CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


政治の責任・民の責任ー申命記15章ー [2020年10月10日(Sat)]
政治の責任は、「貧者を生まぬしくみ・制度」を作ること。
民の責任は、「自助・共助、不足したら公助」に徹すること。

申命記15章の記録である。紀元前1260年・今から3千二百年前、ユダヤの地で語られた言葉である。他国人・孤児・寡婦を守るように厳命している。借金しても7年後にはチャラにし、社会的に「リセット」をかけることを定めている。

  三千年も昔は羊やヤギを飼って生活をしていた。
IMG_3299.JPG

 農地は痩せ、収穫は少なく、生活は決して豊かではない。
IMG_3337.jpg

 それでも家を作り、街をつくり、生きていくために他の街と闘い生きていた。
IMG_3359.jpg

 牛を使い、農地を耕し、暮らしを成り立たせていた。
IMG_3405.JPG

 当然のことながら、女も子供も貧しかった。
IMG_3409.jpg

 水汲みやマキひろいは女の大事な仕事であった。
IMG_3415.JPG




コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)