CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


脳科学の知見 A [2019年10月19日(Sat)]
            脳科学の知見

・毎秒10億回線働くCPより100個の細胞のシナプスの性能がよい。

   目で見ている風景と、脳で見ている風景とは同じではない。網膜から20%、視床から15%、結局は全体の3%である。97%は内部情報である。

   「これは机なんだ」と信じ込ませるような強力な機構がないと、見る角度によってクルクル形が変わって見える机を机と認識できない。一部を見ただけで机として総合する働きがある。

   脳の自発活動が凄い力を発揮する。自発活動の前段階で情報を常時アクセスしている。

   脳は経験に基づいて瞬間瞬間に予期・予想・予測などをしている。

   予備知識が大事。バラバラでも結構。予測を立て、あたり・外れを繰り返しながら精緻な予測を立てるようになる。

   地下鉄内の会話でさえ聞き取れる。予備知識的情報がないと組み立てられない。

   マウスは皮質下が皮質をコンントロールし、ヒトは皮質が皮質下をコントロールできるように逆転した。これこそ進化史の大革命である。


   科学は、

   @客観性 

   A再現性がいのち、

   さらに

   B可視化 

   C合理性

   も大事

   植物状態で意識がないとされている患者の実験では、「意味のある文章」でも「無意味な音の羅列」でも健常者と同じ反応をした。

   「テニスをしているところを想像してください。」

   「自分の部屋を歩き回っているところを想像してください。」

   といっても同様な反応であった。

   「ヒトはわかっている。」

   「細胞はわかっている。」

   「ニューロンはわかっている。」

意識は

・「経験と予測」ができる。

・「可塑性」(自由度)がある。

・「合理的な行動」を選択する。」
コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)