CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


退職時の私の感謝と願い [2020年12月04日(Fri)]

退職時の「感謝と願い」です。ほんの昨日のようです。

早いものでもう14年もたってしまいました。

             

            「退職祝賀会」


共に苦労した教職員・仲間達がみんな揃って「退職祝賀会」を開いてくださった。14年前の写真である。12学級の学校なのに32人も教職員が集まって下さった。転出された先生方もたくさん集まって下さった。みんなに愛されていたことをしみじみと感じた。


 子どもを熱烈に可愛がった。こどもを育てた。よさを伸ばそうとした。先生方を愛した。先生方には教育の喜びを知ってほしかった。その後子どもたちは、東大にも筑波大にも日本女子大にも芸大にも立正大にも進んでいった。二人はアメリカに留学した。


 初任の朝霞市立第三小学校、その時代の教え子も良く育っていった。千葉大・慶応大(2)・一橋大・東大・東洋大・創価大・大妻女子・東京家政大などに合格した。基地の町・朝霞、決して豊かな街ではなかった。私は全力を尽くした。燃えに燃えて子どもを育てた。   

 諸般の事情で確かに大学に行けない子供も多くいた。しかし、どの子も育った。立派に仕事をしていった。それだけは確かだ。子どもが育つ条件はただ一つ。若い日に、良い教師に出会うこと。それも小学校時代が一番良い。それさえできれば “ OK ” である。


 東本小時代、囲碁でプロ級の子供も生まれた。日本棋院の新聞にも 「 囲碁で育つ子どもたち 」 として紹介された。女流棋士2段の先生も指導・応援に来てくださった。


  私は決して甘くはなかった。道理や善悪の基準には厳しい指導もした。しかし、子ども達も先生方も私から離れなかった。しっかりついてきてくれた。喜びも苦しみも共にした。


 私は本当に幸せな教師だった。幸せな校長だった
脳科学を生かした研究 [2014年06月25日(Wed)]
 脳科学の時代です。脳科学を生かした教育実践につい
て述べてみます。

 脳科学は、
 @揺るぎのない教育の基盤です。
 A総合的人間科学の中核です。
 B明治期の精神心理学の系譜を受け継いでいます。
 C実践的教育学です。

 教育の理論的バックは教育心理学です。その上に教科教
育学があります。心理学の動向が現場の教育に大きな影響
を与えてきます。
 心理学研究は東京帝大・心理学実験室開設以来111年、
医学者・物理学者が主導していたのに、いつの間にか文系
の学問になってしまいました。本来の自然科学から離れ、
1990年代になってようやく本来の自然科学に回帰、脳科
学を軸に据えた総合的人間科学になってきました。

 脳科学を生かした教育実践は圧倒的に成果を上げていま
 す。私が関わったところだけでも、
 @ 川口市立東本郷小学校の実践、
 A 川口市立芝中央小学校の実践、
 B 川口市立芝中学校の実践
 C 埼玉県立川口工業高校の実践
 D 埼玉県立浦和高等学校の実践
 E 東京都練馬区立貫井中学校(英語)
 F 川口・学習塾「躍進館」の実践
 G 日本・フィンランドの教育プロジェクト
などがあります。いずれも大変な成果をあげています。
これからの教育は脳科学にある。それが実感です。
成功した人の話・成功の心得10カ条 [2014年03月06日(Thu)]
成功した人の話・成功の心得10カ条です。多くが脳科学の知
見と重なります。脳は「混乱と混線」を最も嫌います。「でき
た・わかった・楽しかった」「全体最適」です。心に留めてお
くと仕事の助けになるかもしれません。活用してみて下さい。
    
       成功の心得10カ条

1「成功は常にみんなのもの」
 自分1人で成し遂げられる成功なんてありません。あなたは
 チームの一員です。ビジネスの基盤を作った偉大な人たちの
 恩恵にあずかっている小さな存在です。

2「仕事は味わいながら変えるもの」
 「変える」能力は、かけがえのない宝のようなもの、世界を
 変える唯一の方法は、「働く」こと。個人の努力を費やすと
 いうことだけです。

3「仲間内では怒りは無力の表れ 」
 自分の感情を変えられないことにいら立ち、怒る人がいます。
 部下に怒鳴っている上司は、大声で泣いている赤ちゃんと同
 じです。

4「すべての無理強いは逆の反応を生む」
 自然の法則は、人間にも当てはまります。他をコントロール
 しようとすればするほど、より大きな反発を生み、問題解決
 に取り組まなかったり、かたくなになったり、わざと能率を
 悪くしたりする。人を操作するのではなく、自らの言葉や行
 動で先を示すことが大切です。

5「情報は洞察力の敵」
 問題・解決法・本質は、無用な情報・データに埋もれている。
 それを見つけ出すにノイズを取り除くこと。成功経験から一
 番大事なことは、シンプルに、シンプルに、シンプルにあり
 ます。

6「人はみんな良かれと思ってやっている」
 人は、自分の手にしているリソースでベストを尽くすもの。
 感情や精神的なリソースが少ない人は、時にバカなこともし
 ますが、やろうとしていることはほとんどが善意です。その
 善意を信頼し評価することのほうが、行動が間違っていると
 諭すよりもはるかに効果的です。

7「禍福はあざなえる縄の如し」
 起こって欲しいことと、起こって欲しくないことは、いつも
 背中合わせ、このことを理解していれば、何かがうまくいか
 なかったとしても、がっかりし過ぎることはありません。う
 まくいった時にはうれしくなります。

8「共有すればさらに多くを得る 」
 幸福やポジティブなものを共有すると、さらに多くの幸福や
 ポジティブなものが生まれます。不幸やネガティブなものを
 共有すると、不幸やネガティブなものが生まれます。口から
 発したものが自分にも返ってくるので、言葉には特に細心の
 注意を払いましょう。

9「 完ぺきな人間も組織もない」
 あなたが出会う人たちを許し、理解し、その人と精一杯一緒
 に働きましょう。完ぺきを求めると間違いなく失望します。

10 「因果応報が原則です」
 自分の言動はすべて自分に返ってきます。 やった通りにしか
 なりません。大半はやった通りになります。

 
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)