CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


「現役時代の私」を紹介した記事を見つけた [2021年03月11日(Thu)]

名作ドラマ『熱中時代』のテーマソングを知っていますか?

 僕の先生は(フィーバー) 嵐を巻き起こす

 どんなときだって  口笛を吹いて  くじけない男

 フィーバーそうさ! 僕らのヒーローさ!


…そんな先生に出会えたのです!



桑原清四郎校長(川口市立東本郷小学校)です。


子供の友であり、

職員の味方であり、

地域に尽くす男が、

15年前定年退職されました。


桑原先生は、ご自身の教育観・人間観に基づく方針をもちながら、最新の脳科学の知見もとりいれ、子どもたちの健全な発達を支援しました。


先生と東本郷小の活躍は新聞記事に60回以上とりあげられてました。

毎日新聞「キレる子供」を脳科学研究 …という特集も組まれました。


…といっても、何も小難しいことを子どもたちにさせるわけではないです。

たとえば”早寝・早起き・朝ごはん”とか、”テレビ・ゲームは時間をきめて”などの一見当たり前のこと。

端的に言えば、昔ながらの生活の知恵=生活習慣を身に付けさせることを基本にしています。

(指導の合理的根拠として脳科学の成果を活かしています)



先生が中心になって作られた『脳科学の知見を生かす 』という冊子もスグレものでした。

でも何よりも、この先生の生き方そのものが、抜群にスグレものなのです。


小学校の校長といえば地域の教育の責任者である!

という自負のもと、土日も惜しまずはたらく先生…まぶしすぎます!!


 先生のそばにいるだけで さわやかな風のようだよ

…と、冒頭の歌は結んでいます。


弟子入り体質の私としては、もちろん初めてお会いしたその日に弟子入り済。

先生のその背中、いつまでも追いかけさせていただきます!!

 
コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)