CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


川口・神根東小の研究実践 @ [2013年11月27日(Wed)]
10月22日(火)川口市立神根東小学校の研究発表に参加
した。教育の現場がどうなっているか知りたかった。以下
「脳科学ブログ」発信者の感想を記す。
シーンと静まり返ったt体育館に澁谷啓子教頭の開会の言葉が
響いた。
DSCN6032.JPG

新海今朝巳教育長が切れ味のよい挨拶をした。川口教育への
期待が込められていた。
DSCN6036.JPG

千葉久雄校長があいさつに立った。私たちの研究は環境教育
を単に環境問題だけと捉えるのではなく、地域社会全体を環
境と捉え、地域の自然・地形・産業・文化等を探究的に学習
したものだと強調した。
DSCN6034.JPG

研修主任小島教諭は、地域の特色を生かした環境教育の具体
的展開をパワーポイントで説明した。
DSCN6038.JPG

テーマは「環境教育の研究」、主題「生きる力を育む環境教
育の推進」であった。
DSCN6040.JPG

「環境教育」=「地域の学習」 これが研究の基調であった。
成功の秘訣はここにあった。地域の人々や環境と関わること、
その深さと濃密さが教育の質を決定づけた。
DSCN6041.JPG

まずは地域を知ること、とりわけ、実体験のフィールドワーク
を通して地域を知っていった。
DSCN6060.JPG
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)