CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


脳科学と教育を探求る [2019年08月31日(Sat)]
本ブログは「脳科学と教育」を探っています。
子どもたちと教師たちの幸せを願っています。

@    脳幹は、脳全体を扇にたとえると丁度その要の部分
  です。脳幹も含めて脳の中心部に位置しています。
A    視床下部
  @情動・記憶・認知など高次機能に関する辺縁系
   および新皮質と神経で連絡を取り合っています。 
  A下垂体―内分泌系― 
  B 中脳・脳幹部にある自律神経系(内部環境)、
 ・感覚神経系(外部環境)及び体性運動神経系の中枢
  と密接な繊維結合を有し、これらの系の統合に関与
  しています。
B 辺縁系の中心は、扁桃体と海馬体であり、新皮質の
  前頭連合野をはじめ全ての感覚連合及び視床下部と
  相互に密接な繊維連絡を取っている。

   脳には「情動回路と記憶回路」があります。

図26.png1.png
 扁桃体(右)は情動回路の中心です。
 ・視床背内側核―前頭眼窩皮質―側頭葉極部
 ・基底外側辺縁回路の中心、
 ・快・不快情動行動の主役、
 ・前外側部は逃避行動の中心です。
 ・中心核・外側核の後部・基底外側核は攻撃行動を起こ
  します。 

 海馬(左)は記憶回路の中心です。
 ・視床下部乳頭体―視床前核群―帯状回・海馬
  傍回の中心です。

 *優れた人間・魅力的な人間は「情動回路」と「記憶回路」
  がフル回転しています。
 *瞬時に、相手の「こころ」をつかみ、寄り添い、共感し
  ます。
 *授業では人と人の「つながり」を生かしていきます。

  道徳の授業風景です。
図50.jpg

 国語(元気のひみつをさぐるー食事と睡眠ー)
  の授業風景
図51.jpg

いよいよ明日から2学期、
子どもたち・先生にとって「良い出発」となりますように!!

コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)