CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


もうすぐ2学期!幼少期の育ちを引きずる [2019年08月25日(Sun)]

 もうすぐ2学期!


・「学校嫌い」は6人に1人(約17%)いる。

・これらの若者は、

  ・読み書きと計算の初歩が習得できずにいる。

  ・ちゃんとした就職ができないでいる。

  ・学校をさぼったり、授業を妨害したりしている。

  ・人知れず授業に関心を失っている。


教室の「学習のモデル」が「脳に適さない」場合もある。

生徒の心を傷つけている場合もあるのではないか。

私たちは、より多様な環境の中でより自由になる。

・独自の可能性をさらに発揮することができる。

特別なことを成し遂げる人は、幼児期に3つの重要な経験をしている。

 @ 暖かく・厳しいとの十分な交流があった。 

  A 実利的自発的な探査的学習カリキュラムあり。

 B マイナスの影響を与える仲間集団あり。

 *これらによって本人の抵抗力や選択力・チョイス力などを実践的に鍛えていた。反面教師OK


コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)