CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


イジメのない学校 後々の凄い成長 [2019年10月15日(Tue)]
・もう9年もたってしまった。あの時の卒業生はどこで
 何をしているのだろうか。成長の姿を知りたかった。

  私が知っているところところでは、
 O君は筑波大大学院で宇宙物理を研究している。
 Hさんは東大から米国に留学中。
 T君は日大生産工学部で研究している。
 フェリピン人の母を持つKさんは教員採用試験に合格
 した。

 極貧の中で囲碁と出会ったO君はアマチュア最高位ま
で腕をあげているとたった今聞いた。指導した栗田事務
主幹は、外国遠征などをこなしながら囲碁の普及に努め
ている。
  苦闘していたS君は元気に働き、2児の父となっている
という。

 東本郷小学校は、
 ・思いっきり可愛がられるところ、
 ・学問の手ほどきをする所、
 ・心身とも健康に育つ所 である。

 “友だち大好き 先生大好き 学校大好き”
 “子どもとともに 地域とともに ”  
 これが みんなの “ 合言葉 ” であった。

 今でも、9年前の願いと祈りが 脈々と引き継がれ、ス
パイラル的に深化と充実しているようだ。

 学校は規模の大小ではない。
 世間体や見栄えでもはない。
 学校は子どもを育てる所である。
 
 これがなければ学校は学校でない。
コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)