CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


初期のコロナ・日本国内と海外の違い [2021年04月23日(Fri)]
初期のコロナ・日本国内と海外の違いが凄かった。
IMG_5438.jpg

IMG_5443.jpg

IMG_5460.jpg

 インフルエンザウィルスと温度・湿度の関係
IMG_5495.jpg

 政府の対応:

 ゆらぐな・迷うな 原則に忠実であれ!

 科学的根拠 > 政治経済 

IMG_5466.jpg




東京を大洪水から守るー青山士・祈り支える両陛下ー [2021年01月31日(Sun)]
天皇・皇后両陛下が荒川放水路と記念館を視察された。
普通の人には目にも止まらない所に目をつける。
ベリリュー島も同じだった。沖縄も広島・長崎も決して忘れない。
それが平成の天皇・皇后両陛下であった。
首都・東京を大洪水から守る。それは、長い長い国の悲願であった。
37605.jpg

一人の男が立ち上がった。その名は「青山 士」
パナマに運河を開通させた男であった。
Akira_Aoyama_cropped_4_Akira_Aoyama_193405.jpg

その師は広井勇、東京帝国大学土木工学科初代教授。
日本の土木工学の生みの親であった。
写真 前列左青山士、中央は内村鑑三、右は新渡戸稲造
250px-50th_Anniversary_of_Baptism_by_Harris.jpg
新渡戸は5千円札に、内村は無教会キリスト教を生み出した。
何れも、明治という時代が生み出した巨人であった。

 “ ボーイズ ビー アンビシャス! ”
 “時代が人を生み” “類は友を呼ぶ” のであろう。
アフガンに生きるー国境なき医師団 派遣看護師ー [2021年01月30日(Sat)]
国境なき医師団の派遣看護師/白川優子さんの活動
adsha6000000fr68.png

15062012009_400x254.jpg

shirakawa3-2-2_450x337.png

IMG_5749_400x250.jpg


政治の責任・民の責任ー申命記15章ー [2020年10月10日(Sat)]
政治の責任は、「貧者を生まぬしくみ・制度」を作ること。
民の責任は、「自助・共助、不足したら公助」に徹すること。

申命記15章の記録である。紀元前1260年・今から3千二百年前、ユダヤの地で語られた言葉である。他国人・孤児・寡婦を守るように厳命している。借金しても7年後にはチャラにし、社会的に「リセット」をかけることを定めている。

  三千年も昔は羊やヤギを飼って生活をしていた。
IMG_3299.JPG

 農地は痩せ、収穫は少なく、生活は決して豊かではない。
IMG_3337.jpg

 それでも家を作り、街をつくり、生きていくために他の街と闘い生きていた。
IMG_3359.jpg

 牛を使い、農地を耕し、暮らしを成り立たせていた。
IMG_3405.JPG

 当然のことながら、女も子供も貧しかった。
IMG_3409.jpg

 水汲みやマキひろいは女の大事な仕事であった。
IMG_3415.JPG




コロナ・日本はなぜか少ない、遺伝学研究者に期待! [2020年08月03日(Mon)]
コロナの感染者数・死者数が日本は少ない。アジアが少ない。欧米と比べて動きが違う。なぜだろうか。

192936.png

 
全体の動きが西洋と東洋では、どうも違うようだ。何があるのだろうか。
192936.png

 
世界29か国50135人のs遺伝子調査がある。ヒントになるようだ。

キャプチャ.PNG1.PNG1.PNG
遺伝学研究者のみなさん、よろしくお願いいたします、いよいよ皆さんの出番です。期待しております。黙々と長い間研究してきた皆さんが、現実社会に貢献できるチャンスがやってきたのです。

日本人はなぜコロナに強いのか [2020年08月03日(Mon)]
コロナの拡大で日本中が苦しんでいます。一日も早く解決の糸口が見つかってほしいです。

全世界の緊急かつ最大の課題です。科学者・医療従事者・政治家の健闘を祈ります。6月に発信した資料を再掲します。

日本人はなぜコロナに強いのか。サーズの驚くべき記録がある。民度が高い・衛生観念が高い・医療制度が整っている等、いずれもその通りであろうが、それだけではないようだ。科学者が学問的に分析する必要がある。
IMG_7882.jpg

サアーズの時はどうだったでしょうか。患者数と死者数を上げてみます。2002年
11月から2003年7月までの報告です。

日本 0(0)

中国 2083(648)

台湾 346(37)

シンガポール 238(33)

ベトナム 63(5)

フィリピン 14(2)

カナダ 251(43)

アメリカ 29(0)

IMG_7883.jpg

 科学者の命は “ 学問的良心 ” である。いずれ早晩結果は出る。
IMG_7898.jpg
コロナ:医療のみんさんありがとう。 [2020年05月26日(Tue)]
コロナが世界を打ち倒した。

浮かれ切っていた人類は、もう一度 自分を見直し、社会を見直し、

人間にとって何が大切か捉えなおしてみる必要があるのではないでしょうか。

いくらお金があっても “いのち” がなかったらどうにもなりません。

医師・看護師など医療従事者の皆様には感謝・感謝・感謝です。

くれぐれもお大事になさってください。



プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)