心はどこへいった。
日本の統治者・指導者達よ。「政府」「財界」「東電」のみ
なさん、見本を見せてほしい。
下記、武田邦彦の訴えを紹介する。

1 最近、政治的な理由によって「1年1ミリにこだわるな」
 という表現が使われるようになっている。これはまともな
 日本語とは言えない。詐欺に類するトリックだ。注意が必
 要だ。理由は次にまとめられる。
  @ 被曝の限度は「国民が我慢できる限度」で決まってい
   る。
  A 日本では「原発の被曝で、1年8000人以下の犠牲
   者まで我慢しよう」と国民が覚悟している。
  B それを「被曝量」という物理的数字に直すと「1年1
   ミリシーベルト」ということで、国民的合意は「1年
   8000人以下なら我慢しよう」ということであり、
   「1ミリシーベルト」で合意しているのではない。
  C この合意を知らない人もいるけれど、日本政府はこれ
   まで「国民の合意手続(国会や大臣や政治家の了解、
   官庁の決定、公聴会、通達、法令など)」で決定して
   きた。
2 このように政府が主導して決めてきたことだから、国民が
 「1年1ミリを緩めてくれ」といい、政府が「規則を見直
  す」というならわかるが、政府や議員が「1年1ミリに
  こだわる」というのは日本語としては適切な使い方では
  ない。自ら決めて自らが国民の合意を得てきたものを自
  分で「こだわるのはおかしい」ということ自体が「おか
  しい」からだ。
3 一昔前は、このような場合の歯止めになったのは新聞記者
 だった。彼らには報道としてのプライドがあり、「正し
 い日本語、正しい単語」に固執したものだ。その頃だっ
 たらいくら自民党が「こだわる」といっても「それは使
 い方が違うのではないか」と記事を書いただろう。
4 今や日本を代表する読売新聞がその社説で「1年1ミリに
 こだわるのか」と書いた。読売新聞は「1年8000人で
 は少なすぎる。犠牲者はもっと多くてもよい」と書くだけ
 の度胸がなかった。つまり「自分が正しいと思うことを書
 かない新聞」ということになる。
5「自分が正しい」と思うことを書けない新聞というのは存
  在価値があるのだろうか? 人は何をよりどころにして
  毎日を送っているのかというと、「自ら正しいと思うこ
  とを言い、それをするために生きている」のだ。
6 ところで、交通事故死が1年5000人だから、原発も8
 000人までなら我慢する(致命的ガンと重篤な遺伝的障
 害)ということになっているが、交通事故の原因となる自
 動車は代わりのものがないので、5000人も多いけれど
 やむを得ないと思っている人が多いと思うが、原発はかわ
 りに火力を使えばよいのだから、1年1ミリも被曝するな
 らやめておいたほうがよい。
7 科学技術は人に不幸を強いるものではない。被曝と健康の
 関係がもっとはっきりしてくるか、あるいは1年0.1ミ
 リぐらいになる時代まで原子力の科学者は待とうといって
 ほしい。自分が開発した技術で大勢の人が犠牲になる可能
 性のあることを専門家がやってはいけないと思う。
8 現在、政府や新聞が言っているのは「外部被曝」だけだが、
 法令的には「外部被曝+内部被曝」だからさらに高くなる。 
中野信子:脳科学からみた「祈り」 [2013年11月06日(Wed)]
脳科学者・中野信子博士が「脳科学からみた『祈り』」とい
う本を出した。非常に優れた内容です。現代の課題に応えて
います。脳科学が示す「幸福」な生き方を生み出すヒントに
満ちています。是非是非ご活用下さい。

