CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


男女の違いは脳の違いから起こる [2018年07月11日(Wed)]
男女や夫婦の問題から多くの社会問題が起こっている。解決の一端に脳の知見が有効である。

男女の違いは脳の違いから起こる。DSCN7673-thumbnail2.jpg

男女の違いは脳の違いから起こる。まずは視床下部の性中枢の違いである。性のしくみも働きも明確に違っている。当然、感じ方も考え方も、興味も関心も、行動もダメージの受け方も違ってくる。
DSCN7675-thumbnail2.jpg

その一つが脳梁の違いである。脳梁は右脳と左脳をつないでいる。この脳梁の形態や大きさが違うこと脳の機能や働きに違いが生まれるのである。DSCN7676-thumbnail2.jpg

特に視床下部にある性的二次核は大きく違う。オスはメスの2.5倍も大きい。細胞の大きさは同じなので、細胞数がそれだけ多いことになる。

細胞数と性欲はほぼ比例するのでオスはメスの2.5倍も性欲が大きいということになる。

夫婦問題の解決は「脳に学べ」である。
DSCN7677-thumbnail2.jpg
1

コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)