CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


浦安市の教育 [2016年05月16日(Mon)]
浦安市の学力が高い。かなり高い。
小6
国語A +7.8、国語B +6.0、算数A +4.4、
算数B +8.7
学力は、親と学校の熱意・ベクトルで決まる。 
IMG_9477.JPG2.JPG

今は高い浦安でも以前から高かったわけではない。行政と学校
の努力の結果である。努力すれば良くなるし、怠ければ悪くな
る。願いを一つにし一体になってやれば必ず良くなる。資料の
経年変化を見れば一目瞭然である。平成25年度全国70.4 浦安
60.5、26年度全国65.3 浦安67.6と伸ばした。27年
度全国65.2 浦安71.9と大きく伸ばした。
IMG_9279.JPG

親の熱意は携帯電話の使用状況でもわかる。小学校425名中「
ほぼ毎日と時々」を合わせても11.3%しかいない。持っていて
も使わない。最小限にとどめている。小学生のケイタイは要注意
である。生活が乱れるし、脳にも悪い。
中学生になると74.8%にはね上がるが、もう任せても大丈夫と
判断しているからであろう。親子ともども自制が効いている証拠
と考えられる。
IMG_9343.JPG

保護者の調査を見れば更にはっきり分かる。「子どもに対する
接し方・しつけの仕方」が見事なのだ。基本的生活習慣・テレ
ビやゲーム・善悪の判断とほめる叱る・努力の推奨・毎朝の食
事など、ただただ感心するのみである。 
 今年も講演に招かれている。テーマは「脳科学に学ぶ子育て」
全8回のシリーズである。ささやかながらお役にたてるなら幸
せである。  
IMG_9320.JPG1.JPG
最尖端研究 [2016年05月13日(Fri)]
nn_3804-F3_m.png

nn_3804-F1.jpg

nn_3804-F2.jpg

b-04_m.jpg
学力を考える [2016年05月10日(Tue)]
他県に比べて、東京は情報が多い。東京を調べるといろいろな
ことが見えてくる。

・国語力は千代田、中央、文京区はほとんどの子供が東京都の
 平均を大きく上回っている。市では、小金井、国立、三鷹、
 武蔵野、国分寺市などである。
・国語は学力を測るバロメーターになる。国語力が高いと他の
 教科もいもづる式に高くなるのです。
・家庭の年収が低い区や市の特徴は
  @ 英語と数学でほとんど点数の取れない子供の数が多い。
 A できる子とできない子のかた寄りが大きい。高い子は勉
  強する。低い子は勉強しない。やったか、やらなかった
  かで大きな違いが出てくる。努力は結果をうらぎらない。
 B 努力を要する区は、荒川、足立、葛飾、江戸川区と武蔵
  村山、羽村、あきる野、東大和市などです。都心から離
  れているからでしょうか。
・上位の区と市では、成績の悪い子が少ないようです。環境
 のせいもあるでしょう。教育委員会も頑張っているのでし
 ょう。しかし、それだけではないはずです。
・上位は、千代田、中央、文京区、三鷹、小金井、武蔵野市
 などです。文京区と国立市は、特に英語の成績が優秀です。
・学力=遺伝+環境+周囲の働きかけ+本人の意欲です。
・文京区と国立市の英語成績は優秀だそうです。上の式に多
 くの子どもが当てはまるのでしょう。
収入と学力の関係 [2016年05月10日(Tue)]
    収入と学力の関係

高収入+高学力・・・東京、京都
高収入+低学力・・・大阪、埼玉、三重 

低所得+高学力・・・秋田、青森、鳥取
低所得+低学力・・・沖縄、佐賀、鹿児島

子どもの数学の学力差(数学)は、6歳の時点ですでに現れ、
その学力差はその後も拡大を続ける。
ただし、就学前に教育を受けた場合や学校教育による援助
は大きな効果がある。
通塾の有無によって20点も点差がつくことがある。
東京23区 教育指標ベスト・ワースト5 [2016年05月09日(Mon)]
  東京23区 教育指標ベスト・ワースト5について

足立区に注目して下さい。ベスト5は常識的に分ります。
しかし、収入も大卒も少ない足立区が、学力テストでは江戸川
葛飾 板橋区よりも高得点を出しているのです。
年収を上げるのは大変ですが、学力をを上げるのは相対的に容
易です。親と学校・行政の熱意・努力・愛情が必ず実を結びま
す。足立区は良い見本です。

○ベスト5
・世帯収入:千代田 港 中央 目黒 渋谷 
・高学歴:千代田 杉並 中央 文京 港
・教育扶助:中央 文京 目黒 渋谷 世田谷・千代田
学力テスト結果:文京 千代田 目黒 杉並 港
家庭が安定していると子どもは安心して勉強します。

○ワースト5
・世帯収入:足立 板橋 中野 北 葛飾 
・高学歴:足立 葛飾 江戸川 荒川 墨田
・教育扶助:板橋 足立 江戸川 墨田 練馬
学力テスト結果:江戸川 葛飾 板橋 足立 北
足立区の奮闘が素晴らしいです。江戸川区・葛飾区・板橋区の
活躍を祈念します。

