CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


不登校児童を救え! [2017年11月26日(Sun)]
 不登校が悪化し社会問題化している。みんなが対応に苦慮している。親も学校も教育委員会ももう一度、課題解決の原点に立ち返ってほしい。“困ったら成功例に学べ”である。文科省だって、県教委だって、市教委だって傘下の学校の事例が山ほどあるはずだ。それを生かさない手はない。すぐに取り組んでほしい。もしやっても、資料を使ってもうまくいかない場合は、その時は、“特異な事例は特異な方法でやってみる”のだ。
 本ブログ11月12日「不登校!そのとき家庭内で起こっていることの一例」は昭和53年、学年主任時代の実践である。もう40年も前の事である。しかし、今回奉告する実践は私が校長時代の事である。校長だから特定の担任はもたない。「全学級の担任」である。1学級も漏らしてはいけない。全学級すなわち「全校不登校なし」の学校づくりであった。目指すところは“不登校ゼロ”どころではない。“全校ぜんクラス欠席ゼロ!”であった。
 難しいことであった。しかし、実現した。校長の執念と担任・職員の努力、親・地域の総力戦であった。不登校3万人はただごとではない。香川県一県が全休するぐらい大変なことなのである。不作為の罪を犯してはならない。直ちに本気になって取り組んでほしい。
dc052517.JPG



コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)