CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


日本のコロナ死亡率、欧米より大幅に低い7・5% [2021年04月18日(Sun)]
    日本のコロナ死亡率、欧米より大幅に低い7・5%

 新型コロナウイルスに感染した国内の入院患者の

死亡率は7・5%で、20%台の欧米などと比べ非常に低い

ことが国立国際医療研究センターの大規模調査で6

日、分かった。

 原因は不明だが、欧米と比べ糖尿病や肥満の割合

が少ないことが影響している可能性があるといい、今後詳し

く解析して重症化の予防などに役立てる。

 調査は、流行の第1波を中心とした7月7日まで

に陽性と判定された全国の入院患者2638人を対象に、治

療の経過などを分析。患者は中高年が中心で、死者数は19

7人だった。国内の新型コロナ患者の調査としては最大規模

という。

 海外の死亡率と比較した結果、中国が28%、英国が26

%、米ニューヨーク州は21〜24%で、日本は桁違いに

かった。日本の死亡率の低さはこれまでも知られていたが、

術的な調査で裏付けた形だ。

 一方、患者が別の病気にかかっている割合を調べたころ、

糖尿病は、

 日本:16・7%、

 英国:30・2%、

 米国:28〜35%

 に達する。

肥満と診断された割合も

 日本: 5・5%

 英国: 9・0%、

 米国:40・5

 で、いずれも日本の低さが目立った。


 今回は中間報告のため、死亡率が低い原因は分析

いないが、同センターの早川佳代子・総合感染

症科医長は「糖尿病や肥満は重症化に関連しているとの

告が海外でも相次いでいた。

 日本の割合が非常に低かった点にヒントが隠され

いるのかもしれない」と指摘した。

  同センターは現在も調査を継続しており、登録した
 患者は8月3日時点で約4800人に達した。
  今後さらに分析を進め、治療薬として期待される薬
 の有効性なども調べる。
コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)