CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


脳科学と芸術家の出会い @ [2019年04月29日(Mon)]
  脳科学と芸術で子供を救う

  −臨床美術にできること−


   桑原清四郎(埼玉県川口市立東本郷小学校校長)

   金子健二(彫刻家/褐|術造形研究所代表)

   司会/西田清子(日本臨床美術協会事務局長)


2005年度より、東北福祉大学完成福祉研究所で臨床美術

の研究が始まった。金子先生とは旧知の関係、子供を取り

巻く現状、今後の展望について語りあった。


■命がけの教育

西 田 本日は、お忙しい中をありがとうございます。

    桑原生とお会いして何年も経ちましたが、一緒に

    研究をすることになるとは、今、期待で胸がいっぱ

    いです。

   私は桑原先生とは金子先生を通して「教育を考え

    る」でお会いしたのが初めてだと思います。

    そもそもお二人の出会いというのは、どういうと

     ころに接点があったのでしょうか。また、そのとき

    の、最初の印象も含めて話しいただけましたら、

    とても嬉しいです。では金子先生からお願いします。


金 子 私の友人の小林という牧師が、私の行っていた教

   会の会員で、牧師になる前に埼玉大の桑原さんたちに

   書道を教えていたそうです。桑原先生と私が出会う前

   のことです。

西 田 それはいつ頃のことでしょうか。


桑 原 1970年代です。

西 田 ずいぶん昔のお話ですね。

金 子 桑原先生もまだ学生の頃ですね。

桑 原 そうです。

金 子 ぼくも大学生の頃でした。小林牧師が1970年頃に

    キリスト教の伝道と書道の会をつくっていたのですね。

    その数年後、小林牧師がある日うちに泊まらせてくだ

    さいと来たのです。


桑 原 1980年頃ではないでしょうか。

金 子 1984年頃だと思います。うちの近くで教育を考

    える会」という研修会が泊りがけであって、それに出

    たいということでした。

   「教育を考える会」というのは何かと聞くと、公立

    学校のクリスチャン教師たちの集まりだと。それはめ

    ずらしいと僕も興味を持って、出席させてもらったの

    ですが、それがきっかけです。

   そこで桑原先生が中心になって「教育を考える会」

    をやっておられて、出席してみて、びっくりしたので

    す。

コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)