      「脳に与える祈りの影響」

1 行動による祈りの違い
・祈りは十人十色・千差万別、利己的ネガテブから世界平和
 まで、自分の良心が行動の善悪を自己判断する。「社会脳」
 =向社会性行動をいう。
・ネガテブな感情(怒り・嫉み・やっかみ・恐れ・不安)は、
 コルチゾール(ストレス物質)を過剰分泌し、海馬を萎縮
 させる。
・ネガテブな祈りはコルチゾールを出し、自分自身に悪影響
 を及ぼす。「人を呪わば穴二つ」という諺がある。
・良い祈りは「βエンドロフィン」「ドーバミン」「オキシ
 トシン」(脳内快感物質=多幸感や快感)を分泌し、良い
 動きを生み出す。
・「βエンドロフィン」は脳の活性・免疫力をつけ、記憶力
 や集中力を増す。苦しいマラソンでも域値を超えると「ラ
 ンアーズ・ハイ」を起こす。・「オキシトシン」は「愛情
 ホルモン」と呼ばれ、記憶力を高める。
2 体のバランスをよくする祈りとは
・前向きな心・笑い・感謝の気持ちは、「βエンドロフィン」
 「ドーバミン」「オキシトシン」(脳内快感物質=多幸感
 や快感)を分泌する。
・よい祈り」は当人の脳にも良い影響を与え、幸福感を与え
 る。
・ライバルを蹴落としたい。叩きのめしたい」との感情は、
 「アドレナリン」「ノルアドレナリン」(怒りのホルモン)
 を分泌する。ノルアドレナリンは数ミリグラムでラットを
 殺すほど毒性が強い。 
3よい祈り」を続けけると、脳回路がよい方向に変わる。
・祈り」には、「ポジテブな良い祈り」と「ポジテブだが悪
 い祈り」があり、違いは紙一重だ。
・この勝負を通じて、ともに成長していこう」と考えると、
 良い方向に転じる。
・とにかく、夫婦と家族にとって一番いい方向にいくように
 祈ろう」と態度を変えると「βエンドロフィン」が分泌し、
 自分自身まで魅力的な女性に変わる。夫も変え浮気相手で
 さえ変えていく。
中野信子:脳科学からみた「祈り」A [2013年11月06日(Wed)]
中野信子:脳科学からみた「祈り」A

4 脳を活性化する「愛情ホルモン」
・「オキシトシン」は、愛おしさを生み出すもと、夫婦や恋
 人同士のスキンシップからも生まれる。母親の授乳からも
 生まれる。授乳は記銘力まで向上させる。
・「愛は4年で終わる」(フィッシャー)のは、ドーバミン
 が減ってくるためである。
・父親の場合、職場で仲間を大事にすることで同じ効果があ
 る。互いの信頼や団結の度合いを高める。
・誰かを大切に思う時、愛情に溢れる時、脳内にはオキシト
 シンが多量に分泌されている。愛おしく思えばこそ、その
 人の幸福を心から祈るようになる。
・他者への愛情に基づく、前向きで「良い祈り」が、脳と心
 にもさまざまなプラスの影響を及ぼす。
5 音韻分析から考えた「題目」
・「南無妙法蓮華経」について
・「妙」:マ行の音は「閉じていた口を開く」ときの音、生
 まれて最初に発する音、ママ(英語)・マンマ(日本語)
 ・メール(仏語で海)、海と母は「いのちの源」である。
*マナ(天から降った食べ物)、マネー(お金)、マスター
 (主人)、ママ(母)、マザー(母)、マラ、マグワウな
 どの言葉もある。性は根源語である。
・「法」:ha 喉が締まらず、唇も触れず、濁らない。清音
 は母なる生命の清らかな面をイメージさせる。
・「妙法」:母を表す動きのある音が続く。
・「蓮」:r音は「流音」、「転じる」の意味を持つ。「RE
 TERN」も同じ。
・「妙法蓮」:は「母なるものと自分は同じ」と感じて人生
 を転じていく、そういうイメージを想起させる。音韻的に
 は「宿命を転換していこう」という力強さを感じさせる。
・「経」:「K」音は、勢いよく足音を刻む、区切るという
 音韻イメージを持つ。
*日蓮は「足は経なり」と言った。男性的な音で「切り拓い
 て伸びていく」「行動で開いていく」というイメージを想
 起させる。
*キョウイク(教育)、キョウソ(教祖)、キョウダイ(兄
 弟)、キョウソウ(競争)・・・。
・「南無妙法蓮華経」はその響き自体に、深遠な意味合いや
 力強さを含んだイメージがある。
6 祈りが強化する「展望的記憶」の力
・海馬は「展望的記憶」(Prospective Memory)もコン
 トロールしている。認知症患者はこの能力が極端に低下し
 ている。 
・「展望的記憶」は人の生き方に深い次元で影響を与えてい
 る。未来に対するVisionをしっかり持ち、はつらつと人生
 を歩んでいける。
・「良い祈り」は「展望的記憶」の強化に役立つ。
・日常的に「祈る人」ほど「展望的記憶」をしっかりと持っ
 て生き生きと生きていく。
・3:11以来、日本中、世界中の人々が、日本のため、被
 災地のために祈りをささげています。いまほど、日本と言
 う国が深い祈りに包まれているときはないでしょう。
・「祈り」が祈っている人の脳内を変え、心を変え、人々の
 生き方を良い方向に変える営みへとつながっている。
| 次へ
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)