CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


お母さんの質問に答える A [2021年04月10日(Sat)]
3、1才0カ月の子で奇声を発しながら泣くのは、どうし
 てかをたいです。

*ほとんどの場合「心身の不安定」のためです。

 「安心と安定」が必須です。そのためには「愛情・

 優しさ」が特効薬です。愛情たっぷりに抱いてあげ

 ることです。それが一番の薬です。怒っても効果は

 ありません。逆効果です。

  安心している子・信頼している子は「表情・しぐ

 さが可愛いい子」になります。


4、衝動的に友だちを叩いたり、特定の物に固執してし

 まうのは、なぜなのか知りたいです。


*上と同じです。発達未熟、まだら成長の場合もあり

 ます。バランスがとれていません。その都度、愛情

 を持って行動修正をして下さい。保育・養育の心が

 子どもに伝わります。良ければ安定し、悪ければ悪

 さを増幅します。バイタリテーがあり、可愛い子に

 育てて下さい。


5、各年齢の右脳、左脳の働きを知りたいです。


*ざっくり言って、右脳はイメージ・左脳は論理です。

 しかし、細かく見ると違いだらけ、括り方が違うの

 ではないかとも言われています。


 研究が進めば進むほど違いが分ってくるのです。


 左脳と右脳は連動します。補完し合います。発達の

 適時性もあります。幼児期は右脳が大事です。


 小学生も低・中学年は右脳重視です。徐々に左脳

 発達していきます。理屈っぽくなります。


 外遊び・運動・音楽・砂遊び・お絵かきなどが大

 です。

コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)