CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


学力について [2018年01月05日(Fri)]

平成26年 全国学力学習状況調査結果です。学力を生み出す力は @学ぼうとする意欲(生徒) A 教えようとする熱意・指導力(教師・学校) B支援する力(家庭・地域・行政)です。一夕一朝でできる業ではありません。全国を見渡すと努力の結果がよくわかります。
IMG_0252.JPG

 関東地方を見ただけでも各県それぞれ特徴があります。成長しない県は秘密主義が濃厚です。公開しない理由の根っこには自己保身があります。成績の良い県は公開に積極的です


浦安市は公開度NO1です。市当局も市教委も自信があるのでしょう。施策も積極的です。よいと思うことはどんどん実行します。親の方も積極的です。公民館活動も活発です。日の出公民館だけでも年間10万人もの利用者がいるのです。私も4年間も「脳科学を生かした子育て」の講義を行ってきました。

しっかりした家庭の子は、学力があります。体力もあります。朝食もしっかり食べます。一事が万事です。しかし、大学進学は違います。経済力です。学力があってもお金がない家庭は大学にやれないのです。本当に残念なことです。成熟した国は国民の能力開発に熱心です。
IMG_0255.JPG

学力を高める3大条件は、@親の熱意 A家庭の安定 B本人の努力です。
IMG_0256.JPG

コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)