無題 (2).png
教育社会学的学力分析 [2016年05月08日(Sun)]
     教育社会学的で手法で学力を分析する

・課税所得,高学歴率,教育扶助率だけで,子どもの学力はか
 なり予測できる。
・学力テストの観測値だけで判断するのは条件無視でアンフェ
 アだ。
・ 新宿区と足立区は地域条件から期待されるよりも高い結果を
 出している。観測値が理論値を3ポイント以上上回っている。
 ほとんどの区が,±2ポイントの範囲内に収まっている。
・特に足立区は正答率の絶対水準は低いが、地域条件から期待
 される水準に比せば高い結果を出している。「がんばってい
 る」区だ。
・足立区は「足立はばたき塾」や学習支援ボランティアなど学
 力向上施策が実施されている。
・ 貧しく塾に行けない子どもも切り捨てない。暖かい対応をし
 ている。
・数値の良さは、地道な実践の成果ともいえる。その成果は,
 観測値だけでは分かりにくいが,地域条件から演繹される期
 待値との残差という数値によって可視化されている。
・教員一人あたり児童数は18.8人、一学級あたりの児童数は2
 9.0人、いずれも23区平均よりも高い。
・学力の社会的規定性を克服し、学力を向上させる最善策は少
 人数教育といわれてきた。それだけではないことがわかって
 きた。
・足立区は低所得にも関わらず学力を向上させている。
・テスト結果を公表する・しないでもめているが、問題点の確
 認と課題の共有は重要である。当然、市区町村レベルのデー
 タは重要である。
・学力の社会的規定性を実証するには,県単位のマクロデータ
 では難しい。
・観測値が期待値より高い場合は良いが、低い場合は頑張り不
 足だ。何が阻害しているのか。
・「がんばっている」地域ではどういう実践が行われているの
 か。丹念に観察し,成功例を拾い上げ、それを広める努力が
 重要である。
・(仮説・実験・検証)・(仮説・実験・検証)を二重らせん
 スパイラレル構造で積み上げる。
・この仕事は,教育による社会的不平等の克服にも寄与するだ
 ろう。(参考:舞田敏彦)
長時間のテレビ視聴、子どもの脳に悪影響 [2016年05月06日(Fri)]
   長時間のテレビ視聴、子どもの脳に悪影響

・テレビを長時間見ている子どもほど脳の発達が遅れる。
・東北大の研究グループが約200人の子どもの調査で突き止
 めた。
・「発達期の子どものテレビ視聴には注意が必要だ」と発表
・2008年〜10年:宮城県内の5〜18歳の子ども216
 人の脳をMRIで調べ、神経細胞が集まる灰白質の状態を分
 析
・知能テストや、テレビを1日何時間見ているかなど生活習慣
 を聞き取った。
・2011〜13年:再びMRIで灰白質の変化を調べ、脳の
 発達具合を比較した。
・その結果、テレビを見る時間が長い子どもほど、脳前面の前
 頭極という高度な知能を担う部分の発達が遅れている。
・脳の灰白質は、3〜20歳にかけ、発達するにつれて量(体
 積)が減っていく。
・減少の幅が小さいと、発達が遅れていることになる。
・テレビを見る時間が長い子どもほど減少幅が小さかった。
学力を考えるB [2016年04月27日(Wed)]
学ぶことは繋がることです。ニューロンが繋がった時、情報は
電気信号として伝わっていきます。新しい知識や体験が新しい
目となって伸びていきます。写真は樹状突起を伸ばした神経細
胞です。
IMG_7866.JPG

神経回路は損傷する場合もあります。しかし、壊れたまま放置
されるわけではありません。新しい神経回路ができるのです。
そして 前と同じく活動していくのです。
IMG_7867.JPG

神経細胞も不死身ではありません。単独では生きられません。
ネットワークが切れても栄養不足でも薬物でも死んでしまいま
す。睡眠不足はいけません。7時間は必要です。
IMG_7868.JPG

死んだらそれでおしまいではありません。脳内で神経細胞は新
生しています。写真は海馬歯状回の神経細胞です。からだの色
々な臓器でも 毎日古くなった細胞が死んでその代わりに新たな
細胞が生まれています。この新生細胞が「記憶」の担い手です。
 また、臓器 が損傷するとそれを修復するため普段以上に活発
に細砲が生まれてきます。
IMG_7869.JPG
脳のしくみと働き [2016年03月29日(Tue)]
脳のしくみと働きです。壮大な配線構造でできています。
IMG_3460.JPG

三重の構造を持っています。旧皮質は生命脳、古皮質は情動脳、
新皮質は知性脳です。
IMG_3467.JPG

構造も機能も階層性を持っています。
IMG_3461.JPG

教育は脳を育てることが本命です。体も心も連動して鍛えます。
もうすぐ新学期、脳科学を生かした子育てをして下さい。必ず成
功します。裏切られることはありません。
IMG_3466.JPG
「脳科学と教育」を探る [2016年03月28日(Mon)]
IMG_3462.JPG

IMG_3464.JPG

IMG_3463.JPG

IMG_3465.JPG
| 次へ
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)