CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


埼玉県教育長関根郁夫先生を表敬訪問 [2013年08月31日(Sat)]
8月30日、脳科学者・加藤俊徳先生、元川口市学校教育部
長南勇先生と3人で、埼玉県教育長関根郁夫先生を表敬訪問
した。左から桑原・関根・加藤・南
DSCN0031.JPG

表敬訪問は、のっけから浦和高校の実践からはじまった。こ
れはなんですか?興味しんしんの加藤博士。
DSCN0001.JPG

生徒に贈った葉書のメッセージカード、ファイルに閉じられ
た折々の文面、生徒を思う熱愛がビンビン伝わってきた。
DSCN9984.JPG

引き込まれる加藤博士、博士の目つきを見て欲しい。探し求
める目・追い求める目、真剣勝負の目である。最も優れた教
師である関根先生と最先端を歩む脳科学者加藤博士、火花が
散る。東大合格46名の浦高生の脳の中で何が起こったのか。
実践と脳科学の対話・検証であった。
DSCN9998.JPG

関根教育長が話す一言一言が脳科学がぴたり一致している。
当然のこととはいえ感動的でした。
1時間半、汲めどもども尽きない「脳科学と教育」の対話、
加藤先生は、「2万人の脳を見てきた。脳は分った。今や
実践の段階に入った。賽は現場に投げられた。」という。
DSCN0024.JPG

関根教育長発のメッセージ「自助・共助・公助」、関根
教育行政の第一弾である。読売新聞「関根・新教育長に
聞く」で記事化された。反応が大きい。インパクトが強
い。秘書がすぐデザインし名刺化したという。来客への
対応、身のこなし、感性、優れた秘書であった。さすが
県である。
DSCN0010.JPG

奥さまへどうぞ。加藤先生から関根先生に著書2冊が送
られた。美しい奥様が益々美しくなりますように。脳が
動く・細胞が動く・全脳が働く・表情がよくなる・美し
くなる。いいですね。
DSCN9988.JPG

汲めどもつきない教育の話、1時間半にも及んだ「教育
と脳科学」、6時になった。お礼を言って県庁を去った。
7時02分、加藤先生は仙台行きの新幹線に乗った。
DSCN0017.JPG
先生の旅は続く。関根教育長の旅も続く。我々の旅も続く。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
桑原先生、すごい勢いでの情報提供ありがとうございます。追いつかない時があります。ご多用の中感謝申し上げます。
また、本日のブログは、加藤先生と関根先生の対談ということで
内容はわからないのに先生のブログだけでドキドキワクワクしてしまいました。
きっと素晴らしいお話だったことでしょう。
加藤先生の「賽は現場に投げられた」にも感動。
しっかりと頑張らねばと元気がでました。
乳幼児(保育園)から6年生の児童(学童クラブにて)までお預かりするものとして、微力ではありますが、先生がたに学ばせていただき現場に反映させていきたいと思います。いつもありがとうございます。先生と直接お会いしてお話しできる日を楽しみにしています。
Posted by:藤岡  at 2013年09月03日(Tue) 11:33
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)